年会費無料で使えるETCカードを作りたい! おすすめのETC付きクレジットカード3枚を徹底比較

ETCカードにはJCBカードW、アメックスグリーンカード、エポスカードの3枚から選んでみよう

仕事や旅行で車移動をメインとしている方に欠かせないものといえば、ETCサービスです。

長距離移動や時間の短縮には読取機を設置すれば、ノンストップで有料高速道路をスムーズに移動できるようになるため、ETCカードを持ちたい、すでに使っているという方も多いことでしょう。

現在ETCカードを利用されている方は、ディーラーに勧められるがまま作ってしまったという方もいたり、日常的に使っているクレジットカードの中から作ってみたという方もいます。

そのETCカードを発行するのにオススメなのが利用するだけでポイントを貯められるJCBカードW、アメックスグリーンカード、エポスカードです。

初めてのETCカードもETCカードの見直しといったところでも、一度しっかりとETCカードの紐づけとなるクレジットカードを確認していきましょう。

JCBカードWは年会費無料でETCカードの年会費も無料な上に特典が多い

JCBカードWは年会費が無料でポイントプログラムのOki Dokiポイントは常時2倍になるというメリットがあります。

JCBで発行できるETCスルーカードは年会費も発行料も無料となっていますが、本会員カード1枚につきETCスルーカードを1枚しか発行できないことに注意しましょう。ETCスルーカードを使用してゲットできるOki Dokiポイントは使い道が広く、交換倍率も高い特長があります。ETCカードの利用でゲットできるOki Dokiポイントは還元率が常時0.2%ですので、おトクです。

メックスグリーンカードは年会費が高額だがETCカードを家族全員に持たせられる

アメックスグリーンカードは年会費が12,000円+税別で基本ポイント還元率は1.0%です。ETCカードは年会費が無料ですが発行料は850円+税別で本会員カード1枚につき5枚作れるので一家全員のカードを発行できると言って大丈夫でしょう。

ETCカードを利用してゲットできるポイントは還元率1.0%です。

空港特典や旅行特典が多いのがアメックスグリーンカードですが、ETCカードを使えば車でもポイント還元で多くのリターンがあります。

エポスカードのETCカードはポイント還元率の高さが長所

エポスカードは年会費無料で、70種類以上あるカードデザインから選ぶ場合は発行料が500円+税別となり、ポイントプログラムはエポスポイントで基本還元率が0.5%で、分割払いやリボ払いでの支払いで還元率が1.0%に上昇するシステムです。

エポスカードのETCカードであるエポスETCカードはVISAブランドのエポスカードのみで発行が可能となっています。エポスETCカードは年会費と発行料が無料でエポスポイントの還元率が0.5%となります。

ETCカード利用でゲットしたポイントの使い道

JCBカードWのOki Dokiポイント

・1ポイント5円換算のJCBプレモOki Dokiチャージが可能

・500ポイント以上と交換なら1ポイント3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができるキャッシュバックサービス

・200ポイントスターバックスカードに1,000円チャージ

・dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント4ポイント換算でポイント移行

・ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルは1ポイント3マイルで移行可能

・amazonに1ポイント3.5円で利用可能

Oki Dokiポイントはポイントの使い道が多いですし、JCBカードWは還元率が常時2倍の特典もあるので、スムーズに貯められます。

アメックスグリーンカードのポイント

・登録料3,000円+税別によってメンバーシップ・リワード・プラスに加入すればポイント有効期限が常に無期限

・提携空港マイルと交換可能でメンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば交換倍率アップ

・ANAマイルに交換する場合は年会費5,000円+税別のANAコースに登録すると交換倍率アップ

還元率が1%で登録料3,000円のメンバーシップ・リワード・プラスに加入することで提携マイルなどに交換することができます。ANAマイル以外ならばこれだけで十分でしょう。

エポスカードのエポスポイント

・マルイ店舗やマルイ通販で1ポイント1円でショッピング利用可能

・エポスプリペイドカードに1ポイント1円でチャージ可能

・マルイ商品券、VJAギフトカード、クオカード、iTunesギフトカードと1ポイント1円で交換可能

・1ポイント0.5ANAマイル、0.5JALマイルに移行可能

・1ポイント1ANAスカイコインに移行可能

・1ポイント1dポイントや1auwalletポイントに移行可能

年会費無料のエポスカードですが、ポイント還元率は0.5%と年会費無料のクレジットカードとしては中々に高いですし、貯めたポイントは等倍でショッピング利用に使えます。

JCBカードW、アメックスグリーンカード、エポスカードを比較

  JCBカードW アメックスグリーン エポスカード
年会費 ・年会費無料
・家族カードの年会費無料
・高校生以外の18歳以上39歳以下の年齢制限
年会費12,000円+税別
・家族カードの年会費6,000円+税別
・家族カードは配偶者(未婚可)、両親、18歳以上の子供が条件
・年会費無料
・デザインカードが70種類以上で発行料500円+税別
・ネット経由の申し込みをしてマルイ店頭でカード受け取りならば最短即日発行
ETCカード E年会費と発行料が無料 ・年会費無料
・発行料は850円+税別
・本会員カード1枚につき5枚発行
・年会費と発行料が無料
・VISAブランドのみで発行可能
補償 ・海外旅行傷害保険が旅行代金をカード払いすると最大2,000万円
・ショッピングガード保険が年間最高100万円
・最高5,000万円の国内外旅行傷害保険
・ネット上のカード不正利用による損害は全額補償
・国内外にてカード払いで購入した商品は購入日から90日以内に破損するか盗難された場合は年間最高500万円まで補償
・カード決算で購入した商品の返品ができなければ購入日から90日以内まで1商品あたり3万円、年間総額15万円を補償
・「プロテクトYOU」にて月額保険料980円のプランAと月額保険料1,850円のプランBにて携行品や現金紛失の補償対応
・カードを盗難、紛失した場合は無料再発行
・海外旅行傷害保険が最大2,000万円
特典 ・JCBオリジナルシリーズ特典が超多数
・MyJチェックで利用状況をメール受信
・「MyJCB」で利用状況やポイント残高の確認に支払い方法の変更可能
・国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料開放
・自宅と空港間の往復をスーツケース1個まで無料宅配
・世界各国から24時間無料電話相談可能
・家族カードは空港ラウンジサービスと手荷物無料宅配サービスを利用可能
・年4回開催の「マルコとマルオの7日間」で全品10%OFF
・台北101観光チケットが10%OFF
・1,000円からのキャッシングでATM手数料無料
・カード払いでメール受信
ポイントについて ・ポイントプログラムはOki Dokiポイント
・還元率は0.2%
・OkiDokiランド経由のネットショッピングにてカード払いをすると還元率が最大20
・ポイント還元率1%
・ポイントの有効期限が最大3年
・一度でもポイントや商品、マイルと交換すれば有効期限が無期限
・家族カードはカード利用額の引き落とし先と獲得ポイントが本会員と一括
・最大でポイント10倍になる提携レストランやレジャー施設などがあり
・ポイントプログラムはエポスポイント
・基本還元率が0.5%で分割払いやリボ払いで還元率1.0%
・提携グルメや提携ストアのカード払いで割引やポイント還元率上昇に優待特典のサービス
・「たまるマーケット」経由でのネットショッピングで還元率最大20
・エポスプリペイドカードの年会費無料でプリカ支払いに0.5%のキャッシュバックサービス
ポイントの使い道 ・オリジナルシリーズ優待店ボーナスのカード払いでボーナスポイント
・1ポイント5円換算のJCBプレモOkiDokiチャージが可能
・500ポイント以上と交換なら1ポイント3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができるキャッシュバックサービス
・200ポイントスターバックスカードに1,000円チャージ
・dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント4ポイント換算でポイント移行
・ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルは1ポイント3マイルで移行可能
・amazonに1ポイント3.5円で利用可能
登録料3,000円+税別によってメンバーシップ・リワードプラスに加入すればポイント有効期限が常に無期限
・提携空港マイルなどと交換可能
・マルイ店舗やマルイ通販で1ポイント1円でショッピング利用可能
・エポスプリペイドカードに1ポイント1円でチャージ可能
・マルイ商品券、VJAギフトカード、クオカード、iTunesギフトカードと1ポイント1円で交換可能
・1ポイント0.5ANAマイル、0.5JALマイルに移行可能
・1ポイント1ANAスカイコインに移行可能
・1ポイント1dポイントや1auwalletポイントに移行可能

ETCカードを使うならば年会費無料と特典のJCBカードW、たくさん発行できるアメックスグリーンカード、年会費無料で還元率が高いエポスカードから

ETCカードを発行する場合にはオススメのカードはJCBカードW、アメックスグリーン、エポスカードになります。JCBカードWは年会費無料でETCカードも年会費と発行料が無料になり、本会員カード1枚につき1枚発行できるという仕組みです。

アメックスグリーンカードは年会費12,000円+税別でETCカードは年会費無料ですが発行料が850円+税別が必要となる一方でカード1枚につき5枚発行が可能になります。

エポスカードのETCカードはVISAブランドのみで発行でき、ETCカードの年会費と発行料が無料です。

ETCカードを発行する場合は家族全員にETCカードを行き渡らせたい方はアメックスグリーンカード、リーズナブルさを重視するならばJCBカードWかエポスカードを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ