ミライノカードゴールドは海外・国内の旅行傷害保険が自動付帯(家族特約あり)! 年会費3,000円(税抜)の得なクレジットカード

クレジットカードに旅行保険が付帯されているものがありますが、カードによって保証金額は違うものですし、旅行で利用した交通機関の支払いを済ませておくと旅行傷害保険などが倍額補償するケースもあります。

しかしながら、正直クレジットカードを利用する醍醐味は保険ではないので、損保会社が提供する旅行保険とは金額も補償内容も異なるので、プラスαで考えておくのが良いでしょう。

とは言え、保険をメインにクレジットカードを選ばなくてもやはり万が一に備えて充実の保険が付いているに越したことはないでしょう。

でも充実している保険が付いていて、他のカード機能も満足に使って行けるクレジットカードを選ぶとなると高い年会費が発生してしまうことがほとんどです。

そこでおすすめなのがミライノカードゴールドです。

年会費は初年度3,000円(税抜)だけで、その後は年間100万円の利用で年会費が無料になり、海外・国内の旅行傷害保険も満足の補償額で付いてくる優れたクレジットカードとなっていて、カードとしての発行価値はとても高いと言えます。

年会費が安くて充実の旅行傷害保険が付帯してくるクレジットカードはなかなか見つかりませんし、利用付帯ではなく旅行に使う交通機関の支払いを済ませなくて良い自動付帯と言う点も魅力的でしょう。

そのほかにも、ポイントシステムも換算率良く現金に交換して使うこともできるので人気があります。

ミライノカードゴールドを発行すれば「満足のカード機能と充実の保険」どちらも手に入れられるのです。

ミライノカードゴールドならカード会員本人はもちろん! 家族の方も家族特約で補償される得な保険が利用できる

ミライノカードは保険が充実していて、年会費は初年度だけで海外国内の旅行傷害保険・ショッピング保険とすべて自動付帯しているのです。

旅行傷害保険に関しては、旅行への出発前の手続きは一切不要で、家族特約として家族の保険も家族カード発行なしで付帯しています。

では、ミライノカードゴールドの保険がどんな内容になっているのか詳しく見て行きましょう。

〜旅行傷害保険〜

<海外旅行傷害保険>

死亡・後遺障害保険金→最高5,000万円・家族最高1,000万円

傷害治療保険金→最高500万円・家族最高250万円

疾病治療保険金→最高500万円・家族最高250万円

賠償責任保険金→最高5,000万円・家族最高250万円

携行品損害保険金→最高50万円・家族最高25万円

救援者費用保険金(保険期間中)→最高300万円・家族最高150万円

※携行品損害保険金に関しては、携行品1つ10万円までとし、時価価格・修繕費のどちらかを補償してくれる内容のものとなっています。(自己負担額は3,000円です)

<国内旅行傷害保険>

死亡・後遺障害保険金→最高5,000万円・家族最高1,000万円

入院保険金→日額4,000円・家族日額2,000円

通院保険金→日額4,000円・家族日額2,000円

ミライノカードゴールドの旅行傷害保険に加入したい場合は「ミライノカード 保険デスク」への電話が必要なので、利用の際は電話を忘れないようにしましょう。

続いてショッピングカード保険についても見て行きましょう。

〜ショッピングカード保険〜

ミライノカードゴールドのショッピングカード保険ではカード購入した商品が破損・盗難などの被害にあった時に損害を補償してくれる保険内容となっています。

ショッピングカード保険は2種類に分かれていて、ショッピングごとの支払いが一括払いではなくリボ払いになる「支払い名人」と言う毎月の支払金額を自分で設定するシステムを利用している方に対応した保険と、「支払い名人」を利用してない方に向けられたショッピングカード保険があるのです。

<支払い名人を設定してない方のショッピングカード保険>

補償限度額→最高50万円

自己負担額→10,000円

補償期間→商品購入日より90日間

破損などの被害にあった場合は「JCBお買い物保険事故受付けデスク」に電話しましょう。

<支払い名人を設定している方のショッピングカード保険>

補償限度額→最高100万円

自己負担額→3,000円

補償期間→商品購入日より90日間

加入希望の場合は「損保ジャパン日本興亜JCB事故受付デスク」に電話しましょう。

このようにミライノカードゴールドでは年会費は初年度だけで保険がとても充実しています。

旅行傷害保険に関しては、パッケージツアーなどの旅行費用をカードで支払った場合のみ保険が付帯する利用付帯ではなく、カードで支払わなくても保険が付帯する自動付帯だと言うところも良心的です。

しかし、ミライノカードゴールドではポイントも魅力的な内容と人気を集めています。

ポイントシステムについても確認しておきましょう。

ミライノカードゴールドの魅力的なポイントシステム「ミライノポイント」

ミライノゴールドカードではミライノポイントを貯めて行けるようになっていて、ポイント換算率も1,000円→5ポイントととても貯めやすく設定されていますし、貯めたポイントは支払い額に1,000ポイント以上100ポイント単位で充当でき現金に換えることもできます。

ミライノポイントを現金に替えるには1,000ポイント以上100ポイント単位で住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換する必要があり、1ミライノポイント→2スマプロポイントの価値があるのです。

スマプロポイントに替えた後は1スマプロポイント→1円相当で利用でき現金するには500ポイント以上100ポイント単位でスマプロポイントを現金に交換できます。

ミライノカードゴールドを発行したらミライノポイントをどんどん貯めて行きましょう。

ミライノカードゴールドの基本情報・年会費は初年度だけ?

保険もポイントシステム充実しているミライノカードゴールドですが、スムーズに発行する為にも基本情報はどのようになっているかもここで確認しておきましょう。

<年会費>

ミライノカードゴールドの年会費は、初年度3,000円(税抜)発生しますが、次年度からは年間100万円のカード利用で年会費は発生しません。

この年会費のシステムで保険やポイントシステムも充実しているのはミライノカードゴールドならではと言えるでしょう。

<申込対象年齢>

ミライノカードゴールド発行の対象年齢は20歳からとなっています。

<ミライノポイント>

ミライノカードゴールドではミライノポイントが1,000円→5ポイントで貯まるようになっています。

<カード形体>

ミライノカードゴールドはQUICPayと一体型になったカードです。

<Apple Pay>

ミライノカードゴールドでは、Apple Payの利用が可能となっています。

ミライノカードを発行していち早くミライノカードゴールドの保険サービスに加入しましょう。

ミライノカードゴールドを発行して得な保険・満足のカード機能を手に入れよう

ミライノカードゴールドの年会費は初年度だけ3,000円(税抜)発生しますが、その後は年間100間年の利用で無料となり、その上で保険は海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が自動付帯されていて(家族特約あり)ショッピングカード保険も利用できる本当に得な保険内容となっています。

年間100万円と聞くと、そんなに使えなと思ってしまう方もいると思いますが、1年は12ヶ月なので「100万円÷12ヶ月=月に9万円」使って行けばクリアできる金額なのです。

月々かかる光熱費・食費・携帯代・家賃などをミライノカード設定してしまえば、なんなく9万円に達成するでしょう。

ポイントシステムもミライノカードゴールドは1,000円→5ポイントで貯められ、貯めたポイントはスマプロポイントに移行することで現金に替えられます。

メインのクレジットカードとして使って行くのであれば、ミライノカードゴールドはとても得できるカードと言えるでしょう。

またミライノカードはQUICPayと一体型となったクレジットカードでもあるので、ちょっとした買い物なんかの時はとても便利ですし、今話題のApple Payへの登録も可能なので、財布を忘れた時でもiphoneさえあればミライノカードでいつでも支払いができカード機能としても満足の行く内容と言えます。

ミライノカードを発行すれば年会費は初年度だけの3,000円(税抜)で得・安心な保険に加入でき、カードも便利に使って行けるのです。

ミライノカードゴールドを発行して得な保険・満足のカード機能を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ