「Apple care+」よりもお得? dカードゴールドの「dカードケータイ補償」サービス内容がすごい! dゴールドカードの隠された魅力

携帯が破損してしまった時にはモバイル補償といった保険から、キャリア別で加入できる補償サービスなどがありますが、補償サービスは500円以上(この場合は年間6,000円)かかるため必要かどうかを考えてしまったり、なるべく安いものをと思っていてもなかなか質が良くて安い携帯補償サービスを見つけられなかったりします。

最近ではスマホの画面が破損してまった時にガラス部分のみを修復してくれる店舗などもありますが、携帯が水没してしまって動かなくなってしまった時などはどうしても高い金額を払い携帯の購入し直しをしなくてはならい状況が出てくるので、携帯の万が一に備える為にも補償サービスには入っていた方が良いと言えるでしょう。

しかし、今の世の中ほとんどの方がスマホを使っているので「Apple care+」などの補償サービスを利用しようと考えている方もいると思いますが正直1回に付きの修理代が高額です。

そこでおすすめなのがドコモユーザー限定の「dカードケータイ補償」で、dカードゴールドを発行すれば年会費10,000円(税別)で携帯修理代を10万円まで補償してくれるようになっています。

ドコモユーザーの方なら確実に得な補償を受けることができるので、加入すべき携帯補償サービスと言えるでしょう。

同じ携帯補償サービスを受けるなら金額が安い方が得です。

「dカードケータイ補償」の詳しい内容を見て行きましょう。

ドコモ回線を利用している方必見! dカードゴールドの「dカードケータイ補償」

「dカードケータイ補償」はdカードゴールドを持っていてドコモ回線を利用している方限定のサービスとなりますが、購入から3年以内に携帯電話が何らかの事故で紛失・盗難・修理不能などになってしまった場合、ドコモショップ等で新たな携帯電話端末料金の一部を補償してくれると言うサービスです。(新たな携帯端末は同一機種・同カラーとなります)

「dカードケータイ補償」を受けるには、新たに購入した携帯電話端末料金の支払いをdゴールドカード済ませなくてはいけないので補償を利用する際は注意しましょう。

<補償金額>

何らかの理由で使用不可能になってしまった携帯電話の代わりに購入した新たな携帯電話端末に発生した費用を、購入金額・頭金・事務手数料のうち最大10万円まで補償してくれます。

<補償方法>

「dカードケータイ補償」ではdカードゴールドの請求額から補償金額を差し引くことで補償してくれます。

※dカードゴールドの引落は、毎月16日から翌月15日までの利用分が翌月10に引落になるので、補償額の差し引きは補償額が決定した日が入るカード利用の締め日→15日を過ぎた翌月10日の利用請求額から差し引かれる形になります。

※カード利用額が補償額に満たない場合は差額が決算口座に振り込まれます。

「Apple care+」よりも「dカードケータイ補償」の方が得? dカードゴールドを発行して携帯の万が一に備えよう

ドコモ回線でiphoneを利用しているのであれば携帯の破損や故障に備えるには「Apple care+」よりも「dカードケータイ補償」の方が得と言えるでしょう。

「Apple care+」では、購入後1年間すべてのiphoneにハードウェア製品限定補償・90日間の無償電話サポートが付いていますが、その後は画面の損傷に1回3,400円(税別)、その他の損傷には1回に付き11,800円もの料金が発生してしまうのです。

その点dカードゴールドを発行して「dカードケータイ補償」を利用するのであれば、dカードゴールドのカードの年会費10,000円(税別)で最大10万円、携帯損傷・故障の補償が受けられます。

システムや料金を比較しても、ドコモ回線を使っているのであれば確実に「dカードケータイ補償」の方が得ですし、dカードゴールドを発行すればその他魅力的な特典も利用していくことができるのです。

dカードゴールドはポイント付与率が良く、空港ラウンジの利用・旅行傷害保険完備と使い勝手いい特典が付いてきて、そこに加えて「dカードケータイ補償」も追加料金などなくdカードゴールド年会費10,000円(税別)だけで付帯されるようになっています。

では「dカードケータイ補償」を受ける為にもdカードゴールドがどんなカードなのか? 詳しく確認して行きましょう。

dカードゴールドの基本情報と魅力的な特典について

「dカードケータイ補償」を受けるにはdカードゴールドの発行は欠かせません。

ここでdカードゴールドの基本情報と特典についても把握しておきましょう。

<年会費>

dカードゴールドの年会費は10,000円(税別)です。

<ポイントシステム>

dカードゴールドでは100円→1ポイントでポイントが貯まり、さらにドコモ光を利用していれば1,000円→100ポイント別途ポイントが進呈されます。

<入会条件>

dカードゴールドには法人名義で申込むことはできず、個人名義での申込のみ承っています。

また対象年齢は20歳以上で安定した収入が継続的にある方・自分名義の口座持っている方となっているので申込の際には確認しておきましょう。

<国際ブランド>

dカードゴールドはマスターカード・VISAからカードの種類を選べます。

<支払日>

dカードゴールドの支払は毎月16日から翌月15日までの利用分を翌月10に指定した口座から自動引落となっています。

<旅行保険>

dカードゴールドではケガ・病気をはじめ旅行に欠かせないカメラなどの携行品が損傷した場合・ホテルのカーペットを汚してしまった時など幅広く海外旅行保険が最高1億円まで補償されています。

国内旅行傷害保険も最高5,000万円まで保証されているので安心です。

<空港ラウンジ>

dカードゴールドを持っていれば国内28空港のラウンジを無料で使えます。

利用方法はラウンジの入り口で搭乗券とdゴールドカードを提示すれば中に入ることができるので飛行機を使って行く旅行の際などにはどんどん利用していきましょう。

dカードゴールドは携帯が故障・損傷した時だけでなくカード自体の特典も空港ラウンジや保険など魅力的な特典が多くポイントも貯めやすいのです。

ApplePayでも利用が可能なのでますます魅力を増しています。

dカードゴールドを持っていれば魅力的な特典を利用でき「dカードケータイ補償」も10万円補償されるので、クレジットカードとしてdカードゴールドは幅広く活躍してくれるでしょう。

高い金額を支払って携帯の破損・故障に備えるよりもdカードゴールドの得な「dカードケータイ補償」で携帯の万が一に備えよう

「dカードケータイ補償」はドコモ回線を利用している方しか利用することはできませんが、ドコモを使っているのであれば、どの会社の携帯故障補償プランよりも得に利用できるでしょう。

dカードゴールドを発行すれば携帯が万が一壊れてしまったとしても「dカードケータイ補償」で10万円まで費用をdカードゴールド側で持ってくれますし、補償の利用に追加料金が発生しないのも魅力的です。

その上でdカードゴールドは、空港ラウンジの利用・100円→1ポイントで貯まるdポイントのシステム・海外旅行保険1億・国内旅行傷害保険5,000万円と付帯されカードとしても満足に使って行けます。

dカードゴールドを発行すれば普段から便利に使って行くことができ、携帯の万が一にも備えることができるのです。

年会費は10,000円(税別)発生しますが、このカード特典内容で携帯も補償してくれるのであればdカードゴールドは得なクレジットカードと言えます。

ドコモ回線の方はdカードゴールドを発行して携帯の万が一に備えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ