銀行系法人カードはメリットが少ない! 入会特典とサービス内容で使えるクレジットカードを紹介

銀行系の法人カードよりはアメックスカードの方がポイントと入会特典で有効

法人カードは個人事業主の方が発行して、事業の支払いに集中させると毎年やってくる面倒な確定申告の書類作業も引き落としが一本化することで、申請書類が作りやすいメリットがあります。

しかし、法人カードを発行する上でも地方銀行などの銀行系の法人カードは入会キャンペーンがさほど豊富ではない上に、ポイントプログラムも充実しておらず、通常のクレジットカードに比べるとカード自体のメリットが少ないという仕事向けのみな欠点を持っているものが多いです。

末永く使う法人カードなのに、地元でよく利用しているから、勧められたからといった感じで作ってしまっては上手に活用することができません。
法人カードを作成しようと思ったら、まずは大手の法人カードを比較して勉強しておくと良し悪しが分かるので良いでしょう。

アメックスビジネスカードは事業設立初年度から発行できてポイントカードも優れている

そんな大手法人カードの中にアメックスがあります。
アメックスと聞くと高級志向で自分では発行されないのではと心配になる方もいますが、アメックスビジネスカードは事業設立初年度からカード発行申請ができて、クレジット利用限度額が個別のクレジット歴に応じて決定される仕組みなことから高額な支払いにも対応する事業主には心強いクレジットカードです。

ビジネス特典では四半期管理レポートによって「四半期ご利用集計」と「四半期ご利用明細」の2種類のレポートを受け取ることができ、3ヶ月ごとのカード利用歴を利用内容の業種や会員に分けて受け取れます。

また、1ヶ月に1度、ビジネスカードを持つ社員ごとにカード利用歴を金額だけでなく店名や業種を日付順に記載した利用明細書が届きますし、オンライン・サービスにて過去から最新までのカード利用額をすぐに確認可能です。

アメックスビジネスカードの年会費は12,000円+税別と比較的にリーズナブルな上に基本のポイント還元率が1%となっており、空港ラウンジサービスに手荷物無料宅配サービスが付帯されていることから空港特典が強力で、ビジネスやレジャー関連の特典もしっかりありますが、それだけではありません。

アメックスビジネスカードはショッピング補償も強力

海外旅行傷害保険が最高5,000万円付帯され、ショッピング・プロテクションが国内外でカード払いによって購入した商品が購入日から90日以内に破損や盗難となれば年間最高500万円の補償が受けられます。

オンライン・プロテクションにてインターネット上でカードの不正利用による損害が生じたら全額補償してもらえますし、リターン・プロテクションではカード払いで購入した商品の返品が受け付けられなかったらば購入日から90日以内にて年間最高15万円の補償も受けられます。カードが紛失や盗難となっても無料で再発行されるといった充実した補償があるので大抵の事態はカバーできるでしょう。

ここで特に注目すべきなのが、リターン・プロテクションがアメックスビジネスカードに付帯されているということです。個人事業主にとって、最も頭がいたいのが仕入れた商品の返品ですが、アメックスビジネスカードならば対応してくれます。

アメックスビジネスカードのビジネス特典

アメックスビジネスカードのビジネス特典はビジネス・セービングに加盟しているお店において割引などの特典サービスがあり、ビジネス・コンサルティング・サービスでは経営相談をする窓口とビジネスノウハウを紹介するCDやDVDにセミナーの割引もあります。

幅広い情報をまとめたビジネス情報サーチの「G‐Search」が年会費無料で登録可能となり、ビジネス情報調査代行サービスでは国内外の企業の与信概要情報調査に信用情報調査、企業スクリーンの調査結果を年会費無料で利用できます。

他にも福利厚生プログラムのクラブオフでは75,000以上の提携施設を割引価格で利用できます。このように、ビジネスにおいて、多くのメリットがあるのがアメックスビジネスカードと言えるでしょう。

アメックスビジネスカードのポイントプログラムについて

アメックスビジネスカードのポイントプログラムは還元率1%で年会費3,000円+税別のメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとポイント有効期限を無期限にできる上に提携空港マイルの移行倍率がアップし、ANAマイルは年会費5,000円+税別のANA移行コースに登録することで1ポイント→1ANAマイルマイルの等倍移行ができるようになるので、ANAマイルを貯めたい方は利用しましょう。

アメックスグリーンカードならば入会キャンペーンが充実の最大18,000ポイント!

アメックスビジネスカードは法人カードではないのでビジネス関連特典はありませんが、基本的なスペックはアメックスビジネスカードとほぼ共通している上に強力な入会キャンペーンがあり、カード発行初年度年会費無料とボーナスポイントから1つを選べる仕組みです。

このボーナス特典は入会して1ヶ月以内にカード利用が3回以上になるとボーナス3,000ポイント、入会して3ヶ月以内にカード利用額が20万円以上でボーナス5,000ポイント、入会6ヶ月以内にカード利用額が50万円以上になるとボーナス5,000ポイントをゲットできて、それに還元率1%に基づいたポイントがゲットできるので合計18,000ポイントもカード発行から6ヶ月以内に手に入れられます。

18,000ポイントをゲットするにはカード利用額が180万円を超えないといけないことを考えるとボーナスポイントの凄さがわかります。

アメックスビジネスゴールドカードについてもチェックしておこう

アメックスのビジネスカードならばアメックスビジネスゴールドカードも忘れてはいけません。

カード発行初年度は年会費無料な年会費31,000円+税別と大変に高い年会費設定となっていますが、毎月の会費10,000円+税別で千代田区帝国ホテルのビジネスラウンジを同伴者1名まで無料利用可能なことから、ビジネスの場が用意しやすくなります。

東京に仕事で行く場合にも東京駅の宅配カウンターから東京23区内のホテルに手荷物無料配送をしてもらえて、提携空港から出国時と帰国時に提携タクシーを定額で送迎してもらえます。このことから、アメックスビジネスカードよりもさらに実用的なビジネスのサポートが多くなったのがアメックスビジネスゴールドカードです。

他にも国内と海外の提携空港ラウンジを同伴者1名まで無料利用できる空港ラウンジサービスに、国内外旅行傷害保険が最高1億円でショッピング・プロテクションやリターン・プロテクションもアメックスビジネスカードやアメックスグリーンカードよりもずっと高額なものが付帯されます。

そして、アメックスビジネスゴールドカードならばフライトを突然の病気や怪我でキャンセルしてしまう時はキャンセル費用最高10万円の補償があり、国内線のフライトで遅延や荷物の紛失が起きたら損害を最高4万円まで補償してもらうこともできます。

アメックスビジネスカードならば事業設立初年度から発行できてポイントも強力だがもっと特典や補償を強固にしたいのならばアメックスビジネスゴールドカード

銀行系法人カードは入会キャンペーンやポイントプログラムが弱いという欠点があります。そこでアメックスビジネスカードならばビジネス関連の特典が充実していますし、ポイント還元率が1%と高い上にショッピング関連の保障が充実しているので事業のトラブルもサポートできます。

入会キャンペーンならばアメックスグリーンカードが入会キャンペーンのポイントボーナスにて最大18,000ポイントがボーナスでゲットでき、さらに特典が欲しいのであればアメックスビジネスゴールドカードを発行しましょう。

アメックスグリーンカードだけ法人カードではありませんが、アメックスカードはクレジット利用限度額が本会員のクレジット利用歴に応じて決定される仕組みですので、高額支払いに柔軟な対応ができるという個人事業主には強力な長所があります。

ショッピング補償が充実してビジネス関連の特典と補償が欲しいならアメックスビジネスカードを発行して、さらに特典と補償を強力にするならばアメックスビジネスゴールドカードを発行して、入会キャンペーンで大量のボーナスポイントをゲットしたいならばアメックスビジネスカードが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ