ボーナス一括払いを使って分割手数料を無料にするお得ワザ

高額商品はボーナス一括払いの方がお得? ボーナス一括払いの仕組みを解説

ボーナス一括払いは金利手数料が原則かからない

普段の買い物の中で、高額商品を買うとき、どんな支払い方法を利用しているでしょうか?つい1回あたりの支払い金額を少額にする分割払いやリボ払いを頼りにしてしまいますが、実はボーナス一括払いという方法もなかなか優れた支払い方法なのです。

ボーナス一括払いは、名前の通り、いつ購入した商品でも、次のボーナスの時期に支払うもので、クレジットカードによって支払い日は若干異なりますが、夏と冬に設定されているものです。例えば2月に10万円の商品をボーナス一括払いで購入した場合なら、次の夏のボーナスのときに支払うことになります。

ボーナス一括払いの優れているところは、支払い日を次のボーナス時期まで据え置くことができることと、金利手数料がかからないことです。ボーナス一括払いを利用した場合、最長で8〜9か月は支払いを先延ばしにできます。そんなに先延ばしにしても、原則では金利手数料無料で利用できるお得な支払い方法なのです。

それでも、クレジットカードの利用でもらえるポイントは通常通りもらえますし、ショッピングガードなど保険関係も通常通り利用できるので、メリットの大きな支払い方法だといえます。

ボーナス一括払いの平均的な支払いの取り扱い期間と支払い日について

ボーナス一括払いの取り扱い期間や支払い日は、クレジットカードによって若干異なりますが、平均的なところでは利用金額は10,000円以上が多いです。

夏のボーナス一括払い・・・取り扱い期間:11/21〜6/20 支払日:8/2(カード会社によって異なる)
冬のボーナス一括払い・・・取り扱い期間:6/21〜11/20 支払日:1/2(カード会社によって異なる)

支払い日は1月と8月の指定日になることが多いですが、イオンカードの場合だと、夏のボーナスの支払い日は7月・8月・9月のいずれかになります。このように、クレジットカード会社によって、取扱期間や支払い日は若干異なりますので、ボーナス一括払いを利用する前に確認しておきましょう。

ボーナス一括払いの注意点とは?

ボーナス一括払いは、金利手数料もかからずに利用できる便利な支払い方法です。ですが、コンビニでの少額決済や、飲食店の利用代金など、ボーナス一括払いに対応していない店舗では利用できません。また、支払いをボーナス一括払いにまとめすぎると、合計金額が大きくなりすぎることがあります。購入した月と支払い月が近い場合は、ボーナス一括払いのメリットが薄くなってしまうこともあります。

また、職業によってはボーナスの制度がないことがあります。個人事業主の方やパート・アルバイトの方もボーナスがない職業ですが、そういった場合でもボーナス一括払いは利用できます。その場合、計画的に商品を購入して、支払い日までお金を貯めることで返済します。

分割払いの金利って?分割払いの金利と可能な支払い回数を考えて使おう

クレジットカードの分割払いは、自分で支払い回数が決められて、1回あたりの支払い金額も大まかに調整できる支払い方法です。確かに1回当たりの支払い金額を自分の都合に合わせて調整できますが、金利手数料がかかることを忘れてはいけません。

分割払いはどうして金利手数料がかかるの?

分割払いの仕組みは簡単に言えば、クレジットカード会社からお金を借りて、少額ずつ返しているようなものです。自動車ローンで考えても、金利手数料がかかると思いますが、とても似たような仕組みです。

金利手数料は支払いをしていない残金に対して課せられる性質があり、支払い1回目と10回目では、10回目の方が少し安くなります。また、分割払いのうち2回払いには金利手数料がかかりません。2回払いを上手く利用して支払うことも良い方法です。

分割回数は最高何回まで?

分割払いの回数は、クレジットカード会社ごとに決められていて、一定の決まりはありません。そのため回数にはばらつきがあり、1番多い支払い回数も異なります。12回払いまたは24回払いまでが一般的だと考えておくと良く、もっと多い回数を指定したい場合は事前に確認しておきましょう。

クレジットカードの分割払いで回数を増やすよりもボーナス一括払いの方が金利なしでお得

クレジットカードの分割払いを利用するとき、金利手数料が発生する3回以上の回数を指定した場合と、ボーナス一括払いを利用した場合では、明らかにボーナス一括払いの方が金利手数料の分を節約できます。分割払いの回数を増やすほど、金利分を余分に支払うので、思い切ってボーナス一括払いで決済し、支払い日までコツコツお金を貯める方がおすすめです。

例えば、100,000円の商品を購入するとしたら、支払い日まで最低でも5か月以上前に購入するようにします。すると、毎月20,000円の貯金で、支払い日まで100,000円貯められるので、無理なく支払いが可能となります。金利手数料が一切かからず、商品代金だけの支払いとなり、分割払いにして毎月20,000円ずつ払うよりもお得に購入したことになります。

分割払いは、通常の1回払い、2回払い、ボーナス一括払いと比べても、明らかに金利手数料分を多く支払っています。金利手数料率はカード会社ごとに異なるものの、大体同じような手数料率となっており、3回払いの場合12.2%、6回払いの場合13.9%程度がほとんどです。

100円あたりの金額にすると、3回払い:2.04円、6回払い:4.08円です。つまり100円の商品を3回払いで購入した場合、2.04円の金利手数料がかかります。10,000円の商品を3回払いにした場合、支払い総額は10,000円+204円となり、通常の1回払い、2回払い、ボーナス一括払いよりも204円多く支払うことになります。このことから分割払いの回数を増やすよりも、ボーナス一括払いの方が金利がかからずにお得だといえます。

獲得ポイントを考えても分割払いよりボーナス一括払いがおすすめ

クレジットカードには、利用額に応じたポイントが付与されます。還元率1%のクレジットカードなら、100円→1Pとなり、10,000円→100Pもらえます。分割払いを利用した場合、3回払い12.2%の金利手数料率、100円あたり2.04円のカードを利用したなら、10,000円を3回払いにした場合の支払い総額は、10,000円+204円です。

合計10,204円から、獲得したポイントの分、100P→100円として差し引いても、3回の分割払い支払い合計金額は10,104円になります。やはり、獲得したポイントの分を差し引いて考えても、ボーナス一括払いの方がおすすめできる支払い方法です。

クレジットカードでの商品購入の際には、高額商品なら分割にした方がいいかなと思うことが多いものです。しかし、購入時期によってはボーナス一括払いの方が、分割払いよりも余分な費用をかけずに購入できます。獲得できるポイントが、運よくキャンペーン中なら2倍以上のポイントが獲得でき、実質購入代金がお得になることもあるでしょう。

実際の支払い日を、通常よりも先送りできるのがボーナス一括払いの魅力です。計画的に利用していけば、無駄なく支払いができるほか、賢くお得にクレジットカードのうまみを感じられることでしょう。ポイント関連のキャンペーンや、ポイントタウンなどの利用も検討し、金利手数料が発生しないショッピングを考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ