おトクにマイル移行できるビジネスカードを使おう! 法人カードこそ高還元カードがおすすめ

限度額の決まっていないアメックス・ビジネスゴールドカード

キャッシュレス化の進む現代において、会社の諸経費を現金で管理するのは非常に面倒なだけでなく時代遅れの作業となりつつあります。特に個人事業主や小規模の会社では、その部分の作業はなるべく簡略化したいところです。

そこで活用したいのがビジネスカード(法人向けクレジットカード)です。経営者にとってビジネスカードは、次のようなメリットを与えてくれます。

ビジネスカード(法人クレジットカード)のメリット

  • 公私の支払いを分けやすい
  • 利用明細書により経費を管理しやすくなる
  • 銀行振込手数料を削減できる
  • 従業員による立て替え払いや経費精算の手間が省ける
  • ネットでの購買に便利
  • オフィスの光熱費の支払いにも使える
  • カード利用日から実際の支払い日まで時間の猶予があり、事業資金の計画的な運用がしやすくなる

これらは個人事業主や小規模の会社にとっては大きなメリットとなります。特に、私用の支払いと会社の支払いが混在しやすい個人事業主にこそ、個人カードとは別にビジネスカードを持つことのメリットは大きいはずです。

リース料や通信費、広告費などの高額な支払いだけでなく、交通費や飲食費など少額な支払いもすべてビジネスカードに集約することで、経費の支払い状況が一目瞭然となって毎月の経費管理の手間が簡略化でき、本業に専念する時間が生まれることもメリットの1つといえます。

そこで、おすすめしたいのが、アメリカン・エキスプレスが個人事業主や法人格を持つ法人代表者向けのクレジットカードとして発行する、アメックス・ビジネスゴールドカード(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード)です。このカードは追加カードも発行できるので、社員に持たせることも可能です。

複数の社員にカードを持たせるとなると、知らないうちに限度額を超えてしまい、いきなり使えなくなってしまうといった事態が心配ですが、アメックスは限度額が事前に設定されていないので、そういうことは起こり得ません。

もちろん、決まった限度額がないといっても、カードのグレードや会員の利用実績に応じて一定の目安はあります。しかし、その目安を超えたからといってすぐに使えなくなるわけではありませんし、コールセンターで事前承認を申請することで、広告費など高額な支払いも可能です。

アメックス・ビジネスゴールドカードには、アメックス独自のビジネスサービスも付帯しており、ビジネスシーンで便利に使えます。

アメックス・ビジネスゴールドカードのビジネスサービス

利用代金明細書毎月、追加カードを持つ社員ごとに、利用金額や店名、業種を日付順に記載した利用代金明細書が送られます。これにより、費用科目の仕分けや用途のチェックが容易に行え、経費を明確に把握できます。この利用明細書は、CSV、Excelファイル形式などでダウンロードすることも可能です。

ミーティング・スクエア東京都千代田区「帝国ホテル」本館5階にあるアメックスビジネスカード会員限定のビジネスラウンジを月会費2万円(税別)で利用できます。同伴者は1名まで無料。都心での商談が多い方にとってリーズナブルなサービスです。

ビジネス・ダイニング by ぐるなびエリア、予算、人数などの希望に合わせ、会食や接待にふさわしいレストランを経験豊富なコンシェルジュが提案・予約します。また年間5回以上の利用があると、抽選により人気の手土産をもらえます。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料G-Search(ジー・サーチ)は、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などを幅広く収録した、オンラインのビジネス情報データベースサービスです。取引先情報や市場動向などをリサーチする際に活用できるこのG-Searchを、登録・月会費無料で利用できます。

福利厚生プログラム「クラブオフ」7万5,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料になります。本会員はもちろん、追加カードを持つ社員も利用できます。

ヘルスケア無料電話健康相談 食事、運動、健康維持などにかんする質問に答えてくれるほか、医療機関の紹介も行います。24時間365日相談可能です。

ポイントをマイルに等価交換するには?

さて、ビジネスカード選びでもう1つ気になるのがポイント還元率です。ビジネスでクレジットカードを使う場合、どうしても利用額が大きくなりますから、ポイント還元率が少し違うだけで貯まるポイントの量が大きく違ってくるのです。

アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」は、利用代金100円ごとに1Pが貯まり、支払い代金にポイントを充当する場合、1P→0.3円として使うことができます。つまり、ポイント還元率は0.3%です。

これは高い還元率とはいえませんが、3,000円(税別・2年目以降自動更新)を支払って「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、通常3年間のポイント有効期限が無期限となり、ポイントの換算レートは最大1P→1円(航空会社で利用する場合)となります。つまり、ポイント還元率がいわゆる高還元率カードと同水準の1%に達するのです。

ビジネスカードで年間500万円を使った場合で考えると、それによって得た5万ポイントが、1万5,000円相当として使えるところ、メンバーシップ・リワード・プラスの登録により5万円相当として使えるようになります。それを考えると、3,000円の登録費はさほどの金額とはいえないでしょう。

メンバーシップ・リワードは提携の航空会社のマイルやホテルのポイントなどへも移行が可能です。

メンバーシップ・リワード・プラス登録会員の場合、ANAマイルには1,000P→1,000マイルとして、そのほかの航空会社(デルタ航空、タイ航空、チャイナエアライン、ブリティッシュエアウェイズなど)には1,250P→1,000マイルとして、ヒルトンHオナーズのポイントには1,000P→1,250Hオナーズポイントとして、SPG加盟ホテルのポイントには1,000P→330スターポイントとしてそれぞれ移行できます。

このうち、ANAマイルへのポイント移行には「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加が必要で、これには5,000円(税別・2年目以降自動更新)がかかります。つまり、メンバーシップ・リワードからANAマイルへ1P→1マイルの等価交換で移行するには、計8,000円が必要になるということです。

おトクにポイントを使うためにお金を支払うというのは本末転倒にも見えますが、利用額の大きなビジネスカードとなると、その支払った以上の大きなおトクが期待できるはずです。

ANAアメックス・ゴールドカードとどちらがおトク?

ANAマイルへ移行するなら、ANAカードのほうがおトクではないか? そう考える人もいると思います。実際にどうなのか確かめてみましょう。

ANAカードのうち、アメックス提携カードにあたる「ANAアメックス・ゴールドカード(ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)」は、本会員の年会費がアメックス・ビジネスゴールドカードと同じなので、これと比較してみます。

アメックス・ビジネスゴールドカードとANAアメックス・ゴールドカードの比較

《アメックス・ビジネスゴールドカード》

  • ポイントの貯まり方は、カード利用金額100円につき1P
  • 「メンバーシップ・リワード・プラス」「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加により、1,000P→1,000(ANA)マイルでポイント移行可能
  • 年間移行ポイント数の上限8万マイル

《ANAアメックス・ゴールドカード》

  • ポイントの貯まり方は、カード利用金額100円につき1P
  • ANAグループ利用分はポイント2倍
  • 1,000P→1,000(ANA)マイルでポイント移行可能
  • 年間移行ポイント数の上限なし

パッと見、やはりANAでの利用時にはANAカードのほうが条件がいいように思えます。しかし、ビジネスカードとしてのメリットに加えて、ANAマイルも効率よく貯められるという点、そして、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録により、ANAマイル以外での利用でもポイントをおトクに使える点も含めて総合的に考えるなら、やはり、ビジネスユースにおいては前者に軍配が上がりそうです。

年間移行ポイント数の上限についても、8万マイルを貯めるには800万円のカード利用が必要で、また、ANAマイル以外にもポイントの使い道があることから、事実上、この上限は特に気にする必要はないでしょう。

アメックスならではの充実のサービス

このアメックス・ビジネスゴールドカードの年会費は3万1,000円(税別)で、追加カードは1枚につき年会費1万2,000円(税別)となっています。なお、この年会費は会計上、経費として計上可能です。

このカードには、先に紹介したビジネスサービスのほか、アメックスならではのサービスが付帯しています。最後にそれを紹介しておきましょう。

アメックスのサービス(ビジネスゴールドカード会員)

《トラベル・サービス》

手荷物宅配サービス(空港)海外出張の出発時に自宅から空港まで、帰国時には空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送します(羽田空港・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港)。

手荷物宅配サービス(東京駅)東京駅構内の宅配カウンターに手荷物を預けると、東京23区内の宿泊ホテルへ当日無料配送します。事前の登録・予約は不要です。

空港ラウンジ空港ラウンジを、カード会員本人と同伴1名が無料で利用できます。

最高1億円の海外旅行傷害保険旅行代金をこのカードで支払うと最高1億円の旅行傷害保険が付帯されます(カードで支払っていない場合は最高5,000万円)。

国内航空機遅延費用国内出張の際、カードでチケットを購入した航空便において遅延や手荷物紛失などがあった場合、それによる費用を最高4万円まで補償します。

《エンターテインメント&ショッピング》

ゴールド・ワインクラブ入手困難な希少価値の高い銘柄の紹介や、予算に応じたワイン選びの相談など、ワインにかんするさまざまなサービスを用意しています。

京都観光ラウンジ重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室などを擁する、京都の寺院の中でも特に有名な圓徳院で、古都ならではの伝統美を堪能できるラウンジを無料で利用できます。

コットンクラブジャズやソウルなどの一流アーティストが出演する東京・丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB(コットンクラブ)」にて、カード会員限定の特典を提供します。

新国立劇場本格オペラをはじめ、バレエ、現代舞踊、演劇といった現代舞台芸術を高い水準で上演し続ける新国立劇場にて、さまざまな特典を用意しています。

《プロテクション》

キャンセル・プロテクション突然の病気・ケガによる入院などで予定していた出張のキャンセルや、接待用に購入したチケットを使えなくなってしまった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償します。

オンライン・プロテクションインターネット上での不正使用による損害を全額補償。安心してオンライン・ショッピングを楽しめます。

リターン・プロテクションこのカードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内の商品の購入金額がアメックスから払い戻されます(1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額まで)。

ショッピング・プロテクション国内・海外を問わず、このカードで購入したほとんどの商品について、購入日から90日以内に生じた破損・盗難などの損害を、1名あたり年間最高500万円まで補償します(免責金額として1事故につき1万円)。

以上のことから、個人事業主や小規模の会社を営むビジネスパーソンには、アメックス独自のビジネスサービスに加え、ポイントの高還元化やマイル等価交換も可能で、アメックスならではのサービスも充実したアメックス・ビジネスゴールドカードが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ