アメックスカードでチェックすべき4枚を厳選。それぞれを比較して自分にあうステータスカードを見つけよう

安心して使えるクレジットカードを見つけていこう

現代社会において、お金を持ち歩かなくても、買い物や移動などに困ることはほとんどありません。それは、suica(スイカ)やpasmo(パスモ)などの交通ICカードやEdyなどの電子通貨、更には仮想通貨といったものを利用できる店舗やサービスが増えてきたからです。

交通ICカードなどはさておき、仮想通貨で所持していたはずの通貨が消えるなど深刻な問題に巻き込まれるリスクがあるので注意が必要です。その点、クレジットカードはこれらの支払方法よりも、ずっと歴史があり、保険などが適応されることもあるので、注意しながら利用すれば安心・安全に利用することが可能になるのです。

安心の実績を誇るアメックスカードとは?

安心・安全に利用することができるカードとしてまず「アメックスカード」があります。クレジットカードといえば、ポイントの還元率しか考慮しない方もいるようですが、まずは安心・安全に利用できるかどうかが最優先事項です。せっかくお得に利用できても、トラブルに巻き込まれてしまっては意味がありません。

その点アメックスカードは、安心・安全の点ではトップクラスといえます。「アメックス」は、実は通称で、正式には「アメリカン・エクスプレス」といいます。世界のトップブランドでもあり、だからこそ実績と信頼は抜群といえるのです。

アメックスカードの種類

実績と信頼が抜群の「アメリカン・エクスプレス・カード」、通称「アメックスカード」ですが、その種類は豊富で、法人カードを含めると2018年4月12日現在でなんと14種類も存在します。そこで今回は、ベーシックなカードや特に人気のカードについてまとめてみましたので、自身に合ったカードはどれか考えながら読んでいきましょう。

グリーンカードとゴールドカードを比較

デザインの違いは?

カードのグリーンのカラーリングが特徴的なことから、通称「アメックス・グリーンカード」などと呼ばれることが多いカードですが、正式名称は「アメリカン・エキスプレス®・カード」です。一方、ゴールドカードはその名のとおりゴールドのカラーリングをしたカードです。

年会費の違いは?

グリーンカードは年会費12,000円で、ゴールドカードは29,000円と、ゴールドカードは、グリーンカードの倍以上となっています。ですから低コスト重視の方にはグリーンカードが良いでしょう。ETCカードはすべてのカードで無料です。

ポイント還元率の差は?

両カードにポイント還元率やマイルの違いはありません。グリーンカード、ゴールドカード共に、「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムになりますので、同じ内容となり、両カード間での差はないということになります。

海外保険については?

それでは大きな違いはどこかというと、「海外保険」です。どちらにも海外保険がついており、「流石アメリカン・エキスプレス! 」という感じを受けるのですが、グリーンカードが利用付帯であるのに対して、ゴールドカードは自動付帯+利用付帯となります。

自動付帯は、カードを所持しているだけで保険が適応になるのに対して、利用付帯とは、旅行の交通費や宿泊代をカード決済しなければ保険適応にはなりませんので、注意が必要です。

また、補償額にも差があります。例えば「死亡・後遺障害」の場合、グリーンカードで最高5000万円に対して、ゴールドカードの場合自動付帯5000万円+利用付帯5000万円で、最高で1億円まで補償が可能となります。

*参照 アメリカン・エキスプレス公式ホームページhttps://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

これは旅行や出張などで海外に行かれる機会が多い方には心強いポイントです。

SPGアメックスカードとANAアメックスカードについて

それでは次に、こちらもアメックスカードの代表的なカードである「SPGアメックスカード」と「ANAアメックスカード」について比較していきましょう。特にこの両カードは、旅行に関して充実したサービスが受けられるカードなので、旅行や出張の多い方にはおススメです。

デザイン

まずはデザインから見てみましょう。「SPGアメックスカード」は、グリーンカードやゴールドカードと異なり、ワインレッドの目につきやすいデザインです。一方、「ANAアメックスカード」の方はというと、飛行機の翼がデザインされています。日本の2大航空会社の一つである全日本空輸(ANA)を象徴するようなデザインです。

年会費

「SPGアメックスカード」の年会費は31,000円と、グリーンカード、ゴールドカードよりも高額となっています。しかし、その分サービスが受けられるカードですので、利用方法と頻度によってはお得に使うことができます。

「ANAアメックスカード」はというと、年会費7,000円で、今回紹介するカードの中で一番安い金額となっています。年会費を抑えつつ、アメックスカードを利用したいという方にとってはうれしいカードです。

ポイント還元率の差

ポイントの還元率はどちらも1%と差はありません。しかし、「ANAアメックスカード」では、ANAグループでの利用で1.5%となりますので、頻繁にANAグループを利用する方は断然お得です。

貯めたポイントの利用方法などで差がありますので、貯めたポイントの使い方を考慮してカードを選択するのも有効でしょう。

例えば「SPGアメックスカード」では、貯めたポイントを150社以上のエアラインの航空券に交換するサービス(SPGフライト)や、特典除外日なしの無料宿泊に交換できるサービスも用意されています。カードを利用している限り貯めたポイントは無期限になるので、定期的に旅行や出張がありカードを利用する方にとってはお得です。

継続時には無料宿泊がプレゼントされますし、本人および同伴者1名分の飛行場ラウンジの利用が無料となります。カードへの付帯として、海外旅行の際にカードの紛失や飛行機遅延による出費の補填サービス、海外で購入した物への補償も付いていますので、海外旅行を安心して、心行くまで楽しむことが可能となります。

また「ANAアメックスカード」では、入会時や継続毎に1,000ポイント付与されますし、貯めたポイントを実質無期限にできるサービスも用意されています。

貯めたポイントの利用方法としては、航空会社ならではのANA特典航空券に交換や500以上の厳選されたアイテムに交換することができます。更に6,000円支払うことにはなりますが、マイルに移行することも可能です。

どちらもアメックスを代表する旅行系カードですが、ご自身でどのような頻度で、どのように利用するかを想定し、お得なカードを選ぶのが良いと思います。

アメックスカードの審査は?

しかし審査はどうなのかと心配される方もいることでしょう。歴史のあるカード会社なので、審査がとても厳しいというように思われがちなようですが、実は柔軟に審査をしてくれるカード会社です。

安定しており、継続した収入がある方であれば申込資格があるので挑戦みると良いでしょう。

クレジットカードを選ぶなら、安心安全に利用できるアメックスカードが断然おススメです!

アメックスカード4種のなかで一番良いのはどれだろうと悩んでしまいますが、結論から言いますと、どれが一番良いカードなのかは、所持する人の利用状況によって異なります。ですから、自身でしっかりと見極めて選ぶ必要があります。

しかしながら、アメックスカードに共通することは、安心・安全に利用できるカードであるということです。日常の生活はもちろんのこと、旅行や出張の際のお供として、クレジットカードを検討されているのであれば、アメックスカードを使ってみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ