PayPalとは一体どんな決算システム? PayPalのメリットとデメリットについて解説

「PayPal」と名前は聞いたことがあっても、まだPayPalデビューしてない方もたくさんいるでしょう。

PayPalはインターネットと電子メールアカウントを利用した決算サービスを提供しているアメリカの企業が行っているサービスで、PayPal口座間やクレジットカードでの送金や入金を行うことを事業内容としています。

金銭のこととなるので、インターネットを利用しオンライン上で現金がやり取りされるとなると不安でPayPalの利用に尻込みしてしまう方もいると思いますが、PayPalはセキュリティー面も高く利用者が安全に使って行けるように工夫が凝らされているので、安心して個人情報を預けて利用して行くことができます。

クレジットカードで個人情報を入力してカードを使うよりも安全かつ便利に使って行けるのです。

登録も無料で簡単に済ませることができるので忙しい方でも即日使って行くことができます。

では、PayPalがどんな機能なのか詳しく見て行きましょう。

PayPalは便利な決算システム! オンライン上で安全・スムーズにできる決算サービス

PayPalはクレジットカードでの支払いと受付ができるシステムのことで、カード情報はPayPalが業界屈指のセキュリティーレベルで管理し守ってくれ、支払いの際に店側に利用者のカード情報を伝えることもしません。

今では世界2億人以上の方が利用していて、1,500万店舗以上でPayPalが利用できるようになっています。

海外の取引にも便利に使って行くことができますし、日本未販売の商品購入などもできる今注目の決算システムなのです。

PayPalを利用するには無料でアカウントを作る必要がありますが、簡単に作って行くことができるのでアカウントを作成して便利な決算システムを使って行きましょう。

PayPalには2種類ある! 日々の買い物などで利用できる個人用PayPalと会社経営者向けのPayPal

PayPalには個人用PayPalと会社経営者向けのPayPalの2種類があり、会社・個人でも便利に使って行けるよう工夫されているので、会員登録さえ済ませれば便利に使って行けるようになります。

<個人用PayPal>

個人用PayPalを使って行くにはまずアカウントの作成が必要なので登録したいカード情報と住所を登録しましょう。

カード情報はクレジットカード以外にもデビットカードの登録もできるので頻繁に使うカードを登録し、アカウントさえできればPayPalは使えるようになるので、いつも通りネットショッピングを安全・スムーズに利用することが可能となるのです。

決算画面が表示されたらPayPalを選択してアカウント作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力すれば支払いは完了します。

個人用PayPalなら決算に手数料も発生しませんし、便利にサービスを利用して行くことができます。

<会社経営者向けPayPal>

会社経営者向けPayPalはクレジットカードをPayPalに登録し支払うのではなく、自社の商品などを購入してもらった際に、買い手側の決算方法をPayPalにすると言うイメージです。

設定できる決算方法の中にはメールで簡単にカード請求ができる「メールで決算」・簡単に決算ボタンやカート機能が搭載できる「かんたん決算ボタン」・自社のソフトの一部を公開して他のソフトウェアと共有するこができる「API決算」が選べ、その他にもPayPalでの決算とクレジットカードの決算どちらも承れるシステムなども設定することができます。

PayPalの決算口を開設する際の手数料は、PayPalのアカウントを作ることなくクレジットカードの情報入力のみで支払いを完了させる「ウェブペインメントプラス」を利用する際には月額3,000円発生し、銀行の引出し額が5万円以下の場合には250円の手数料が発生しますが、アカウント開設・初期費用・月額手数料は基本無料となっていて、得に決算システムを導入することができるのです。

また開設後の決算手数料は得な金額設定になっていて、1件につき2.9%+40円〜PayPalの方で定まっている金額設定に応じて決まって行きます。

そして2018年5月10日からは料金が改定となるので合わせて確認しておくと良いでしょう。

PayPalは信用を大事にしている会社でもあるので、会社経営者としてPayPalを個人・法人で持つ場合の本人確認も大切なポイントとなっていて、個人の本人確認書類・法人の本人確認書類が定まっています。

個人・法人の確認書類はすべてスマートフォンなどで撮った写真をGIF・JPN・PNG・PDFの形式にしてPayPalの方に提出してください。

「個人用PayPal」と「会社経営者向けPayPal」、どちらにも登録してスマートに使って行ければ今までの決算イメージががらりと変わることは間違いありません。

しかし、どんなものにもメリット・デメリットはつきものです。

PayPalのメリット・デメリットはどのようになっているのでしょうか?

使う前に把握しておきましょう。

PayPalはデメリットよりもメリットが豊富な優れた決算サービス

PayPalはとても便利な決算システムですが、それだけでなくまだまだ使うにあたって豊富なメリットが揃っています。

<個人用PayPalメリット>

*カード情報はPayPalが保護*

通常クレジットカード情報は、購入した店の方に行きますが、PayPalでは店側にもカード情報を伝えることはしません。

*通常通りポイントも貯まる*

PayPalを通すとクレジットカードのポイントが付与されないのではないかと考える方もいると思いますが、PayPalを通してクレジットカードを使ってもポイントは通常通り付与されます。

*ログインなしでも決算できる*

PayPalでは決算時にログインをしてから決算ができるようになっていますが、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れれば、ログインしないでもよりスムーズに決算が済むようになります。

*海外商品が日本で購入するよりも安く手に入る*

PayPalは世界1.500万店舗以上で利用が可能なので、日本で販売されていない商品や日本だと高い金額で販売されている商品でも安く入手することが可能となります。

*会員情報登録スキップ*

送付先住所やクレジットカード情報はPayPalに登録済みなので、各WEBサイトでおっくうな会員情報登録をする必要もありません。

<会社経営者向けのPayPalメリット>

*監視システム*

会社経営者向けPayPalでは365日24時間、不正・なりすまし・フィッシングメールによる被害がないように2,000人体制の監視システムで不正がないかチェックしています。

また個人情報の管理も世界水準の暗号化キーでしっかりと保護されています。

*業界最高水準の不正防止モデル*

通常と違う不審な動きが合った場合アカウントを制限して利用者の被害を最小限に抑えてくれます。

*安心の売り手保護制度

承認していない・商品が届かないなどのクレームや支払いの取り消しの被害が合った場合保護されるプログラムです。

このようにPayPalではメリットが多く唯一のデメリットと言えば会社経営者向けPayPalの手続きに手数料がかかることだけと言えます。

PayPalは会社・個人どちらで使ってもセキュリティー面が高い安心で安全な本当に便利な決算システムなのです。

PayPalを個人・会社でも使って安全でスムーズな決算を利用して行こう

PayPalは世界中1,500店舗以上で使える優れた決算システムです。

そしてPayPalには個人用PayPalと会社経営者向けPayPalがあるので、使い分けて利用することができますし、セキュリティー面も万全となっています。

会社経営者向けPayPalに関しては様々な支払窓口を設定することができ、クレジットカードとPayPalどっちも設けられるようにできるのは会社経営者としては便利な機能と言えるでしょう。

個人用PayPalも日本で未発売の商品・日本では高額な商品をPayPalの利用で安く購入できたり、面倒くさい個人情報入力もカットできるのでクレジットカードを登録するだけでメリットが豊富です。

個人・会社でもスムーズかつ安全な最先端の決算方法PayPalを使って便利に決算を済ませて行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ