LINE Payの5つの機能と便利な使い方

便利なプリペイド機能はないかと探していてもただカードにチャージをして使うだけのものがほとんどで、機能に優れたものはあまりないでしょう。

プリペイド機能の魅力は支払い期限がない・チャージした額だけが使えるので使いすぎの心配がないなどの点と言え、クレジット機能が苦手な人にとっては安心して使って行ける便利な機能と言えます。

しかし、プリペイド機能が使いすぎの心配がないからと言っても、使える場所が限定されているものを選ぶと普段からいろんなところで使っていくことはできません。それを不便だと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがLINE Payです。

このプリペイド式決算なら豊富な機能が揃っているので、チャージ・決算・送金・送金依頼・割り勘機能と幅広く使って行くことができLINE Payの加盟店であればクレジットカードのよりも簡単にどこでも使って行くことができるのです。

登録もすぐに済ますことができるので、即日使って行くことができます。

優れたプリペイド機能を探しているのであればLINE Payはおすすめです。

LINE Payについて

LINE Payは様々な機能を揃えているプリペイド式の決算システムです。

機能はLINE Payにチャージをすると加盟店での買い物・LINEの友達への送金や割り勘ができるようになり、チャージは銀行口座やコンビニなどで簡単に行うことができるので簡単に済ますことができますし、LINE Payが利用可能な店だけの特別優待なども受けられるのでクレジットカードよりも機能良く使って行ける場面もあるでしょう。

決算の方法も決算する度に何度も情報を入力する手間などもなく、チャージした残高での決算で済みます。

また送金機能も利用できるようになっていて、友達同士で食べた昼食や夕飯の割り勘も簡単に送金できるのです。

※決算サービス・送金サービスの利用には事前にパスワード設定が必要です。

LINE Payへの登録は規約に同意するだけなので、ややこしいおっくうな登録手続きをする必要もありませんし、国際的な業界固有のコンプライアンス基準を満たしているので安心して使って行くことができ、機能が優れている使いやすい決算システムがたくさん揃っています。

LINE Payには5つの便利な機能がある! その内容とは

LINE Payの利用を開始すれば5つの優れた機能が使えるようになります。

どれも便利で使い勝手良いサービスなので、一度LINE Payを使いだしたらずっと使いたくなってしまうでしょう。

<1 チャージ機能>

LINE Payのチャージはコンビニチャージ・銀行口座チャージ・オートチャージと3つのチャージ方法が利用できるようになっています。

コンビニチャージについてはファミリーマートのみで、「LINEを開く」→「LINE Payを選択」→「チャージをタップ」→「コンビニ選択」→「チャージ額を設定」の手順で進めて、予約番号と受付番号を控えファミポートの「代金支払い・コンビニで支払いから」レシートを発行してレジで支払うようになっているので手順を間違えないようにしましょう。

銀行口座チャージはLINE Payにスマホ上から銀行口座を登録することでチャージが行えるようになり、オートチャージにすると設定した金額より残高が下回れば自動的に銀行口座からチャージが行われます。

<2 決算>

LINE Payの決算はコード決算とオンライン決算の2種類があり、街の加盟店(ローソン・ゲオなど)での買い物の際にはLINE Payで支払うことを伝えて、スマホでコード画面を提示してください。

オンラン決算ではオンライン加盟店(ゾゾタウン・FOREVER21など)であれば利用可能なので、ネットショッピングを済ませ支払い画面まで行ったらLINE Payを選択し支払い完了です。

<3 送金>

送金機能は友達もLINE Pay利用者でないと送金できませんが、「LINE Payを開く」→「送金を選択」→「友人を選択」→「金額入力」→「送金」の手順で送金することができます。

また送金を利用するには本人確認が必要なので注意しましょう。

<4 送金依頼>

送金依頼も友達がLINE Payの利用者である場合に限りますが、ラインのメッセージなどで送金を頼み、友人が送金の手順で送金を簡単に済ますことができます。

<5 割り勘>

割り勘も利用する全員がLINE Pay利用者である場合に限りますが、割り勘時にまとめて支払う方へ送金して支払いを済ませることができます。

LINE Payには簡単に使える使いやすい機能が揃っているので便利な機能をどんどん使って行きましょう。

しかし、LINE PayにはLINE Payカードと言うプリペイドカードがあり、このカードを利用すればLINE Payが使える幅がもっと広がるのです。

LINE PayカードはLINE Payの能力を上げる? ポイントシステムは2018年5月以降からは変わるので注意しよう

LINE PayカードはJCBと共同開発したプリペイドカードで、発行するとLINE Payに入っている金額を国内・海外問わずJCB加盟店であればどこでも利用できクレジットカードのようにポイントを貯められます。

しかし、ポイントシステムは2018年5月31日までは100円→2ポイントで付与されますがそれ以降は付与されなくなるのです。

その理由は、さらなる便利なキャッシュレス・ウォレットサービスを提供すると言うことでのポイントサービス終了となっていて、2018年6月以降はもっと使い勝手の良いサービスがポイントサービスの代わりに提供される予定です。

今の時代だんだんとスマホでの支払いが支流となってきているので、今後はスマホでの支払いをメリットとしたサービスが提供され、コード決算を中心としたLINE Pay各種サービスの利用度合いによって特典を受け取ることができる新しいプログラムが始まります。

改善後はどのような新サービスが提供されるかはまだ発表されていませんが、今の時代に合った利用価値の高いサービスを提供してくれることでしょう。

ポイントが付与されなくなってしまいますが、LINE Payカードを使う醍醐味はLINE Payの使える幅が大幅に広がり、国内・海外のJCB加盟店でも利用可能になるという点です。

LINE Payを長く使うのであればLINE Payカードは合わせて持っておくと良いプリペイドカードでしょう。

LINE Payを使うなら機能を熟知して上手く使いこなそう

LINE Payのイメージはスマホに現金をチャージすればスマホが財布代わりになるということです。

決算は街でLINE Payを利用する時はコード決算なのでコードを提示するだけで、ネットショッピングの場合はショッピングを済ませた後の支払い方法をLINE Payするだけなので使い方は簡単と言えます。

決算利用は加盟店のみとなってしまいますが、数多く揃っているので不便なく使って行けますし、もっとたくさんのところで利用したいと言う方は国内海外でも使えるクレジットカード会社JCBと共同開発したLINE Payカードを使うと良いでしょう。

送金機能に関しては時と場合によって使い分けられるので、送金依頼・割り勘・送金と様々な場面で活躍してくれます。

またチャージ方法については4つのチャージ方法があり、コンビニでのチャージはファミリーマートでしかできずファミポートからレシートを発行して店頭に持って行きチャージと言う形になりますが、銀行口座からのチャージは登録を済ませればいつでもチャージできるので頻繁に利用したい方はオートチャージを設定すると便利でしょう。

LINE Payは登録も同意だけで簡単に使えるようになるので手間もいりません。

便利な決算サービスを使いたいならLINE Payを使わない手はないでしょう。

LINE Payは未来に向けたキャッシュレス決算機能をたくさん揃えているので、利用する時は機能を熟知してから使うと便利に使いこなして行けるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ