女性向けの三井住友VISAアミティエカードとJCB Card W plus Lを主婦や学生が持つメリットは?

年会費無料で高いポイント還元率が魅力

JCB Card W plus Lは年会費無料でポイント還元率の高いカード。Amazonの利用は常にポイントが4倍!

年会費 無料
ETCカード
家族カード
ETCカード:無料
家族カード:無料
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1,000円=2ポイント
1ポイント=5円相当
対応電子マネー QUICPay・Apple Pay
旅行保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

春になり、就職や結婚で環境が変わった方もいれば、季節だけが変わったという方もいることでしょう。今年のスタートとして気持ち新たに手持ちのクレジットカードを見直し、主婦の方や学生の方など例え生活環境が変わらない方もカード環境を変え、女性向けクレジットカードで今よりも充実したお金の管理をしてみるのはどうでしょうか。

今回は女性向けカードに注目をし、高ポイント還元や国内海外旅行保険など、充実したサービスが付いたお得なクレジットカード「三井住友VISAアミティエカード」「JCB Card W plus L」の二つを比較紹介していきます。

三井住友VISAアミティエカードとJCB Card W plus L。女性向けに誕生した2つのカードにはどんな特長があるか?

三井住友VISAアミティエカードってどんなカード? 一般的なVISAカードとはどう違う?

三井住友VISAアミティエカードは、国際ブランドVISAが発行する女性向けのカードです。
電話入会も可能ですが、ネット入会限定で初年度の年会費は無料にでき、次年度以降も「マイ・ペイすリボ」への登録など諸条件をクリアすれば、年会費を無料にすることもできます。
リボ払い設定をしたくない方は、Web明細書サービスで年会費を500円割引きにしておきましょう。

海外旅行傷害保険の補償が手厚く、携帯電話料金のポイントが2倍になるところが、一般的な三井住友VISAカードとは異なる点です。

JCB Card W plus Lってどんなカード? 一般的なJCBカードとはどう違う?

JCB Card W plus Lは、2017年に誕生した比較的新しいカードです。女性向けのピンクのデザインが華やかで特徴的です。
39歳以下と、申込条件に年齢制限はありますが一度申し込んでしまえば40歳以降も持つことができ、年会費も一切かかりません。

また、こちらのカードの最大の特長は、 JCBの通常カードでは1,000円のお買い物で1ポイントがつくところ、2倍以上のポイントがつくことです。ショッピングするサイトや場所により、その割合は変わりますが、ポイントの貯めやすさも良い点です。

基本情報一覧


三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAアミティエカード
JCB Card W plus L
JCB Card W plus L
VISA 国際ブランド JCB
18歳以上の女性 申込条件 18歳以上39歳までの方
1250円(+税)
※ネット入会で初年度無料
※次年度以降も条件付で無料
年会費 無料
無料 学生の年会費 無料
ネット、電話 入会の仕方 ネットのみ
ワールドプレゼント、1000円で1ポイント ポイントプログラム名 Oki Dokiポイント、1000円で2ポイント

主婦や学生、職業関係なく使える女性ならではのメリットとは?

主婦や学生でも持つことができる「三井住友VISAアミティエカード」「JCB Card W plus L」
ですが、一体どのようなところが女性におすすめなのでしょうか。

三井住友VISAアミティエカードに付帯する旅行傷害保険。携帯電話PHS利用料のポイントも2倍!

三井住友VISAアミティエカードは、国内海外問わず旅行に関わる傷害保険が最大2,500万円分自動で付いてくるので、このカードを作るだけで別途保険に入る必要や公共交通機関、ツアー代の支払いで事前にカード払いしておく必要もありません。
夏休みに友達と海外旅行に行きたい、ゴールデンウィークは家族で旅に出たいという方、いつも急に旅行プランを決める方にもおすすめです。

また、カードご利用代金WEB明細書サービスを利用することで、携帯電話、PHSの利用料のポイントが2倍になります。例えば携帯電話料金が月7,000円の方は、三井住友VISAアミティエカードを利用すれば通常7ポイントのところ、月14ポイント貯めることができ、年間で見ると168ポイント、840円分がポイントとして返ってきます。

海外によく行く方や、毎月発生する携帯電話料金でポイントをお得に貯められないか考えていた方などは三井住友VISAアミティエカードが使いやすいでしょう。

JCB Card W plusL には掛け金290円から入れる女性疾病保険!

JCB Card W plusLにも旅行傷害保険は最大2,000万円分ありますが、国内は適用されず海外のみで事前に「搭乗する公共交通乗用具」又は「参加する募集型企画旅行」の料金をこのカードで支払いをしていることが条件になるので、注意が必要になります。

JCB Card W plus Lのおすすめポイントは、他の生命保険会社などで展開している商品と比べて「女性疾病保険」に少ない金額で入ることができる点です。
24歳までは月額290円、25歳〜29歳は月額540円、30歳〜34歳は670円、35歳〜39歳は710円と、年齢により掛け金も上がっていきます。

保険料の表


保険名 JCB Card W plus Lの女性疾病保険(入院日額3000円) A社(入院日額5000円) B社(入院日額5000円)
18歳〜24歳 290円 2128円 995円
25歳〜29歳 540円 2128円 995円
30歳〜34歳 670円 2811円 1180円
35歳〜39歳 710円 2811円 1180円
  ※加齢とともに保険料も上がっていく ※加齢とともに保険料も上がっていく ※申し込み時のまま、加齢しても保険料は上がらない

生命保険会社の保険料とJCB Card W plus Lの保険料を単純に比べると、JCB Card W plus Lの保険料は安めの設定です。
ただし、保障の内容や、将来的に保険料があがることも考えると、20代のうちは、カード作成とともにこちらの保険に入り、30歳以降は、保障内容が手厚い保険会社のプランに乗り換えるのが良いでしょう。また、メインの生命保険に+αで考えておくのも良い方法です。

将来的に見直しは必要ですが、ネットで加入申し込みも出来るためリーズナブルな掛け金で手軽に入れるという点でおすすめなのです。

▼詳しくはこちら
JCB Card W plus L限定! WEBからすぐに加入できる月290円からの女性疾病保険

また、アクアレーベルの化粧水やヴィセの口紅などの豪華プレゼントが当たる抽選や、カード利用額が一定の金額以上の方を対象に箱根や湯布院のペア宿泊券が当たる期間限定キャンペーンなどを行っている「LINDAリーグ」、月額30円から加入できるがん保険、選べる保険「お守リンダ」、女性にとって生活にうるおいを与える特典が満載です。

ちょっとした旅行や、買い物でどんどんポイントが貯まる! 2つのカードをポイント還元の視点で徹底チェック

三井住友VISAアミティエカード、JCB Card W plus L共に学生や主婦の方が日常でよく利用するお店や、ネットショップなどでポイントが貯まる仕組みがあります。
実際にこのカードを使えば、どのようにポイントが貯まるのか詳しく見ていきましょう。

三井住友VISAアミティエカードのポイントUPモール経由で買い物するとポイントが常に2倍以上つく!

ポイントUPモールは三井住友カードが運営するショッピングモールです。Vpass(ブイパス)という三井住友カードの会員向けインターネットサービスに登録すれば誰でも利用ができ、アミティエカード会員だけではなく、通常のVISAカードをご利用の方全てが対象です。

ポイントUPモールにアクセスして、いつも通りにお買い物をするだけでワールドプレゼントのポイントが2倍以上になります。
例えば、楽天市場やAmazonならポイント2倍、じゃらんネットはポイント3倍、マツモトキヨシは5倍、おうちでイオン イオンショップならポイントが3倍つき、日常に寄り添える1枚といえます。

また、貯まったポイントはdポイントやTポイントへの移行も可能で、家電製品や商品券などの景品に交換することもできます。

ワールドプレゼントのポイントを貯めると交換できる景品(一例)


500P SAVON バスソルト
viv サラダスピナー
HARIO フルーツスムージーメーカー
800P サーモス 携帯マグ
レコルト プレスサンドメーカー
1,000P イデアレーベル 発酵フードメーカー
ロクシタン ヴァーベナハンドケアセット

JCB Card WはOki Dokiポイントがざくざく貯まる! お得で賢いポイントの貯め方

また、JCB Card W plus LにもJCBが運営するOki Dokiランドというポイントサイトがあります。
こちらもJCB Card W plus Lだけではなく通常のJCBカードをご利用の方全てが対象になり、Oki Dokiランドを経由して買い物をすると、ポイントが2倍から最大20倍にもなります。

さらにJCB Card W plus Lならではのお得な点は、Oki Dokiランド経由のショッピングをしなくても、実店舗でもお買い物をするだけで通常のポイントの2倍以上、「ORIGINAL SERIESパートナー」というJCBの優待ショップでのお買い物であれば、ポイント付与の倍率が2倍〜10倍高くなる点です。

貯めたポイントはこちらも商品券に交換したり、dポイントやTポイントへの移行もできます。

ポイントアップ一例


  三井住友VISAアミティエカード JCB Card W plus L
セブンイレブン 1倍 4倍(優待ショップ)
Amazon 2倍 4倍(優待ショップ)
スターバックスコーヒー 1倍 11倍(優待ショップ)
じゃらんネット 3倍 3倍
マツモトキヨシ 5倍 4倍(優待ショップ)
ユニクロネットショップ 2倍 3倍
イオンスーパーネット 3倍 3倍

※いずれもポイントサイト経由でネットショッピングをした場合(セブンイレブンのみ店舗)

※JCB Card W plus Lのスターバックスコーヒーはスタバカードへのチャージ、キャンペーン登録が対象

スターバックスコーヒーでのお買い物は、スターバックスカードへのオンライン入金をオートチャージにするとポイントが10倍貯まります。(事前のキャンペーン登録が必要)月4000円チャージする場合は、44ポイントも付与されます。
スターバックスコーヒーをよく利用する方なら、いつも通りに利用するだけでポイントが貯まり、お得にコーヒーを味わうことができます。

ポイント移行時のレート


  三井住友VISAアミティエカード JCB Card W plus L
楽天スーパーポイント 1P⇒5P 1P⇒4P
Tポイント 1P⇒4.5P 1P⇒4P
dポイント 1P⇒5P 1P⇒4P
nanacoポイント 1P⇒3P 1P⇒5P
au WALLETポイント 1P⇒5P 1P⇒4P

またポイントの交換・移行ができる「MyJCB」に無料で登録をすれば、Oki Dokiポイント1ポイントを3.5円分に換算してAmazonでお買い物をすることができ、Amazonユーザーには特におすすめです。

Oki Dokiポイントを貯めると交換できる景品(一例)


1,050P 銀座のジンジャー ジンジャーシロップ4本セット
1,100P オムロン レッグマッサージャ
2,000P パナソニック コードレススチームアイロン
3,000P 東京ディズニーリゾート パークチケット2枚
3,200P クオカード3,000円分 ディズニーデザイン

三井住友VISAアミティエカード、JCB Card W plus L共に、上記で紹介した景品はほんの一部で、ポイント交換できる景品はたくさんあります。

日常のこんな時に活躍!  シーン別に使えるメリットを紹介!

2人の女性の日常から見るポイントの貯まり方


    三井住友VISAアミティエカード1ポイントの価値は5円1000円で1ポイント(還元率0.5%) JCB Card W plus L1ポイントの価値は5円1000円で2ポイント(還元率1%)
学生A子さん21歳
  • 一人暮らし
  • 長期の休みは友達と旅行
  • 卒業前には海外も行きたい
  • 学校帰りにセブンでお菓子(月2,000円)
  • 朝はスタバに寄ってから登校(月4,000円)
  • ユニクロやGUが好き(月2,000円)
  • 2ポイント
  • 4ポイント
  • 2ポイント
  • 8ポイント
  • 44ポイント
  • 8ポイント
主婦B子さん33歳
  • 夫子供3人暮らし
  • 長期の休みは家族旅行
  • 平日仕事のためイオンネットスーパー利用(1回5,000円×月4回くらい)
  • 子どものおもちゃはショッピングモールで現物を見てからAmazonで購入(年間10,000円)
  • 60ポイント
  • 10ポイント※年間
  • 80ポイント
  • 40ポイント※年間

学生のA子さんと、主婦B子さんの生活に基づいたシーン別ポイント一覧です。

ほんの一例ですが、A子さんの場合スターバックスコーヒーに行く頻度が高いようなので、ポイント還元で見るとJCB Card W plus Lが圧倒的にお得です。ただし海外旅行の予定を控えているなら、在学中は自動付帯保険のある三井住友VISAアミティエカードを持ち、卒業後に切り替えるのもありです。

一方B子さんは、平日働いているためほとんどの買い物をネットショッピングで済ませています。ネットモールを経由することで、日常生活を送るだけでポイントが貯まっていくという好循環です。空いた時間にネットで気軽に作ることができ、入会金もかからないので、JCB Card W plus Lを持つのがおすすめです。

主婦や学生に特におすすめのカードはJCB Card W plus L!

三井住友VISAアミティエカードもJCB Card W plus Lも女性が使いやすい特典がたくさんあり、ポイントも貯めやすいクレジットカードです。
海外旅行が好きでよく行く方やVISAブランドが好きな方、貯まったポイントを楽天スーパーポイントやTポイントに高レートで移行させたい方などは、WEB入会以外にも電話申込も可能な三井住友VISAアミティエカードがおすすめです。

ポイントを貯めてお得に日々の買い物を楽しみたい方や、貯めたポイントでディズニーランドのチケットやキャラクターグッズと交換したい方、年会費を払わずクレジットカードを作りたい方はJCB Card W plus Lが向いています。

しいて言えば、18歳〜39歳までと限られた申込時期に注意すれば、年会費無料でずっと持ち続けることができ、通常の2倍以上のポイントが常に付与されるJCB Card W plus Lの方が、主婦や学生の方にも手軽に持てるクレジットカードとしておすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ