新卒でも審査に落ちにくい定番のクレジットカードを大公開!

新卒で社会人になることをきっかけに、新しくクレジットカードを作ろうと考える方も多いのではないでしょうか。このときに1番気になるのは、審査が通るかどうかということでしょう。クレジットカードはある程度の安定収入があることが入会資格になるため、新卒という立場だと強く不安を感じることもあります。

新卒でも所有できるクレジットカードがあるとしたら、申し込んでみたいと思いませんか?新卒でも審査に落ちにくいと評判のクレジットカードについて、詳しく見ていきましょう。

審査に落ちにくいカードとは?話題の定番カードと一般的な審査基準を紹介

審査に落ちにくい定番カードを紹介

新卒でも審査に通りやすいクレジットカードの定番として、三井住友VISAデビュープラスカードと、ACマスターカードが挙げられます。この2種類のクレジットカードは、どちらもクレジットカードを初めて持つ方やクレジットカードが発行されないという方(に選ばれています。

三井住友VISAデビュープラスカードと、ACマスターカードは、銀行系のカードと、消費者金融系のカードといった異なるジャンルのカードです。しかしながら、三井住友VISAデビュープラスカードは新社会人に向けたカード内容となっており、ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているという点で、審査に不安がある方にも希望が持てる内容となっているのです。

一般的なクレジットカードの審査基準について

一般的なクレジットカードの審査基準といえば、収入があることや、18歳以上であることなどが挙げられます。もう少し詳しく見ていくと、実はいくつかの項目が存在しています。

  • 安定した収入があること
  • 職業があること
  • 雇用形態
  • 勤続年数または居住年数が1年以上
  • 年収
  • 借金の有無
  • クレジットヒストリー

これらの情報のうち、雇用形態は正社員の方が有利な条件になるものの、それ以外でも審査が通ることがあります。また、借金の有無は重要で、日本の貸金業法では、借入できる金額が年収の1/3と決まっているので、クレジットカードによるキャッシングやカードローンで借り入れがある場合は、カードの利用上限が少なくなるケースや、収入証明を求められるケース、またはカードそのものが発行されないケースもあります。

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの使用履歴のことで、この情報は正式な信用情報機関にも記録されている重要なものです。クレジットカードの利用状況、ローンの利用状況、返済履歴、延滞履歴などもすべて記録されているもので、新規でクレジットカードを申し込むときにもチェックされる項目の1つです。

  • 株式会社CIC
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)

日本国内では上記3つの信用情報機関があり、クレジットカード会社は、株式会社CICに記録すると言われています。クレジットカードの使用履歴のほかに、携帯電話やスマホを分割で購入した場合も記録されるので、学生の方も契約者が本人なら、情報が記録されているといえます。

三井住友VISAデビュープラスカードの入会資格と審査について

三井住友VISAデビュープラスカードの入会資格・基本情報

  • 入会資格・・・高校生を除く満18歳〜25歳までの方(未成年の方は親権者の同意が必要)
  • 年会費・・・通常1,250円+消費税、初年度年会費無料・年1回以上のカード利用で翌年度年会費無料
  • 付帯保険・・・海外・国内のカード利用時 年間100万円まで リボ払い・3回以上の分割払いに対して適用
  • 利用可能枠・・・最大80万円
  • 追加カード・・・ETCカード、家族カード
  • 電子マネー・・・iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave
  • ポイント・・・ワールドプレゼントポイント 1,000円→2P(入会後3か月は5倍、通常カードの2倍)
  • 特典・・・入会後ずっと継続してカード利用をすることで、満26歳の初めての更新時に、プライムゴールドカードへ自動ランクアップするほか、「継続サンクスポイント」がもらえます。

三井住友VISAデビュープラスカードの審査について

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳〜25歳の学生に向けたクレジットカードのため、銀行系のカードであっても収入などが新卒の基準になっている可能性があります。

学生向けのカードということもあり、年収なども厳しく問われません。携帯電話の支払いに延滞がない、その他のクレジットカードで延滞などのトラブルがなければ、審査にも落ちにくい定番のカードです。

ACマスターカードの入会資格と審査について

ACマスターカードの入会資格・基本情報

  • 入会資格・・・20歳以上69歳以下の方で、本人に安定収入のある方
  • 年会費・・・永年無料
  • 国際ブランド・・・Mastercard
  • 利用可能枠・・・ショッピング利用最大300万円、カードローンは最大500万円
  • 付帯機能・・・カードローン
  • 返済方式・・・定率リボルビング方式

ACマスターカードの審査について

ACマスターカードは、通常のクレジットカードの審査とは少し異なり、返済能力を重視した審査が行われていると言われています。通常のクレジットカードなら、支払いの延滞などがないか信用を重視する傾向ですが、ACマスターカードは、カードローンが付帯していることもあり、やや返済能力を重視した審査を行うと言われています。

そのため他のクレジットカードで延滞をしてしまった方や、他のクレジットカードの審査に落ちた方でも、働いていて安定した収入がある方なら、ACマスターカードの審査をクリアできる可能性があります。審査に通りやすいと言われるのは、審査基準が返済能力をメインに判断されているからだといえます。

また、ネット申込後にACマスターカードの受け取りを自動契約機むじんくんにした場合、最短即日カード発行されることから、審査の可否もスピーディーに知ることができます。アコムの公式サイトでは、ACマスターカードを申し込む前に、3秒診断をすることもでき、審査への不安を払拭できることもあります。

新卒でも大丈夫! 審査が不安な方もこのカードなら安心して申し込める

三井住友VISAデビュープラスカードと、ACマスターカードなら、高い収入が無くても安定した収入があれば、申し込むことができます。新卒の方はもちろん、主婦・アルバイト・パートの方も、入会に関する基本的な条件を満たしていれば入会申込みが可能です。

もともとが学生向け・返済能力重視の審査基準のカードなので、多額の利用には向きませんが、日常生活で使うカードとしては、審査も厳しくなくおすすめなカードです。社会人になってクレジットカードを所有したい方にはぴったりです。新卒で収入がまだ少ない、これまでアルバイトしかしたことがない、といういような審査への不安がある方も、その事実を正直に現状を申し出て、入会申込みをしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ