SBI証券カードの年会費1,250円を翌年度から無料にするたった2つの方法

SBI証券カードとは? SBI証券JCBカードの基本情報を紹介

SBI証券JCBカードは、SBI証券がJCBと提携して発行しているカードで、現金の入出金ができるキャッシュカードと、JCBのクレジットカードとして利用できる、2つの機能を持っているカードです。

キャッシュカードとしては、セブン銀行およびゆうちょ銀行のATMを利用してSBI証券総合口座に入出金ができます。JCBのクレジットカードとしては、利用額に応じてポイントが貯まり、JCBのポイントプログラム「OkiDokiポイント」を貯めて活用することができます。

SBI証券JCBカードの基本情報

  • 入会資格・・・SBI証券のインターネット取引口座を持つ「個人」の方で、本人または配偶者に安定した収入がある20歳以上の方、または20歳以上の学生の方(エムスリー株式会社を経由して口座開設した方は入会対象外)
  • 年会費・・・1,250円+消費税 入会初年度年会費無料
  • 家族カード・・・なし
  • 国際ブランド・・・JCB
  • ポイント・・・OkiDokiポイント 1,000円→1P
  • 特典・・・OkiDokiポイントプログラムの「SBI証券入金コース」を利用すると、還元率OkiDokiポイント1P→5円でSBI証券総合口座に振り替えることが可能です。

    ※OkiDokiポイントは、SBI証券JCBカードで獲得したポイントだけが対象となり、その他のJCBカードで獲得されたポイントは、振り替え対象外です。

SBI証券入金コースの魅力とは?

SBI証券JCBカードの利用額1,000円→1P→5円として、1か月に5万円のカード利用をした場合、SBI証券総合口座に振り替えられる金額は250円になります。この数字だけを見ていくと、大きく期待はできない印象を受けますが、他社ポイントとの交換レートと比較すると高い還元率だとわかります。

OkiDokiポイントをマイルに交換する場合で考えると、OkiDokiポイント1P→3マイル、楽天ポイントに移行する場合は、OkiDokiポイント1P→4Pなので、他社よりも効率的に還元されていることがわかります。1か月にSBI証券JCBカードで5万円の利用を行い、1年間続けたとしたら、年間にSBI証券総合口座に振り替えられる金額は3,000円にもなります。

SBI証券入金コースをより有効活用するには、SBI証券JCBカードをメインカードとして使用することがおすすめで、毎月5万円の利用とはいかなくても、毎月1万円以上のカード利用をしていくことが必要です。毎月1万円以上のカード利用があれば、年間600円以上をSBI証券総合口座に振り替えることができます。メインカードとして使用するなら、年会費も無料にすることができるでしょう。

SBI証券JCBカードの年会費を翌年度から無料にする2つの方法を伝授

SBI証券JCBカードは、年会費がかかる有料のクレジット機能付きカードです。この年会費は、1〜2回支払う程度なら大きな負担にはなりませんが、毎年継続して5年も10年も支払い続けるとなると、気づかない間に1万円以上も支払い、負担に感じるようになります。できれば、SEI証券を利用すると同時に、カードの年会費も無料となり、年会費を気にせずにカード利用ができる方が気持ちの上でも楽になります。

SBI証券JCBカードの年会費を無料にするには、実はたった2つしか方法がありません。2つの方法のうち、どちらかの条件をクリアすれば、年会費無料で利用できるようになる仕組みです。2つの年会費無料条件について見ていきましょう。

<年会費を無料とする2つの方法>

年会費無料条件その1

携帯電話・PHS・スマホなどの利用料金、ガス・電気・水道などの公共料金の支払いを、SBI証券JCBカードによる振り替え登録することで年会費を無料にできます。対象加盟店、手続き方法については、JCB入会ご案内専用ダイヤルで事前の確認が必要ですが、比較的、クリアしやすい条件になっています。

JCB入会ご案内専用ダイヤル(JCBインフォメーションセンター)
フリーダイヤル:0120-015-870
携帯やスマホ利用の方:0570-015-870(有料)
受付時間:午前9:00〜午後5:00 日・祝・年末年始 休

年会費無料条件その2

SBI証券JCBカードの利用金額が、年間12万円(消費税込み)以上の方は、年会費を無料にすることができます。毎年12万円以上のカード利用を継続することで、年会費無料も継続することができます。SBI証券JCBカードの利用金額のカウント方法は、カード裏面に記載されている有効期限月の翌月10日からスタートし、翌年の有効期限月の10日までの支払い分としてカウントします。

また、SBI証券JCBカード年会費、キャッシングサービス利用金額、ローン、リボ払い手数料、分割払い手数料、各種保険料などは、利用金額としてカウント対象外のため、日常のショッピングや各種料金の支払いに使うことがおすすめです。年間の利用金額が12万円未満の場合は、翌年度の年会費を、有効期限月の3か月後の10日に振り替えとなります。

SBI証券JCBカードの申し込みの流れと利用可能なATM情報について

SBI証券JCBカードの申し込みの流れ

  1. SBI証券公式サイトにログイン後、「入出金・振り替え」→「ATMカード」→「ATMカード発行」画面からSBI証券JCBカードを選択して申し込みを行います。
  2. SBI証券JCBカード申込み書を請求・書類到着まで3〜5営業日程度待ちます。
  3. SBI証券JCBカード入会申込書に必要事項を記入、本人確認書類と、登録事項変更届出書を同封し返送します。
  4. 審査通過後、申し込み日から3〜4週間ほどで、SBI証券JCBカードが発行されます。
  5. SBI証券JCBカード到着後、SBI証券公式サイトにログイン後、「入出金・振り替え」→「ATMカード利用状況」→「発行ATMカード」→「暗証番号登録/変更」画面で、暗証番号を設定しカード利用が可能な状態になります。

利用可能なATM情報について

SBI証券JCBカードが使えるATMは、セブン銀行と、ゆうちょ銀行です。それぞれ各種手数料と、利用可能時間帯も異なるので、事前の確認をしておきましょう。共通している情報を紹介します。

  • 取引単位・・・入金・出金各5,000円以上1,000円単位
  • 入金限度額・・・1日あたり1,000万円まで、1回100万円まで(セブン銀行:1回に紙幣50枚まで、ゆうちょ銀行:1回100枚まで受け入れ可能)
  • 出金限度額・・・1日50万円まで、1回50万円まで

    ※出金回数はSBI証券公式サイト、またはMobile SBI、Mobile SBI for W-ZERO3,iPhoneから、変更可能です。

  • 入出金手数料・・・セブン銀行:無料時間外は100円+消費税、ゆうちょ銀行:時間帯に関係なく200円+消費税
  • 利用可能時間帯・・・ATM設置場所により異なります。また年末年始、月末最終営業日の前営業日は、時間帯が異なるので確認が必要です。

SBI証券JCBカードは新感覚のクレジット機能付きキャッシュカード!

SBI証券JCBカードは、キャッシュカードとしても、クレジットカードとしても利用でき、1枚で便利に使えることが魅力のカードです。また、クレジットカードを利用した際に貯まるポイントを、現金としてSBI証券総合口座に振り替えられることは、ポイントを無駄にすることなく活用できるほか、株式・投信の購入資金としても利用できることになります。

従来のクレジットカードのポイントプログラムは、株式・投信の購入資金としてポイント利用する選択肢がなかったため、新感覚で利用できるクレジットカードだといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ