お歳暮のギフト品をお得に購入してポイントも効率的に貯める方法

季節のご挨拶をしていますか?

日頃の感謝の気持ちとして送るお中元やお歳暮を、上司や親戚、お世話になっている方へ送っているという方は多いでしょう。

お中元は東日本では7月初旬〜15日ぐらいまで、西日本では7月下旬〜8月15日ぐらいまでに送るとよいとされ、お歳暮は東日本では11月下旬〜12月20日ぐらい、西日本では12月13日〜20日前後に送るとよいとなっています。

毎年百貨店で開かれるお中元・お歳暮のギフトセンターは、早期申し込みをすることで優待が発生する商品もあるため、開設されると同時に、たくさんの人で混み合っています。

最近ではスーパーやネットショッピングサイトでも、お中元やお歳暮などのギフト商品を積極的に打ち出しており、恩人や上司という格式高い贈り物以外にも、彩り豊かなギフト商品が用意されています。

いつも通りに、例年通りの贈り物でも、いつもよりお得なお買い物へ変えることができる方法を確認し、相手へのギフトを自分のお得へと変えてしまいましょう。

ギフトでは、クレジットカードを上手く使おう

デジタルカタログやネット通販など、インターネット上で商品を選びやすくなってきた影響で、ギフトをネットショッピングで手配するという方は増えてきています。

ネットショッピングはもちろん、店舗でもギフトを購入するときはクレジットカードを使っているという方は多いのではないでしょうか。

クレジットカードでの購入は、カードのポイントが貯まるため、現金で購入するよりもお得に買うことができる賢い方法です。しかしカードによっては、ただ支払いをクレジットカードで行うよりも、もっとお得にポイントを貯める方法があるということを確認してみましょう。

クレジットカードによっては、カード会社の運営するポイントアップのサイトが用意されていることがあります。

三井住友VISAカードでは、【ポイントUPモール】というポイントサイトを運営しており、ポイントUPモールからネットショッピングを行うと、通常の2〜20倍のポイントが貯まる仕組みになっています。

【ポイントUPモール】には、Amazonや楽天市場・Yahoo! ショッピングなど、大手ネット通販ショップをはじめとして、ビッグカメラなど大手家電ショップやユニクロなどのファッションショップなど、普段使うことの多いお店が揃っています。

もちろん百貨店も揃っており、高島屋・伊勢丹・大丸松坂屋・三越・小田急・西武そごう・京王・東急・近鉄・阪急・阪神と、大手の百貨店のオンラインショップが並んでいるため、「いつもお中元やお歳暮は、百貨店から贈っている」という方でも、安心して利用することができます。

JCBもポイントアップのためのサイト【OkiDokiランド】を運営しており、通常の2〜20倍のポイントを貯めることができます。

【OkiDokiランド】もポイントUPモールと同じく、Amazonや楽天市場・Yahoo! ショッピングなど、大手ネット通販ショップをはじめとして、ビッグカメラなど大手家電ショップやGAPやZOZOTOWNなどのファッションショップなど、普段使うことの多いお店が揃っています。

百貨店は、伊勢丹・三越・西武そごう・小田急・京王・高島屋・大丸松坂屋・東急・阪急の大手百貨店のオンラインショップが揃っているため、いつもと同じ品物や・同じようなランクの商品を選ぶことができるでしょう。

【ポイントUPモール】や【OkiDokiランド】を経由して、いつものお買い物をするだけで、通常の2〜20倍のポイントを貯めることができますが、心配なのが「経由をするのを忘れてしまう」「いちいち経由するのが面倒くさい」というところです。

しかし、【ポイントUPモール】にはポイントUPチェッカーというツールが用意されており、ポイントUPモールを経由せずに、対象のネットショッピングサイトにアクセスをすると、チェッカーが光ってお知らせをしてくれます。

普段は使わないサイトでもチェッカーが知らせてくれるので、ポイントアップのチャンスを逃すことなく、利用することができます。

また、【OkiDokiランド】にも【ここからランド】というツールバーがあり、パソコンにインストールしておくと、お気に入りリストからよく使うお店に直接アクセスすることができたり、OkiDokiランドを経由しなくてもポイントが貯まる仕組みになっています。毎回ログインをしなくてもよいというのも、便利な機能です。

【ポイントUPモール】や【OkiDokiランド】では、ギフトシーズンにはポイントアップの特集などをしていることがあるので、その中から選ぶことで、いつもより多くのボーナスポイントを得られることもあるでしょう。

これらのツールを利用して、ボーナスポイントのもらい損ねを防止し、ポイントをざくざく貯めていきましょう。

クレジットカードは、何がおすすめ?

【ポイントUPモール】や【OkiDokiランド】を利用するには、三井住友カードかJCBのクレジットカードを持っている必要があります。 それぞれどのようなカードがあるのかを検討してみましょう。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードは、条件付きで年会費が無料となるスタンダードな一枚です。

年会費は1,250円+税となっていますが、初年度はインターネットからの申し込みで年会費無料、翌年度以降も「マイ・ペイすリボ」に登録し、前年に1回以上利用していれば、カードを年会費無料で利用することができるので、メインカードを別に持っているという方でも、年に1度の利用で年会費無料でカードを持つことができます。

入会資格は高校生を除く満18歳以上となっており、カードブランドは国際ブランドのVISAかMasterCardから選ぶことができ、国内でも海外でも便利に利用することができます。

旅行の代金をカードで支払うことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯するので、海外旅行の予定があるけれどカードを持っていないという方は検討の価値のあるカードです。

海外でのお買い物か、国内でのリボ・3回以上の分割払いで購入した商品には、年間最高100万円のショッピング補償がついているので、高額の品物の購入や、海外でのお買い物の不安を軽減することもできます。

気になるポイントプログラムのワールドプレゼントは、1,000円(税込み)→1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、景品やVJAギフトカードなどのギフト券、nanacoや楽天スーパーポイント・Tポイントなどのポイント移行、ANAなどのマイレージへの移行などと交換することができます。

JCB EIT、三井住友VISAクラシックカード

JCB EITはその名の通り、8つの特長を持ったクレジットカードです。

  • 年会費無料
  • OkiDokiポイントが2倍
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで自動付帯
  • 国内・海外のカードでのお買い物で、年間最高100万円まで損害を補償するショッピングガード保険
  • リボ払いで、毎月の支払い金額を自分で決めることができる。初回の手数料は無料
  • 覚えのない請求には調査の上、請求を取り消してくれる「JCBでe安心」制度適用
  • スタイリッシュなカードデザイン
  • WEB明細サービス「MyJCBチェック」に自動登録

【ストライプ】【ブラック】【ステッチ】デザインのカードにはQUICPayが搭載されているので、コンビニなどで電子マネーを利用している人も一枚でOK!

年会費無料で、通常1,000円(税込み)→1OkiDokiポイントのところ、常時2倍となっているため、ポイントを貯めやすいカードです。

常時2倍のポイントなので、OkiDokiランドを経由してネットショッピングを行った場合でも、(元のポイント×2〜20倍)+(JCB EITのボーナス1倍分)となり、通常のOkiDokiポイントより貯まる仕組みとなっています。

貯めたポイントは景品やJCBギフトカードなどのギフト券、nanacoや楽天スーパーポイント・Tポイントなどのポイント移行、JALやANAなどのマイレージへの移行などと交換することができ、1OkiDokiポイント→1Amazonポイントとして利用したり、スターバックスカードへチャージできるなど、ポイントの交換先が豊富です。

一つ気をつけなければならないのは、利用金額の支払いが、リボ払いのみとなっているところです。

リボ払いというのは、毎月の支払い額を自分で決めることができるという利点の一方で、設定額以上のに利用し、翌月の支払いに繰り越すと、高めの手数料がかかるというものです。

リボ払いのことを知らない方や、時々カード利用額が増えることがあるという方は、支払いの決まりなどを確認しておきましょう。

リボ払いに関わらず、上手にクレジットカードを使いこなすことで、いつも通りの生活を賢くお得なものへと変えてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ