AIR DO VISAカードはポイントの二重取りが可能!ポイントで特典航空券と交換してお得な旅をしよう

「北海道の翼」はAIRDO!

2012年に北海道国際空港株式会社から、通称であった株式会社AIRDOへと社名が変更となりました。

AIRDOは北海道に拠点を置き、道内のローカル線や新千歳空港と国内各地の空の便をつなぎ「北海道の翼」として人気の航空会社です。

北海道に遊びに行くことが多い・活動することが多い方は使う機会が多いAIRDOでは、AIRDO VISAカードを利用するのがおすすめです。

AIRDO VISAカードがどのようなカードであるのかを確認し、賢くお得に変えていきましょう。

AIRDO VISAでお得に買える

AIRDO VISAカードは、AIRDOと三井住友カードの提携カードとして、2016年3月から会員が募集開始となりました。

AIRDO VISA クラシックカードと AIRDO VISA ゴールドカードの2種類から選ぶことができ、どちらもカードブランドはVISAとなっています。

カードのスペックを確認し、どちらが自分に合っているかを確認してみましょう。

AIRDO VISA クラシックカード

年会費は初年度無料で、次年度以降は1,600円+税となり、入会資格は高校生を除く18歳以上です。

国内・海外旅行の傷害保険が最高2,000万円まで自動付帯し、年間100万円までのショッピング補償が付いています。ショッピングの補償は、海外でのカードを利用したお買い物、または国内でリボ払いか3回以上の分割払いが対象となっています。

カードの利用・分割・リボ払い・キャッシングの総利用額は10〜80万となっているので、カードを利用することが多い方は、利用額に注意して使いましょう。

AIRDO VISA ゴールドカード

年会費は初年度6,000円+税で、次年度以降は12,000円+税となり、入会資格は原則として30歳以上で、継続的に安定した収入がある方となっています。

国内・海外旅行の傷害保険が最高5,000万円まで自動付帯し、年間300万円までのショッピング補償が付いています。

カードの利用・分割・リボ払い・キャッシングの総利用額は70〜200万となっており、審査によって限度額が決まります。

AIRDO VISAカードの特長は、ポイントにあり

AIRDO VISAカードの一番注目したい点は、ずばりポイントにあり、AIRDOの利用によってAIRDOポイントが貯まるだけではなく、VISAのワールドプレゼントポイントを貯めることができます。

どのようにポイントが貯まり、どのように生かすことができるのかを確認していきましょう。

貯まるポイント

■カードの入会で、AIRDOポイントが貯まる
AIRDO VISAカードへ入会すると、ゴールドカードでは300ポイント、スタンダードカードでは200ポイントが貯まります。

■航空券の決済をすると、AIRDOポイントが貯まる
AIRDOのサイトで、航空券の決済をAIRDO VISAカードで行うと、ゴールドカードでは120円につき1ポイント(上限2,500ポイント)、スタンダードカードでは150円につき1ポイント(上限2,000ポイント)が貯まります。

■AIRDOに搭乗すると、AIRDOポイントが貯まる
AIRDOに搭乗すると、ゴールドカードでは200ポイント、スタンダードカードでは100ポイントが貯まります。片道ごとの換算なので、往復すると2回分となります。

■年6回の搭乗で、ボーナスポイント
同じ年度内の搭乗6回ごとに、AIRDOポイントが100ポイントもらえます。
片道ごとの換算なので、往復すると2回となり、3往復するとボーナスポイントがもらえる計算となっています。

■カード利用で、ワールドプレゼントポイントも貯まる
AIRDOポイントとは別に、カード利用金額1,000円(消費税含む)ごとに1ワールドプレゼントポイントが貯まります。

つまり、AIRDOの航空券を購入すると、AIRDOポイントとVISAのワールドプレゼントポイントを二重取りすることができるということになっています。

ポイントの使い方

■AIRDOポイント
AIRDOポイントを貯めると、AIRDOの特典航空券と交換することができます。

例えば東京→札幌間では、
ハイシーズン:1,800ポイント
レギュラーシーズン:1,600ポイント
ローシーズン:1,400ポイント
となっています。

夏の旅行で北海道へ行きたい場合でも、お盆の時期から少しずらすことでレギュラーシーズンの特典航空券と引き換えることができます。

また8月には、北海道出発便・到着便それぞれに、利用できない期間があるので、夏の搭乗にポイントを使おうと検討している場合は、サイトで確認をしておきましょう。

■ワールドプレゼントポイント
貯まったワールドプレゼントポイントは、景品や商品券との交換、楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイントなどの他のポイントやANAなどのマイレージへの移行などに利用することができます。

もちろんAIRDOポイントへ交換することもでき、200ポイント以上、100ポイント単位で、ワールドプレゼントポイント:100ポイント→AIRDOポイント:25ポイントに移行することができます。

AIRDOポイントを使いたいけど、あと少しポイントが足りないというときなどに、ワールドプレゼントポイントから移行できるのは、とても助かるシステムとなるでしょう。

何回乗れば、特典航空券と交換できる?

カードに入会し、東京と札幌間の往復で、30,000円だったとしたとき

●スタンダードカード
入会でのポイント:200AIRDOポイント
決済でのポイント:150円につき1ポイント→200AIRDOポイント
搭乗でのポイント:100AIRDOポイント

一度目の往復で、200(入会)+200(決済)+200(搭乗の往復分)→600ポイントが貯まり、 二度目以降は、200(決済)+200(搭乗の往復分)→400ポイントが貯まります。

年度内に3往復をすると、600+400+400+100(ボーナス)→1,500ポイントとなります。ローシーズンであれば特典航空券と交換でき、レギュラーシーズン・ハイシーズンではあと一度の搭乗が必要となります。

●ゴールドカード
入会でのボーナス:300AIRDOポイント
決済でのポイント:120円につき1ポイント→250AIRDOポイント
搭乗でのポイント:200AIRDOポイント

一度目の往復で、300(入会)+250(決済)+400(搭乗の往復分)→950ポイントが貯まり、二度目以降は、250(決済)+400(搭乗の往復分)→650ポイントが貯まります。

年度内に3往復をすると、950+650+650+100(ボーナス)→2,350ポイントとなり、どのシーズンの特典航空券とも引き換えられるだけのポイントが貯まります。

さらにいつも通りにAIRDOの航空便を利用するだけで、一度の往復便につきVISAのワールドプレゼントポイントも30ポイントが貯まり、三度の往復では90ポイントが貯まる計算となります。

ワールドプレゼントポイントは最低200ポイントからの交換となっており、年間20万円以上カードを使用することで、ポイントを利用することができます。

もし家族旅行でAIRDOを利用するのであれば、一度の搭乗で90ワールドプレゼントポイント×4人→360ワールドプレゼントポイントが貯まるため、AIRDOポイントへ交換すると300ワールドプレゼントポイント→75AIRDOポイントに交換することができます。

搭乗券の購入だけで20万円を利用するのは難しいという方は、普段のお買い物をクレジットカードの支払いに変えるだけで、日常生活でワールドプレゼントポイントを貯めることができます。

食費で月に3万円ほど使っていると考えたとき、年に36万円となり、他の日用品やAIRDOの搭乗券などの購入費を足すことで、さらにポイントを貯めることができるでしょう。

さらに1,000円以上の機内販売にAIRDO VISAカードを利用すると、10%オフとなります。(HAPPY HOUR対象便のサッポロクラシックは対象外です)

AIRDOオリジナルグッズや北海道にまつわるお土産だけではなく、クラシックビールやワインで優雅に乾杯をしたい、という時もお得に使えます。

レジャーやスキーで北海道に旅行することが多いという方はもちろん、北海道に住んでいて、あちこちを飛行機で回ることが多い方も、AIRDO VISAカードの利用を検討することで、空の旅をどんどんお得なものへと変えてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ