税金もポイント付与の対象になる! クレジットカードで税金を払うメリット・デメリットを紹介

税金は国民が支払わなくてはいけないものであり、今月は支払いがきついと思った時も是が非にでも現金を用意して支払わなくてはいけなかったので大変でした。

税金に支払う現金があれば他のことに使いたい場合もあります。

どんなにやりたいことがあっても税金と重なってしまった場合は、税金を優先しなければいけません。

しかし、2017年より遂にクレジットカードで支払える税金項目が増え、現金がない時も対応できるようになりました。

クレジットカードが使えれば現金がない時もとりあえずその場はクレジットカードで支払いを済ませ、クレジットカードの支払日までに現金を用意すればいいだけなので、支払いに余裕を持つことができます。

デメリット言えば領収書が貰えないくらいで様々な税金を支払うことができる為メリットの方が豊富と言えるでしょう。

そして、税金でもクレジットカードが支払えるようになったのであれば、得に税金を支払う為にも最適のクレジットカードがあり、楽天カードを使えば税金でも換算率良くポイントを貯めて行くことができます。

楽天カードで税金を支払い得にポイントを稼いでみませんか。

2017年からクレジットカードで支払える税金項目が増える! クレジットカードで支払える税金項目を確認してみよう

税金はクレジットカードで支払えるものもありましたが、2017年1月よりカードで支払うことができる税金項目が増えました。

なぜ増えたのかというと近年キャッシュレス化が進んでいる為と言え、日本経済新聞でも金融庁と経済産業省は、キャッシュレス化を10年間で40%引き上げると記載してあります。

京都や東京などの外国人観光客が集まると予測されるホテルや商店街には決済端末を完全に配置をするようし、キャッシュレス化をどんどん進めて行く方針です。

税金は生活をして行く中でいつも付き回るものですし、クレジットカードでは支払えない税金もあった為、このシステム改善を利用していかないことはありません。

どの税金が支払えるのかはその都度確認が必要ですが、人口密度の多い東京では自動車税・固定資産税(23区)・都心計画税(23区)・個人事業税・鉱区税がクレジットカードで支払えるようになっています。

この項目以外にも30種類の税金がカード決算可能となり、法人税・相続税・源泉所得税などと言った税金も支払い可能です。

利用できるカードブランドはVISA・マスター・JCB・アメックス・ダイナースなど様々で、税金もキャッシュレス化が進んできました。

税金の支払いでもクレジットカードのポイントは貯まると考えていいので、自分が持っているクレジットカードなどを上手く利用し税金を支払って行くと良いでしょう。

税金をクレジットカードで払うメリット・デメリットについて

クレジットカードで支払える税金項目が増えたのはとても便利ですが、税金の支払いをクレジットカードで済ますことができるようになったことで起こるメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか?

税金をクレジットカードで支払った際に不満を抱えない為にも詳しく確認して行きます。

<メリット>

カード払いができる税金が増えたことで起こるメリットは、カードにポイントが付与されと言った点で、税金の支払いでもポイント付与対象外にはならないということでしょう。

また、現金を用意できなかった時もクレジットカードで支払うことができるので、金銭面に余裕をもって税金を支払えることです。

分割払いやリボ払いにもできるので、一括で納めなくてはいけない高額の税金があったとしても、現金の代わりにクレジットカードで決算することができる為、生活が苦しくなることはありません。

<デメリット>

デメリットとしてまず挙げられるのは税金をクレジットカードで支払った場合、必ず手数料が発生する点で、手数料は10,000円支払うごとに73円取られてしまう為損にはなっています。

また領収証も貰えないので、きちんと証明が貰えないと納得いかないと言う方にはおすすめできません。

税金は、国税のクレジットカード支払いサイトにアクセスすれば24時間いつでも支払うことができます。

税金をクレジットカードで支払うシステムは、金銭的に余裕がない時などに便利で、カードにポイントが貯まりますが、手数料発生や領収証を貰えないデメリットがあることもきちんと把握しておいてください。

税金払うなら楽天カード! ポイント付与率が良いポイントの王様と言われているクレジットカード

楽天カードで一番の特長として挙げられるのはポイント付与率の良さで、基本100円→1ポイントで付与されますが、楽天カードを使ってインターネットショッピングサイトの楽天市場を利用するといつでもポイントが3倍で付与され、楽天市場には様々な商品の取り扱いがありポイント付与率最大13倍にすることもできます。

その他にも旅行先のホテルなどが予約できる楽天トラベルを利用すればポイントは2倍で付与されますし、街の加盟店でもいつでも3倍でポイントが付き、ポイントでクレジットカードを選ぶなら楽天カードはとても良いクレジットカードなのです。

もちろん税金の支払いも例外ではなく、ポイントは100円→1ポイントで付与されます。

また貯まったポイントはマックなどの街の加盟店で利用でき、楽天市場や楽天トラベルでの合計金額に充当することも可能で、ANAのポイントにも移行可能となっているのです。その他でもポイント使うことができるので楽天のポイントは使い甲斐があるでしょう。

楽天カードはポイントの大様と言われるだけのサービスを提供しているのです。

<年会費>

楽天カードの年会費は永年無料です。

<カード国際ブランド>

カードは国際ブランドのVISAとなっているので税金も払えます。

<支払日>

カード利用の締め日は毎月月末となっていて、支払日は翌月の27日となっています。

<支払い方法>

支払い方法は1回・2回・リボ払い・分割払い・ボーナス1回2回と選べ便利です。

<楽天スーパーポイント>

楽天カードでは楽天スーパーポイントが100円→1ポイントで貯まります。

<付帯機能>

Edyが付帯していて楽天のポイントも移行できるので得です。

<ETCカード>

楽天カードはETCカードの利用も可能で、利用する場合は540円(税別)発生します。

<海外旅行傷害保険>

海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで補償されています。

楽天カードを発行すれば税金でもポイントを貯めることができますが、普段から得につかっていくこともでき年会費も永年無料なのです。

税金を支払うならポイント付与率のいい楽天カードを使って、ポイントを貰い得しましょう。

楽天カードを発行して税金の支払いを得に便利にして行こう

税金は今までもクレジットカードで支払えるものもありましたが、2017年1月からクレジットカードで支払える税金の項目がさらに増え、より便利に支払いを済ますことができるようになったのです。

正直税金には高額なものもあったので、一括で支払わなくてはいけない税金となると現金を用意するのが大変だったでしょう。

しかし、これからはクレジットカードで支払うことができるようになったので、無理に現金を用意する必要はなくなり、余裕を持って支払えるようになりました。

しかし、どんなことにもメリット・デメリットは付きもので、税金をクレジットカードで支払えばポイントは付与されますが、手数料が1,0,000円につき73円取られてしまうことや領収証が貰えないことには注意してください。

そして、税金をクレジットカードで支払って行くなら楽天カードは利用すべきクレジットカードと言え、ポイントの付与率がとても良く100円→1ポイントで楽天スーパーポイントを獲得でき、税金の支払いも例外ではありません。

そして税金以外でも楽天市場や街の加盟店でポイント3倍、楽天トラベルでも2倍で付与されるのでポイントはどんどん貯まります。

貯まったポイントの使い道もあまたで、楽天市場・楽天トラベル・街の加盟店で使えるのはもちろん、Edyなどにも移行できるのです。

必ず発生する税金で楽天カードを使いポイントを貯めて普段から得しませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ