dポイントを利用した資産運用サービスとは? 少額から利用できる「THEO+ (テオプラス)docomo」を徹底解説

2018年5月16日から始まった自動資産運用サービスの「THEO+docomo」

2018年5月16日から始まった「THEO+docomo」は、20歳以上のdocomo回線利用者とdアカウントを持っている20歳以上の方が利用対象の資産運用サービスです。「THEO+docomo」はdポイントを活用した投資体験サービスとなっており、サイトにアクセスして運用するポイントと運用コースを設定すれば最低1万円から即日投資が可能になっています。

投資といえば難しく聞こえるかもしれませんが「THEO+docomo」はあくまで投資体験サービスですので、高性能なロボアドバイザーが全世界およそ6,000種類ある上場投資信託から最適な投資先を導き出すので安心です。不安に思ったならば投資状況をいつでもサイト確認できますし、投資中のポイントをいつでもdポイントとして利用できます。

「THEO+docomo」利用開始の流れ

  1. 5つの質問に回答する
  2. 231通りの運用プランから質問への回答に基づいた最適な運用プランを提示
  3. 最低1万円からの銀行口座に入金
  4. 運用プランに沿って上場投資信託を30種類購入
  5. 資産バランスを常にキープしながら「THEO+docomo」が自動運用

「THEO+docomo」の4つのメリット

@ dポイントを貯めやすい

「THEO+ docomo」は運用する投資金額に応じてdポイントをゲットすることができ、還元率0.12%でポイントゲットが可能です。おまけにdocomoの携帯電話を所持している方は毎月の月末に運用残高1万円ごとに1.5倍の還元率でdポイントをゲットできます。

つまりはdocomo携帯電話を持っていない方は50万円を運用すると600ポイント貯まりますが、docomo携帯電話を持っている方は900ポイントをゲットできるということです。

A ショッピングでカード払いしたおつりを投資できる

2018年7月から予定されているdカードのおつり積み立て機能は利用金額を設定することでおつりを自動的に積立て運用することができます。たとえば設定金額を500円にして150円のジュースを買うと残りは350円になります。つまり設定金額500円-支払額150円→おつり350円が自動で「THEO+docomo」へ積み立て運用として送られます。これによって手続き無しでの積み立てができます。

B 入出金口座をdocomo口座に設定すると振込み作業簡略化

「THEO+docomo」の入出金口座にdocomo口座を利用すると銀行から振込みを行う必要がなくなり、docomo口座からのワンクリック入金ができるようになります。加えて、「THEO+docomo」で運用している資産をdocomo口座に出金することも可能となります。

C dアカウントと連携するとログインがスムーズ

投資運用サイトというと手続きが面倒なイメージがありますがdアカウントと「THEO+docomo」と連携することでログイン作業が簡略化されます。これはログイン作業だけでなく、初期登録の申し込みも簡単になるのでぜひともやりましょう。

「THEO+docomo」を利用するならdカードかdカードゴールドを発行しておこう

  dカード dカードゴールド
年会費 実質無料
※1年に1度もカード利用をしなければ年会費1,250円+税別
  • 10,000円+税別
  • ETCカード発行無料
  • 家族カード1枚目発行無料
補償と特典 購入日から90日以内に盗難や破損などがあった場合に補償
  • 入会キャンペーンにて2ヶ月以内に20,000円以上を利用することで11,000円分のボーナスゲット
  • 海外旅行傷害保険最大1億円
  • 国内旅行傷害保険最大5,000万円
  • カード払いで購入した商品は購入日から90日以内に破損・故障・盗難となれば年間最大300万円のお買物あんしん保険
  • 全国28ヶ所の国内空港ラウンジが無料開放されます。
  • docomoの携帯電話を購入して3年以内に故障や紛失となれば最大10万円のケータイ補償
ポイントプラグラム
  • ポイントプラグラムはdポイント
  • dポイントの還元率は1%
  • ローソンでのカード払いで還元率5%
  • dカードポイントUPモールを経由してのショッピングで還元率が最大10.5倍
  • ポイントプログラムはdポイント
  • 還元率1%
  • docomo携帯電話かdocomo光のカード払いで還元率10%
  • ローソンをカード払いで還元率5%
  • dカードポイントUPモールを経由してのショッピングで還元率が最大10.5倍

「THEO+docomo」を効率良く利用するならばdポイントを貯めやすいdカードかdカードゴールド

ロボアドバイザーによって自動で運用してくれる新時代の資産運用サービスが「THEO+docomo」です。最低1万から即日投資ができて、利用をするには20歳以上のdocomo回線利用者かdアカウントを持っている20歳以上の方というのが条件となります。

「THEO+docomo」はまず最初に5つの質問に答えるだけでロボアドバイザーが数百のプランから最適を選び出し上場投資信託を購入して資産バランスをキープした上で運用してくれます。こちらが何もしなくともロボアドバイザーが運用してくれる上に状況をすぐにサイトで確認できるため、安心性の高さが大きな長所となります。

現金以外にも持っているdポイントが1万ポイント(期間限定ポイントは除く)あれば投資に参加することができ、加えて、資産運用に使っているdポイントは100ポイントから利用可能です。

「THEO+docomo」は投資金額に応じてdポイントをゲットでき、さらにdocomoの携帯電話を所持していると毎月の月末に運用残高1万円ごとに1.5倍の還元率でdポイントをゲットできます。おまけに2018年7月から開始予定のおつり積み立て機能によってdカードに利用金額を設定しておくと、カード払いした際に設定金額から代金を引いた分のおつりを自動的に「THEO+docomo」へ積立て運用してくれます。

入出金口座をdocomo口座に設定すると振込み作業が一気に簡略化されて出金も手早く済ませられますし、dアカウントと連携するとログインがスムーズになって初期登録の申込みも素早く終わらせられます。

「THEO+docomo」を効率的に利用するには、dカードかdカードゴールドがおすすめです。利用条件でもあるdocomo携帯電話を持っているかdアカウントを所持している方ならば、「THEO+docomo」を抜きにしても適したクレジットカードです。dカードは年会費が実質無料な上にdポイント倍増チャンスなどが増えて、dカードゴールドはdocomo携帯電話やdocomo光の利用料金をカード払いすると還元率が10%になるという長所があります。

このため、「THEO+docomo」を利用するという方はdアカウントのみを持っているのであればdカード、docomo携帯電話を持っているのであればdカードゴールドを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ