クレジットカードの返済でリボ払い金利を減らす方法




クレジットカードのホームページを見ていると、リボ払いにすることでポイント獲得率がアップしたりなど特典が付いていることも多く、利用後日に支払いをリボ払いに変更できる「あとからリボ」もあり、リボ払いは利用者にとってますます使いやすくなってきています。

リボ払いは、今まで手の届かなかった高額な商品を、月々の小額な支払で購入できるということが最大のメリットになりますが、クレジットカードを数年利用している方の中には、久しぶりに利用状況を確認した時に、利用残高が思っていた以上に膨れ上がっていたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

リボ払いにはメリットもありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

リボ払いのメリット

おススメ01
ポイントアップや旅行保険がついているなど特典がある
おススメ02
毎月決まった金額を支払えば良い(定額)ため管理が難しくない

リボ払いのデメリット

チェック01
毎月の支払額が少ないので元金が減りにくい
チェック02
後から支払えばいいということで、つい頻繁に利用してしまう
チェック03
高額なものでも気軽に購入してしまう

リボ払いというのは、支払いを分割して行えるので、ちょっと高額かなと思えるものでも気軽に購入することができます。そういう利用法はいざという時のためには非常に助かりますが、いざという時が何度か重なるうちに返済額が定額のため、それが高額と感じなくなってしまうものです。

リボ払いは毎月の支払額が小額で済むという場合が多いのですが、元金がなかなか減らないので、細く長くクレジットカードに対して金利を支払っているような状況になり、トータルで考えればかなりの損をしているような状況になります。

また、元金が減るスピードより利用ペースが速くなれば最終的には利用残高はどんどん上昇し、最終的に利用限度額に達してしまうため、それ以上クレジットカードの利用ができなくなってしまいます。

また、ポイントが貯まるということで、今まで現金で支払っていたような公共料金などもクレジットカードで支払うようになったという方も多いのではないでしょうか。

そういった生活費全般をクレジットカードで支払い、それら全てをリボにすれば、一瞬、生活に余裕ができたと思うかもしれませんが、単に出費を後回しにしているだけなのです。


クレジットカードでリボ払いを利用すると、利用残高が増えるほど手数料も増えてしまい、元金が減らずに手数料ばかりを支払うことになる危険性もあります。

実際に、下記のクレジットカード3枚でリボ払いを利用したときの利用総額を検証してみましょう。



楽天カード

JCB CARD W

ACマスターカード
年会費 無料 無料 無料
金利・手数料 15.0% 8.04〜18.0% 10.0〜14.6%
※ショッピング枠利用時
限度額 最高100万円 個別に設定 最高800万円
※800万円はショッピング枠とキャッシング枠の合計の限度額です。

クレジットカードで20万円の商品をリボ払いで購入して、月々5,000円の元金に加えて手数料分の金額を返済するとします。

金利が15.0%の楽天カードでは、支払い総額は251,240円となり、支払手数料として51,240円がかかります。支払い回数は40回となり、返済期間は長くなります。

金利が18.0%のJCB CARD Wでは、支払総額は260,916円となり、支払手数料として60,916円がかかります。支払い回数は楽天カードと同様に40回で完済です。

どちらも最初に支払った20万円よりも金利手数料として5万円以上も支払総額が増えています。

また、ACマスタカードでは毎月に支払いする金額(元金+手数料)を設定することができるので、クレジットカードで20万円の商品を購入し、月々、元金と手数料を合わせて5,000円を支払うことにします。

この場合、支払い総額は278,945円となり、支払い手数料は78,945円です。支払い回数は、楽天カードやJCB CARD Wに比べると56回と多くなります。

JCB CARD W、楽天カードと同様の支払い回数で返済をするのであれば、月々6,384円を支払うことになります。支払総額は255,354円となり、支払手数料は55,354円です。

  • 楽天カードの場合
    支払い総額 251,240円  手数料51,240円
  • JCB CARD Wの場合
    支払い総額 260,916円  手数料60,916円
  • ACマスタカードの場合
    支払い総額 278,945円  手数料78,945円

40回の支払い回数は完済するまでに3年以上の時間がかかり、最終的に支払う金額もおよそ260,000円程度なので元金よりも6万円程多く支払う必要があります。

クレジットカードを3年所有していれば、その間に追加で何か購入することもあるでしょう。最初の利用分の20万円を支払い終える前に、利用残高がどんどん増えていくというのは想像に難しいことではないとお判りいただけるかと思われます。

しかし、この定率リボルビング方式はお金に余裕がない月にできるだけ支払い額を抑えるということが可能なので、利用方法や金利次第では決して利用者にとってデメリットばかりではありません。


クレジットカードのリボ払いで、元金がなかなか減らないのは、支払っている額の多くが金利の負担になるからです。

極端な話、たとえば、金利が0%であれば、どんなに小額の支払いでも、元金は確実に減っていきますが、リボ払いで金利0%のクレジットカードは存在しません。

しかし、クレジットカードより金利が低く、そして同じリボ払い方式のカードは存在します。

それはカードローンです。

カードローンでもいろいろありますが、金利が低い点で考えると消費者金融よりも銀行系のカードローンが使い勝手が良いです。

銀行系カードローンはクレジットカードのようにショッピングには利用できずに、ATMからキャッシングをするというのが基本的な利用法になりますが、同じ金額相当の利用で、クレジットカードより金利の負担を軽くできる可能性があります。

銀行系カードローンでおすすめできるのが、楽天銀行カードローン、みずほ銀行カードローンです。


銀行系カードローンの最大金利はみずほ銀行カードローンで年14.0%(100万円未満が限度額の場合)、楽天銀行スーパーローンで14.5%(100万円未満が限度額の場合)と、クレジットカードの金利よりも低く設定されているので手数料や支払総額を安くして借り入れすることができます。

例えば、みずほ銀行カードローンの場合で利用限度額が200万円以上300万円未満であれば年9.0%が実質年率になります。

楽天銀行スーパーローンの場合も、100万円以上200万円以下で9.6〜14.5%と、1ケタ台での金利で利用できる可能性がありますが、クレジットカードは100万円以上300万円以下までは上限金利が適応されるケースが多いです。

カードローンはそれぞれ最大限度額を800万円としていますが、カードローンにも審査があるので、最大限度額を最初から利用できる方は限られています。

しかし、300万円以下であればより実際に利用できる可能性は高いでしょう。

300万円の限度額があったとしても、上限まで利用する必要はありません。例えば、100万円以上は利用しないというように自分でルールを作れば、安全に利用することができます。

カードローンはクレジットカードのようにショッピングでの支払いに利用することができないので、支払いは今まで通りクレジットカードで行い、クレジットカードの支払いはリボ払いを利用せずにカードローンで一括で支払うようにします。

カードローンで支払いをすることで、金利手数料をより抑えることができるので、今までよりも確実に元金を減らしていくことが可能になり、気が付いたら金利の負担だけをしはらっているということがなくなるのです。

また、カードローンの方が実際にお金を使っているという感覚になれるので、クレジットカード特有のついつい使いすぎてしまうということが少なくなるという心理的な効果も期待できます。

カードローンは毎月の支払い額も数千円からの支払いで良いので、ある程度計画を持ってキャッシングを利用していきたい、余裕をもって支払いをしたい方は銀行系カードローンがおすすめです。


楽天銀行スーパーローン



年会費 無料
金利・手数料 1.9〜14.5%
融資スピード 最短翌営業日


楽天銀行スーパーローンは、年会費や入会金が一切かからず、すでにお持ちの銀行座を利用することができるので、新規に口座を開設する手間もかかりません。

申込み資格は、「満20歳以上69歳以下の方、日本国内に居住している方、お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方」とあるので、アルバイト・パートの方、専業主婦の方も申込みが可能です。

金利は1.9〜14.5%とクレジットカードの利率よりも低く、利用限度額は最高800万円と高く設定されているので、様々な用途に使うことができます。

楽天口座を登録している方はWEBで24時間手数料無料で、即時にご登録口座に振り込むことができるので、すぐにでもお金が必要な場合は便利に使えます。

他行の銀行口座を登録している方の場合は、平日0:10〜12:45までに申込みであれば当日の利込みが可能です。

また、全国100,000台以上のATMが手数料無料で利用できますので、急な出費の際も近くにあるコンビニATMから簡単に借り入れすることができます。
※カードローン借入時のATM手数料は提携先委により有料になる場合があります。

返済方法はリボルビング方式で、10万円以内の借り入れの場合は毎月の返済額は2万円からなので、生活の負担にもなりにくく無理のない返済が可能です。

楽天会員に関してはランクよって審査優遇あり

楽天銀行のカードローンは楽天会員のランクによって審査が優遇されるというシステムがあります。

どの程度優遇されるかというのは公表されていませんが、少なくとも公式で「楽天会員の方は審査優遇します」と公言しているので、審査面で多少でもプラスに働くことは間違いないでしょう。

楽天銀行がおすすめの人
・既に楽天会員の方
・融資までの時間にこだわりたい方
楽天銀行の公式サイトへ行く

みずほ銀行カードローン



年会費 無料
金利・手数料 年2.0〜14.0%
融資スピード 2〜3営業日


銀行向けカードローンの多くが最大金利を年14.5%に設定しているなか、みずほ銀行カードローンでは年14%と金利を一段と低く設定しています。

住宅ローンの利用で、カードローンの金利を年0.5%引き下げることができるので、最大でも金利を年13.5%とさらに低くすることができるのです。
※引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

申し込み資格は、「契約時の年齢が満20歳以上66歳未満の方、安全かつ継続した収入の見込める方、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方」とあるので正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の方でも申し込みすることができます。

カードローンを利用する際にはみずほ銀行の口座を開設する必要があります。口座開設はインターネットやスマホから簡単に開設可能です。

みずほ銀行カードローンを利用する際にはみずほ銀行の口座を開設し、キャッシュカード兼用型または、カードローン専用型のカードを発行します。

キャッシュカードでもカードローン機能を利用する事ができますし、キャッシュカード兼用型のみ普通預金を引き出す際に残高が不足してしまった場合に利用限度額の範囲内で自動的に不足額をカードローンから借越を行い、引き出しができる自動借越機能が付帯しているので、残高不足による延滞も防ぐことできて便利です。

さらに、キャッシュカード兼用型やカードローン専用カードでは以下の便利なサービスを受けることができます。

  • 自動融資サービス
    公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済等で、みずほ銀行の返済用口座の残高が不足する場合に、ご利用限度額内で不足額を自動的に融資する。
    ※カードローン専用型は申込みが必要です。

  • 自動振替サービス
    カードローン口座へのカードによる入金時に入金後の残高がプラスとなる場合に、プラス残高部分をみずほ銀行の返済用口座に自動的に入金する。
    ※キャッシュカード兼用型、カードローン専用型両方で申込みが必要です。

また、みずほ銀行カードローンではみずほ銀行ATMは時間外手数料0円、コンビニATMも月4回までは手数料無料です。

みずほ銀行の口座を持っていて、キャッシュカード兼用型を利用している方に限りWeb完結申込みで最短2〜3営業日で融資を受けることができます。

窓口での受付でも最短2〜3営業日に対応していますので、急な出費ですぐにでもお金が必要な方はWebまたは窓口で融資の申し込みをしましょう。

みずほ銀行は月々の返済額が2,000円からと負担が少ない

みずほ銀行は月々の返済額が少なく設定されているので、毎月の負担を減らしたい方におすすめです。

10万円以下で2,000円からスタートして、それから10万円毎に2,000円上がっていく仕組みです。(借入限度額が200万円以上の方は20万円毎)

ただ、返済金額が少ないということは長期化しやすく、最終的な金利手数料は多くなる傾向があるため、厳しい時は最低返済額で対応して、余裕がある時は追加支払いで一気に残高を減らしていくという形である程度コントロールしたい方に向いているカードローンです。

みずほ銀行がおすすめの人
・大手銀行で安心して利用した人
・月々の返済額を少しでも少なくしたい方
みずほ銀行の公式サイトへ行く

SMBCモビット



年会費 無料
金利・手数料 3.0〜18.0%
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


SMBCモビットは銀行カードローンとは異なる消費者金融のカードローンで、金利も3.0〜18.0%と上限金利はそれほど低くはありませんが、SMBCモビットのWEBで申し込む「WEB完結サービス」では、電話連絡や郵送が無く、家族に内緒でお金を借りたい方におすすめのカードローンです。

また、限度額は800万円と高く設定されているうえに、年会費や入会金は一切かかりません。

申し込み資格は「満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方」とあり、保証人や担保、印鑑も不要です。

PC・スマートフォン・電話で指定口座に3分で振り込むことができるので利用しやすく、銀行やコンビニのATMでも出金と入金に対応しています。

「SMBCモビット公式スマホアプリ」では増枠審査の申し込みや支払い予定日登録が可能ですし、セブンイレブンのセブン銀行ATMであればアプリをインストールしたスマートフォンのみで出金・入金ができます。
※口座への入金が完了する日時は金融機関によって異なります

返済方法は借入後残高スライド元利定額返済方式で、10万円以下の借入の場合は毎月4,000円の返済で済み、追加返済や一括返済もできるので余裕がある時に多く返済すると返済期間も短くなるので返済総額をするなくすることが可能です。

SMBCモビットがおすすめの人
・申込をしてすぐ融資してほしい方
・周りにバレずに借入をしたい方
SMBCモビットの公式サイトへ行く

楽天銀行、みずほ銀行、SMBCモビットどれもおすすめのカードローンですが、中でもおすすめなのが楽天銀行です。

楽天銀行は現在期間限定で金利を30%OFFにするキャンペーンを実施中です。

そのため、金利が年1.33%〜10.15%と他のカードローンよりも遥かに低い金利で取引をすることができます。

この特別金利が適用されるのは一定期間のみですがその期間に発生する金利は抑えることができ、利用残高を通常よりも減らすことができるので、後々この金利優遇期間が影響を出し始めます。

このお得な期間をお見逃しなく!

楽天銀行の期間限定キャンペーンへ申し込む

クレジットカードのリボ払い重ねると、手数料や支払総額も増え、元金が減らないまま長期間手数料だけを支払い続けるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

支払総額が増え、支払いを長期化させないためにも、クレジットカードのリボ払いを利用するのではなく金利が低いカードローンにまとめましょう。

カードローンにまとめることにより、支払手数料や支払総額も減り、支払先を一本にまとめて支払い回数を毎月1回にすることで、支払い忘れを防ぐこともできます。

また、借り入れる金額が多いほど金利を低くすることができるので、利用金額が大きい場合にもカードローンはおすすめです。

クレジットカードのリボ払いで支払金額が増えてしまった場合は、一度支払額や金利を見直した後で、金利の低いカードローンでの借り入れを検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ