ブラックリストに載るとクレジットカードを作れない理由とは? 経緯やペナルティ、解除方法についても解説

カード利用歴や返済に延滞、滞納がたびたび続くと登録されるのがブラックリスト!

クレジットカードの利用において最も避けたいのがブラックリスト入りになることです。

ブラックリストというのは主にクレジットカードやローンの支払いにおいて、延滞や滞納、強制退会させられた、支払先が元のクレジット会社ではなく異なった会社に移動なったときに、自身の利用履歴に印が付くことを言います。

このブラックリスト扱いになるとキャッシング利用や新規クレジットカードの発行ができなくなりますし、ローンの借り入れも超長期間に渡って不可能になります。

貸し側としては支払いをきちんとしてくれる利用者を求めているため、過去に支払いを滞った方にお金を貸したくないということになります。

ブラックリストは多くの場合、カード支払いの滞納や自己破産をすると登録されてしまうため、万が一の場合のためにブラックリストに関する知識をしっかり身につけておきましょう。

ブラックリストについて

まず、厳密にはブラックリストというリストは存在しません。正確には信用情報機関に記録されているクレジットカード利用歴に破産や延滞といった金融事故履歴の情報が記載されるものを一般的にブラックリストと呼んでいます。名前からどういうものかイメージしやすいために、カード会社や金融機関もブラックリストという名称を利用しているのが実情です。

ブラックリストに登録される主な理由は支払い滞納が3ヶ月以上になった場合と、支払いが不可能となった場合、そして自己破産や債務整理、民事再生をしたことで裁判所が破産を宣告した場合となります。よほど高額のショッピングをしない限りは注意すべきは支払い滞納を3ヶ月間も延ばさないことになります。

支払い滞納の中でも最もつまずきやすいのが携帯電話の分割払いです。携帯電話は一般的には消耗品というイメージが強いため、多少は支払いを遅れても大丈夫という意識が働いてしまいます。携帯電話の分割払いもれっきとした支払い義務になりますので忘れないようにしましょう。

また携帯電話の機種端末の分割払いは「改正割賦販売法」という方が適応されており、個人信用情報機関に支払い済か延滞か滞納かなどを登録されています。

ブラックリスト入りのペナルティと確認方法

ブラックリストに入ると長期間に渡ってクレジットカードの発行やローンの利用ができなくなってしまいます。正確な期間は不明ですが、目安としてはクレジットカードの支払い滞納ならば5年間、自己破産ならば10年間となっています。

どれもかなり大きなデメリットです。クレジットカード発行申請に何度も落ちたり、ローンの借り入れを利用したいが不安な場合は信用情報機関に登録情報の開示請求をしましょう。これはクレジットカード発行申請をする際にカード会社もやっている確かな確認方法です。手数料1,000円と本人確認書類があればインターネットや電話などでも簡単にできます。

信用情報機関への開示請求はブラックリスト入りが解かれたかの確認にも使えます。ブラックリスト入りになって何年経ったか覚えていない方も利用しましょう。

ブラックリスト解除される前にカードが必要な方にはデビットカード

ブラックリストに入っている最中はクレジットカードの新規発行ができません。しかし、もしもブラックリスト入りして5年経過する前にどうしてもカードがほしいという方はデビットカードを発行しましょう。

デビットカードはクレジットカードの支払日がある利用スケジュールと違って、カード決済するとすぐに口座から代金が引き落とされます。これはブラックリスト関係なしに大変に便利なシステムです。

デビットカードは先程も説明した通り、カード支払い日が存在しない即時引き落としです。つまり、ほとんどのデビットカードは発行する上で発行申請者の支払能力を審査する必要がなく、無審査でカードを発行してもらえます。

ブラックリストが解除されたらACマスターカードを発行しよう

めでたくブラックリスト登録が解除されてクレジットカード利用歴の再スタートをしたい方には消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードがおすすめです。

消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードは年会費無料のクレジットカードです。クレジットカードという分類ですが、消費者金融会社が発行しているクレジットカードなために審査基準を満たしやすく、20歳以上で正社員でなくともアルバイトやパートをしているというのが必須条件となります。

ACマスターカードはインターネット経由で発行申請をすると、申し込み欄に職場の電話番号などを記入して自動契約機むじんくんにてカードを受け取るという手順を踏むのがおすすめです。インターネット経由申請で自動契約機むじんくんでカードを受け取るならば即日発行の最短30分でカードを受け取れます。

また、ACマスターカードは利用限度額がクレジットとカードローンを合わせて最大800万円と利用額が大きく、加えてACマスターカードにポイントプログラムがなくともカードをショッピング利用すると0.25%のキャッシュバックサービスがあります。

ブラックリストが解除されたらば0からクレジット利用歴を作っていかないといけません。しかし、ブラックリスト解除後に利用限度額が高いクレジットカードを発行するのは難しいものです。ACマスターカードのカード利用をすることでコツコツとクレジット利用歴を作っていき、次のカード発行の繋ぎにするという使い方もできます。

ブラックリストについての確認は信用情報機関に情報開示請求をして解除されたらACマスターカード発行

ブラックリストはカードの利用による支払いを3ヶ月以上滞納したか自己破産や債務処理をすると登録されるものです。ブラックリストに入るとおおよそで5年間、自己破産ならば10年間、クレジットカードの新規発行やローンの借り入れが不可能になります。

自分がブラックリストに登録されているかを把握するには信用情報機関に情報開示請求をする必要があります。情報開示請求はインターネット経由や電話などで手数料1,000円と個人確認書類が必要となりますが、それ以外は簡単に自分がブラックリストに入っているかを把握できます。

もしもブラックリストが解除されたらば新たにクレジットカード利用歴を作る必要があります。それにオススメなのがACマスターカードです。消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードは年会費無料のクレジットカードです。インターネット経由での発行ならば収入関係はアルバイトやパートでも職場の電話番号を記入するだけで即日発行できます。

ACマスターカードはクレジットとカードローンを含めて利用限度額が最大800万円と大変に高く設定されています。これによってクレジットカードの利用歴を他のカードよりも発行基準を満たしやすい上にスムーズに作れます。

ブラックリストに入ってしまった方はそろそろ解除されたか不安な場合は信用情報機関に情報開示請求をし、解除されていたらACマスターカードを発行してクレジットカード利用歴を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ