Tカード プラス(SMBCモビット next)とACマスターカードどっちが使いやすい?

年会費無料の高額借り入れ可能カードはTカード プラス(SMBCモビットnext)とACマスターカード

高額なショッピングをしたいが、現金が用意できずに分割払いしていきたい方が取るべき手段として、有効なのが利用限度額の高いクレジットカードを発行し利用することです。

しかし、利用限度額が高いクレジットカードは発行申請をしても申請者に求める支払能力が高くなり、そもそも発行してもらえなかったり、利用限度額が高いクレジットカードは年会費の高い高級クレジットカードだったりで悩んでしまうこともあるでしょう。

年会費が無料なのに加えて利用限度額が高額な借り入れカードでおすすめなカードとしてはカードローンを利用できるTカード プラス(SMBCモビット next)とACマスターカードがあります。この2枚のどちらが使いやすいのか、メリットとデメリットを含めて確認していきましょう。

Tカード プラス(SMBCモビット next)とACマスターカードのメリットとデメリット

Tカード プラス(SMBCモビット next)について

Tカード プラス(SMBCモビット next)はTカードとTマネーとモビットカードローンの3つが1体となったクレジットカードです。年会費が無料でクレジットカードとしての利用限度額が80万円とさほど高いとは言えませんし、年率も分割払いは12.00%から14.75%で、リボ払いの年率は15.0%になります。

しかし、モビットカードローンの機能を使えば利用限度額が最大800万円となって年率も3.0%から18.0%となります。加えてスマフォに「SMBCモビット公式スマホアプリ」をインストールするとセブン銀行ATMの入金と出金がスマフォからできるようになります。

また、Tカード プラス(SMBCモビット next)はモビットカードローンの機能もありますが、名前の通りTカードの機能があります。

200円につき1ポイントでTポイントが貯まり、還元率が0.5%です。それにTカード提携店によってはポイント還元率が加算されます。そして、貯まったTポイントをTマネーにチャージできるので電子マネーにも使えます。モビットカードローン以外にもTポイントを貯めたいという方におすすめです。

カード払いならばお買物安心保険も付帯されるのでショッピングトラブルにも備えられます。

ACマスターカードについて

ACマスターカードは年会費無料のクレジットカードで消費者金融会社アコムが発行していることからカード発行審査基準を満たしやすいです。インターネット経由での発行ならば申込み欄は職場の電話番号を記入するくらいしか情報を記入する必要がなく、自動契約機むじんくんにて即日発行ができます。すぐに借り入れを確実に始めたいという方に有効なクレジットカードです。

ACマスターカードはカード利用限度額がカードローン合わせて年間最高800万円と高く設定されています。カードローンの年率が3.0%〜18.0%となっており、最大年率は少し高いですし、カード払いの返済は自動でリボ払いになります。そのため、使いすぎには注意が必要なクレジットカードです。

ACマスターカードはカード発行審査基準を満たしやすいため、高額利用ができるクレジットカードが欲しいが、審査に不安があるという方に適しています。また、ACマスターカードはクレジットカード利用歴を作るのに適していますので、次のクレジットカードを発行するための実績作りに役立ちます。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)とACマスターカードの比較

  Tカード プラス(SMBCモビットnext) ACマスターカード
年会費
  • 年会費無料
  • 20歳以上69歳以下で一定の収入があるのがカード発行条件
年会費無料
カード利用に関して
  • カードローンの利用限度額は最大800万円
  • カードローンの年率は3.0%から18.0%
  • 返済期日は5日、15日、25日、末日から選択
  • 「ATM返済型」は繰り越し返済可能
  • 「口座振込型」は自動引落
  • クレジット機能の利用限度額最大80万円
  • クレジットは15日締めの10日払い
  • 分割払い年率12.00%から14.75%
  • リボ払い年率15.0%
  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行の口座があればWeb完結申込みで即日融資
  • ネット完結での申込みと融資でプライバシー完全保護
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • キャッシング年率10.0%〜14.6%
  • カードローン年率3.0%〜18.0%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り
カードの特質 Tカード・Tマネー・モビットカードローンの3機能が1体化
  • 発行申請において年収関係の記入は職場の電話番号のみ
  • インターネット経由での発行申請ならば自動契約機むじんくんで即日発行
特典や補償
  • 「SMBCモビット公式スマホアプリ」をインストールしたスマフォでのセブン銀行ATMからの入金と出金が可能
  • 海外での支払いか国内での分割払いやリボ払いにてお買い物安心保険が年間最高100万円付帯
  • ポイントプログラムはTポイント
  • カード払いでの還元率が0.5%、カード提示での還元率が0.5%〜1.0%
  • 貯まったポイントは1ポイント→1円でショッピング利用やTマネーチャージが可能
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送が無い

ポイントプログラムとクレジットカードとしての実用性があるTカード プラス(SMBCモビットnext)と即日発行ができて審査基準を満たしやすいACマスターカード

Tカード プラス(SMBCモビットnext)とACマスターカードはそれぞれ年会費無料で利用限度額が高額というカードローン機能持ちのクレジットカードです。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)はモビットカードローン・Tカード・Tマネーの機能が1枚になったカードなことから、借り入れに加えてクレジットカードとして利用するとTポイントを獲得することができます。ポイント還元率は0.5%ですが、年会費無料のカードとしては中々の還元率と言えますし、カード払いならばお買物安心保険がかかるのも長所です。

ACマスターカードは年会費無料のクレジットカードでインターネット経由での発行申請をすると自動契約機むじんくんにてカードを即日発行できます。ポイントプログラムはありませんが、ショッピング利用で0.25%のキャッシュバックサービスがあります。ACマスターカードの長所はカード発行のしやすさになります。

最後にそれぞれのデメリットを紹介すると、Tカード プラス(SMBCモビットnext)は発行条件が20歳以上69歳以下で一定の収入があるというのがあり、年齢はともかく発行する上で収入を注意されます。ACマスターカードはポイントプログラムがありませんし、カード払いが自動的にリボ払い形式になるので、手数料無料にするには最初の支払日までに全額返済する必要があります。

高借り入れが可能なクレジットカードならポイントプログラムが欲しくてクレジットカードとしてのカード払いでお買物安心保険などが欲しい方はTカード プラス(SMBCモビットnext)を発行しましょう。カード発行審査基準を満たせるのか不安だったり、すぐにでも借り入れをしたい方はACマスターカードを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ