ANAアメックスのラウンジは利用可能? ラウンジを充実したい方にはアメックスグリーンがオススメの理由

仕事や家事を忘れリフレッシュしたり、見たことのない景色や文化に触れられる旅行を楽しむ方は、移動の手段もいろいろとあるものの、海外をはじめとして遠方に短時間で、そして快適に移動する飛行機を利用しているのではないでしょうか。

飛行機は電車やバスと異なり、出発時間ジャストに行って、すぐに乗れるわけではありません。荷物を預けたり、チェックインをしたりと、時間がかかります。混雑状況を考慮すると、更に早めに空港に着かなければならないため、その結果、出発時間まで時間が余ってしまうという経験をした方もいることでしょう。

そんな空港での時間を快適に過ごすことができるのが空港ラウンジです。そして空港ラウンジをお得に利用でき、快適な旅行をサポートしてくれるクレジットカードがありますので見ていきましょう。

そもそも空港のラウンジとそれを利用するメリットとは

空港へは搭乗手続きのため、1時間ほど前、場合によってはそれ以上前に到着するのが一般的です。ロビーにベンチや売店、空港によっては飲食店などもあるとはいえ、リラックスできるような空間ではありません。せっかくの旅行なのに、その待ち時間で疲れてしまっては、楽しさが半減してしまいます。

そんな時に便利なのがラウンジです。空港には会員しか利用できない、空港ラウンジという空間があります。一口にラウンジといっても、様々なラウンジがあります。空港会社が運営ラウンジや、カード会社が運営するラウンジなどです。

共に、ロビーからは隔離された静かな空間で、リラックスできるように配慮されています。無料で飲み物や軽食も頼むことができ(有料の場合もあります)、近年ではWi-Fiなどの設備も完備されているので、早めについて映画などの動画を楽しむこともできます。

更にVIPラウンジは、プライオリティラウンジとも言われ、高級ソファをはじめとした設備が充実しており、驚くほど美味しい料理を堪能することができます。またコンシェルジュが常駐しており、旅行先での情報収集や、併設のスパで心身ともにリフレッシュすることも可能です。これはもはや時間つぶしではなく、旅行の一部として楽しむことが可能です。

ラウンジを利用するには

ラウンジは会員制のため、ラウンジを利用するには、指定の会員にならなければなりません。カード会社運営のラウンジでは、その会社が発行する指定のクレジットカードを作成することによって利用できるようになります。プライオリティラウンジの場合には、プライオリティパスというサービスを活用すれば利用できるようになります。

プライオリティパスのサービスを利用するには、年会費99USドル、利用料27USドルがかかります。日本円にすると、年会費が約10,830円、利用料が約2,945円(2018年7月現在)となります。いくら便利でも、少し高いと思われた方もいることでしょう。そのような方におススメなのが、アメックスカードなのです。

ラウンジを利用でき、なおかつ旅行や出張を強力にバックアップしてくれるカードとして、代表的なカードがアメックスカードです。アメックカードは、アメリカン・エキスプレスのカードの総称です。アメックスカードは、ラインナップが豊富ですが、その中で代表的な3枚を比較していきます。

アメックスカード選抜3枚のカードを比較

アメックスカードといっても、その種類とラインナップは非常に豊富です。今回はその中で、ラウンジの利用という観点から、特に人気のある

  • ANAアメックスカード・・・日本を代表する航空会社とアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているカード。ポイントをマイルで貯め易いのが特長。
  • アメックスカード・・・通称アメックスグリーンカード。アメックスが発行しているカードの中でベーシックなカード。
  • アメックスゴールドカード・・・アメックスカードの中でもステータスの高いカード。

上記3種のカードを比較していきます。

アメックスカードとはどのようなカードなのか

アメックスカードは、正式には「アメリカン・エキスプレスカード」の愛称です。アメリカを代表する世界的企業なので、実績は十二分といえます。カードによる犯罪は、毎年増え、手口も巧妙になっています。特に海外では、犯罪に巻き込まれるリスクも増しますので、信頼して利用できるカード会社であることは大きな安心に繋がります。

更に一般的なクレジットカードと比較すると、利用できる国が多いので、海外で利用したい方にとっておススメのカードといえます。旅行や出張など国内国外問わず、様々な場所、シーンで利用することができる1枚になってくれます。

また、アメックスカードは誰でもカードを所持できるわけではありません。定期的な収入があり、厳格な審査に通過しなければ所持できません。ですから、このカードを所持できるということは、一種のステータスを得ることができるということなのです。

比較その1 年会費はいくらかかるのか

年会費無料のクレジットカードは、現在ではそう珍しくありません。それ程、多数の年会費無料カードが存在します。しかしながら、アメックスカードは世界に通用するカードであり、審査もしっかりしていて、所持していることによって社会的信用度が増す、すなわちステータスを手に入れられるワンランク上のカードです。

その様なカードですから、年会費もかかるわけですが、アメックスカードには多数の種類があり、そのカードによって年会費は変わってきます。アメックスカードの中で、ANAアメックスカードは年会費が7,000円(税別)となっており、1番リーズナブルな年会費です。ANAの飛行機や、ANAグループで頻繁に利用されるのであればお得なカードとなります。

ベーシックなアメックスグリーンカードは、年会費12,000円(税別)となっており、アメックスゴールドカードは29,000円(税別)です。ステータスといえども、高いと思われる方もいることでしょう。しかし、使えば使うほどお得になるポイントシステムや、ラウンジ利用権が得られるので、実は非常にお得なカードなのです。

  ANAアメックス アメックスグリーン アメックスゴールド
年会費 7,000円+消費税 12,000円+消費税 29,000円+消費税
家族カード 2,500円+消費税 6,000円+消費税 1枚目無料、2枚目以降12,000円+消費税

比較その2 お得なポイントシステム

3枚のカードは共に、アメックスのポイントプログラムが適応されます。還元率にすると1%となります。旅行費用や、旅行先での利用はもちろんのこと、スーパーやコンビニエンスストアでの利用などの際にも使えます。ですから、使えば使うほどにお得になるシステムとなっています。

特にANAアメックスカードでは、ANAグループでカードを利用した場合には、ポイントが通常の1.5倍になります。更に、ANAカードマイルプラス提携店でのカードご利用によって、通常のポイントに加え、100円=1マイルが自動積算されますので、ANAグループでの利用を頻繁にされる方にはおススメの1枚といえるでしょう。

貯めたポイントをマイルに交換できる点も、この3枚のカードの大きな特徴ですが、ANAアメックスカードは、ANAのみの交換となります。それに対して、アメックスグリーンとアメックスゴールドは、ANAを含む提携航空会社15社から選択できますので、便利に、そしてお得にマイレージシステムを利用することが可能となります。

引用 公式ホームページ
https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/ana-classic-card/?linknav=jp-amex-cardshop-details-browse-AnaClassicCard

  ANAアメックス アメックスグリーン アメックスゴールド
ポイントプログラム メンバーシップ・リワードポイント メンバーシップ・リワードポイント メンバーシップ・リワードポイント
ポイント還元率 1%(1P→100円) 1%(1P→100円) 1%(1P→100円)
その他ポイント ・ANAグループでカードでの利用で通常の1.5倍付与
・ANAカードマイルプラス提携店での利用で、通常のポイントに加え、100円=1マイル付与
なし なし
ポイント有効期限 あり(ポイント移行コースの利用で無期限) なし なし
ポイント移行コース 参加費6,000円+消費税/年間・自動更新 不要 不要
マイル交換 1,000P→1,000マイル(1,000マイル単位) 1,000P→1,000マイル(1,000マイル単位) 1,000P→1,000マイル(1,000マイル単位)
マイル交換先航空会社 ANAのみ 提携航空会社15社から選択可(ANA含む) 提携航空会社15社から選択可(ANA含む)

そういった点からすると、使い勝手がよく、お得に利用できるのは、アメックスグリーンとアメックスゴールドという見方ができます。それでは次にラウンジの利用について見ていきます。

比較その3 利用できるラウンジの違いとは

便利でお得なANAアメックスカードですが、アメックスグリーンおよびアメックスゴールドと比較すると、ラウンジの利用という観点から見た場合、利用できる施設に制限が出てくるので、デメリットと言えるでしょう。

3枚のカードをによって利用できる空港ラウンジ国内28空港・海外2空港は、共通ですが、アメックスグリーンカードとアメックスゴールドカードは、付帯のプライオリティ・パスというサービスに事前登録しておくことによって、国内外合計1,000箇所以上の空港VIPラウンジを利用できるようになるのです。

「ANAアメックスカード」とカード名に「ANA」がついておりますが、ANAが運営しているANAラウンジは利用できないので注意が必要です。

利用する際には、アメックスのカードと利用当日の搭乗券を提示します。アメックス提携の国内外30箇所の空港ラウンジ、およびアメックスグリーン、アメックスゴールドをお持ちの方が空港VIPラウンジを利用する場合に同伴者1名も利用可能ですが、その場合もカードと当日空港券が必要となります(一部有料)。

国内外様々な空港にてラウンジを利用したいという方には、プライオリティ・パスが付帯するので、より多くの空港ラウンジを利用できるアメックスグリーンカード、もしくはアメックスゴールドカードが良いでしょう。

  ANAアメックス アメックスグリーン アメックスゴールド
空港ラウンジ 下記国内28空港・海外2空港の空港ラウンジ

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/羽田空港/成田国際空港/新潟空港/富山空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際空港(伊丹空港)/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/高松空港/松山空港/徳島空港/北九州空港/福岡空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港/ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)/韓国 仁川国際空港
空港VIPラウンジ 利用不可
  • プライオリティ・パスの付属サービスで国内外1,000ヶ所以上の空港VIPラウンジの利用が可能
  • カード会員、同伴者も1回27米ドルで利用可能
  • 「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料で登録可能
  • プライオリティ・パスの付属サービスで国内外1,000ヶ所以上の空港VIPラウンジの利用が可能
  • カード会員、同伴者も1回27米ドルで利用可能
  • 「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料で登録可能
  • 1回27米ドルの利用料が年間2回まで無料

カード入会後に、事前に「プライオリティ・パス・メンバーシップ」への登録が必要となります。
詳しくはこちら

ラウンジを利用したいのであれば、アメックスグリーンorゴールドカード!

空港ラウンジの利用は、選ばれた人のみが利用できる特別な空間です。しかし、決して手が届かないレベルの話ではありません。アメックスカードを利用すれば、お得に、そして便利に利用することができ、私たちの旅行や出張を快適なものへと変えてくれます。

確かに年会費はかかりますが、プライオリティ・パス(スタンダード会員)を普通に契約すると日本円で年会費が約10,830円となります。これがアメックスグリーンカードとアメックスゴールドカードの場合、特典で無料となります。

しかも、アメックスゴールドカードの場合、本人会員、同伴者共に1回の利用で27ドル(約2,945円)がかかるところ、年2回まで利用料も無料となります。更にポイントブログラムも活用すれば、お得に快適な旅行が楽しめます。

それでも年会費が気になる方は、現在入会キャンペーンを行っています。初年度は無料で利用できるので試し1年間利用してみるのも良いでしょう。ラウンジを利用したいのであれば、アメックスグリーンカードかアメックスゴールドカードを活用してみてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ