JCBラウンジ京都なら快適にくつろげる!「和」の内装デザインが素敵なゆとりある空間でリフレッシュ

JCBラウンジ京都って、なに?

日本の景色や文化、伝統が残る京都は観光地としての人気がますます高まり、市内の混雑がニュースになるほど、国内外から多くの人が押し寄せる場所となっています。

京都で観光や出張をするときに、駅のすぐ近くに休憩場所や手荷物預かり、少しパソコン作業をすることができる場所などがすぐに見つかるといいですが、人が多いとなかなかお店にも入ることが難しい場合があります。

そんなときには、カード会員だけが入室できるカードラウンジ【JCB lounge 京都】を便利に利用しましょう。

JCBラウンジ京都を便利に使おう!

JCB lounge 京都は、JR京都駅の駅ビルの中にあり、中央改札口を出て、京都劇場の階段を上ったところの右側にラウンジがあり、10時から18時の間、受付で対象のカードを提示すると、年中無休で利用することができます。

ラウンジには、セルフサービスのドリンクサービス、ガイドブックや情報誌の閲覧サービス、手荷物預かりサービス、無料のWi-Fi接続サービスを利用することができ、電源付きのPC用スペースも用意されているため、出張時などにパソコン作業をすることもできます。

もちろん京都在住の方でも利用できるため、学習室のようにビジネスの場として利用することもできますが、商談はNGとなっています。

手荷物を預けることができるので、京都駅に着いてから一度ホテルに手荷物を預けに行くという手間や時間のロスをせずに、駅で預けて、ホテルへ向かうときに引き取っていくということができます。

一つ気をつけなければならないのは、京都駅に10時より早く着く場合や、18時より帰りが遅くなるときはラウンジが閉まってしまうため、荷物の受け渡しができないため、ラウンジの手荷物預かりサービスを利用したいときには、時間には気をつけて利用するようにしましょう。

カード1枚につき同伴者が1名まで無料で利用することができるため、旅行している友だちや出張の同僚などと一緒に使うことができます。

本会員の他、家族カードでも利用することができるため、家族でカードを2枚持っていれば4名まで利用することができます。

京都の雰囲気に合わせた「和」のデザインが魅力的なラウンジのため、外国からの旅行客やビジネスの相手を連れていっても、喜ばれることでしょう。

喫煙ルームが撤去されたため、ラウンジ内でタバコを吸うことはできず、ラウンジ内で提供される飲み物以外の飲食は禁止されているため、お弁当やお菓子などを持ち込んでランチやティータイムということはできません。

JCBラウンジ京都が使えるカードは?

ラウンジに入室するにはJCBのプレミアムカードとされるカードの提示が必要になります。

代表的なカードの詳細を確認し、自分が持つことができるか・今持っているカードからグレードアップすることができるかなどを検討してみましょう。

JCB THE Class

「JCB the Class」が国内最高レベルのプラチナカードと言われるのは、付帯サービスのグレードの高さによるところです。

■ザ・クラス・コンシェルジュ

ただ旅行やレストランの手配を頼めるというだけではなく、希望通りの旅程を案内から予約までをしてくれ、予約の取れないお店で記念日にお食事をしたいというときや、プラチナチケットの確保、なかなか見つからないワインを探してくれます。

あらゆる悩みを相談することができる「もう一人の秘書」という位置づけも納得のサービスです。

■メンバーズセレクション

年1回、厳選された上質な商品から1つ選んだものを、プレゼントしてもらえます。

■グルメベネフィット

国内で厳選された100以上もの有名なレストランで、2名以上で所定のコース料理を頼むと1名分の料金が無料になります。

■付帯保険

国内旅行傷害保険も最高1億円が自動付帯しており、海外旅行では、家族も同一の補償を受けることができます。

ショッピングガード保険は、年間500万円までとなっており、最高1億円のゴルファー保険も付帯しています。

■東京ディズニーランド・ディズニーシー

会員はディズニーホテルのスイートルームを特別の優待価格で)宿泊することができ、ホテル宿泊と2つのパークエリア内を自由に行き来できる特別なチケットや、時間指定のないファストパスなどが入手できる特別な宿泊プランなどを利用することができます。

年に1度4名まで、ディズニーランド・ディズニーシーのJCBラウンジの招待券を発行でき、ゆったりと無料の飲み物を味わいながら、寛ぐことができ、人気のアトラクションにも待つことなく乗ることができます。

また、メンバーズセレクションのプレゼントの中には、関係者専用の秘密の会員制レストラン「クラブ33」でお食事ができるセットが用意されており、ディズニーランドで豪華なお食事をお酒とともに楽しむことができます。

■USJ

年に1回JCB LOUNGE招待券を発行することができ、ジュラシック・パークエリア内のザ・フライング・ダイナソー建物の中にある会員限定ラウンジで4名まで、ザ・フライング・ダイナソーへの優先搭乗やソフトドリンクの無料サービスを利用することができます。

JCB the Classは招待制のカードとなっており、入会するためには、JCBのゴールドカードやそれ以上のカードでカードの利用実績を積み、JCBからのインビテーションが届くのを待つことになります。

JAL JCBカードプラチナ

JALとJCBが提携しているカードの最高位であるJAL JCBカードプラチナは、JALマイルが貯まるため、飛行機での移動が多い方におすすめのプラチナカードです。

プラチナ会員はショッピングマイル・プレミアムに自動入会となるので、カードでのお買い物100円→1マイル、イオンや大丸・松坂屋などの特約店では100円→2マイルが貯まりJALグループの航空券や機内販売などでカードを利用すると、ショッピングマイルに加えてアドオンマイルが100円→2マイルが貯まります。

カード入会後初めての搭乗では5,000マイル、翌年以降毎年最初の搭乗時に最大2,000マイル、搭乗毎にフライトマイルの25%がボーナスマイルとして貯まるため、一般のJALカードと比較すると貯まるマイルが大きく変わります。

国内・海外のホテルや、航空券・列車の手配などの旅行に関する各種サポートや、ゴルフ場やレストランなどの予約など、エンターテインメントに関する相談に乗ってくれる「プラチナ・コンシェルジュ」サービスを24時間365日受けることができます。

空港ラウンジは世界1200ヶ所以上の空港で無料利用できる「プライオリティ・パス」が用意されており、プライオリティ・パスでは会員本人のみとなっていますが、国内の空港ラウンジとホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港では同伴者1名まで、無料で利用することができます。

国内・海外の旅行の傷害保険は、最高1億円付帯しており、海外旅行では家族も補償を受けることができます。

国内外の航空便の出航遅延や乗継遅延等で発生した宿泊・飲食費や、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等の「国内・海外航空機遅延保険」、ショッピングガード保険が年間500万円まで補償を受けることができます。

年会費は31,000円+税、20歳以上の安定して継続した収入のある方が申し込む事ができます。

JCBゴールド ザ・プレミア

JCB ORIGINAL SERIESのゴールドカードユーザーの中で、一定の条件を満たした会員が招待されるのが、JCB ゴールド ザ・プレミアです。

招待は2月に行われ、公開されている条件は、

@JCB ゴールドカードの年間の利用金額が2年連続で100万円以上の方

A会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信登録が可能なメールアドレスを登録している方

となっています。

年会費は5,000円+税となっていますが、前々年度の年間利用金額が100万円以上の方は、年会費無料で利用することができます。

世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」、厳選されたホテルや旅館の予約をすることができる「JCBプレミアムステイプラン」、上質なレストランで利用金額またはコース料金から30%オフになる「ダイニング30」などのサービスを利用することができます。

京都のJCBラウンジが利用できるカードはプレミアムなカードであるため、年会費が高額であったり、入会自体が難しいカードが多いように見えますが、カードのサービスもそれに合わせた価値のあるものばかりとなっています。

今の自分にとって有用なサービスや、あったら便利なサービスと比較をし、どのカードが自分に合っているのかを検討し、生活を上質で優雅な毎日へと変えてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ