au WALLETクレジットカードを申し込みから2分で使えるようにする手順と注意点

申し込みから最短2分で3万円まで使える「即時利用サービス」

クレジットカードを持ってない方は、「買いたいものがあるけれど、代引きや銀行振込の利用不可となっていて買えない」という経験もあることでしょう。商品の価格が一番安いのに、クレジットカード払い以外の支払いを設けていないばかりに最安値で購入できないというのはイライラするものです。

これまでクレジットカードを持ったことのない方は、そんな機会にこそクレジットカードを作ってみることをおすすめしますが、カードが届くのが1〜2週間後となると、「今、買いたいのにそこまで待てない」となってしまいます。

そこで、注目したいのが、申し込みから最短2分で使えるようになる「即時利用サービス」が特徴的なau WALLETクレジットカードです。「即時利用サービス」とはいったいどういうものなのでしょうか。

au WALLETクレジットカード「即時利用サービス」の特徴

申し込み条件

20歳以上で、カード利用代金の支払い銀行口座の登録をネット上で行なえることが条件です。登録可能な銀行は主要都市銀行、主要地方銀行、主要信用金庫のほか、ゆうちょ銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行など。

受付時間

「即時利用サービス」の受付は8:30〜21:30となり、時間外(21:30〜翌8:30)の申し込みは翌8:30以降の入会審査となります。

最短2分で審査結果

申し込みから最短2分で審査メールが届き、審査OKの場合、この時点で仮カード会員となります。

「auかんたん決済」か「Apple Pay」で3万円まで利用可能

約2週間後にカードが届くまでは、「auかんたん決済(au WALLETクレジットカード支払い )」か「Apple Pay」を使って3万円まで利用できます。

auを利用していないと入会できないau WALLETクレジットカード

au WALLETクレジットカードへの入会はauユーザーであることが条件です。au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)やauひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約していればOKで、年会費無料でカードを作ることができます。

ただし、これらの契約を解約してしまうと年会費1,250円(税別)がかかり、カード利用によるポイント付与もされなくなってしまうので、携帯キャリアを乗り換えるかもしれない方は注意が必要です。

au ID(auの共通ID)をすでに持っている方ならカードの申し込みは簡単で、会員規約などに同意の後、au IDでログインすると必要な個人情報はほとんど入力済となっているので、そのほかの必要事項(支払い銀行口座など)を入力して申し込みます。また、このときETCカードや家族カードも申し込めます。

ここで留意したいのは、au WALLETクレジットカード自体の入会条件は満18歳以上(高校生除く)ですが、「即時利用サービス」の申し込み条件は20歳以上に設定されていることです。そこで、カードには申し込めても「即時利用サービス」には申し込めないというケースがあります。

申し込み後、最短2分で審査メールが届き、「auかんたん決済」と「Apple Pay」で上限3万円まで利用できるようになります。これは正式な審査が完了するまでの上限金額であり、カード発行時に利用可能枠が通知されます。

なお、「auかんたん決済」と「Apple Pay」では、 クレジットカード番号なしで決済できるため、この時点ではクレジットカード番号は通知されません。ます。また、利用代金の支払いは1回払いのみとなります(カード発行後は1回払い以外も選択可能)。

注意点としては、この段階ではあくまで仮審査なので、その後、正式な審査に通らなかった場合、その時点で仮カード会員としての資格も失うということです。

「即時利用サービス」でも楽天市場やYAHOO!JAPANショッピングが使える

「auかんたん決済」と「Apple Pay」でしか使えないということになると、利用範囲はある程度限られてくることになります。これもまた留意しておきたい点となります。

それぞれの決済方法の特徴についてまとめて確認していきましょう。

「auかんたん決済」の特徴と支払い方法

au通信料金と一緒に支払える

「auかんたん決済」は、デジタルコンテンツやショッピングなどの代金をauの通信料金と一緒に支払えるサービスです。ただし、「au WALLET クレジットカード支払い」を選択すると、クレジットカードからの支払いとなります。

au WALLETクレジットカードを使うには?

購入時に「auかんたん決済」を選択してau IDでログイン後、「au WALLET クレジットカード支払い」を選択。au契約時に設定した暗証番号4桁を入力して決済します。

どこで使える?

「auかんたん決済」のパートナーサイトで使えます。サイトの一例として、楽天市場、ニッセンオンライン、ポンパレ、モバオク、hulu、Google Play、クックパッド、U-NEXT、カラオケJOYSOUND、ニコニコ動画、アニメイトオンラインショップ……などのほか、アーティストのファンクラブ、各種ネットゲームサービス、各種コミックサイトなどがあります。

「Apple Pay」の特徴と支払い方法

iPhoneにクレジットカードを登録

iPhoneに複数のクレジットカードを登録し、おサイフケータイ感覚で使えます。au WALLETクレジットカードの発行後はこれを登録することもできます。

au WALLETクレジットカードを使うには?

au WALLETアプリとau IDによるログインが必要です。また、事前にApple IDとTouch ID、iCloudの設定も必要となります。

どこで使える?

主要コンビニ、スーパー、ファーストフード、家電量販店、ドラッグストアなど、電子マネーのQUICPayが使えるお店ならどこでも使えます。また、YAHOO!JAPANショッピング、ユニクロ、出前館、GU、じゃらんなどのアプリでの購入のほか、「Apple Pay」払いに対応したネットショップでも、iPhoneでSafariを利用して購入に使えます。

年会費原則無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

au WALLETクレジットカードの「即時利用サービス」については、利用が「auかんたん決済」と「Apple Pay」に限られるという点が少々不便ですが、auの利用によりどんどんポイントが貯まる仕組みになっているので、auユーザーにとってメリットの大きなカードであることは確かです。

入会条件
  • au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約の方
  • 満18歳以上(高校生除く)
  • 本人または配偶者に定期収入のある方
年会費 無料(ただし、上記auサービスの契約がすべて解約・一時休止・譲渡などされた場合、年会費1,250円(税別)がかかる)
国際ブランド Visa/マスターカード
基本ポイント還元率 200円(税込)ごとのショッピング利用で2P(2円相当)
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険、年間100万円のお買い物保険
追加カード 家族カード(年会費無料・本会員に年会費が発生した場合は400円(税別))、ETCカード(年会費無料・発行手数料1,000円(税別))

ポイントにかんしては、au利用以外でも還元率1%という高還元であることも注目したい点です。ここへさらにプラスして、auの電話料金などでは1,000円(税抜)ごとに10P以上が貯まるため、au利用では実質的に約2%の還元率となります。

たとえば、au契約4年未満で長期利用者向け会員制プログラム「au STAR」に加入している場合、定額料4,980円(税別)の料金プランに対してまず40Pが貯まり、その利用料金のクレジット支払い5,378円(税込)で52Pが貯まる「ポイント二重取り」となるため、合計で92Pが貯まることになります。

さらに積極的にポイントを貯めたいなら、200円(税込)ごとに3P以上が貯まるポイントアップ店(セブンイレブン、マツモトキヨシ、イトーヨーカドー、COCO’Sなど)を利用したり、ネットショッピング時には最大で15%のポイントが貯まるポイントサイト「ポイントアップタウン」を利用するといいでしょう。

貯まったポイントは1P→1円として、au WALLETクレジットカードやau電話料金の支払いにあてたり、ネットコンテンツを含むショッピングや携帯電話などの代金として、あるいは、au WALLETプリペイドカードへのチャージなどにも使えます。

また、海外旅行代金をクレジット支払いすると、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯することや、国内外で購入した品物について、年間100万円(免責3,000円・購入後90日間)のお買い物保険が付帯することも、年会費原則無料のクレジットカードとしては大きなメリットといえそうです。

「即時利用サービス」だけではない、これらのau WALLETクレジットカードの利点も考慮して、よく納得してカードを申し込むといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ