ゴールドカードセゾンは年会費2,000円でアメックスカードが持てる! 空港ラウンジ利用券や450以上の優待特典もあり

合計1万2,000円の年会費でセゾンのゴールドとアメックスの2枚持ちが可能に

セゾンカードといえば有効期限のない永久不滅ポイントが特徴的ですが、そのゴールドランクにあたるゴールドカードセゾンでは、年会費2,000円を追加することにより、アメックス(アメリカン・エキスプレス)との2枚持ち、通称「ツインゴールド」が可能となります。

もともと、ゴールドカードセゾンは空港ラウンジサービスが使えないなど、ゴールドカードとしては少々サービス面で物足りない印象がありました。

しかし、その年会費1万円(税別)に2,000円(税別)を上乗せし、セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードを追加して「ツインゴールド」にすると、国内主要空港とホノルル国際空港のラウンジを使えるだけでなく、アメックスならではのさまざまなサービスや特典を利用できます。もちろん、ゴールドカードセゾンのサービスや特典もそのまま利用できます。

アメックスの一般カードとなるアメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスグリーンの年会費が1万2,000円(税別)であることを考えると、それと同額でセゾンカードとアメックスのサービスや特典を両方利用できるのは、とてもリーズナブルだといえるでしょう。

最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯

では、それぞれのカードの特徴を見ていきましょう。

ゴールドカードセゾンの特徴

国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
入会資格 学生・未成年を除く連絡可能な方
年会費 1万円(税別)
ポイントサービス 永久不滅ポイント
付帯保険 最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険
追加カード 家族カード(年会費1,000円・税別)、ETCカード(年会費無料)

選べる国際ブランド

カードの国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBから選べます。

永久不滅ポイントは有効期限なし

永久不滅ポイントは、ショッピング1,000円ごとに1P(5円相当)が貯まり、貯めたポイントには有効期限がないため、しっかり貯めて大きく使うということができます。

ネットショッピングでは、ポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由することで、ポイント最大30倍となるほか、ゴールドカードのポイント優遇サービスとして、西武やパルコ、ロフト、無印良品、SEIYUなどの店舗での利用分がポイント2倍となります。

貯めたポイントは、お買い物に使ったり、他社ポイントやギフト券への交換、景品交換などのほか、「ポイント運用」という形で増やすこともできます。

最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯

最高3,000万円(家族は最高1,000万円)の海外・国内旅行傷害保険が付帯します。国内にかんしては、旅行代金のクレジット支払いが条件です。また、ショッピング安心保険として、国内外で購入した商品について、購入後90日間、年間300万円の補償がつきます(1万円未満の損害額は対象外)。

レジャー関係の特典も豊富

ザ・リッツカールトン東京などのラグジュアリーホテルを含む国内ホテルの優待、全国30ヵ所のプリンスホテルズ&リゾーツで優待を受けられる「特別優待券」の提供、全国200ヵ所のゴルフ場の案内・予約ができるゴルフデスクの利用、出光美術館の優待などの特典を受けられます。

ホームセキュリティサービスALSOKの優待

企業警備で実績を持つALSOKの対象サービスでキャッシュバック優待を受けられます。

セゾンカード共通の優待

そのほか、セゾンカード共通の優待として、毎月5日と20日に全国の西友・LIVINでのショッピングが5%オフになる優待や、e+(イープラス)のセゾン会員限定チケットサービスとして、先行予約や優待割引など会員限定特典を利用できます。

空港宅配優待を利用できる

国際ブランドにVISAやマスターカードを選ぶと、空港宅配特典などのゴールドカード特典が利用できます。

ゴールドカードセゾンにかんしては、家族にも適用される旅行傷害保険が付帯するのは大きなメリットといえそうです。また、西武やパルコなどの店舗でポイントアップとなるセゾンカード共通特典も、これらの店舗をよく使う方にとってはメリットとなります。

空港ラウンジ、アメックスの特典の数々を利用できるカード

セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴もチェックしていきましょう。

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
入会資格 ゴールドカードセゾン会員
年会費 2,000円(税別)
ポイントサービス 永久不滅ポイント
付帯保険 最高3,000万円の国内旅行傷害保険、ショッピング安心保険
追加カード 家族カード(年会費1,000円・税別)、ETCカード(年会費無料)

国内ポイント1.5倍、海外ポイント2倍に

貯まるポイントは永久不滅ポイントで、国内のショッピングでは常時1.5倍のポイントアップ、海外のショッピングでは常時2倍のポイントアップとなります。これにより、国内利用ではポイント還元率が0.75%に、海外利用では1%となります。

空港ラウンジサービス

国内主要空港とホノルル国際空港のラウンジを無料で利用できます。

最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯

旅行代金をクレジット支払いすることで、最高3,000万円(家族は最高1,000万円)の国内旅行傷害保険が付帯します。また、ショッピング安心保険として、国内外で購入した商品について、購入後90日間、年間300万円の補償がつきます(1万円未満の損害額は対象外)。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

ウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」に掲載された450以上のおトクな特典やキャンペーンなどを利用できます。

映画館やホテル、タクシー、ガソリンスタンドなどのキャッシュバックキャンペーンなどのほか、旅行サイト「エクスペディア」優待、レストランやホテルの優待、エンターテインメントチケットの先行販売や特別プランによるイベント体験、アジアの人気渡航先におけるホテル・レストラン・ショップの優待など、アメックスならではの特典が提供されています。

セゾンカード共通の優待

そのほか、セゾンカード共通の優待として、毎月5日と20日に全国の西友・LIVINでのショッピングが5%オフになる優待や、e+(イープラス)のセゾン会員限定チケットサービスとして、先行予約や優待割引など会員限定特典などについても、ゴールドカードセゾンと同様に付帯します。

わずか2,000円の年会費を追加で支払うだけで、国内1.5倍、海外2倍のポイントアップとなるのは大きなメリットといえます。また、空港ラウンジサービスのほか、アメックスならではのステイタス感あふれる優待特典の数々を利用できるのもメリットといえるでしょう。

利用傾向によってカードブランドの組み合わせを工夫する

ゴールドカード取得にハードルの高さを感じているような方でも、流通系クレジットカードのセゾンカードなら審査をパスしやすいといわれています。特に、すでにセゾンカードを持っていて利用実績を積んでいるなら、ゴールドカードの審査にもパスしやすいはずです。

ただし、現時点で利用限度額が50万円以下の設定であれば少し難しいかもしれません。その場合、利用実績をさらに積んで、限度額を挙げてからのチャレンジがよさそうです。

国際ブランドの選択ですが、「ツインゴールド」を前提に考える場合、2枚目のカードとなるセゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスブランドのため、国内利用において比較的利用できる店舗が少ないという点を念頭に置いておきましょう。

それを前提に考えると、国内利用がメインならゴールドカードセゾンのほうは国内に強いJCBにするのが良く、海外でも使うことが多いならVISAかマスターカードにするのが良いということになります。ここをどう組み合わせるかというところが、アメックスグリーンと同じ年会費で2つのカードブランドを使える「ツインゴールド」の醍醐味といえそうです。

セゾンカードとアメックスの特典のいいとこ取りができる、ゴールドカードセゾン+セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カードの「ツインゴールド」は、上手に使うことでさらに可能性が広がっていきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ