キャッシュレス化をしたい方必見!電子マネーでの支払いがお得なおすすめのクレジットカード3枚

現金からカードの時代へ

クレジットカード化の進みが遅いと言われていた日本ですが、カード支払いのできるアプリや電子マネーの普及によって小規模のお店や個人店でも、簡単で安価にキャッシュレスでお買い物ができるシステムを取り入れられるようになってきました。

2020年の東京オリンピック開催へ向けて、さらにクレジットカードが利用できる店舗や、新しいシステムはさらに増えていくことが予想されます。

クレジットカードは「お金を使っている感覚がないから、怖い」と敬遠することの多かった方でも、今はパソコンやスマートフォンから簡単に利用明細を確認することができます。

ポイントを貯めることができたり、持ち物を減らすことができるクレジットカードの便利さを知り、同じだけの金額を使ってどれだけお得に付けるのかということを確認しましょう。

カード払いのメリットは?

クレジットカードや電子マネーを持つメリットの一つが、カードを持っていれば現金やかさばる小銭を持ち歩く必要がなく、さっとお会計を済ませることができ、ポイント還元やキャッシュバックなどのサービスが付帯しているため、現金でのお買い物をしていたときよりもお得を感じることが増えるでしょう。

その上、電子マネーやクレジットカードは、紛失や盗難に遭った際、センターなどにすみやかに連絡をすることで、残高を補償してくれるため、安心して使うことができます。(電子マネーの場合、各会社や支払い方法によって、補償対象や内容が変わってきます)

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーは持っているけれど、「どうしたらお得に使うことができるのか」「もっとお得に使える電子マネーはあるの?」と、改めて使い方を検討したい方におすすめなのが、電子マネーを搭載しているクレジットカードを持つことをおすすめします。

電子マネーを搭載したクレジットカードはどのようなものがあるのか、どのように便利に使うことができるのかを、代表的なカードを例に確認していきましょう。

電子マネー搭載クレジットカードの便利な使い方

電子マネー搭載のクレジットカードを検討することで、どのように便利に使うことができるのか、詳細を確認していきましょう。

ビューSuicaカード

【ビューSuicaカード】は、電子マネー「Suica」・定期券・JRE POINTカード・クレジットカードと、1枚4役を備えたカードであり、あれこれとカードを持つ必要がなく、荷物を少しでも減らしたいという方におすすめの一枚です。

年会費は477円+税で、カードブランドはVISA・MasterCard・JCBから選択することができ、日本国内に住んでいて電話連絡の取れる、高校生を除く18歳以上の方が申し込むことができます。

JRE POINTとは、JR東日本の発行するクレジットカードのポイントプログラムで、お買い物やお食事・公共料金などの支払いで1,000円(税込み)→5ポイントが貯まります。

アトレやペリエなどのポイント優待店でのお買い物では、クレジットカード100円+税→3ポイントが貯まり、nonowaやシャポーなどのポイント加盟店ではビューSuicaカードを提示するだけで100円+税→1ポイントを貯めることができます。

また、Suica定期券や乗車券・JR東日本の国内ツアーなどの購入、Suicaへのオートチャージ機能を利用することで、1,000円(税込み)→15ポイントを貯まります。(購入はJR東日本のみどりの窓口や券売機で購入された場合に限ります)

年会費はかかってしまうカードではありますが、利用明細をWEB明細に変更することで、JRE POINTが年間600ポイントプレゼントされるため、年会費以上のポイントを貯めることができます。

また、年間の利用金額がごとにボーナスポイントをもらうことができ、

  • 30万円:250ポイント
  • 70万円:1,000ポイント
  • 100万円:1,500ポイント
  • 150万円: 2,500ポイント

となっています。

貯まったポイントは、SuicaやJRE POINT加盟店で1ポイント→1円相当として利用したり、Suicaグリーン券やびゅう商品券などへの交換、Suicaのペンギングッズや鉄道グッズなどへの交換に利用することができます。

JRE POINTの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から2年後の月末までとなっていますので、カードを利用するたびに有効期限は自動的に延長されていくため、お買い物の端数として小まめに使うことも、大きく貯めて大きく使うことも、使い道が広がります。

海外旅行の傷害保険は最高500万円が自動付帯、国内旅行は切符や旅行商品をビューカードで購入することで、改札を入ってから出るまで最高1,000万円の補償が付帯しています。

紛失・盗難に遭った際には、連絡した日から60日にさかのぼって不正利用された分を補償してもらうことができ、Suica機能は、使用停止措置を取ることで不正利用の防止をすることができるため、安心して使うことができます。

家族カードも年会費477円+税で作ることができ、支払いは本会員と同口座から引き落としがされるため、家族で使っている方は家計の管理をしやすくなります。

楽天カード

年会費無料で高還元のクレジットカードとして人気の高い【樂天カード】では、電子マネーの「楽天Edy」を利用することができます。

カードブランドはVISA・MasterCard・JCBから選択することができ、JCBではディズニーデザインの券面を選ぶことも可能です。

楽天カードの利用で100円→1ポイントが貯まり、楽天市場などの楽天グループや樂天カード加盟店で利用することで、2〜3倍の楽天ポイントを貯めることができます。

ポイントは1ポイント→1円相当として楽天市場をはじめとする楽天サービスや楽天ポイントカード加盟店・楽天ペイ加盟店で利用したり、ANAのマイル・JCBのOki Dokiポイントに交換することができ、1ポイント→楽天Edy1円分と相互交換をすることもできます。

楽天Edyは、オートチャージや現金からチャージ、クレジットカードでチャージすることができ、200円→1ポイントが貯まり、樂天カードに搭載された楽天Edyならチャージをするときにも200円→1ポイントを貯めることができます。

楽天Edyは事前チャージのプリペイド型電子マネーであるため、紛失・盗難などによる補償がないことには注意が必要です。

また、樂天カードは海外旅行のサービスが付帯しており、海外旅行の傷害保険では、自宅から出発空港までの交通費、または海外旅行の代金を出国前にカードで支払っておくことで、最高2,000万円が補償されます。

家族カード会員も補償が適用されるので、ご家族で海外旅行へ出かける前に家族カードを発行して、カードで旅行代金を支払っておきましょう。

手荷物の宅配サービスの優待や、ハワイのワイキキTギャラリアハワイにある楽天ラウンジの利用、海外での盗難や紛失に対する緊急サービスなど、便利なサービスが多数用意されていますので、渡航先で使えるサービスを確認しておくことをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス・カード

年会費を払っても、優れたサービスを受けたいという方におすすめなのが、【アメリカン・エキスプレス・カード】です。

通称アメックスグリーンと呼ばれるカードは、電子マネー「QUICPay」を利用することができます。

年会費は12,000円+税で、日本発の国際ブランドのJCBと加盟店解放を行っているため、アメリカン・エキスプレス・カードの表示かJCBの表示があるお店で利用することができます。(一部、JCB加盟店で利用できない店舗もあります)

アメリカン・エキスプレス・カードは、100円→1ポイントを貯めることができ、1,000ポイントからANAやデルタ航空などのマイル、提携ホテルグループのポイントやTポイントや楽天スーパーポイントなどの他社ポイント、百貨店ギフト券などと交換することができます。

有効期限は3年となっていますが、1度でも交換することで無期限にすることができます。

アメリカン・エキスプレスがApple Pay対応となったため、スマートフォンにApple Payアプリをインストールすることで、街中のApple PayやQUICPayの表示のあるお店でのお買い物だけではなく、電車やバスの乗車、ANAのスキップサービスによってANAの飛行機への搭乗をすることができます。

QUICPayは事前チャージのいらない後払い型の電子マネーであり、支払いはアメリカン・エキスプレス・カードとして請求されるため、金銭管理がばらばらで手間がかかるということもありません。

アメリカン・エキスプレス人気の高水準のサービスは、航空券やパッケージツアーの代金をカードで支払うことで、国内外の旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行の際には出発・帰国時の自宅と空港間でスーツケース1個を無料で配送、通常ゴールドカード以上のサービスとして付帯している空港ラウンジサービスは、同伴者1名まで無料で利用することができ、プライオリティ・パスの登録も行うことができます。

クレジットカードが怖い人は、デビットカードから

それでもクレジットカードの利用によって、金銭管理ができるか不安で仕方ないという方は、まずデビットカードの利用から初めてみることをおすすめします。

デビットカードは登録した口座から即時引き落としで使うことのできるカードで、手持ちの現金がないときでもATMを探し回ったりする必要がなく、また口座に入金されている金額しか使えないため使いすぎてしまう心配がいりません。

【三菱UFJデビット】は、VISAとJCBから選ぶことができ、初年度は年会費無料、翌年度以降は1,080円(税込み)となっていますが、前年度に10万円以上の利用があるか、JCBデビットでは、カードの有効期限月の翌月1日時点で23歳以下、VISAデビットでは、年会費請求月の月末時点で23歳以下であれば、年会費無料で利用することができます。

国内在住の中学生を除く15歳以上で、普通預金口座を持っている個人または個人事業主が申し込むことができます。

JCBを選択した場合、国内外の旅行傷害保険が最高3,000万円、ショッピング保険は海外の利用で年間100万円、VISAを選択した場合、旅行の傷害保険は付帯しておらず、ショッピング保険は年間100万円補償されます。

JCBはポイントプログラムを採用しており、1,000円→1Oki Dokiポイントが貯まり、貯まったポイントは景品やAmazonなどのお買い物ポイントとの交換、nanacoや楽天スーパーポイント・WAONポイントなどの他社ポイントへの移行、JALやANAマイルとの交換などに利用することができます。

VISAではキャッシュバックを採用しており、ひと月の利用金額に対し、基本0.2%が決済口座にキャッシュバックされます。

ポイントやサービスのメリットを受けることができ、現金でただお買い物をするよりもお得に利用することができる電子マネー付きクレジットカードやデビットカードを検討し、いつも使っているお金を賢く使っていきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ