デルタアメックスをお得に使うなら要チェック! 効率的なマイルの貯め方と特典航空券へ交換するための必要マイル数

スカイマイルを上手に貯めて行きたい方へ

デルタアメックスを使えば、効率的にスカイマイルを貯めることができます。

年会費 12,000円+税
ポイントプログラム スカイマイル
ポイント有効期限 無期限
ポイント付与 100円→1マイル

デルタの利用者ならスカイマイルを貯めている方はたくさんいることでしょう。

頻繁に利用する航空会社があるのであれば航空会社ごとのマイルには注目すべきと言えますし、貯めたマイルを利用して航空券代を浮かすこともできます。

マイルは高い航空券代を浮かすためにも、賢く貯めて行くに越したことはないと言えるのです。

そこで、頻繁に利用する航空会社がデルタであるのなら、デルタアメックスを使うことで効率的にスカイマイルを貯めることができます。

デルタアメックスは、デルタを頻繁に使う方やデルタの特典航空券について興味のある方におすすめとなりますが、スカイマイルを上手に貯めて行きたいのであれば、デルタアメックスはとても発行価値があるクレジットカードなのです。

またもう既にスカイマイルを貯めていたとしても、デルタアメックスを利用すればボーナスマイルなどのマイルがたくさん貯まるシステムでもっと効率的にスカイマイル貯めるようになり、たくさん貯まったスカイマイルで特典航空券との交換を何度もすることができるでしょう。

デルタアメックスの魅力について覗いて行き、賢くスカイマイルを貯めていきませんか。

デルタアメックスをお得に利用できる方の特長3つ

デルタアメックスでスカイマイルを貯めて行きたいと考えているのなら、利用者の方に以下の3点の特長があればお得にカードを使いこなせて行けると言えます。

  1. デルタ航空を利用する機会が多い方
  2. デルタ航空で国内便を特典航空券で利用する方
  3. デルタ航空の提携先に自分が利用したい便の特典航空券がある方

この3点に該当するのであれば、デルタアメックスを利用で確実に得することができるでしょう。

また、デルタがメインでも日本にはJALやANAなどの航空会社もあるのでそれらを利用する機会もしばしばある方もいることでしょう。

デルタ航空の利用の頻度の方が高いと言うのであれば、ANAやJALカードでなく断然発行すべきクレジットカードはスカイマイルをたくさん貯めることができるデルタアメックスが合っています。

そして、スカイマイルと特典航空券を交換しようと考えている方は、デルタ航空には交換できる特典航空券がたくさんあるため一見お得そうに見えますが、交換する便によって必要なマイル数に大きな差が出てきて手数料なども発生す場合があるので、得に使って行きたいのであれば交換したい特典航空券にも注意が必要でしょう。

デルタアメックスをお得に使って行きたいのであれば、予め特典航空券、交換に必要なマイル数や手数料のチェックと、また、たくさんのスカイマイルを貯めておくのが大切です。

入会して条件を達成すると最大46,000マイル以上貯まる

デルタアメックスを発行する一番の魅力はスカイマイルを貯められることでしょう。

デルタアメックスはデルタ航空を利用する機会が多いほど、スカイマイルを多く貯められるのです。

デルタアメックスでは入会ボーナスとしてスカイマイルを8,000マイル獲得でき、継続時には3,000マイルも進呈されます。

この他にもファーストフライトボーナス(カード入会6ヶ月後まで)で25,000マイル稼ぐことができ、デルタ航空でのカード利用では100円→1マイルが3倍になり、海外で利用すると1.3倍でマイルが進呈されるのです。

また、日々のカード利用ではカード利用額100円→1マイル獲得することができ、フライトごとにマイルを貯めることもできるのでマイルはたくさん貯められるでしょう。

<入会特典スカイマイル一覧>

ボーナスマイル 累積マイル
入会特典 5,000マイル +5,000マイル
入会後3ヶ月以内に
最初のカード利用
500マイル +5,500マイル
入会後3ヶ月以内に
10万円以上のカード利用
3,000マイル +8,500マイル
入会後3ヶ月以内に
25万円以上のカード利用
10,000マイル +18,500マイル
入会後3ヶ月以内に
30万円以上のカード利用
2,500マイル +21,000マイル
ファーストフライトボーナス ベーシックエコノミー等:10,000マイル
(デルタ・ワン、デルタ・ワン スイート:25,000マイル)
+31,000マイル
(+46,000マイル)

この表から分かるように入会特典とファーストフライトボーナスで最大46,000マイルが貰えます。

この他にも航空券購入時のマイルやボーナスマイルも貯めて行くと46,000マイル以上ものスカイマイルを貯められるのです。

そして、シルバーメダリオンの資格を取得すれば、デルタ航空券購入時の獲得マイルに対して40%のボーナスマイルが付与されるので魅力的でしょう。

※シルバーメダリオンとは、デルタ航空を頻繁に利用する方のみが取得できる上級会員資格のことで、カード利用額が年間100万円以上の方であれば取得でき、ボーナスマイル新手以外にも優先的にチェックイン・搭乗することができたりします。

デルタアメックスには、スカイマイルをたくさん獲得できるシステムが満載となっています。

貯めたマイルの使い道(国内便)

では、貯めたスカイマイルの使い方ですが、貯めたマイルは基本的に特典航空券やツアー旅行券などに交換することができるようになっています。

しかし、得にスカイマイルを使って行きたいのであれば旅行券に交換するよりも特典航空券に交換した方が還元率は上がります。

特典航空券には国内便と国際便がありますが、まずは国内線の特典航空券に交換するための必要マイル数について見て行きましょう。

利用可能区間 必要マイル数(往復)
羽田 (HND) - 神戸 (UKB)
神戸 (UKB) - 鹿児島 (KOJ)
神戸 (UKB) - 長崎 (NGS)
神戸 (UKB) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
神戸 (UKB) - 茨城 (IBR)
福岡 (FUK) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
15,000マイル
羽田 (HND) - 新千歳 (札幌、CTS)
羽田 (HND) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
羽田 (HND) - 鹿児島 (KOJ)
羽田 (HND) - 福岡 (FUK)
羽田 (HND) - 長崎 (NGS)
茨城 (IBR) - 新千歳 ( 札幌、CTS)
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) - 新千歳 ( 札幌、CTS)
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
神戸 (UKB) - 新千歳 ( 札幌、CTS)
20,000マイル

※2018年7月現在

デルタの特典航空券は、片道だけの場合も往復と同じマイル数が必要となってくるので注意してください。

そして、ANAやJALでもマイルを利用して航空券と交換することができますが、デルタよりもANAやJALの方が必要なマイル数が少ないため、デルタのマイル数は比較的に割高となります。

区間例 羽田(HND)ー新千歳(札幌、CTS)・福岡 (FUK)
デルタ航空 20,000マイル
ANA(全日空) 12,000〜18,000マイル
(片道:6,000〜9,000マイル)
JAL(日本航空) 12,000〜15,000マイル
(片道:6,000〜7,500マイル)

この表だけを見ると一見、ANAマイルやJALマイルが貯まるクレジットカードを発行した方がいいのでは? と考える方もいることでしょうが、デルタはマイルがANAやJALと比べると貯めやすくなっているため、国内便の特典航空券を利用することに関してはそれほど損にはならず、問題は国際便にあります。

続いて国際便の特典航空券について見て行きましょう。

海外便の特典航空券の必要マイル数

まず、デルタ国際便の特典航空券に交換するための必要マイル数はホームページに掲載されていないので、使いたい航空会社ごとに自分で利用したい日程をフォームに打ち込んで確認をしなくてはいけません。

デルタ航空の国際便は必要マイル数を頻繁に変動させるため利用者にとっては不便な仕組みとなっていて、その理由に主に値上げをする傾向にあるのであえて分かりにくくしていると言う説も上がっているのです。

エコノミークラス
デルタ航空特典航空券の
必要マイル数(往復かつ最安値)
ANA特典航空券の必要マイル数
(ローシーズン〜ハイシーズン)
韓国 15,000マイル 12,000〜18,000マイル
北アジア
台湾・北京・香港・マニラ・グアムなど
35,000マイル 17,000〜23,000マイル
(ANAにはグアム行きはなし)
東南アジア
シンガポール・タイ・ベトナム・バンコクなど
45,000マイル 30,000〜38,000マイル
ハワイ 62,000マイル 35,000〜43,000マイル
ロサンゼルス 64,000マイル 40,000〜55,000マイル
ニューヨーク・ワシントンなど 80,000マイル 40,000〜55,000マイル
オセアニア
シドニー・ニュージーランドなど
70,000マイル 37,000〜50,000マイル
欧州
ロンドン・パリ・ミュンヘンなど
100,000マイル 45,000〜60,000マイル

国際便の必要マイル数はANAに比べて割高となっていて、表の最安値で特典航空券に換えられることはほとんどなく、常に最安値の1.2〜2倍のスカイマイルが必要なので注意が必要となります。

デルタのスカイマイルはデルタアメックスを使えば他社のマイルが貯まるクレジットカードと比較しても貯めやすいですが、国際便を使う時はマイルをたくさん使用しなくてはいけないので損です。

得するスカイマイルの使い方

デルタで国際便の特典航空券を利用すると損になってしまいますが、これは得になる航空会社を選ばなかった時と言え、デルタ航空が所属するスカイチームの国際便特典航空券と交換すると最安値のマイル数で特典航空券を入手することができるため、国際便でも得できる方法はあります。

<スカイチーム一覧>

航空会社
アジア 韓国 大韓航空
台湾 チャイナエアライン
中国 中国東方航空
中国南方航空
アモイ航空
インドネシア ガルーダ・インドネシア航空
ベトナム ベトナム航空
北米 アメリカ デルタ航空
メキシコ アエロメヒコ航空
南米 アルゼンチン アルゼンチン航空
中東 サウジアラビア サウディア航空
レバノン ミドルイースト航空
ヨーロッパ スペイン エア・ヨーロッパ
フランス エールフランス
オランダ KLMオランダ航空
イタリア アリタリア航空
チェコ チェコ航空
ロシア アエロフロート
ルーマニア タロム航空
アフリカ アフリカ ケニア航空

また、スカイチームの中でも台湾のチャイナエアラインのサービスは日本人の気質に合っていると人気が高く、内装も美しく対応もとても素晴らしいと評判なのです。

国際便の特典航空券をスカイマイルと交換したいなら、スカイチームを利用するのが最適と言えます。

デルタアメックスのお得な特典

デルタ航空の特典航空券はANAやJALに比べて割高ではありますが、デルタアメックスの特典や付帯サービスはとても得になっているので、デルタの利用頻度が高いのであればデルタアメックスの発行価値とても高いでしょう。

デルタアメックスを発行すれば国内28空港・海外2空港の空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用できるようになっていて、旅行際の手荷物をスーツケース1個分まで無料で宅配してくれる特典などが利用できるのでとても便利なのです。

そして、この特典を利用しつつ普段の買い物では100円→1マイルでスカイマイルを獲得することができ、継続時にボーナスマイルがもらえるなどのサービスもあります。

さらに、デルタアメックスを使って行くのであれば上級会員資格であるシルバーメダリオンの資格を取得することで、さらに質のいいサービスを受けることができるようになり、この資格を取得してデルタの航空券を購入すると40%ボーナスマイルが進呈され、優先的にチェックイン・搭乗ができるようになるなどのメリットがあるのです。

この他にも手荷物を優先的に預かってくれるなどのサービスも利用できるので、デルタアメックスを発行したのならシルバーメダリオンの取得価値はとてもあります。

取得するには年間100万円以上のカード利用が必要ですが、日々カードを使って行くのであれば難なくクリアできるでしょう。

メダリオン会員資格 シルバーメダリオン
メダリオン会員資格に応じたマイル加算 航空券購入の際の獲得マイルに対して
40%のボーナスマイル
優先チェックイン
優先空席待ち
優先搭乗
手荷物手数料免除
ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスへの
無償アップグレード
出発24時間(1日)前より

デルタアメックスの発行を考えているのであれば、

  1. デルタ航空を利用する機会が多い方
  2. デルタ航空で国内便を特典航空券で利用する方
  3. デルタ航空の提携先に自分が利用したい便の特典航空券がある方

に自分が該当するかどうかをよく検討してから、後々、損の無いようにデルタアメックスの発行に進むのが良いと言えます。

まずは
これ!


デルタアメックス



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ