最短約5分で発行!みずほ銀行と連携したMizuho Suicaの使い方

近年、電子マネーがとても普及していて、Edy・iD・QUIC Pay・Suica・PASMO・nanaco・WAONなど様々な種類が発行されています。

中でもSuicaは電子マネーの走りと言え、交通系電子マネーとして利用されてきました。

Suicaが出始めたばかりのころは、切符売り場でチャージをすると言うアナログな方法しかありませんでしたが、今ではクレジットカードからチャージが行えるようになるなど利便性に長けてきています。

電子マネーも進化を遂げているのです。

そこで、Suicaのチャージシステムの進化に伴い、みずほ銀行でもアプリ上から便利にSuicaにチャージができるようにと、Mizuho Suicaが誕生しました。

Mizuho Suicaはスマホ上で使うことができるカードで、みずほ銀行の口座からMizuho Suicaにチャージを行って利用して行くと言うシステムとなっています。

クレジットカードを利用してSuicaへチャージを行うとチャージした料金はカード利用分となり後日請求が来ますが、みずほの口座からチャージしてしまえば、その場で決算が完了するので、後に支払わなくても良くなるのです。

では、Mizuho Suicaをどのように使いこなして行くのか? 詳しく見て行きましょう。

みずほの口座からSuicaへチャージを行える最短5分発行のMizuho Suica

Mizuho Suicaは2018年8月1日より、最短5分で発行できるカード発行不要の電子マネーとしてサービスを開始しました。

利用方法は、みずほwalletからMizuho Suicaをアプリ上のカードとして発行するだけで、みずほ銀行の口座もしくはApple Payからチャージ可能となっています。

従来のSuicaでは、現金でチャージを行うかクレジットカードを利用して入金を行う方法しかありませんでしたが、口座からも直接チャージできるようになったのです。また、Suicaは通常、発行するだけで500円発生しますが、Mizuho Suicaなら発行手数料は発生しないのでこの点についても得と言えます。

Mizuho Suica利用対象者 みずほ銀行の普通預金口座を個人で持っている方
Mizuho Suica対応機種
  • iPhone7
  • iPhone8
  • iPhoneX
  • Apple Watch Series2
  • Apple Watch Series3など

Mizuho Suicaの利用対象者・対応機種には、万が一、利用できないことも想定できるので、利用する前には一度目を通しておきましょう。

チャージ方法について

Mizuho Suicaには全部で3通りのチャージ方法があります。

  1. みずほ銀行(普通預金口座)からのチャージ
  2. Apple Payに追加されたクレジットカードからのチャージ
  3. 現金でのチャージ

この3つのチャージ方法から選ぶことができるので、引落としなどで口座にお金を取っておきたいときは手元にある現金でチャージを行うことができますし、通常のSuicaですと、ビュー・カードでないとクレジットカードからはチャージを行うことができませんが、Apple Payに登録されたクレジットカードであればどのカードでもMizuho Suicaへと入金することができるのです。

もちろん、みずほの口座からチャージを行えることを忘れてはいけませんが、実際にはどのように口座からチャージを行うのでしょうか?

一番利用率が高いと予測されるみずほの口座からのチャージ方法をしっかりとチェックしておきましょう。

Mizuho Suicaへみずほの普通預金口座からチャージする方法

Mizuho Suicaへみずほの口座からチャージするには、個人用のみずほ普通預金口座が必要不可欠です。

なぜなら、みずほ銀行の普通預金口座とMizuho Suicaを結び付けてチャージを行うシステムとなっている為、みずほ銀行の個人用普通預金口座の開設は必ず必要となっています。

チャージ方法はとても簡単で、Mizuho Suicaの画面でチャージしたい金額を選択しタップをすればそれだけで入金が完了するのです。

他社で同様のサービスを利用すると手数料が発生してしまうところもありますが、Mizuho Suicaなら手数料や年会費は一切発生しないのでこういった点もMizuho Suicaのメリットと言えるでしょう。

Mizuho Suicaは従来のSuicaより便利・お得に使って行けるのは間違いありません。

Mizuho Suicaへの申込手順

Mizuho Suicaを利用したいと考えているのであれば、たとえ簡単な申込手順だったとしても、実際に申込む際に手順が分からなくならないように申込手順の確認はしておいた方が良いでしょう。

  1. みずほwalletのアプリをダウンロード
  2. Mizuho Suicaをみずほwalletのアプリ上に発行して登録を済ませる

Mizuho Suicaの発行は2つのステップで簡単に済ますことができます。

しかし、Mizuho Suicaを発行するにあたって必ず必要となってくるみずほwalletについても気になる点と言えるでしょう。

Mizuho walletは、Mizuho wallet自体がMizuho Suicaであると言え、Mizuho walletのアプリを取得するとアプリ上のカードであるMizuho Suicaが必然的に発行されるのです。

そして、このMizuho Suicaを利用して、全国各地のSuicaを使うことができる店や電車で利用できるのが、みずほwalletのサービスとなっています。

みずほwalletサービスにはこの他にも、残高照会のサービスやApple Payとも連動しているのでApple Payに登録済みクレジットカードをみずほwallet内で利用することも可能です。

みずほwalletのアプリを取得したらMizuho Suicaにチャージを行えるように、アプリ上でみずほ銀行の口座登録を必ず忘れないでください。

<みずほ銀行普通預金口座(個人用)登録方法>

  1. みずほwalletを立ち上げて「タップしてMizuho Suicaを発行」を選択してください。
  2. キャッシュカードを準備し「OK」を選択してください。
  3. 口座を入力します。
  4. 名前・生年月日・携帯番号などの個人情報の入力を順番に済ませます。
  5. 振替口座の設定完了画面が表示されたら画面をタップしてください。
  6. チャージを行ってください。(最初のチャージは1,000円以上となっています)

クレジットカードを好まない層の方にもおすすめなのがMizuho Suica

Mizuho Suicaがクレジットカードを好まない層の方におすすめな理由は、クレジットカードは後払いのシステムですので、後にカード利用分が請求される形となっていますが、Mizuho Suicaなら直接口座からチャージを行うことができるの為、後に支払う必要がないからです。

クレジットカードを嫌う方の理由のほとんどが、請求が後から来ることが不安だと言う方が多く、その不安さからクレジットカードの発行を避けています。

しかし、Mizuho Suicaなら、チャージをすればその場で口座から金額が引き落とされるので心配はなく、便利なキャッシュレスのシステムは利用できると言う仕組みとなっているのです。

Mizuho Suicaは便利なキャッシュレスのシステムは利用したいが、クレジットカードの後払いのシステムが苦手と言う方に打ってつけと言えます。

ポイントは貯まらないので注意しよう

カードを利用してくるとなると、ポイントが付与されるのではないかと期待してしまう方も中にはいることでしょうが、Mizuho Suicaには残念ながらポイント付与のシステムはありません。

ただし、Apple Payの機能を使ってMizuho Suicaにチャージを行った場合のみ、クレジットカード会社ごとのポイント付与システムに従ってポイントが付与される場合もあるので、クレジットカードからチャージを行う予定の方は、ポイントが付与されるか否か確認しておくと良いでしょう。

また、チャージできる時間帯も決まっていて平日は24時間対応していますが、土曜は0:00〜22:00まで、日曜は8:00〜24:00となっているので、ポイント付与についてとチャージができる時間帯の2点には注意が必要です。

そして、Mizuho Suicaはチャージする際の手数料も年会費も発行手数料もすべて無料なので、Mizuho Suicaを試しに発行したとしても損はありません。

Mizuho Suicaは今まで使っていたSuicaよりも簡単にチャージが行えて利用できる場所もたくさんあります。

みずほ銀行を利用しているのであればMizuho Suicaを発行して、これからも賢く便利なSuicaを利用して行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ