鹿島神宮カードの返礼品や記念品とは? 神社が発行するお祓いした世界初のクレジットカード

鹿島神社は茨城県ある由緒正しいタケミカヅチ神を祀っている神社です。

タケミカヅチの神は日本神話最強の武神で勝利の神とされ、魔や邪を払う力があると伝えられている神様となっています。

また、鹿島神社は全国約600社もある鹿島神社の総本社で関東最古の神社でもあるのです。

創立したのは紀元前の660年で、長い歴史を持つ神社として地域の方に親しまれてきました。

そして、その鹿島神社では2016年12月1より御払いを済ませたクレジットカード→鹿島神社カードの発行を開始したのです。

神社がクレジットカードを発行するのは世界初で、年会費などは鹿島神社に寄付される為、信仰深い方にとっては神社に貢献することができるチャンスと言えるでしょう。

さらに、特典として記念品が進呈されたり、神職の方が神宮内を案内してくれると言う特別感のある特典も付帯しているのです。

鹿島神社に頻繁にお世話になっているのであれば、発行すべきクレジットカードと言えます。

鹿島神宮はどんな神社?

鹿島神社は日本建国・武道の神様であるタケミカヅチノオオミ神を御祭神としている、神武天皇元年創建の歴史ある厳かな神社です。

12年に1度、午年に行われる御船祭(みふねまつり)は特に有名で、十二支が一巡し、また午は南、時刻では正午(12時)の陽気が最も眩しく盛んであることから、12年に1度の午年に祭事を執り行っています。

祭事の内容は、タケミカヅチ神の御分霊を祀った御神輿を乗せた船団が、一之鳥居を通って千葉県の香取市加藤州まで水路にて向かい、水上にて香取神宮の神職を乗せた船団に歓迎を受けた後、鹿島へとまた帰ってくる豪華で厳かな水上祭となっているのです。

この祭事は、この祭りを見物しに各地から人が押し寄せるほど豪華絢爛な祭事となっていて、人生に1度は見てみたいお祭りと言われています。

鹿島神宮のクレジットカードはすべて御払い済み

鹿島神宮カードはすべて御払い済みのクレジットカードです。

発行前に御払いを行うので、鹿島神社カードを持っていればそれだけでお守り代わりとなり、財布に入れて持ち歩くと八方除け効果も期待できるでしょう。

鹿島神宮の返礼品(記念品)とお払い

鹿島神社カードを利用して行けば返礼品(記念品)が進呈されます。

返礼品は木製銘々皿など非売品のものが進呈され、変更になる場合もあるので何が届くかはその都度確認してください。

そして、ポイントで返礼品を貰うには5,000ポイント獲得する必要があり、月末時点で5,000ポイント獲得していた場合は自動的に鹿島神社に寄付され、返礼品が郵送されます。

さらに、入会翌年以降は名簿による御払いを執り行ってくれ、御神札が自宅に届くので毎年行う御払いも安心です。

また、返礼品はカードを継続した方にも送られる品となっている為、毎年欲しい方はカードを継続して使って行くようにしましょう。

※最初の返礼品は入会月の翌月となっています。

鹿島神宮カードのポイントシステムについて

ではここで、鹿島神社カードのポイントシステムについて確認しておきましょう。

鹿島神社カードはエムアイグループのクレジットカードとなる為、エムアイグループのポンとシステムに基づいてポイントが付与されます。

ポイント付与率は、1,000円→1ポイントしか進呈されないシステムとなっている他社のクレジットカードよりも比較的に貯まりやすく、200円→1ポイントでポイントを獲得できるので、短期間でもたくさんのポイントを獲得できるでしょう。

注意点としては、鹿島神社カードで貯まったポイントはすべて自動的に鹿島神社に付与されるようになっている為、ポイントを利用して景品を獲得するサービスなどは利用できません。

しかし、いつもお世話になっている神社の為に貢献することができるのであれば、参拝者の方にとっても鹿島神社に日々感謝の意を表わすことができるので、発行価値は高い1枚と言えます。

景品などを獲得することができない代わりにと言っては失礼になるかもしれませんが、ポイントや年会費が自動的に寄付される分、鹿島神社では年に一回カード会員の方の御払いを名簿順に執り行ってくれ、御神札が郵送されたり、返礼品(記念品)が進呈されるので、ありがたいお話でしょう。

通常お払いはどこも最低5,000円はするので、厄祓いを毎年必ず行ってくれると言うのであればポイントの貯め甲斐もあります。

鹿島神社カードをたくさん利用して神社に貢献してください。

基本情報とポイントや年会費の行方

鹿島神社に貢献する為に鹿島神社カードを利用して行くのであれば、年会費やポイントの行方は気になる点です。

鹿島神社に寄付された年会費やポイントは12年ごとに行われる御船祭に利用されたり、文化財の保護に充てられるようになっています。

年々、祭りごとや行事に必要な資金が減ってきていて、厳かな祭りを執り行うには資金がどうしても必要となってくるのです。

伝統ある祭りや遺産を守って行く為にも、鹿島神社カードを利用して行きましょう。

<年会費>

年会費は5,000円(税別)です。

<カード国際ブランド>

カードは国際ブランドのVISAとなっています。

<入会資格>

入会資格は満18歳以上の安定した収入のある電話連絡が可能な方で、配偶者の方も申込可能です。

学生の方も発行可能ですが、未成年の場合は親権者の同意が必要となり、高校生は申込めません。

<支払日>

支払日は毎月5日締めの当月26日払いです。

<ポイント>

ポイントは基本200円→1ポイントで付与され、月末までに5,000ポイント貯まると鹿島神社に自動寄付されます。

鹿島神社カードは年会費5,000円(税別)と高めですが、通常約5,000円発生する御払いを毎年特典として行ってくれるのであれば支払って行く価値があるでしょう。

鹿島神社カードを利用して、鹿島神社の御払いを受けましょう。

鹿島神宮のご利益

鹿島神社は人生・仕事と総合的な開運力のあるパワースポットです。

特に仕事や人生で悩んでいる方が行くと邪魔するものをはねのけてくれ、物事がうまく進んで行くようになるご利益があると言われています。

鹿島神社カードを持っていれば、そのカード自体が祓い清められているので財布に忍ばせているだけで物事を良い方向に運んでくれることでしょう。

またカードの特典として、神職の方が鹿島神宮内を案内してくれる特典も付帯しているので、鹿島神宮に訪れた際は案内をしてもらうのもおすすめです。

受付は授与所にて行っていて、その際にカードを提示することも必要なので肌身離さずカードは持っていましょう。(受付時間帯 午前9:00〜11:00)

そして、カードを持っていると直刀などが保管されている国宝の宝物館への入場も無料となり、鹿島神社が関わっている各種イベントにも特別枠で参加できます。

鹿島市花火大会への参加は特に人気があるので、発行したら是非とも参加しましょう。

鹿島神社カードは、鹿島神社に貢献できるクレジットカードです。

年会費や獲得したポイントはすべて鹿島神社貢献され、そのお返しとして御神札や返礼品(記念品)が進呈されます。

これは、鹿島神社に信仰深い方にとっては願ってもないクレジットカードです。

鹿島神社に頻繁に参拝するのであれば鹿島神社カードを発行して、大いに貢献して行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ