クレジットカード保険の自動付帯・利用付帯って何? それぞれの違い比較してわかりやすく解説!

クレジットカードに付帯される旅行傷害保険は利用付帯と自動付帯がある!

クレジットカードはショッピングの時に役立つと考えている方が一般的となっており、それは実際に間違っていません。しかし、クレジットカードには保険が付帯されていることが多々あり、中にはいざという事態にて救いの手となることもありえます。

カード付帯の保険で見逃せないのは、何が起こるのか予測しにくい旅行……それも海外旅行です。勝手がわからず、食文化も気候も違う海外にいては思わぬ病気にかかるかもしれませんし、最悪の事態もありえます。

そんな海外旅行のトラブルをカバーしてくれるクレジットカード付帯の保険が海外旅行傷害保険です。

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険も基本的にクレジットカードに付帯されている旅行保険には、自動付帯と利用付帯の違いがあります。

一見、大した違いはないように思われるかもしれませんが、実体は大きな違いがあります。海外・4国内ともに旅行を安心してできるようにカード付帯保険の自動付帯・利用付帯の違いをばっちり把握しましょう。

カード付帯保険の自動付帯について

クレジットカードに付帯される保険において自動付帯に関しては特に気にする必要はありません。読んで字のごとく自動で補償条件を満たせる保険が自動付帯です。海外旅行中に事故が起きたら、保険請求手続きをすれば、自動付帯の保険による補償を利用できます。

忘れてはいけないのは自動付帯とはあくまでクレジットカードの保険適用条件を自動で満たせるものだということであり、事故や病気に遭ってもカード会社が保険適用手続きをしてくれるわけではないということです。

そのため、海外旅行に行くときは必ず、同行者にも自動付帯の保険を持つクレジットカードの会員であることを伝えておきましょう。

カード付帯保険の利用付帯とは?

クレジットカード付帯保険の利用付帯とは自動付帯と違って、旅費をカード決済をしないと保険適用対象にならないということです。多くのクレジットカード付帯の保険は利用付帯にあたりますので、覚えておきましょう。

利用付帯の保険が適用されるには、海外旅行傷害保険の場合、特に注意が必要です。

それは海外旅行の費用をカード決済しないと保険適用対象にならないということです。

保険適用対象とは公共交通機関や旅行のツアーをカードで支払ったということです。特に公共交通機関をカード払いで利用するというのは、危険の多い途上国では提携していないケースもあります。自分が向かう旅行先の公共交通機関がカード払いに対応しているかどうかは、大使館などに問い合わせて把握しましょう。

また、利用付帯の保険でも保険請求手続きは自動付帯と同じく自分でやらないといけないもの忘れてはいけません。請求手続きを忘れてしまえば保険適用も意味がないのでくれぐれも気をつけましょう。

自動付帯保険を持つおすすめクレジットカードはエポスカード、JCB EIT、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

旅行傷害保険自動付帯おすすめ三種の一覧表紹介!

  エポスカード JCB EIT セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
自動付帯保険 ・海外旅行傷害保険が最大2,000万円自動付帯 ・海外旅行傷害保険最大2,000万円自動付帯 ・国内外の旅行傷害保険が最大3,000万円自動付帯
・家族カード会員は最高1,000万円自動付帯
年会費 ・年会費無料
・デザインカードが70種類以上で発行料500円+税別
・ネット経由の申込をしてマルイ店頭でカード受け取りならば最短即日発行
・ネット経由の申込で入会特典にエポスポイント2,000円分ゲット
・ETCカードの年会費と発行料が無料
・ETCカードはVISAブランドのみで発行可能
・年会費無料 ・年会費3,000円+税別
・カード発行初年度は年会費無料
・インターネットで発行申請をすればセゾンデスクで当日発行可能
・ETCカードの年会費無料
・「iD QUICPay」の年会費無料
その他の補償・特典 ●特典
・年4回開催の「マルコとマルオの7日間」で全品10%OFF
・台北101観光チケットが10%OFF
・エポトクプラザ加盟店で優待価格などのサービスあり
●その他補償
・国内外のショッピングガード保険は最大100万円
・「JCBでe安心」制度でネットショッピング補償サービス
●その他補償
・ショッピング補償にて購入日から120日以内に年間最高100万円
・インターネット上でのカード不正利用の損害を負担してもらえるオンライン・プロテクション
●特典
・毎月5日・20日に西友・リヴィンにて食料品から衣料品まで5%OFF
・イープラスにてコンサートやスポーツイベントに関して優待サービス
・毎月末の金土日は全国のロフトにてショッピングをカード払いすると5%〜10%OFF
・「アメリカン・エキスプレス・コネクト」にて国内ホテルの宿泊料金が最大75%OFF、国内外レストランの料金が最大20%OFF、エステやネイルサロンを会員優待サービスで利用可能
・海外アシスタントデスクにて旅行先の現地に関する電話相談が対応され、海外用Wi-Fiと携帯電話のレンタルサービスを割引料金でレンタル可能
・提携空港ではスーツケース1個を空港から自宅までの手荷物無料宅配サービス
・提携空港ではコートお預かりサービスを優待価格サービスにて利用可能
・「tabiデスク」でパッケージツアー最大8%OFF
ポイントプログラム ・ポイントプログラムはエポスポイント ・基本還元率が0.5%で分割払いやリボ払いで還元率1.0%
・2回払いも手数料無料で分割払い扱いされてポイント還元率1.0%になる
・提携グルメや提携ストアのカード払いで割引やポイント還元率上昇に優待特典のサービス
・「たまるマーケット」経由でのネットショッピングで還元率最大30倍
・エポスプリペイドカードの年会費無料でプリカ支払いに0.5%のキャッシュバックサービス
・ポイントプログラムはOki Dokiポイント
・ポイント還元率は0.2%
・ポイントプログラムは永久不滅ポイントとnanacoポイント ・永久不滅ポイントの還元率は0.1%
・セブンイレブンやイトーヨーカドーのカード払いで還元率1%
・セゾンポイントモール経由でのショッピングでカード払いするとポイント還元率が最大30倍
・海外のカード利用で還元率2倍
・ボーナスポイントパートナーズ提携店でカード払いすると還元率最大5%

即日発行のエポスカード、ポイント還元率2倍のJCB EIT、家族カードも保証対象のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで自分に合った自動付帯カードを!

何が起きるのかわからないのが海外旅行です。そんな不測の事態に備える時に役立つのがクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険になりますが、カード付帯の海外旅行傷害保険には自動付帯・利用付帯の2種類があるのは注意が必要です。

自動付帯は何もしなくとも保険適用条件を満たしていますが、利用付帯は公共交通機関や海外旅行のパッケージツアーなどをカード決済することで保険適用条件が満たされます。そのため、利用付帯のクレジットカード保険は保険適用を心がけるなら移動範囲が大きく狭まる危険を持っています。

自動付帯の旅行傷害保険が欲しい方におすすめのクレジットカードはエポスカード、JCB EIT、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。

エポスカードは年会費無料ですし、海外旅行傷害保険最高2,000万円が自動付帯になって、インターネット経由の発行申込をしてエポスカードセンターでカード受け取りを指定すれば即日発行も可能です。

JCB EITも年会費無料で海外旅行傷害保険最高2,000万円が自動付帯されて、ポイント還元率が常時2倍という長所があります。

そして、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費3,000円+税別ですが国内外旅行傷害保険が最大3,000万円自動付帯になりますし、家族カード会員も最高1,000万円自動付帯されます。

このことから、サブカードや今すぐにクレジットカードを発行できる海外旅行傷害保険自動付帯の年会費無料クレジットカードが欲しい方はエポスカードを発行し、ポイント還元率常時2倍のメリットを利用したい海外旅行傷害保険自動付帯クレジットカードが欲しい方はJCB EITを発行、年会費有料でも国内外旅行傷害保険自動付帯に加えて家族カード会員にも旅行傷害保険を付帯させたい方はセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ