Google Payのキャンペーンで賞品を当てよう!参加方法は電子マネーを登録して使うだけ

新しい決済方法のGoogle Pay

2016年に生まれたAndroid Payは、決済に楽天Edyに加えnanacoも対応と進化していき、2018年にはGoogle Payに統合、さらに決済方法にはSuicaやWAONも加わりパワーアップを果たしました。

店頭でスマートフォンをかざすだけでお買い物ができると便利なキャッシュレスサービスとして人気が高まっているGoogle Payは、どのように利用できるのかを確認し、どのように活用していけるかを検討してみましょう。

Google Payは、どんな使い方ができるの?

Google Payというのは、支払いなどに使える決済とGoogleが提携しているモバイル端末やパソコンからお金のやりとりをすることができる決済が利用できる、新しい決済方法の一つです。

店舗でのお買い物に

Google Payでは「Suica」「nanaco」「楽天Edy」「WAON」の4つの電子マネーを登録しておくことができ、店舗で利用する時は、利用したい電子マネーを店員さんに伝え、端末にかざすだけでさっと支払いを済ませることができます。

インターネットでのお買い物の際には、Googleアカウントに登録しているすべてのクレジットカードを利用することができましたが、夏以降にはJCB・ジャックス・Kyashなどのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの店舗での利用対応が始まるため、よりお買い物の際に便利に利用することができるようになります。

支払い以外にも、Google PayにはTカードやdポイントのポイントカードを登録しておくことができ、限定特典の受け取りやポイントカードが使えるお店に入ったときに通知を受け取ることもできるため、ポイントを漏れなく貯めることができます。

注目したいのは、ただ登録した電子マネーやカードが便利に使えるというだけではなく、お財布やかさばるカード類を取り出すことなく、スマートにお会計を済ませることができる上、電車やバスという交通機関でもスマートフォンだけで自由に移動ができるというところです。

Google Payが使える店舗は、セブンイレブンやローソン・ファミリーマートなどのコンビニはもちろん、イオンやアピタなどのスーパー、ビッグカメラやドミノピザなど、各電子マネーが利用できるお店となっています。

インターネットでの支払いに

ハンドメイド作品のマーケット「minne」、レンタルスペースの予約サイト「スペースマーケット」、タクシー配車アプリの「全国タクシー」などのウェブサービスでもGoogle Payを利用することができます。

インターネットでの決済にGoogle Payを利用する場合は、Googleアカウントに登録したクレジットカードでの支払いとなります。

Google Payのキャンペーンも要注目

Google Payが開催しているお得なキャンペーンの詳細も確認しておきましょう。

ピッで当てようキャンペーン

登録した電子マネーを店舗や交通機関で利用したり、ウェブサイトでの支払いにGoogle Payを利用すると、最大5,000円分のGoogle PlayクレジットやGoogle Home Miniが当たる抽選に応募することができます。

キャンペーンに応募できる対象は、日本に居住している20歳以上で、未成年の場合は保護者の同意が必要となり、対象の支払いに対して、「その場で当たるギフト」を受け取るか、「毎週の商品抽選」へのエントリー権かを選ぶことができます。(1日最高5回まで)

各商品はそれぞれ数量限定となっているので、興味がある方は早めに利用し、参加を申し込みましょう。

「その場で当たるギフト」はGoogle Playクレジットやその他商品、「毎週の商品抽選」ではGoogle Home Miniの当たる抽選が毎週金曜日に行われます。

各プレゼントはGoogle Payアプリに保存され、4週間利用が可能ですが、期間を過ぎてしまうとすべてのプレゼントは自動的に削除されてしまうため、早めに開封をして、指示に従って手続きを行いましょう。

こちらのキャンペーンは2018年11月23日までの適用となっています。

Google Pay紹介プロモーション

また、Google Payを利用したことのない友だちに招待コードを送り、その友だちが招待コードを利用して登録後、30日以内にGoogle Payで500円以上のお買い物をすると、紹介者・紹介された方ともに500円分のGoogle Playクレジットをもらうことができます。(初回利用時のみ)

プロモーションの対象となるお買い物は、Google Payアプリの支払に対応した店舗でのお買い物や交通機関の非接触型支払端末での決済となっています。

最大5,000円分になるまで(10人分)、紹介プレゼントをもらうことができるので、まだ利用していない友だちがいたらGoogle Payの招待コードを送ってみましょう。

プロモーションの対象者は日本に居住している20歳以上の方で、未成年音は保護者の同意が必要で、謝礼を受け取るためにはGoogle Playアカウントが必要となるので、未登録な方は新規開設を行い、手続きを行いましょう。

このキャンペーンは2018年12月31日までの適用となっています。

電子マネーをさらにお得に変えるクレジットカード

既に持っている電子マネーを利用することのできるGoogle Payですが、使っている電子マネーにチャージする際には、グループ会社のクレジットカードを利用することで、ポイントをお得に貯めることもできます。

Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、それぞれのカードにどのようなクレジットカードが対応しているのか、詳細を確認していきましょう。

ビュー・Suica→Suica

ビューSuicaカードは、Suica・定期券・JRE POINTカード・クレジットカードが1枚となったカードで、年会費は477円+税、カードブランドはVISA・MasterCard・JCBとなっています。

申し込みは日本に在住で、電話連絡の取れる高校生を除く18歳以上の方で、未成年者は保護者の同意が必要です。

年会費がかかるカードではありますが、WEB利用明細を利用することで年会費以上のポイントが貯まるため、実質無料で利用することができます。

クレジットカードの利用やオートチャージ、SuicaへのチャージなどによってJRE POINTが貯まり、貯まったポイントはアトレなどのJRE POINT加盟店で1ポイント→1円相当として利用したり、グッズや商品券・クーポンなどの商品との交換、Suicaへ1ポイント→1円相当してチャージすることができます。

Suicaへのチャージでは、1,000円→15ポイントが貯まり、貯まったポイントをSuicaへチャージすると、1,000円→15円分のキャッシュバックのように利用することができます。

セブンカードプラス→nanaco

セブンカードプラスは初年度無料、翌年度以降は500円(税込み)ですが、前年度のカード利用料金が5万円以上の場合は、翌年度も無料で利用することができるnanaco一体型またはnanacoと紐付けて利用できるクレジットカードです。

カードブランドはJCB・VISAから選ぶことができ、高校生を除く18歳以上の、本人または配偶者に安定した収入のある方が申し込むことができ、未成年や学生の方は親権者同意書が必要となります。

セブンカード・プラスでは、nanacoの利用だけではなく、nanacoへのチャージ・オートチャージで、200円→1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント→1円相当としてnanaco加盟店での利用や、ANAマイルなどに交換することができます。

楽天カード→楽天Edy

楽天Edyをお得に使うことができるのは、年会費永年無料・ポイントがざくざく貯まると人気の楽天カードです。

カードブランドはVISA・MasterCard・JCBから選ぶことができ、新規入会のボーナスとして高額なポイントをもらえるキャンペーンを行っていることでも有名です。

楽天Edyの支払いで200円→1ポイントが貯まり、楽天カードから楽天Edyへチャージを行うときにも200円→1ポイントが貯まるため、楽天Edyの利用によって、ポイントの二重取りできることになります。

クレジットカードの利用として貯まるポイントとしては、通常100円→1ポイントが貯まり、楽天グループや街の加盟店でのお買い物で2〜3倍のポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは街の楽天ポイント加盟店や楽天グループでの支払い、楽天Edyに1ポイント→1円相当として交換するなどとして使うことができます。

イオンカードセレクト→WAON

イオンでお買い物をすることが多い人にとって、メリットの多いイオンカードセレクトは、年会費無料で、カードブランドはVISA・MasterCard・JCBから選ぶことができます。

イオンでのお買い物でポイントが2倍、お客さま感謝デーにはお買い物金額が5%オフ、イオンシネマの料金が割引になるなど、イオンユーザーは必携のカードですが、もちろんWAONの利用でもお得に使うことができます。

WAONのオートチャージを登録しておくことで、チャージ200円→1ポイントがもらえるため、実質WAONを200円→2ポイントが貯まることになります。
ただし、都度チャージではポイントが貯まらないことに気を付けましょう。

Google Payを利用することで日々の支払いを便利でスマートなものへと進化させることができますが、利用する電子マネーに合わせたクレジットカードを導入・チャージに利用することで、よりポイントを貯め、さらにお得で快適な毎日へと変えてしまいましょう。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
JCB VISA
  • nanaco一体型カード
  • セブンイレブン・イトーヨーカード利用でポイント1.5%還元
  • 1P=1円としてnanacoで使える

どのカードよりもnanacoが貯まるクレジットカードが登場
基本は200円につき1Pだか、使い方、購入商品によっては2倍、3倍、ボーナスポイント10P以上とnanacoを利用するユーザーにはピッタリすぎる内容となっている。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
nanaco 無料 500円(税込)
(前年度5万円以上利用で無料)
無料 7営業日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
1.5% - - - 個別に設定
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ