「はまPay」の使い方を把握して上手に使いこなす方法とは? 提携している他銀行の口座も利用できるので便利

Apple Payなどの普及でキャッシュレス化がどんどん進んで来ていますが、実際に新しいキャッシュレスサービスを利用している方はまだ限られています。

クレジットカードについてはキャッシュレス決算の代表的なものなので多くの方が利用していますが、Apple Payなどのクレジットカードを携帯に登録して利用するようなキャッシュレス決算方法を利用している方はまだ少ないのです。

世の中が今以上に現金ではなく、キャッシュレス化が進んできてしまったら、現金ばかりを使って行くわけには行きません。

そこで、横浜銀行では簡単にキャッシュレスサービスを利用することができる「はまPay」を作り出しました。

「はまPay」は銀行口座と直接つなげて利用することができるサービスで、使った金額は即時口座から引き落とされます。

また、Apple Payなどを利用していない方の中には、登録するのが難しいのではないかなど、設定の面での難易度を考え踏み出せていない方もいるのです。

しかし、「はまPay」はとても簡単に設定を済ますことができるので、すぐにスマートな決算を利用することができます。

「はまPay」は新しいキャッシュレス決算を体感したことがない方にとって、簡単によりスマートな決算方法へとデビューするチャンスなのです。

「はまPay」はどんなシステム?

「はまPay」は持っているスマートフォンと普段使っている口座でショッピング代金を支払うことができる新しいキャッシュレスサービスとなっています。

横浜銀行に普通預金口座を既に持っている方なら、簡単な登録ですぐに利用を開始することができるのです。

支払いシステムに関してはプリペイドカードをイメージしてもらうと分かりやすく、クレジットカードとは異なり、使った分はその場ですぐ口座から引き落とされるようになっています。

「はまPay」はスマートフォンで出来る画期的な決算サービスなのです。

「はまPay」の特長

「はまPay」には3つの特長があり、利用前には必ずチェックすべきでしょう。

特長1 スマートフォンで買い物ができる

従来の買い物方法は財布から現金を出して商品を購入すると言った方法でしたが、「はまPay」を利用すれば店頭・ネットどちらでもスマホ一つで買い物をすることができるのです。

特長2 登録後すぐに利用できる

横浜銀行の普通預金口座を持っていて、横浜銀行のキャッシュカードまたは横浜バンクカードを利用しているのなら、登録を済ませればすぐに「はまPay」を利用できます。

特長3 お金の管理がしっかりとできる

「はまPay」では預金残高の範囲で利用限度額の設定ができるので、使いすぎの心配がありません。

この3つが「はまPay」の特長となっていて、システムとしては予め口座に入っている金額しか使うことができないので、クレジットカードのように後に使いすぎてしまって支払いに困るようなことはないのです。

使い方については、初めに「はまPay」のアプリを起動してもらい、アプリ内で「はまPay」が利用できる周辺の店を探し、店の選択をします。

その後、画面下に「スライドして支払い」と言う文字が出ているので、スライドしてもらい支払い金額を確認して4桁の暗証番号を入力すれば支払い完了です。

「はまPay」は電子マネーのようなタッチ式ではなく入力式の支払い方法ですが、スマホ上で簡単に支払いを済ますことができます。

「はまPay」を利用するには横浜銀行の口座を開設しよう

「はまPay」を利用するのであれば、横浜銀行の普通預金口座の開設は必要不可欠ですが、ここで、横浜銀行がどんな銀行なのかも利用する銀行となるので見ておきましょう。

横浜銀行は神奈川県横浜市西区に本店のある地本銀行となります。

略称は「はまぎん」で、神奈川県には524店舗もあるのです。

しかし、地方銀行とは言っても「はまぎん」の店舗は、東京都66店舗・群馬県3店舗・愛知県1店舗・大阪府1店舗と横浜以外にも店舗を構えている大手銀行となっています。

また、ATMは横浜銀行のATMで利用できるのはもちろん、コンビニではセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンと手続きが可能なので、全国ネットで利用できる銀行なのです。

横浜銀行はどこでも安心して手続きが行える安心の銀行でしょう。

「はまPay」は横浜銀行以外でも利用できる

横浜銀行の普通預金口座がないと利用できない「はまPay」ですが、提携している銀行の口座を持っていれば「はまPay」を利用することもできるのです。

提携銀行は現在拡大中ですが、熊本銀行・福岡銀行・親和銀行と現在利用可能となっています。

さらに、りそな銀行は平成30年の秋から、ゆうちょ銀行は平成31年の2月から利用可能です。

また、使える店舗についても拡大して行っているので、ますます便利になって行く「はまPay」の登録を今のうちに済ませれば、今後はもっと便利に「はまPay」を利用できるようになります。

現在「はまPay」が利用できる店一覧

  • デジキューバーベキューBEERテラス横浜VIVRE店
  • デジキューBBQテラスドン・キホーテ溝ノ口駅前
  • 焼肉ガーデンびっくぼす森崎本店
  • キタムラ元町本店
  • 二平 日本橋人形町店
  • 串亭 恵比寿本店
  • 串亭 恵比寿駅前店
  • 串亭 新宿代々木店
  • STAR JEWELRY CAFE&Chocolatier

※2018年9月26日現在

「はまPay」の申込手順

「はまPay」の申込手順はとても簡単なステップで済むようになっています。

  • スマートフォンに「はまPay」のアプリをダウンロードしてください。
  • ユーザー情報を登録します。
  • 支払い口座の登録を行ってください。

このように「はまPay」の登録は簡単に済ますことができます。

手続きの際に混乱しないようにする為にも、「はまPay」の申込手順についてはしっかりと把握しておいてください。

今時代はキャッシュレス! 時代に合わせた決算方法「はまPay」でよりスマートな生活を

今時代はキャッシュレス化がどんどん進んで来ていて、インターネット上で利用することができるバーチャルカードや、スマホ上でクレジットカードを利用できるようにするシステムが発達してきています。

「はまPay」はクレジットカードをスマホ上で利用するようなシステムではありませんが、同じくスマホ上で簡単にできる決算方法で、口座と直結した決算をスマホで行うことができるのです。

申込手順も簡単で3つのステップをクリアすれば、その場ですぐに「はまPay」が利用できるようになります。

「はまPay」に加盟している店も日々増えて行っているので、今後の利用にも期待できますし、現在も加盟店は揃っているので、気になる店があれば利用できるかどうか確認してみるのも良いでしょう。

そして、「はまPay」はインターネット上でも利用することができる為、「はまPay」を利用すればより安全にインターネットショッピングをすることもできるようになります。

なぜ安全なのか? ですが、インターネットショッピングをする方のほとんどがクレジットカードを利用していると考えられ、クレジットカードですとカード番号がばれてしまい悪用されてしまう心配がありますが、「はまPay」を使えば決算の際にカード番号を入力するようなことはないので、安全にインターネットショッピングをすることが可能となるのです。

「はまPay」を利用すればおっくうな現金生活から脱出でき、スマート・スムーズで尚且安全な決算方法で、日々の支払いを済ませられるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ