アメックスビジネスゴールドが経営者に役立つ4つの利点とは? 他法人カードと比較して優待サービス特典を・把握しよう

ビジネスカードを捜していてもどのビジネスカードが自分に合っているのかが全く分からなくて、困っている方もいることでしょう。

ビズネスカードは様々な会社で数多く発行されているので、その中から選りすぐりの1枚を見つけるのは大変なことですし、困ってしまうのも無理はありません。

会社で利用するカードとなると経営にも関わってくるので、身構えてしまい、どのカードが本当に優れているのか余計に分からなくなってしまいます。

しかし、そこでおすすめなのが今注目を集めているビジネスカード→アメックビジネスゴールドです。

アメックスビジネスゴールドのビジネス面でのサービスは、どのビジネスカードよりも充実していると言っても過言ではなく、ビジネス以外のサービスについてもとても充実していて経営者には持ってこいの1枚と言えるでしょう。

ステータス性も高く、追加カードも発行可能なので社員の方も一緒に利用することができますし、発行対象年齢も20歳からとなっているので、若い内から利用することができます。

長く愛用して行けるビジネスカードを捜しているのであれば、アメックスビジネスゴールドは最適のクレジットカードでしょう。

アメックスビジネスゴールドカードの利点

アメックスビジネスゴールドカードには全部で4つの利点があるのです。

1 ご利用代金明細書

1ヶ月に1度、利用金額や店の名前に至るまで、業種を日付順に記載した明細書が社員の方のカードごとに手元に届きます。

この明細書を利用することで、費用科目の仕分けや用途のチェックを簡単に行うことができ、より明確に経費を把握することができるのです。

さらに、アメックスビジネスゴールドで貯めることができる「メンバーシップ・リワード」の獲得ポイント数の知らせや特典の情報なども一緒に手元に届きます。

2 特典

アメックスビジネスゴールドにはビジネスシーンで役立つ特典がたくさん付帯されていて、取引先との話し合いなどに使うことができるビジネスラウンジの利用や会食に使うレストランの予約を代行して行ってくれるサービスが利用可能です。

また、企業情報や市場の動向を調べてくれるコンサルティングサービスなどもあり、ビジネス面で役立つ特典もたくさん付帯されているのです。

そして、経費管理も行ってくれるので忙しい方には必見でしょう。

3 ステータス性

アメックスは長年続くカード会社で、品のあるカードフェイスに高い年会費が発生する為、誰でも持てるカードではないと言う高級感から、クレジットカードの中では憧れの的です。

1番のクレジットカード会社と言っても過言ではないでしょう。

4 経営1年目でも発行可能

アメックスビジネスゴールドは、たとえ会社を設立してから1年しかたっていなくても、発行できる確率はとても高いカードとなっています。

その理由は、通常ビジネスカードは設立年数や黒字決算などを重視して審査が行われますが、アメックスは個人の信用情報が審査の対象となるので、設立年数などには関係なく発行できるのです。

経営に役立つ優待サービス・特典

サービスや特典もビジネスカードを選ぶ際には確認すべき点と言えます。

アメックスビジネスゴールドは、魅力的な特典や実務に役立つ優待も兼ね揃えているビジネスカードとなっていて、どれも利用価値のあるサービスと言えるでしょう。

ミーティング・スクエア

ミーティング・スクエアは、アメックスビジネスカードを持っている方だけが利用可能の帝国ホテルにある専用ラウンジで、仕事のミーティングなどには打ってつけの場所です。

月会費は20,000円(税別)となっています。

ビジネス・ダイニングbyぐるなび

接待や会食にぴったりのレストランを専門のコンシェルジュが、エリヤ・予算・人数などの希望に合わせて予約してくれるサービスです。

カード会員限定イベント

アメックスではビジネスに必要な知識と人脈を広げられるように、ビジネスカード会員限定のイベントを開催しています。

従業員の方や取引先の方も参加できるようになっているので、是非とも利用して行きましょう。

JR 東海プラスEXサービス

このサービスは東京〜博多間(東海・山陽新幹線)の予約をネット上で済ませ、プラスEXカードを改札機にタッチするだけで新幹線に乗車できるサービスです。

クラブ・オフ

クラブ・オフは国内宿泊・海外宿泊・レジャー・スポーツ・ショッピングと幅広いジャンルのサービスを優待価格で利用できる特典となります。

ヘルスケア無料電話健康相談

ヘルスケア無料電話健康相談では、食事・運動・健康維持に関する質問はもちろん、医療機関の紹介もしているカード会員には心強いサービスです。

このようにアメックスビジネスゴールドでは魅力的な特典が付帯されています。

続いて、実務に役立つ優待を見て行きましょう。

ビジネス・コンサルティング・サービス

中小企業・個人事業主のカード会員様向けに、経営相談窓口を設けています。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」(登録制)

帝国データバンク・東京商工リサーチのデータベースから、企業情報などをネット上で確認することができる実務に役立つサービスです。

ビジネス情報調査代行サービス(登録制)

国内外の企業情報からマーケティングの情報に至るまで調査を代行して行ってくれるサービスとなっていて、利用価値はとてもあるでしょう。

結果はレポート形式となって手元に届くので、忙しくても簡単に調査を行うことができます。

ビジネス面で問題が発生したら、調査を行って今後に生かすのも一つの方法と言えるので、カード発行後に実務に役立つ特典を利用してみるのも良いでしょう。

他社のビジネスカードと比較しよう

どのビジネスカードが自分に合っているのかということで悩んでいるのであれば、アメックスビジネスゴールド以外のカードについても気になるはずです。

他のビジネスカードと比較することでよりアメックスビジネスゴールドの魅力が明確になりますし、納得してカード発行に進むことができます。

  アメックスビジネスゴールドカード ダイナースクラブ ビジネスカード JCBゴールド法人カード
年会費 基本会員 31,000円(税抜) 27,000円(税抜) 10,000円(税抜)
※初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
追加会員 12,000円(税抜) 無料 3,000円(税抜)
※1枚目のカードの年会費が無料の場合、追加カード無料
申込み基準 法人:20歳以上の代表取締役
個人事業主:20歳以上で収入のある方
年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主
※役員の場合は代表者の承諾書が必要
18歳以上の法人または個人事業主
利用可能枠 一律の制限なし
※利用状況、実績によって設定
一律の制限なし
※利用状況、実績によって設定
50万〜250万円
支払い方法 1回払い
※事前登録で「ボーナス・分割払い」「ペイフレックス」
1回払い・ボーナス一括払い・リボルビング払い 1回払い・分割払い
ショッピング保険 年間最高500万円 年間最高500万円 年間最高500万円
海外旅行傷害保険 最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯) 最高1億円(利用付帯) 最高5,000万円(自動付帯)
空港・ビジネスラウンジ
経営・事業サービス
ポイントサービス

まず、JCBゴールド法人カードについてですが、このビジネスカードの年会費は一番安く、発行対象者の年齢も一番低い18歳ですが、利用可能枠についてはたくさん設けることができません。

JCBゴールド法人カードの利用可能枠はビジネスカード平均の50万円〜250万円以内となるでしょう。

また、ダイナースクラブビジネスカードは追加会員カードを無料で発行できると言うメリットがありますが、発行対象者の年齢が27歳と高めで、個人事業主の方も申し込むことはできますが審査に通りにくい可能性があるので注意が必要です。

そして、アメックスビジネスゴールド関しては経営歴1年未満でも審査に通りやすく、20歳以上であれば発行可能で、自分自身が審査対象となる為、会社の状況にはあまり関係なく発行できるビジネスカードとなっています。

アメックスビジネスゴールドは、優待サービスや特典の質も良く、全体的にバランスが取れているカードとなっていて、ETCカードも5枚までなら無料で発行可能です。

どのカードも、旅行傷害保険やショッピング保険の補償額に差はありませんが、質のいいビジネスカードを発行したいと言う事であれば、アメックスビジネスゴールドが最適です。

アメックスビジネスグリーンを選択する手段もあり

もし、アメックスビジネスゴールに魅力を感じていても、年会費が高く発行を渋っていると言うのであれば、アメックスビジネスグリーンの発行をおすすめします。

アメックスビジネスゴールド アメックスビジネスグリーン
年会費 基本会員 31,000円(税抜) 12,000円(税抜)
追加会員 12,000円(税抜) 6,000円(税抜)
申込み基準 法人:20歳以上の代表取締役
個人事業主:20歳以上で収入のある方
海外旅行傷害保険 最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
最高5,000万円(利用付帯)

アメックスビジネグリーンはアメックスビジネスゴールドに比べて年会費が19,000円も安くなりますが、他社のビジネスカードを発行するよりもアメックスの為、ステータス性のあるビジネスカードとなります。

そして、アメックスビジネスグリーンでも「ご利用明細」などアメックスビジネスゴールドと同じような特典を利用することもできる為、アメックスビジネスゴールドの発行を渋っているのであれば、アメックスビジネスグリーンを発行すると良いでしょう。

また、アメックスグリーンとアメックスビジネスゴールドで特典が異なる点に関しては、

  • 旅行傷害保険が利用付帯となる
  • キャンセルプロテクションが海外に限り付帯しない
  • 国内航空機遅延費用、手荷物配達サービス(空港)、カード盗難・紛失の場合再発行の特典がない
  • ゴールド・ワインクラブ、京都観光ラウンジ、コットンクラブ、新国立劇場の優待サービスを利用できない

と言った点が挙げられるので、アメックスビジネスゴールドで利用できる特典が必要でないと感じるのであれば、アメックスビジネスグリーンでも十二分にビジネスカードとして活躍してくれるでしょう。

自分にとって無駄な特典の為に年会費を上げる必要はないので、アメックスビジネスグリーンとアメックスビジネスゴールドの比較は発行前にしておいてください。

経営者におすすめするステータスカード!

経営者・個人事業主の方で、発行するビジネスカードに悩んでいると言うのであれば、発行するビジネスカードは断然アメックスビジネスゴールドがおすすめです。

アメックスビジネスゴールドはクレジット業界では憧れの的であるアメックスが発行している為、とてもステータス性もあり、ビジネス面で役立つサービスや特典も数多く揃っています。

実務に役立つ特典の中にはビジネス情報調査代行サービスがありますが、この特典はアメックスならではと言えるでしょう。

また、自分自身にアメックスビジネスゴールドを発行するだけのしっかりとした実績があれば、会社の経営歴などに関係なくカードを発行することができるのです。

利用可能枠についても、アメックは審査によって利用可能枠が決まるので、多く設けることができます。

年会費は経費で落とすことが可能ですし、初年度年会費無料のキャンペーンも現在行っているので申込は急ぎましょう。(2018年9月28日現在)

アメックスビジネスゴールドは経営に関するサービスに優れたビジネスカードです。

アメックスビジネスゴールドを発行すれば確実に経営の役に立ってくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ