プリペイドカードとクレジットカードの違いとは? メリット・デメリットを知って上手に使いこなす方法

クレジットカードを利用している方はたくさんいても、プリペイドカードを利用している方はクレジットカードを利用している方よりも多いとは言えません。

クレジットカードは18歳以上から発行でき、おそらくキャッシュレスのサービスとしては一番多くの方が利用しいているサービスと言えるでしょう。

対して、プリペイドカードはクレジットカードに比べると持っている方は少なく、利用限度額も予め入金した少ない額だけとなるので、発行視野に入れていない方もいるのです。

そこで、クレジットカード・プリペイドカードの違いとメリット・デメリットについて詳しく知り、今後の生活に役立ててみませんか。

プリペイドカードの利用限度額は少ないので、最初から使い勝手が悪いと思い込んでいる方もいますが、プリペイドカードも進化を遂げていて今ではVISAの加盟店であれば利用できるなど、クレジットカードと変わらず使えるようになってきているのです。

また、クレジットカードの方はサービスにより一層の磨きをかけてきていて、ポイントの付与率に関しては、どこのカード会社も競い合うように様々なポイントが倍になるサービスを提供しています。

クレジットカード・プリペイドカードと、どちらの魅力も把握して、キャッシュレス化が進んでいる世の中を、より賢く過ごして行きましょう。

プリペイドカードについて

プリペイドカードは簡潔に説明すると先に入金を行って、入金された金額のみを利用することができるシステムとなっています。

利用方法は支払い端末(電車なら改札機)にカードや携帯をかざして支払うようになっていて、利用した金額はその場ですぐ無くなってしまうのが特長でしょう。

そして、入金していた金額が無くなれば、また入金を繰り返して使って行くカードです。

今ではプリペイドカードがより使いやすくなったデビットカードなどもあり、デビットカードに関しては口座と直結していますが、使える金額は自分で設定でき、利用した場合は口座からその場で利用分が引き落とされます。

プリペイドカードは多額を入金することはできませんが、プリペイドカードのようにその場で金額が引き落とされる機能で多額を利用したい方には、デビットカードもおすすめです。

クレジットカードについて

クレジットカードの支払い面での主な特長は後払い式であると言ったことでしょう。

この為、少し高額な買いものをしても来月の給料が入ることで返金できるような状況があれば、先にクレジットカードを利用して商品を購入することなどもできます。

他にもポイントシステムや優待が充実していたり、カードごとに特化しているサービスが異なってきて、自分の好んだカードを発行することが可能です。

また、年会費無料のカードや発生するカードもあり、プリペイドカードに比べると歴史も長いので種類は豊富となっています。

プリペイドカードのメリット・デメリット

プリペイドカードのメリットは、審査がなく発行しやすい点や、クレジットカードのように後払い式ではないので、使いすぎが心配な方にとっては安心のカードとなっていることです。

年会費も発生しないので長く愛用して行くことができますし、今ではカードブランドが国際ブランドのVISAやマスターカードとなっているので、街中ではもちろん、インターネットショッピングもすることができます。

また、デメリットに関しいては、デポジットがいくらか取られてしまうこともあり、チャージ回数や1回の利用額に限度があるので、この点は使いにくい点でしょう。

そして、払い戻しには手数料が発生するので、一度入金してしまった額は使ってしまわないと損です。

ポイントが付くものなどもありますが、クレジットカードと比べて2,000円→1ポイントなど付与率が充実していません。

しかし、毎月決めた金額しか利用したくないと言った方に関しては、現金を少し手元に残しておいて、その他はプリペイドカードに入金して支払うようにして行けば、お金の管理はしやすいので、無駄使い防止になるでしょう。

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのメリットはステータス性があると言った点で、プリペイドカードとは異なり審査がある為、持っていることが信用のおける方であることを示すことになります。

サービスも充実していて、ポイント付与率も悪くて1,000円→1ポイント、良くて100円→1ポイントと、どのカードもポイントがザクザク貯まるようになっているのです。

そして、貯まったポイントは支払い額に充当したり、人気景品と交換できるので、無駄なく得にポイントを利用できるでしょう。

また、ゴールド級のカードを発行すれば空港ラウンジが無料で利用でき、カード会社によってはコンセルジュが利用できるクレジットカードもあります。

デメリットについては後払いシステムの為、使いすぎる心配があり、年会費が発生するものも多いと言ったところでしょう。

ですが、高額な商品を購入する時は現金で一度で支払えないこともあるので、クレジットカードに頼った方が良いですし、クレジットカードを持っていないと契約できない(携帯など)ものもあるので、クレジットカードは利用していた方が良いと言えます。

プリペイドカードとクレジットカードで代表的なカードを比較

ではここで、プリペイドカードで人気のカードとクレジットカードで人気のあるカードを表にして比較して行きましょう。

様々なタイプのカードがあるので、気に入ったカードを発行して賢くカードを利用してください。

プリペイドカード 特長
Suica(審査なし) JRが発行している交通系プリペイドカード(電子マネー)でデポジットとして500円発生し、入金額は最大2万円までです。またビュー・スイカカード合わせて利用するとポイントをSuicaへとチャージできます。
PASMO(審査なし) 小田急が発行している交通系プリペイドカード(電子マネー)でデポジットとして500円発生し、入金額は最大2万円までです。また小田急カードを発行してPASMOへのオートチャージを行うと小田急で利用できるポイントが貯まります。
三井住友VISAプリペイド(審査なし) 満18歳以上から利用可能で年会費はありません。2,000円→1ポイントでポイント進呈が進呈され、貯まったポイントは入金に利用できます。(1ポイント→5円)入金限度額は5万円ですが、国際ブランドはVISAとなり、インターネットショッピングや街でも幅広くカードが使えるのが特長です。
クレジットカード 特長
楽天カード 年会費無料で100円→1ポイントのポイントの王者と呼ばれる楽天スーパーポイントがたくさん貯まります。もっと貯めたい方は、マクドナルドなどの街の加盟店や楽天市場などを使うとポイントが倍で貯められるので、ポイントを貯めたい方におすすめできるカードです。
アメックスグリーン ステータス性の高いクレジットカードで、年会費は12,000円(税別)ですが、空港ラウンジを無料で使えるなどのステータス性の高い特典が付帯されます。

プリペイドカードとクレジットカードの2枚持ちで、得をしながらスマートな決算を

プリペイドカードとクレジットカードで一番異なってくるのは支払いシステムですが、入金した額がその場で引落とされるプリペイドカードの方が使過ぎの心配はありません。

しかし、プリペイドカードは入金できる額が少なく高額な買い物はできないので、日々のちょっとした食事代や買い物代にしか使うことはできないでしょう。

その点クレジットカードは後払いシステムの為、使いすぎ不安はありますが、高額な買い物をすることができますし、カードを選べば空港ラウンジが無料で利用できたり、ポイント付与率の良いクレジットカードを発行すればポイントで得することができます。

現在キャッシュレス化がとても進んできていますし、Apple Payなどの普及でクレジットカードを携帯で利用できるようにもなっているので、スマホとプリペイドカードを持っていれば現金を持ち歩かなくてもショッピングに出かけることができるのです。

財布に現金を入れて持ち歩くとスリなどの危険もありますし、身の回りはなるべくスマートにしていた方が良いでしょう。

また、プリペイドカードに現金を入金することで、月々使う額はここまでと決めることができる為、貯金をすることにも繋がります。

高額な買い物はクレジットカードで済ませ、日常的なショッピングはプリペイドカード行うようにして、2枚のカードを合わせ持ち、より便利で賢いキャッシュレス決算をして行きませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ