セントラルリーグオフィシャルゴールドカードの特典で野球をもっと楽しもう! 球団主催イベントにも特別参加できる!

野球ファンは増えている!

春先に始まった今シーズンもリーグ優勝が決まり、クライマックスシリーズ・日本シリーズへ突入する時期になりました。

一時期は低迷が不安視された野球観戦ですが、ファンサービスの強化やBS・CS・ネット放送の充実などによって観客が右肩上がりで、家族連れや若い女性客が増えています。

最近ではスタジアムのグルメは「球場飯」と呼ばれ、ご飯ものから、おつまみのような軽食・デザートまで、美味しさだけではなく、インパクトの大きな商品の数々も人気の一つとなっています。

野球ファンであれば観戦だけではなく、球場応援しているチームとの交流を楽しみたいという方が多いですが、もし特別なクレジットカードを持っていれば、ただチケットが販売されるのを待つよりも、もっと特別な体験をすることができます。

セントラルリーグオフィシャルゴールドカードって、どんなカード?

【セントラルリーグオフィシャルゴールドカード】は、会員のカード利用によって得られる収益の一部が、野球の普及・発展に役立てられている「セントラル野球連盟加盟球団」提携のカードです。

「JCB タイガースカード」「JCB ドラゴンズカード」「JCB ジャイアンツカード」「JCB スワローズカード」「JCB カープカード」「JCB ベイスターズカード」が用意されており、自分の応援する球団のエンブレムが券面に記されたカードを持つことができます。

年会費は10,750円+税、家族会員は1人目無料、2人目から1人につき1,000円+税となっており、カードブランドは日本発の国際ブランドJCBとなっています。

本人会員は学生を除く20歳以上で安定して継続した収入のある方が、家族カードは生計を共にしている配偶者・親・学生を除く18歳以上の子どもの方が申し込むことができます。

海外旅行の傷害保険は、利用する公共交通機関の料金、またツアー料金をカードで支払うことで最高1億円、最高5,000万円が自動付帯しています。

国内の旅行傷害保険は、最高5,000万円を受けることができ、国内外の航空便遅延保険が、2万円〜4万円限度で付帯しています。

カードで購入した商品が損害を被った場合には、1事故につき自己負担金3,000円で。海外でのお買い物で海外でも国内でも、それぞれ最高500万円までの補償を受けることができます。

カードの利用1,000円→1ポイントの「OkiDokiポイント」がもらえるポイントプログラムがあり、有効期限は獲得月から3年間(36ヶ月)となっています。

ネットショッピングではポイントアップサイト「OkiDokiランド」を経由して行うことで、最大20倍のポイントを貯めることができます。

OkiDokiランドにはAmazonや楽天市場など、大手ネット通販サイトや、ビッグカメラ・ロフト・伊勢丹オンラインショップなど、利用する機会の多い人気オンラインショップが用意されているため、普段のネットショッピングを行うだけとなっています。

貯めたポイントは、商品やギフト券との交換、JAL・ANAマイルなどの提携航空会社のマイルとの交換、Tポイントや楽天スーパーポイント・WAONポイントなどの他社ポイントとの交換、Amazonやスターバックスのポイントと交換してお買い物、カードの利用金額への充当など、様々な使い方をすることができます。

JCB セントラルリーグオフィシャルゴールドカードは、QUICPayを追加カードとして申し込むことができ、nanaco、Suica、SMART ICOCA、Apple Payなどに対応しているため、コンビニや鉄道乗車時の支払いもスムーズに行うことができます。

ファンに嬉しい得点があるのは、セントラルリーグオフィシャルカード!

セントラルリーグオフィシャルゴールドカードには、カード会員のみが楽しむことのできる嬉しい特典が用意されています。

JCBセ・リーグカードファンフェスタ

7月上旬〜9月上旬の球団本拠地球場の公式戦で開催される「球場全体で選手を応援しよう!」という応援イベントに、応募することができます。

公式戦ペアチケット付きのイベントですが、公式戦の観戦だけでなく、普段の球場では味わえない「球場探検ツアー」「オリジナルグッズプレゼント」「選手との記念撮影」など、スペシャルな特典に抽選で参加することができます。

毎年5月16日〜翌年5月15日の期間中にJCBセントラルリーグオフィシャルカードを合計12万円(税込み)以上利用することで、抽選に申し込むことができ、ゴールドカード会員の当選確率は「2倍」のチャンスとなっています。

各球団選手直筆サイン色紙

毎年5月16日〜翌年5月15日の期間中にJCBセントラルリーグオフィシャルカードを合計12万円(税込み)以上利用することで、抽選でサイン色紙をもらうことができ、ゴールドカード会員の当選確率は「2倍」のチャンスとなっています。

【JCB ジャイアンツカード】は対象外となりますので、ご注意ください。

球団主催のイベント

ファン感謝デーなど、球団主催のイベントに、抽選で応募することができます。

チケットの先行発売

JCBセントラルリーグオフィシャルカード会員向けのチケットを用意されているため、一般発売に先駆けて公式戦チケットを入手することができます。

試合日程・席種・球団都合によって、取り扱い枚数や用意できない試合があるため、毎年2月中旬に送付される、先行チケット販売の案内を確認のうえ、チケット入手の予定を立てましょう。

電子マネー付帯のカードと比べてみよう

ビッグカメラSuica(電子マネー:Suica)

ビッグカメラSuicaカードは、初年度年会費無料、2年目以降は477円+税となりますが、前年度にカードを1度でも利用することで年会費を無料にすることができます。

カードブランドはVISA・JCBから選択することができ、電子マネー「Suica」・JREポイントカードの機能が付帯しています。

カードの利用によってビックカメラのビックポイントとJRE POINTが貯まり、ショッピング・お食事・公共料金の支払いにカードを利用すると、2種類のポイントが同時に貯まります。

普段のお買い物では、1,000円(税込み)→ビッグポイント5ポイント+JREポイント5ポイントが貯まり、定期券の購入やオートチャージの利用ではJRE POINTが3倍となり、1,000円(税込)→15ポイントが貯まり、ビッグカメラのお買い物でSuicaでの支払いを行うと、現金で購入するときと同率の10%のビッグポイントをもらうことができます。

貯めたポイントは、1ポイント→1円としてSuicaへチャージをする・JREポイント加盟店でのお買い物に利用することや、Suicaペンギングッズや鉄道グッズなどとの交換、ビッグポイントへの交換などに利用することができます。

国内旅行では、きっぷや旅行商品をカードで購入することで、改札に入ってから出るまで最高1,000万円の傷害保険、海外旅行の傷害保険は最高500万円が自動付帯しています。

また、クレジットカードの不正利用などの補償はもちろん、Suicaへのチャージ残高も補償してくれるため、定期券やSuicaを常用している方におすすめの一枚です。

リクルートカード(電子マネー:nanaco)

年会費永年無料の高還元カードとして人気の高い【リクルートカード】は、カードブランドはJCB・VISA・MasterCardから選択することができ、JCBでは電子マネーのnanaco・モバイルSuica、VISA・MasterCardは電子マネーのnanaco・Suicaモバイルにくわえ、樂天Edy・SMART ICOCAなどに対応しています。

旅行代金をカードで支払うことで、海外の旅行傷害保険は最高2,000万円、国内の旅行傷害保険は最高1,000万円が付帯し、カードで購入した商品が損害を被った場合のショッピング保険は1事故につき3,000円の自己負担金で、年間200万円が補償されます。

カードを利用することで貯まるリクルートポイントは毎月の利用金額に対して1.2%と高還元で設定されており、例えば10,000円を使った場合、120ポイントがもらるため、月に使った金額が30,000円→360ポイントが貯まります。

電子マネーへのチャージは30,000円までポイントが付与され、電子マネーのポイントと二重取りをすることができるため、nanacoなどを使っている方はお得にポイントを貯めることができます。

ポンパレモールでは4.2%、じゃらんでの宿泊予約を利用した場合は3.2%など、リクルートのネットサービスを利用すると、さらにポイントがアップします。

家族カード(年会費無料)を利用した場合、ポイントを合算することができるため、ポイントを効率よく貯めることができ、無駄なく利用することができます。

貯めたポイントは、Pontaポイントへの交換、じゃらんやホットペッパーなどで利用することができます。

Suicaを使うことが多い方は補償機能の付いた「ビッグカメラSuica」、nanacoへのチャージがお得になる高還元の「リクルートカード」など、普段の生活の中で利用することの多い電子マネー機能が付いたカードを選ぶことで、日々の生活をお得なものへと変えてしまうことができます。

もちろん、ファンに嬉しい会員特典が用意されている【JCB セントラルリーグオフィシャルゴールドカード】を選択するのも、クレジットカードを選択する上での一つの方法です。

大切なのは、自分にとって「何がお得なのか」を検討してカードを選ぶことで、日々のお得と野球ファンとしてのお得を比較して、どのカードが自分に合っているのかを検討し、いつもの生活の中で特典を手に入れていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ