楽天カードのデザインを変更する方法とは?注意点や楽天ポイントの引き継ぎなどをチェックしよう

楽天カードの便利さ

増税や2020年の東京オリンピック開催に向けて、街中でもキャッシュレスサービス化が進んでいることで、クレジットカードが注目を集めています。

新規に入会を考えている方におすすめなのが年会費無料で高還元のカードですが、その中でも楽天カードはネットショッピングでも街でのお買い物でもポイントを効率よく貯めて利用することができると人気の一枚です。

他にも「入会時にもらえるボーナスポイントが高額」「審査が早く、主婦などでも通りやすい」「カードのデザインが豊富」というメリットがある楽天カードの詳細を確認し、カードライフを満喫していまいましょう。

楽天カードの詳細

楽天カードは年会費無料で、カードブランドは国際ブランドのVISA・MasterCard・JCB・アメリカン・エキスプレスの4つから選択することができます。

入会資格は厳しくないと言われており、18歳以上であれば主婦やアルバイトの方でも申し込みをすることができ、追加カードとして、家族カードや年会費540円(税込み)のETCカードを申し込むこともできます。

利用可能額は審査によって決まりますが、最高で100万円と日常生活においては十分な額であり、ポイントを効率よく貯めたい主婦の方にも人気のカードとなっています。

カードの付帯機能として、楽天スーパーポイントカードと楽天Edyを付けることができ、コンビニなどのスマートの支払いでは楽天Edyを利用するということもできます。

好評のポイントプログラムは、通常100円→1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができ、普段のお買い物や公共料金の支払いなど、日常生活における支払いで、ポイントをざくざく貯めることができます。

楽天トラベルや楽天市場などの楽天サービスやマクドナルドやミスタードーナツなどの街の楽天ポイント加盟店でカードを利用することで、通常の2〜3倍のボーナスポイントを貯めることができます。

ETCカードでは通行料金100円→1ポイントを貯めることや、楽天Edyへのチャージで200円→1ポイントと楽天Edyの利用で200円→1ポイントとポイントを二重取りすることもでき、キャンペーンなどによって期間限定ポイントがプレゼントされることもあります。

貯めたポイントは1ポイント→1円相当として、楽天市場や楽天ブックス・楽天デリバリーなどの楽天サービスやくら寿司や大丸・松坂屋など街の楽天ポイント加盟店でのお買い物に使用することができ、ANAマイルや楽天Edyと交換をすることもできます。

自宅から出発空港までの交通費か旅行代金を事前にカードで支払うことで、海外旅行の傷害保険を最高2,000万円が付帯しており、利用代金を払ったカードの家族カード保持者や、人数分をまとめて支払った場合の楽天カードを所持している同伴者も保険の対象となります。

家族旅行や楽天カードを持っている仲間で旅行に行く場合、カードユーザーは補償対象となるため、海外旅行の計画がある方はカードに入会申し込みをしておくといいでしょう。

他にも手荷物宅配サービスの優待やハワイ・ホノルルのカード会員専用ラウンジを利用することができる、海外旅行先でカードの紛失や盗難があった際の緊急連絡サービスなど、海外旅行で便利に利用することのできるサービスを利用することができます。

クレジットカードで一番不安に思うことの多いセキュリティーも、ネットでの不正利用やなりすましを防止するための監視や利用されてしまったときの補償の他にも、楽天市場で購入した商品が届かない場合に請求を取り消してくれる「商品未着あんしん制度」などが用意されているので、安心して利用することができます。

カードのデザインが豊富・変更も可能

楽天カードはカードブランドだけでなく、券面のデザインを選択することもできるところが人気の一つでもあります。

VISAとアメリカン・エキスプレスは通常デザインのみとなっていますが、MasterCardでは通常デザインにくわえ、お買い物パンダデザイン・お買い物パンダ5周年デザイン・楽天イーグルスデザイン・FCバルセロナデザインを選ぶことができます。

JCBでは通常デザイン・お買い物パンダデザイン・楽天イーグルスデザイン・FCバルセロナデザインにくわえ、ディズニーデザインを選択することもできます。

FCバルセロナデザインはプレイヤーデザインとエンブレムデザインの2種類から選ぶことができ、ディズニーデザインではイラストは同じですがモノクロカラーとピンクカラーの2種類から選択することができます。

また9月28日〜10月22日までのエントリーをして、X JAPANのYOSHIKIデザインカードの新規入会を行うことでYOSHIKIデザインカードのリリース記念オリジナルステッカーをもらうことができます。

YOSHIKIデザインカードの新規入会申し込み期間はこれから発表となるため、興味がある方はエントリーを済ませ、楽天カードのサイトを小まめにチェックしましょう。

すでに楽天カードを持っている方がデザインの変更をしたい場合、どのようにしたらいいのかを確認しておきましょう。

注意点・状況によっては審査に落ちてしまうことも。その際は作り直しが必要。ポイントは引き継がれる

楽天カードを利用している方が新しいデザインのカードへ変更をしたい場合、

  1. 楽天カードに記載・登録している
    • カード番号
    • 氏名
    • 生年月日
    • 電話番号
    を用意します。
  2. 楽天カードコンタクトセンターに電話をし、退会手続きをします。カードの申し込み手続きは、解約手続きの3営業日後からとなっています。
  3. カード申し込みページで楽天カードを再度申し込む

という手順になっており、一度楽天カードを退会する必要があり、再入会に際して気を付けなければならない点を確認しておきましょう。

1、再審査が必要

一度退会してからの再入会でも、審査が必要となります。
旧カードの入会時と登録条件や信用情報に変更があった場合、限度額の増減など、以前とは違う利用条件となる場合があります。

2、ポイントを引き継ぐことはできる

一度退会をして新規カードに入会をした場合、新規入会特典のポイントは進呈条件から外れるためもらうことができませんが、使用していた楽天IDやパスワードで手続きを行うことで、ポイントを引き継ぐことができます。

3、楽天Edyの残高は使い切ってから退会しよう

ただしカードに付帯している楽天Edyの残高は新規カードに引き継ぐことができず、使い切る前にカードを破棄してしまった場合は補償されず、楽天Edy利用によるポイント加算もありません。

退会してしまったカードでも楽天Edy残高は使用することができるので、きちんと楽天Edyの残高を使い切っているかどうかを確認した上で、カードにはさみを入れるようにしましょう。

4、追加カードも新規入会が必要

旧カードで家族カードやETCカードなどの追加カードに入会していた場合、退会した時点で同時に解約となるため、必要であれば新規入会した後に同時に申し込みを行いましょう。

5、カードの番号が変わる

新規入会後のカードはクレジットカード番号や有効期限などが新しいものとなるため、公共料金や携帯電話・インターネットなどの継続決済の利用料をカード払いにしている場合、自分で別途解約か決済方法の変更の手続きを行う必要があります。

カードのデザインのために一度退会する必要があることは手間がかかることではありますが、普段の生活で目にすることが多ければ多いほど、そのデザインが好みのものであることで日常を楽しいものに変えてしまいましょう!

結婚や転職などで生活が変わり、楽天カードに連絡が必要となったり再審査が必要になったりする機会をきっかけに変えることもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ