JCB EITは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯! オプションの追加保険プランも手頃な価格で加入できる

カード付帯の海外傷害旅行保険には2種類ある

海外旅行で心配なのは急な病気やケガです。慣れない土地でのトラブルというだけでも不安なのに、外国で病院に行くこと自体もハードルとなります。それは医師とのコミュニケーションの問題だけでなく、治療費の問題もあります。たとえば、アメリカは医療費が非常に高い国で、旅行中にちょっとしたケガで入院しただけで数百万請求されたという話も耳にします。

そこで、海外旅行にかかせないのが海外旅行傷害保険です。通常、こうした保険にはサポートデスクのサービスがついており、万が一のときに電話すると、現地の病院を案内・手配してくれるので安心度がグッと増します。もちろん、治療費も保険によってサポートされ、その点でも安心です。

海外旅行傷害保険は、旅行代理店でのチケットやツアー商品の購入時などに加入できますが、クレジットカードに保険が付帯していれば、わざわざ旅行のたびに加入しなくてもいいので、それで間に合わせている方も多いはずです。

しかし、ここで押さえておきたいのが、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があるということです。

自動付帯とは、そのクレジットカードを持っているだけで自動的に保険が付帯されることを指し、旅行前の申し込みなしに、事後に保険金等の給付を受けられるというものです。

一方、利用付帯とは、そのクレジットカードで旅行代金を支払った旅行に対してのみ保険が付帯するというものですから、たとえば、他社クレジットカードや現金で旅行代金を支払った場合には保険が適用されません。

クレジットカードを持っていれば、旅行代金をカードで支払うことが多いでしょうから、自動付帯でも利用付帯でも大きく変わりはありませんが、持っているだけで保険が適用される自動付帯のカードのほうが何かと便利です。

たとえば、普段ポイントを貯めているカードで旅行代金を支払いたいけれど、そのカードには海外旅行傷害保険が付帯しない……というようなケースでも、それとは別に保険が自動付帯するカードを持っていれば保険が適用されるからです。

JCB EITには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯

年会費無料で作れるクレジットカードの中に海外旅行傷害保険が付帯するものはいくつかありますが、利用付帯ではなく自動付帯になるものはそう多くなく、そのうちの1つがJCB EIT(ジェーシービーエイト)です。

このカードの海外旅行傷害保険について、その詳細を次にまとめました。

JCB EITの海外旅行傷害保険

  • 補償は最高2,000万円
    JCB EITに付帯する海外旅行傷害保険では、死亡・後遺障害の場合に最高2,000万円の補償が受けられます。
  • 携行品の盗難や破損も補償
    海外での万が一の事故によるケガや病気だけでなく、携行品の盗難や破損による損害、誤って他人をケガさせるなどして賠償責任が生じた際の損害請求分、事故などにともなう救援者の費用などに対しても補償されます。
  • 自動付帯だから出発前の手続きは不要
    保険は自動付帯となるため、出発前の届け出や手続きは不要です。
  • 家族会員も同様の補償が受けられる
    家族会員(家族カードの持ち主)も本会員と同様の補償が受けられます。
  • 万が一のときは30日以内に連絡すればOK
    海外旅行中に入院したり、携行品の盗難・破損などの被害にあったりしたときは、30日以内に担当保険会社の自己受付デスクへフリーダイヤルで連絡することで手続きを進められます。
  • 24時間いつでも頼れる「日本語安心サービス」
    旅行中にケガや病気をしたとき、携行品の損害が生じたときなどの相談や、保険についてのさまざまな相談を、年中無休24時間・通話料無料で日本語を話せるスタッフが受け付けています。日本人医師やもよりの医療機関の紹介と予約、医療機関へのキャッシュレス治療の手配、医療機関との緊急時の通訳サポート、保険金請求に必要な書類の手配、付添者・通訳などの手配……などの相談に対処します。
傷害 死亡後遺障害 最高2,000万円
治療費用 1回の事故につき100万円限度
疾病 治療費用 1回の病気につき100万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 1旅行中20万円限度(保険期間中100万円限度)
救援者費用等 100万円限度
補償対象旅行期間 3ヵ月

そのほか、国内外で購入した品物について補償するショッピングガード保険も自動付帯となっているので、それについても紹介しておきましょう。

JCB EITのショッピングガード保険

  • 年間最高100万円のショッピングガード保険
    国内外で購入した品物について、購入日から90日間、年間最高100万円まで補償されます(1事故における自己負担額は海外1万円・国内3,000円)。
海外 100万円限度
国内 100万円限度
自己負担額(1回の事故につき) 海外1万円、国内3,000円

さらなる補償が必要なら「トッピング保険」も

多くの場合、JCB EITに自動付帯する保険だけでも必要十分な補償となりますが、中にはさらに手厚い補償を求める方もいるでしょう。そういう方のためにJCBでは会員限定の「JCBトッピング保険」を提供しています。

この保険は満20歳から満69歳まで加入可能で、旅行中のトラブルだけでなく、日常のさまざまなトラブルについて少額の掛け金で最高1億円まで補償される、目的別の保険プランをトッピング感覚で必要なものだけ追加できるというものです。

すでにJCB会員になっているなら、申し込みの翌日から補償を受けられるので、急な必要にも対応できます。

JCBトッピング保険の一覧

  • 携行品プラン
    国内外を問わず、携行する身の回り品について、偶然な事故による損害を再調達価額で補償します。さらに、交通事故によるケガによる死亡・後遺障害も補償されます。月払保険料は240円で、死亡・後遺障害(交通事故のみ)100万円、携行品損害30万円(自己負担額1事故につき3,000円)まで補償されます。
  • ケガプラン
    旅行中を含め日常生活におけるさまざまなケガについて365日24時間補償します。月払保険料は380円で、死亡・後遺障害100万円、入院保険金日額1,000円、手術保険金(入院中の手術1万円・外来の手術5,000円)、通院保険金日額500円まで補償されます。
  • 日常生活賠償プラン
    日常生活における損害賠償責任や訴訟費用を補償します。月払保険料は150円で、個人賠償責任補償1億円、交通事故による死亡・後遺障害も100万円まで補償されます。
  • 自転車プラン
    自転車事故をはじめとする交通事故、または交通乗用具に搭乗中の事故によるケガや、日常生活における損害賠償責任を家族全員に対して補償します。 月払保険料は280円〜で、個人賠償責任最高1億円、死亡・後遺障害最高100万円などが補償されます。

そのほか、月払保険料330円で法的トラブルにあったときの弁護士委任費用を通算200万円(自己負担割合10%)まで補償する「弁護士費用サポートプラン」、ゴルフ中のケガや日常生活における個人賠償責任などを、月払保険料370円で最高1,000万円まで補償する「ゴルフプラン」などが提供されています。

JCB EITに自動付帯する保険に加え、さらなる安心を求める方は、これらの「トッピング保険」も検討してみるといいでしょう。

ポイントは常時2倍、年間利用総額に応じてさらにポイントアップも

最後に、このカードのそのほかの特徴も紹介しておきます。

JCB EITの主な特徴

  • 家族カードも年会費無料
    本会員だけでなく家族会員の年会費も無料です。
  • ETCカードを年会費無料で追加可能
    ETCカードを年会費無料で追加できます。
  • 電子マネー「QUICPay」も搭載可能
    電子マネー「QUICPay」搭載型のカードを選択可能です。非搭載型を選んだ場合でも、別途、「QUICPay」カードのみを追加できます。
  • 万が一の不正使用にも対処
    「JCBでe安心」制度により、身に覚えのないネットショッピング等の請求があった場合でも、調査の結果、第三者による不正使用と認められた場合は請求が取り消されます。
  • リボ払い専用カード
    このカードはリボ払い専用クレジットカードとなります。リボ払い手数料を支払いたくない方は、入会後、リボ払いの「毎月の返済額」をカードの利用可能額(上限)と同じ金額に設定すると、実質的に一括払いと同じことになり、リボ払い手数料はかかりません。
  • ポイントが常時2倍になる
    クレジット利用で貯まるポイントが常時、通常の2倍になります。JCBのポイントサービス「Oki Dokiポイント」は通常1,000円(税込)の利用ごとに1P(最大5円相当)が貯まるので、使い道にもよりますが、還元率は最大0.5%となります。JCB EITの場合はこれが常時2倍となるため還元率は最大1%です。

さらに、年間の利用総額に応じてポイント率がアップする仕組み「スターメンバーズ」も適用され、50万円以上100万円未満の年間利用で通常の10%アップ、100万円以上で20%アップとなるので、普通に使っていれば還元率は1%以上となるでしょう。

年会費 無料
申し込み対象 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
ポイントサービス Oki Dokiポイント
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険、最高100万円のショッピングガード保険
付帯機能 QUICPay搭載型を選択可能、Apple Pay設定可能
追加可能カード(年会費無料) ETCカード、家族カード、QUICPayカード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯し、追加保険プランも手頃な価格で追加できるJCB EITは、ポイントが常時2倍、使い方によってはそれ以上になる高還元カードでもあります。海外旅行へこれから行く方、行く予定のある方は、この便利とおトクのつまったカードへの入会を検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ