JCB EITの審査が不安な方に通過するためのコツを紹介! ポイントを押さえてから申し込みをしよう

年会費無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

JCBのプロパーカード(カードブランド自体が発行するクレジットカード)の中でも、年会費無料で作れて海外旅行傷害保険も付帯するおトクなカードとして注目したいのが、JCB EIT(ジェーシービーエイト)です。

JCB EITの主な特徴

年会費は永年無料

年会費はずっと無料なのでメインカードとしてもサブカードとしても気軽に入会できます。家族カードも同様に年会費無料で作れます。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯し、海外での万一の事故によるケガや病気だけでなく、携行品の盗難や破損などの損害に対しても補償されます。また、家族会員も同様の補償が受けられます。

年間最高100万円のショッピングガード保険

国内外で購入した品物について、購入日から90日間、年間最高100万円まで補償されます(1事故における自己負担額は海外1万円・国内3,000円)。

万が一不正使用されても安心

「JCBでe安心」制度により、覚えのないネットショッピング等の請求があった場合でも、調査の結果、第三者による不正使用と認められた場合は請求が取り消されます。

電子マネー「QUICPay」も搭載可能

電子マネー「QUICPay」搭載型のカードを選択できます。非搭載型を選んだ場合でも、別途、「QUICPay」カードのみを追加できます。

ETCカードを年会費無料で追加可能

ETCカードを年会費無料で追加できます。

ポイントが常時2倍になる高還元カード

年会費無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険やショッピングガード保険が付帯するというのは、かなり大きなメリットといえます。さらに、おトクなのは、クレジット利用で貯まるポイントが常時、通常の2倍となるというこのカード独自の特典です。

JCBのポイントサービス「Oki Dokiポイント」は通常、1,000円(税込)の利用ごとに1Pが貯まり、有効期限は獲得月から2年間となります。1Pあたりおおよそ3〜5円分のポイントやギフトカードなどへ交換でき、たとえば、nanacoポイントやビックポイントには5円相当ポイントとして交換できます。つまり、還元率は最大で0.5%と考えればいいでしょう。

JCB EITの場合はこれが常時2倍となるので還元率は1%です。これは高還元カードの部類に入ります。

Oki Dokiポイントには年間の利用総額に応じてポイント率がアップする仕組み「スターメンバーズ」があり、上位カードでは年間300万円以上の利用で最大70%アップとなります(カードによってポイントアップ率は異なります)。しかし、70%アップしてもJCB EITのポイント率には及ばないわけですから、常時ポイント2倍というのがいかにおトクであるか、このことからもわかります。

なお、この「スターメンバーズ」の仕組みはJCB EITにも適用され、その場合、50万円以上100万円未満の年間利用で通常の10%アップ、100万円以上で20%アップとなります。ポイントが通常の2倍になるところへ、さらにポイントアップされるということです。

年会費 無料
申し込み対象 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
ポイントサービス Oki Dokiポイント
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険、最高100万円のショッピングガード保険
付帯機能 QUICPay搭載型を選択可能、Apple Pay設定可能
追加可能カード(年会費無料) ETCカード、家族カード、QUICPayカード

JCB EITの審査を通過するには?

さて、このJCB EITはリボ払い専用クレジットカードということもあり、審査におけるハードルはJCBの一般カードと同じくらいであり、そう高いものではないと考えられます。申し込み対象となるのは、「18歳以上で本人または配偶者に定期的な収入があること」「または、高校生を除く18歳以上で学生」とあることから、学生であっても審査を通過する可能性があります。

あくまでも一般論ですが、申し込み対象のハードルが低いカードでは審査そのもののハードルも低い傾向があるので、JCB EITの審査は比較的通過しやすいと考えていいでしょう。

しかし、それでも不安という方もいるはずです。そこで、審査を左右すると考えられるポイントを次にまとめておきましょう。

審査を左右するポイント

支払いの延滞の有無

過去にクレジットカードの支払いを延滞したことがあれば、当然ですが審査で不利になります。特にJCBの提供するクレジットカードやローン商品での延滞経験があると、審査の難易度はグンと高くなるはずです。逆に言えば、延滞がないことは審査へプラスに働きます。

他社での多額の借り入れの有無

他社で多額の借り入れがある場合、多重債務を警戒され、やはり審査を通過しにくくなります。

短期間に多くのカードへ申し込む

短期間に複数のカードを申し込む多重申込についても不審に思われ、やはり審査を通過しにくくなります。

申し込み時に正確でない情報を記入しない

ケアレスミスであったとしても記入間違いは不審に思われる原因となります。また、審査を通過しやすくしようとして、収入などを少し大きめの額で書きたくなるかもしれませんが、すべての項目を正直に書くことのほうが大切です。

そのほか、30代以上でクレジットヒストリー(クレジットカード利用履歴)が信用情報機関に登録されていない人も審査を通過しにくいといわれています。これは、そのような人がこれまでクレジットカードを作ったことがないのか、それとも、以前に自己破産してカードを持てなくなった人なのかの判断をクレジットカード会社がつけられないからです。

どういうことなのか。その説明の前にまず信用情報機関について説明しましょう。

現在日本には3つの信用情報機関があり、延滞情報と債務整理の情報については5年(一部10年)、多重申込の情報については6ヵ月間、登録されます。この3つの情報機関ではいわゆる「事故情報」について相互に共有しているので、たとえば、ある会社発行のクレジットカードで延滞した場合、別の会社発行のクレジットカードを作るときに、その情報が照会されて審査に不利に働くことになります。

ところが、この事故情報は5年後に消えてしまい、クレジットヒストリーはまっさらな状態となります。これまでクレジットカードを作ったことのない人もクレジットヒストリーはまっさらですから、クレジット会社側は、その人が「過去に自己破産して5年間クレジットカードを作れなかった人」なのか「クレジットカードを作ったことのない人」なのかの区別がつかないのです。

20代であればまだ、後者にあたる人と判断されることも多いのですが、30代を過ぎると前者にあたる可能性を考えて審査を通過させないケースが増えてくるといわれています。30代になるまでクレジットカードを作ったことがない人の中で、十分な収入があるにもかかわらず、審査に落ち続けているような方はそれに該当しているのかもしれません。

その場合、ネットなどから普通に申し込みをしても審査を通過するのは難しいので、店頭や空港などで勧誘しているカード会社の営業マンに直接交渉するしかありません。入会希望の旨とこれまでクレジットカードを作ったことがなく、それが原因で審査をパスできないようだということを説明すると、その営業マンの仲介で審査を通過しやすくなるといわれています。

なお、そのような営業マンは少しでも営業成績を上げたいので、クレジットヒストリーのあるなしにかかわらず、そこから申し込むことで審査を通過しやすくなるといわれています。

また、ネットからの申し込みでも、カード入会キャンペーンが行われているときには、カード会社がそのカードの会員を積極的に集めようとしているわけですから、そのタイミングで申し込むと審査を通過しやすいといわれています。

JCB EITに申し込む際にも、これらのことを頭に入れておくと、審査に通過する可能性がグンとアップするはずです。

リボ払い手数料を上手に回避する方法

さて、審査を通過してJCB EITを手にしたとして、気になってくるのがリボ払い手数料です。

このカードが、年会費無料なのに付帯保険やおトクなポイントサービスが充実しているのは、リボ払い専用クレジットカードであるというのがその理由だと思われるので、リボ払いしか選択できないというのは仕方のないことです。

しかし、実は工夫次第で実質的に一括払いと同じ支払い方にして、リボ払い手数料を回避する方法があります。

それは、リボ払いで設定する「毎月の返済額」をカードの利用可能額(上限)と同じにすることです。JCB EITの場合、入会後に毎月の返済額を自由に設定できるので、カードの利用可能額まで上げてしまえば実質的に一括払いとなり、リボ払い手数料はかかりません。

もちろん、まとまった金額のカード利用があった後にリボ払いにする必要があれば、毎月の返済額を変更して無理のない返済プランを立てることもできます。そのように臨機応変に工夫して、便利でおトクな仕組みの充実したJCB EITを有効活用してみてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ