海外旅行でApple Payでアメックス・JCB・マスターカードのコンタクトレス決算を使うメリット

Apple Payでの決算と言えば、スマートな決算方法として世の中に浸透しつつありますが、名前は知っていても内容につては実はまだ良く知らないと言う方もいることでしょう。

周りで利用している方がいて、「スムーズに携帯でできる決算なんてかっこいいな」と見ていても、今更聞くのも恥ずかしいものです。

できれば、周りに知られず情報を入手して使っていきたいでしょう。

そこで、今人気のコンタクトレス決算サービス→Apple Payについて細かく利用方法などを確認して行きましょう。

「コンタクトレス決算」などと聞くと、とても難しくて使いこなすことができないのではないかと考える方もいることでしょうが、Apple Payは誰でも簡単に使いこなすことができるので身構える必要はありません。

また、Apple Payはクレジットカードと結び付けて利用して行くサービスとなりますので、利用して行くにあたっておすすめのクレジットカードについても見て行きましょう。

対応しているクレジットカードであれば今持っているクレジットカードでApple Payを使って行くことができる可能性も大なのです。

Apple Payについて予め把握しておけば、安心してApple Payの利用に進むことができます。

コンタクト決算について

コンタクトレス決算とは、コンビニやファミレスなどにある専用のリーダーにカードや携帯などをかざして支払うシステムのことで、電子マネーなどもその一つです。

特長としては便利にスムーズに決算が行えると言った点で、現在のキャッシュレスサービスの中では最先端と言えるでしょう。

Appleではこのコンタクトレス決算に目を付け、Apple Payと言うキャッシュレスサービスを提供していて、多くのAppleユーザーの方が利用しています。

利用できるクレジットカードや機種には規定がありますが、Appleユーザーであるなら利用価値はとてもあると言えるでしょう。

今話題のApple Payでスマートにかっこよく、会計を済ませて行きませんか。

Apple Payの利用方法

Apple Payを利用するには規定があると述べましたが、規定と言っても厳しいものではなく、Apple製デバイズ7以降に対応していて、クレジットカードに関してもiD・QUICPayが使えるクレジットカードであればほとんど利用可能となっています。

また、自分のクレジットカードがApple Payに対応しているか調べるには、カードの基本情報のところに「Apple Pay対応」と書いてあることがほとんどなので、Apple Payに興味のある方は一度、自分のクレジットカードの基本情報をホームページなど調べてみると良いでしょう。

そして、Apple Payの利用方法は、まずはApple Payにクレジットカードを登録し、支払いの際はTouch IDに自分の指を乗せて、コンビニなどにおいてある支払い端末に携帯上部をかざすだけで支払いが完了します。

この際、注意しなくてはならないのが、お店が以下のマークに対応しているかどうかです。

登録したクレジットカードによって対応しているマークは違いますが、「iDならiD」・「QUICPayならQUICPay」で、どちらかの名称を支払う際にきちんと伝えてください。

※Apple PayのマークはiD・QUICPayに対応していると言う意味です。

そして、Apple Payを利用するならおすすめのクレジットカード3枚→アメックスグリーン・JCB CARD W・dカードがあるので、このカードの特長についても詳しく見て行きましょう。

アメックスグリーン

アメックスはハイステータスを誇る1枚で、持っているだけで一目置かれるクレジットカードですが、初めてのアメックスならアメックスの入門カード→アメックスグリーンがおすすめです。

アメックスグリーンの特典には、国内28空港・海外2空港の空港ラウンジが同伴の方1名まで無料にて利用できる特典やハイステータスな高級カードではあまり類を見ない高還元率の100円→1ポイントのメンバーシップ・リワードのポイントを貯められることでしょう。

年会費は12,000円(税別)と高めですが、海外旅行傷害保険も利用付帯で5,000万円まで補償される優れたクレジットカードです。

そして、アメックスグリーンでApple Payを利用する場合は、QUICPayで支払うことを伝えてください。

ステータス性を重視したカードを発行したいのならアメックスグリーンが最適です。

JCB CARD W

JCB CARD Wは年会費無料でJCB人気ポイント→Oki Dokiポイントを、通常の1,000円→1ポイントではなく、1,000円→2ポイントの2倍で貯められることが魅力のクレジットカードとなっています。

さらに、JCBオリジナルシリーズパートナーに加盟している店舗で支払いをすると、ポイントを倍にして貯めることができ、その率が高いと好評なのです。(加盟店では1,000円→1ポイントが基準)

例えば、スターバックスならスターバックスカードへのオンライン入金で10倍、セブンイレブンで利用した場合は3倍とポイントをザクザク貯められます。

また、JCBはディズニーランドのオフィシャルサポーターでもあるので、ディズニーランドのチケットとOki Dokiポイントを交換できるのも人気の理由の一つでしょう。

Oki Dokiポイントでは、ディズニーランドのような景品交換以外にもマイル移行や支払い額充当など使い勝手の良いポイントの使い道を用意しています。

そして、JCB CARD Wに申し込む際に注意しなくてはならないのが、このカードはWEB限定申込の39歳以下を対象としたカードなのでこの2点には注意してください。

Apple PayはQUICPay対応となります。

dカード

dカードはたくさんある街の加盟店などで1ポイント→1円で使えるdポイントを100円→1ポイントで貯められ、時には倍にして貯めることができるクレジットカードとして人気のあるカードです。

たくさん倍にして貯めるには特約店を利用するのが最適で、JAL・タワーレコード・スターバックスなどで利用すると2倍以上でポイントを貯められます。

また、ポイントを利用できる店にはマクドナルドや人気のファッションブランド→Studio CLIPなどがあり、他にも数多くの店が加盟しているのでチェックしておきましょう。

年会費は初年度無料、その後は年に1回のショッピング利用で無料となります。(通常1,250円税別)

※Apple PayはiD対応です。

人気クレジットカードを発行して利便性の高いコンタクトレス決算をApple Payで利用しよう

Apple Payの仕組みとApple Payで利用できる人気のクレジットカード3枚について見て行きましたが、Apple Payはこの3枚のカードでなくても今持っているクレジットカードで利用できる可能性があるので、気に入って使っているカードがあればカードの詳細を見てみるのも良いでしょう。

しかし、アメックスグリーン・JCB CARD W・dカードはそれぞれとても人気のあるカードです。

Apple Payの利用を機に、カードを発行するのも新しいカードへとデビューできるチャンスと言えます。

アメックスグリーンならステータス性と特典の質の良さ、JCB CARD Wとdカードはポイントが高還元率と、カードの特長もそれぞれ異なるので、自分が求めている機能が揃っているカードを発行してみましょう。

また、Apple Payで支払うにはiDまたはQUICPayに対応しているカードなくてはいけないので、利用の際は自分のカードはどちらに対応しているのか? の確認は必ずしてください。

※アメックスグリーン・JCB CARD W→QUICPay、dカード→iD

そして、便利な決算方法と言えばVisa pay Waveを思い浮かべる方もいることでしょうが、Apple Payには対応していません。

Apple Payは持っている携帯で決算を行うことができる画期的なシステムです。

自分の携帯がApple製デバイズで7以降であるのであれば、Apple Payにクレジットカードを登録して利便性の高いコンタクトレス決算を体感してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ