Amazon MasterCardゴールドでお得になるのはどんな人? 損益分岐点を見極めて自分に合ったカードを選ぼう

Amazonユーザーだと言う方は数多くいますが、中でも頻繁に利用している方ならより便利にAmazonを利用しようと日々模索していることでしょう。

インターネットショッピングは、今では当たり前の商品入手方法となり、利用していないと言う方のほうが珍しいと言われてしまいます。

そして、インターネットショッピングをするならポイントを得に獲得することも重要な点となってきていて、より多くのポイントを獲得して商品をゲットするのが、利用者のステータスとも言えます。

そこで、ネットショッピングサイトの最大手でもあるAmazonで、Amazonポイントたくさん稼ぐことができるAmazon MasterCardクラシック・ゴールドに焦点を絞り、その還元率をチェックしていきましょう。

AmazonポイントはAmazonで1ポイント→1円にて利用できる為、Amazonのヘビーユーザーであるなら発行価値はとても高いカードと言えるでしょう。

一方、「Amazonの利用は頻繁にするがヘビーと言うほどではない」と言う方には、JCB CARD Rがおすすめで、このカードならAmazonでは3倍のOkiDokiポイントが貯まり、Amazon以外でも役立つ場面の多いクレジットカードとなっています。

自分がどれほどのAmazonユーザーなのかを見極めて、Amazonで得できるクレジットカードを発行してください。

Amazon MasterCardゴールドの特長

Amazonを頻繁に利用している方なのであれば、Amazonポイントをたくさん獲得することができるAmazon MasterCardゴールドには、目を通したことはあるでしょう。

Amazon MasterCardゴールドではAmazonポイントをAmazonの利用で2.5%の還元率で獲得でき(10,000円利用すれば250円獲得)、年会費(10,800円税込)に関しては、安くするための条件をすべてクリアしても420円は発生してしまいます。

また、年会費を無料にする条件については、マイペイすリボ・WEB明細・プライム会員への登録をしなくてはいけないので、条件は比較的多いです。

Amazon MasterCardゴールドのメリットと言えば、Amazonにて2.5%の還元率で貯まるAmazonポイントと全国28空港のラウンジが無料で利用できると言った点と言え、Amazon以外の利用でも1.0%の付与率でAmazonポイントを獲得できるようにはなっていますが、主な魅力がAmazonポイントのみと言えるので、よほどAmazonのヘビーユーザーでないとおすすめできるクレジットカードとは言えません。

Amazon MasterCardゴールドはどんな人に合うの?

Amazon MasterCardゴールドは、「頻繁にAmazonを利用する」と言うだけの方にはおすすめのできないクレジットカードで、このカードを利用するのに相応しいのは、相当なAmazonヘビーユーザーの方なのです。

では、このヘビーユーザーとはどんな方なのか? と言うと、生活の基盤をAmazonに置いている方と言えます。

服・食料品・家電・その他、必要なものすべてAmazonで購入しているような方です。

例えば食料品では、ビール・米・野菜などのすべてをAmazonで購入し、「ホームページを開かない日はない」などと言う方となります。

また、プライム会員でないと10,800円(税込)の年会費を安くすることができないので、注意が必要です。

もし、「自分も頻繁にAmazonを利用するが、食料品などに至るまでは買っていない」と言うのであれば、Amazon MasterCardゴールドで貯まるポイントはAmazonでしか使うことができないので、他のポイントも貯めることができるクレジットカードの方が合っていると言えるでしょう。

ですが、Amazonで利用した時に貯まる2.5%のAmazonポイントは魅力的です。

そこで、ヘビーユーザーでないがプライム会員であるという方なのであれば、同じくらいのポイント還元率で年会費無料にて発行できるAmazon MasterCardクラシックもあります。

プライム会員ならAmazon MasterCardクラシックでも2%の還元率

プライム会員であるのであればAmazon MasterCardゴールドでなくても、Amazon MasterCardクラシックで、Amazonでの利用ポイントが2.0%の還元率となります。

しかし、Amazon MasterCardゴールドの2.5%の還元率よりも得にAmazon MasterCardクラシックを利用したいのであれば、年間84,000円以上利用しないと得にはなりません。

Amazon以外の利用では、1.0%のポイント還元率とゴールドと異なりませんが、年会費に関しては初年度無料、その後は年に1回のカード利用で無料となるので、実質無料で使って行けるカードでもあるのです。(通常1,350円税込)

Amazon MasterCardクラシックはゴールドよりポイントの付与率は0.5%下がってしまいますが、ヘビーユーザー3歩手前の利用頻度であるのであれば、Amazon MasterCardクラシックでも十分、Amazonポイントは獲得できます。

JCB CARD RでもAmazonの利用でポイント3倍

では、Amazonでの利用頻度考えてみて、「ヘビーユーザーではないが頻繁に使う」と言った方へのおすすめのクレジットカードですが、そのカードはAmazonの利用にて3倍でポイントを貯めることができる年会費無料のJCB CARD Rです。

JCBにはJCBオリジナルシリーズパートナーと言う加盟店があり、ここに加盟している店舗でカードを使うと、1,000円→1ポイントで付与されるJCBのOkiDokiポイントを倍にて貯めることができます。

AmazonはこのJCBオリジナルシリーズパートナーに加盟しているので、3倍で貯めることができ、Amazon以外にもスターバックス10倍・セブンイレブン3倍などがあるので必見です。

そして、注意点としてはJCB CARD Rはリボ払い専用のクレジットカードであり、入会方法もWEB入会限定であることが挙げられますが、リボ払いで貯まった返済を一括で返すことができる繰上返済の利用も可能なので、一括が良い方も安心でしょう。

通常のポイント付与率は1,000円→4倍とポイントはザクザク貯まりますし、AmazonにてOki Dokiポイントを1ポイント→3.5円分の価値で利用することもできるので、Amazonを頻繁に使う方にはおすすめなのです。

また、OkiDokiポイントはディズニーランドのチケットとも交換することができ、支払い額充当・マイル移行などにも使うことができます。

Amazonのヘビーユーザーでないのであれば、Amazonではもちろん他のところでも利用できるOkiDokiポイントを貯めて行った方が得でしょう。

AmazonのヘビーユーザーではないのならAmazon以外でもポイントを獲得できるクレジットカードの方が得

Amazonのヘビーユーザー向けのAmazon MasterCardクラシック・ゴールドとAmazonを頻繁に利用する程度の方に合っているJCB CARD Rを見て行きましたが、発行価値はAmazonの利用頻度によって変わってきます。

例えば、Amazon MasterCardクラシック・ゴールドはAmazonのヘビーユーザーが得できるクレジットカードなので、生活の基盤がAmazonにある方には最適のクレジットカードでしょう。

Amazonでの獲得ポイントはクラシックなら2.0%となり、ゴールドの場合は2.5%とかなりの高還元率のポイントなので、毎日Amazonを覗いているのであれば、常に高還元率のAmazonポイントを稼げることになります。

そして、頻繁にAmazonを利用する程度なのであれば、Amazonポイントに固執せず、様々なところで活躍してくれるOkiDokiポイント(1,000円→1)を稼いだ方が賢く、JCB CARD RならAmazonでの利用で3倍のポイントを獲得でき、その他、加盟店の利用でもポイントを倍にして獲得できます。

また、OkiDokiポイントはAmazonにて1ポイント→3.5円で利用もできるポイントでもあるので、便利でしょう。

AmazonヘビーユーザーなのであればAmazon MasterCardクラシック・ゴールドが最適ですが、ヘビーユーザーでないのであれば賢くポイントを稼ぐことができる、得なJCB CARD Rが合っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ