マイルが貯めやすいSolaseed Airカードは長崎旅行へ行く時におすすめのクレジットカード

ソラシドエアはSolaseed AirカードとSolaseedo Airゴールドカードの2枚ある

ソラシドエアとは宮崎県に本部を構えた、九州への渡航に強い航空会社です。中でも長崎への旅行を多く利用する方に人気のあるソラシドエアはSolaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードを発行しています。機内販売にて割引で買い物できたり、航空券を割引購入できるといった特典もあり、貯めたマイルで特典航空券をゲットもできます。

どちらのカードにもそれぞれの魅力があるので、自分に合ったカードを吟味して発行するようにしましょう。

Solaseed Airカード

Solaseed Airカードは高校生以外の18歳以上が発行可能なカードとなっており、年会費は1,250円+税別で発行初年度は年会無料です。そして、家族カードの年会費が400円+税別の発行初年度年会費無料となっています。ETCカードの発行手数料と年会費が無料という長所があります。

Solaseed Airカードには機内販売割引や提携空港店割引サービスがあります。加えて、ソラシードカード割にて、搭乗日10日前までにフライトを予約すると航空券を割引価格で購入できます。ソラシドカード割で購入した航空券は60日前まではキャンセル手数料無料なので、ソラシドエアの航空券購入がかなり楽になります。

そして、Solaseed Airカードは旅行費用をカード払いするとカード利用によって海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険1,000万円が自動付帯されるというメリットがあります。長崎旅行を想定すると国内旅行傷害保険が自動付帯というのは大きな武器です。そして、お買い物安心保険にて、国内で分割払いやリボ払いによって購入した商品は購入日から90日間以内なら年間最高100万円保証します。

Solaseed Airカードは入会時にボーナスマイル1,000マイル、継続時にボーナスマイル500マイル入る特典もあります。

Solaseed Airゴールドカード

Solaseed Airゴールドカードは満30歳以上の安定した収入のある方が発行できるカードです。年会費10,000円+税別で、家族会員カードは1枚目が無料ですが、2枚目以降は1,000円+税別かかるようになり、どちらも発行初年度は年会費無料です。

機内販売割引などの基本的な特典はSolaseed Airカードと共通ですが、Solaseed Airゴールドカードは国内外旅行傷害保険どちらも自動付帯されるようになります。

海外旅行傷害保険も自動付帯されるので、行動の選択肢が大きく広がるでしょう。

旅行傷害保険が国内外いずれも最高5,000万円で、長崎旅行の安心感を少しでも高めたい方はSolaseed Airゴールドカードを発行しましょう。お買い物安心保険も年間最高300万円と高額になっています。

また、Solaseed Airゴールドカードの会員は1月〜12月までのフライト搭乗回数が20回以上ですと、翌年の1年間に渡って「ソラシド ファーストメンバーズ」会員になることができます。

この「ソラシド ファーストメンバーズ」になると、毎年4月にボーナスマイル2,000マイルをゲットでき、優先搭乗も可能になります。フライト搭乗は長い列に並ぶのが、荷物を運ぶのもあってストレスなものです。しかし、「ソラシド ファーストメンバーズ」になれば、待つ時間を大幅短縮できます。

キャンペーンやボーナスでもマイルをゲット

「マイ・ペイすリボ」を登録して、入会4ヶ月以内にカード利用額が10万円を超えるとワールドプレゼントポイント500ポイントをゲットできますし、入会4ヶ月以内に公共料金のカード払いが10,000円を超えれば、ワールドプレゼントポイント400ポイントを獲得できます。つまりは、入会4ヶ月以内で合計900マイルをゲットできるということです。

また、ボーナスマイルはSolaseed Airカードは入会ボーナス1,000マイルに継続ボーナス500マイルです。入会時・継続時どちらもSolaseed AirゴールドカードがSolaseed Airカードの二倍となり、入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス1,000マイルとなります。

ショッピングでのマイルの貯まり方

Solaseed AirカードもSolaseed Airゴールドカードもポイントプログラムはワールドプレゼントポイントになります。Solaseed Ariカードのポイント還元率は1,000円につき、1ポイント貯まる還元率0.1%で、ポイントUPモールを経由したネットショッピングによって還元率は倍増します。貯めたポイントは1ポイント→10マイルにてソラシドエアのマイルに以降可能ですので、マイル還元率は1%と言えるでしょう。

マイル還元率1%というのはかなり高還元率に分類されます。特にSolaseed Airカードは年会費が1,250円+税別と低い年会費なため、大変な高コストパフォーマンスのカードです。

貯まったマイルはソラシドエアの特典航空券と交換できるのでどんどん貯めましょう。

長崎旅行を想定した場合、どちらのカードがおトク?

長崎旅行をする点において、Solaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードはいずれも提携店舗にて優遇サービスを受けることができます。他の九州の県でも同じようにサービスを受けられますので、九州旅行が楽しくなります。

Solaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードのどちらがおトクなのかに関してですが、基本的にはマイル還元率が同一です。ショッピングでマイルを貯めるのが目的ならばSolaseed Airカードを発行しましょう。

Solaseed Airゴールドカードの場合は「ソラシドエア ファーストメンバーズ」がボーナスマイルも含めて魅力的ですが、長崎旅行のクオリティを上げるという点では、1年に20回以上もフライト搭乗するという条件が厳しいものとなります。海外や国内へのフライトを長崎以外にも旅行・仕事で行くことが多い方はSolaseed Airゴールドカードでもおトクになります。

また、ボーナスマイルという観点からでは、Solaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードはどちらも遜色ない魅力を持ちます。Solaseed Airカードは入会ボーナスが1,000マイル、継続ボーナスが500マイルとなり、Solaseed Airゴールドカードは入会ボーナスが2,000マイルで継続ボーナスが1,000マイルです。

Solaseed Airゴールドカードは継続ボーナスだけでも500マイルおトクということになり、年会費10,000円+税別という負担を簡単に圧倒できるリターンを備えています。

フライト搭乗が多くてソラシドエアを少しでも多く貯めたい方はSolaseed Airゴールドカードを発行し、そうでないならばSolaseed Airカードを発行しましょう。

マイルを短期で多く貯めたいならSolaseed Airカードゴールドがおトク

九州への渡航に強いソラシドエアは、Solaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードを発行しており、どちらも国際ブランドはVISAとなります。ソラシードカード割によって、搭乗日10日前までにフライトを予約すれば航空券を割引価格で購入できますし、フライト60日前まではキャンセル手数料無料です。そして、機内販売が10%割引となり、提携空港店舗も割引で購入できるという特典も付与されます。

ショッピングによるマイルの貯まり方は2枚とも共通で、ワールドプレゼントポイント1ポイント→10マイルに移行できます。そのため、実質マイル還元率は1%と言えるでしょう。

長崎旅行に焦点を当てた場合、どちらも国内旅行傷害保険が自動付帯されるので、カード払い受付店舗を探す必要もありませんので安心です。長崎の提携店舗にて優待サービスを受けられるというメリットもあります。

Solaseed AirカードとSolaseed Airゴールドカードのどちらを長崎旅行に使うかに関しては、Solaseed Airゴールドカードはボーナスマイルが入会時2,000マイル、継続時1,000マイルという点を意識しましょう。

旅行に向けて事前にカードを発行して、マイルを貯めたいならば、Solaseed Airゴールドカードはボーナスマイル含めて短期的に多くのマイルを貯められるカードなのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ