消費税10%に備える! キャッシュレス化が本格化する前にチェックしておきたい高還元率クレジットカード

来年の秋から遂に消費税が8%から10%へと変更となることが決まりました。

この決定事項には、困惑している方も大勢いることでしょうが、国が定めた決定事項にあらがう訳にも行きません。

何とかして、今後も得に過ごして行かなくてはならいと、今から消費税対策を考えている方もたくさんいることでしょう。

そこで、今回の消費税の増税はキャッシュレス化を進める為の増税ということでもあるので、ここを逆手に取り賢くキャッシュレスサービス利用をして行けば、消費税を得にすることもできるかもしれません。

なぜ「かも」なのかと言うと、現段階ではキャッシュレス化を進める為の対策である10%の増税に伴った国から付与される2%のクレジットカードへのポイントが可決されてないからです。

しかし、万が一可決された時の対策として、今からポイント付与率が良く、使い勝手の良いカードを選んでおけば、来年の秋にポイントをたくさん稼ぐことに繋がりますし、還元率の良いクレジットカードなのであれば、仮に可決しなくても損はないでしょう。

得するカギは高還元率のクレジットカードなのです。

では、高還元率のクレジットカードにはどんなカードがあるのか? カードスペックも含め詳しく見て行きましょう。

2019年10月1日(予定)からは消費税10%!

消費税は2019年10月1日から10%へとなります。

日取りに関してはまだ予定とのことですが、決定と考えても間違いないでしょう。

今までは100円の品物を買った際は108円と8円の税金が取られていましたが、110円と2円も高くなります。

消費税は当たりまえのことですが、商品の設定額に上乗せされる形でとなるので、商品そのものの金額が高くなったように消費税が10%になるころには感じられることでしょう。

一昔前は5円、その後は8円と来年には10円になり、税金はどんどん上がる一方です。

しかし、国では、消費税10%への引き上げの際にクレジットカードへと2%分のポイント還元すること検討もしています。

まだ決定事項ではありませんが、2%のポイント還元が可決されたら国民にとっても朗報です。

※2018年10月22日現在

消費税がポイントとして2%返ってくる? キャッシュレス化が本格化

消費税は今後10%となりますが、今、国では消費税10%への引上げに伴い、2%分のポイント還元も検討されていて、このポイントはクレジットカードのポイントとして付与される予定です。

なぜ、消費税の値上げにポイント付与が? と考える方もいることでしょうが、今回の消費税値上げはキャッシュレスサービスの促進も計っていて、ポイント付与はキャッシュレスサービスの代表的なクレジットカードを、より多くの方に使ってもう為に取り計らったことと言えます。

クレジットカードは現在でも多くの方が利用していますが、「にこにこ現金払い」の方も中にはいるので、そう言った方への促しとも捉えられるでしょう。

現在では、クレジットカードを取込んで携帯で決算を済ますApple Payなども浸透してきていて、世の中はよりスマートに決算をすることに磨きをかけてきています。

もし、増税に伴った2%のポイント還元が可決されたら、その時に備えて還元率の良いクレジットカードを発行していることに越したことはありません。

今の内から、高還元率のクレジットカードをチェックしておく価値はあるでしょう。

おすすめのクレジットカードはJCB CARD R・楽天カード・dカードゴールド

増税に伴う2%のポイントを獲得できるかもしれないのであれば、カードは元から高還元率のカードを使って行った方が賢い選択と言えます。

高還元率のクレジットカーであれば、今から発行しても日々の生活で役立つポイントをたくさん獲得できるので得ですし、仮に可決されなくても損はありません。

では、人気の高還元率カード→JCB CARD R・楽天カード・dカードゴールドについて見て行きましょう。

<JCB CARD R>

JCB CARD Rは年会費がずっと無料の通常1,000円→1ポイントの付与率のOki Dokiポイントを常に4倍で貯めることができるリボ専用カードです。

そして、JCBオリジナルシリーズパートナーに加盟している店を利用すればポイントは倍で貯められ、例えば、スターバックスのオンラインカードにチャージを行えばポイントは10倍で付与されます。(加盟店ポイント基本付与率1,000円→1ポイント)

入会はWEB限定となりますが、Oki Dokiポイントは支払い額充当・JALマイル移行・ディズニーランドチケット交換など魅力が満載のポイントシステムなので、価値のあるポイントを利用して行きたいのであればJCB CARD Rはおすすめでしょう。

<楽天カード>

楽天カードは100円→1ポイントで楽天スーパーポイントを貯めることができる年会費永年無料のクレジットカードです。

インターネットショッピングをするなら楽天市場でのショッピングでいつでも3倍(最大15倍)でポイントを獲得でき、楽天トラベルでは2倍となっています。

街の加盟店でもポイントを倍で獲得することもでき、加盟店にはマクドナルドなどの人気店も加盟していて、1ポイント→1円で利用することも可能です。

楽天にはこの他にもデリバリーなど様々なサービスがあり、楽天カードを使えばポイントが倍で貯まるサービスがほとんどなので、楽天カードの発行者に向いているのは、楽天サービスを普段から利用している方と言えます。

<dカードゴールド>

dカードゴールドはキャリア会社をドコモにしている方におすすめのクレジットカードで、年会費は10,000円(税別)です。

このカードなら、ドコモまたはドコモ光の利用で1,000円→100ポイントにてポイントが貯まり、ショッピングの利用では100円→1ポイントで貯まります。

また、このカードは街の加盟店でポイントをたくさん貯めることができるクレジットカードとしても人気が高く、特約店を利用すればポイントは2倍以上で貯まるので得です。(マツモトキヨシ・伊勢丹・三越など)

また、ゴールド級のサービスとしては海外旅行傷害保険が最大1億円までの補償、全国28空港の空港ラウンジも無料にて利用できるので発行後はどんどん利用して行きましょう。

消費税10%に向けて今からキャッシュレス化に備える準備をしておこう

消費税10%はもう可決されたことなので逆らうことはできませんが、それに伴ったクレジットカードへの2%のポイント付与が可決すれば、増税を機にクレジットカードのポイントを得に貯めることができます。

2%のポイントが付与されるようになった時、還元率の良いクレジットカードを利用していれば、その分得になる訳ですし、今からカードを選んでおくことに越したことはないでしょう。

しかし、クレジットカードのポイントシステムにはそれぞれ個性があります。

JCB CARD Rは常に1,000円→4ポイントと通常よりも4倍のポイント付与率となるカードですが、100円→1ポイントで貯まるクレジットカードと比べると付与率は良くはありません。

ですが、その分貯まった1ポイントの価値は高く、支払い額に充当できるなど質のいい商品とも交換することができるのです。

一方、楽天カードやdゴールドカードは100円→1ポイントと付与率は良いですが、ポイント付与率を上げる方法は、楽天カードなら楽天のサービスを利用することとなり、dカードゴールドを使っているのであれば、特約店の利用にてポイントが倍になるなど、となっていて、それ以外の利用ではポイント付与率は基本のままとなります。

ですが、頻繁に楽天サービスを利用する方やdカードゴールドの特約店に良く通う店があると言う方には、2枚ともポイントがザクザク貯まる最適のカードでしょう。

今回の消費税10%の値上げはキャッシュレスサービスの促進でもあります。

これを機にポイント還元率の良いカードを発行しておけば、実際に2%のポイント付与が可決した際も、得にポイントを稼いで行けるのは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ