ライフカードは使い方次第で高還元率カードになる!ポイント優待を使ってポイントをたくさん貯めよう

ライフカードはどんなカード? 基本情報をチェック!


  • 申込資格・・・高校生を除く日本国内在住の18歳以上の方で、電話連絡可能な方(18歳以上の学生の方は学生専用ライフカードに申し込み可能)
  • 年会費・・・無料、家族カード:無料
  • 国際ブランド・・・Visa・Mastercard・JCB
  • 付帯保険・・・なし
  • 追加可能カード・・・家族カード
  • ポイント・・・サンクスプレゼントポイント 1,000円→1P→5円相当(初年度1.5倍)

基本のライフカードは、青(Visa・Mastercard・JCB)・黒(Visa・Mastercard)・赤(Mastercard)と国際ブランドが異なり、黒と赤のカードはWEB申込限定のカラーとなっています。また、ポイント還元率は、1ポイントあたり5円相当なので通常で0.5%、入会後1年間は1.5倍と0.75%還元にアップします。ライフカードのポイント還元率をもっとアップさせる方法を紹介します。

使い方次第で最大3倍にポイントアップ! ライフカードを高還元でお得なカードにする方法

ライフカードのポイントは、通常0.5%還元のポイントプログラムです。入会後1年間は1.5倍の0.75%で通常ポイントが付与されますが、誕生月には3倍の1.5%還元にグンとアップします。ライフカードでのショッピングを誕生月に集中させることで、通常より1%多くサンクスポイントプレゼントを貯めることができます。

例えば、50,000円分のショッピングをした場合、通常なら50,000円×0.005=250ポイントを獲得できます。誕生月にショッピングをした場合は、50,000円×0.015=750ポイントも獲得できることになります。通常ポイントと誕生月のポイント獲得数を比較すると、50,000円のショッピングの場合は500ポイントもの差になります。数字を出してみると意外と大きな差があることがわかります。

ライフカードのサンクスポイントの実力

500ポイントがどのくらいの価値があるかというと、他社ポイントに移行する場合で楽天スーパーポイントを例にすると、1サンクスポイント→5楽天スーパーポイントの交換レートなので、500ポイント×5=2,500楽天スーパーポイントになります。楽天スーパーポイントは1P→1円で使えるので、2,500円分の価値があるといえます。

また、サンクスポイントはANAマイルにも交換でき、1サンクスポイント→2.5マイルの交換レートとなっています。500ポイントを交換した場合、500ポイント×2.5=1,250マイルです。マイルをたくさん貯めたい方にも活用できることがわかります。サンクスポイントのポイント交換レートを考えると、誕生月のカード利用は、高還元かつかなりお得なポイントプログラムとしておすすめできます。

さらに、還元率1.0%のクレジットカードはよくありますが、還元率1.5%以上のカードは上位クラスのカードがほとんどです。一般カードで誕生月だけとはいえ1.5%還元でポイントがもらえるのは、ライフカードならではの魅力と言えるでしょう。

もっとポイントアップできる使い方とキャンペーン活用術

サンクスポイントのステージ制プログラムを利用する

サンクスポイントのステージ制プログラムは、各会員に個別に設定されているプログラム期間を基準としてステージ判定され、カード入会後に設定される1年間のポイントプログラムです。自分のステージやプログラム期間はLIFE-Web Deskか、利用代金明細書で確認できます。

プログラムステージは、全部で4つのステージがあります。

  • レギュラーステージ・・・基本ポイント1倍、年間利用金額50万円未満
  • スペシャルステージ・・・基本ポイント1.5倍、年間利用金額50万円以上100万円未満
  • ロイヤルステージ・・・基本ポイント1.8倍、年間利用金額100万円以上200万円未満
  • プレミアムステージ・・・基本ポイント2倍、年間利用金額200万円以上

ステージ制プログラムを効率的に活用するには、普段の口座振替になっている支払いや、公共料金やスマホ料金などの固定費をライフカードで支払うことがおすすめです。月々5,000円程度の支払いでも年間を通してみれば60,000円程度になるので、その分のポイントがもらえることはもちろん、年間50万円以上のカード利用額の達成にも貢献するでしょう。

スマホ料金やインターネット料金がそれぞれ10,000円を超えるようなら、合計20,000円としても年間24万円程度のカード利用額にできます。このように月々の支払い額が少額でも、固定費を可能な限りライフカード払いにすることで、翌年のポイント付与率をアップさせることができます。ちなみに、スペシャルステージになった場合、基本ポイントが1.5倍なので1,000円につき1.5ポイント、還元率0.75%で付与されるようになります。

ライフカードのステージ制プログラムでは、スペシャルステージに到達したときにスペシャルボーナスとして300ポイントがもらえます。年間50万円以上のカード利用金額でスペシャルステージに昇格ポイント倍率アップ+300ポイントプレゼントなのでダブルの特典です。300ポイントといえば、楽天スーパーポイントで考えると1,500円分、マイルなら750マイルに相当するため、軽く考えずにしっかりもらいたいボーナスだといえます。

ポイントを効率的に貯められるL-Mallを活用しよう!

L-Mall(https://lmall.jp/)は、ライフカードが運営するLIFE-Web Desk会員限定のショッピングモールで、L-Mallを経由してショッピングをすると、通常の獲得ポイント+L-Mallボーナスポイントがもらえます。L-Mallのボーナスポイントは、2〜25倍の間で設定されておりL-Mall内のショップごとに倍率が異なります。高い倍率のショップを利用したい場合、ポイントアップ中のショップ限定で利用することがおすすめです。

ポイントアップ中のショップには、ショップごとにポイントアップ期間が設けられています。そのためポイントアップ期間中を狙って、ピンポイントでショッピングすることがうまく活用するコツです。さまざまなジャンル・用途からショップを選べるので、ネットショッピングはL-Mallに限定しても問題ないでしょう。

高還元率のライフカードで貯めたポイントはバラエティ豊かな特典と交換しよう!

ライフカードは、入会特典を始め使い方次第で高還元のクレジットカードになります。ステージアップ制のプログラム以外でも、L-Mallの利用でお得にポイントを獲得でき、年間50万円以上の利用金額達成が難しい方でもポイントを貯めやすいカードです。

貯めたポイントは、ポイント別にさまざまな商品と交換できるほか、ポイント移行やキャッシュバック、最新家電などにも交換できます。もしも交換したいコースがない、交換商品のポイントまで少しポイントが足りないという場合でも、ポイント繰り越しコースを利用すれば繰り越して、次年度もしっかり貯められます。

ポイント移行コースでは、最低交換ポイント数が300ポイントからと低めの設定のため、ANAマイルへの交換も比較的スムーズにできるでしょう。ライフカードは年会費無料なので、なるべく高還元なカードとして利用すれば最高のクレジットカードになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ