JRE CARDは駅ビルで使うと還元率3.5%!アトレやエスパル利用者なら作って損はなし

JRE CARDの基本情報と通常還元率について

JRE CARDはJR東日本が発行するクレジットカードで、駅ビルや定期券の利用でJRE POINTがお得に貯まるカードです。2018年7月より新バージョンが発行され、ライフスタイルや利用する機能により3種類から選べるようになりました。

  1. Suica・定期券なし
  2. Suica・定期券付き
  3. Suica付き

から選ぶことができ、JR東日本を利用する方には、圧倒的なポイント還元率でJRE POINTを貯められることが魅力です。

JRE CARDの基本情報

  • 年会費・・・477円(初年度年会費無料)
  • 国際ブランド・・・VISA、JCB、Mastercard
  • 入会条件・・・日本国内在住で、電話連絡が取れる満18歳以上の方。高校生不可。
  • 旅行傷害保険・・・国内最高1,000万円、海外最高500万円
  • 紛失・盗難補償・・・JRE CARDの紛失、定期券・Suica残高を補償。不正使用の場合、紛失・盗難の申し出の日の前日から60日さかのぼって補償。
  • 追加可能カード・・・ETC
  • 付帯機能・・・Suica定期券・オートチャージ可能・モバイルSuicaの年会費当面無料。
  • ポイント・・・JRE POINT

JRE CARDの通常ポイント還元率

通常のショッピング利用分、公共料金の支払い分には、1,000円(税込み)につき、JRE POINT5ポイントがもらえます。1ポイント→1円として使うことができるので、通常還元率は0.5%です。一見するとポイントが貯まりにくい印象を受けますが、これはあくまでも通常利用した場合の還元率です。ふるさと納税やNHK受信料の支払いでもポイントがもらえるので、もれなく利用しておきましょう。

JRE CARDの還元率を3.5%にアップするには駅ビル・JRE MALLを活用!

JRE CARDのポイント還元率は、JRE CARD優待店でショッピング利用することで大幅にアップします。一般的なクレジットカードの場合、還元率がアップしても2%前後のカードが多いですが、JRE CARDは3.5%にグンと上がります。JRE CARD優待店でクレジット払いにすると100円(税抜き)→3ポイント、さらにカード利用月の翌月中旬に、1,000円(税込み)→5ポイント、合計で3.5%還元でポイントがもらえます。

例えば、JRE CARD優待店で1,000円(税抜き)の買い物をしたとしましょう。クレジット払いにするとその場で1,000円×0.03=30ポイント、利用月の翌月中旬に、1,000円×0.005=5ポイント、合計で35ポイント獲得できます。通常還元率と比べると30ポイントもの差があり、これが10,000円、30,000円と利用金額が大きくなるほど、大量のポイント獲得へとつながっていきます。

JRE CARDの還元率が3.5%にアップするのは、優待店のほかにJRE MALL(https://www.jreastmall.com/shop/default.aspx)があります。JRE MALLでのショッピングはJRE CARD払いがおすすめで、優待店同様のポイントがもらえます。また、JRE MALLに会員登録してJRE POINTの連携を行うと、JRE POINTの管理も簡単にできるようになります。

Suicaや定期券購入で1.5%還元! JRE POINT加盟店も利用しよう

Suicaにチャージ・定期券購入でお得にポイントゲットしよう!

JRE CARDは、JR東日本が発行するカードだけに、定期券の購入や、Suicaへのチャージでもポイントがもらえます。残高が一定額以下になると自動でチャージしてくれる、オートチャージ利用分にもポイントがもらえます。JRE CARDのクレジット払いで定期券購入やチャージをすると、通常1,000円(税込み)→5ポイントのところ、3倍の15ポイントがもらえます。

JRE CARDで定期券やSuicaへのチャージをすれば、1.5%還元で普段の通勤・通学、電車での旅行などでもポイントが貯められます。Suicaへのオートチャージを設定している場合なら、定期券の有効期限が過ぎていても電車に乗ることができて便利です。しかし、電車利用が多いときはどんどん自動でチャージされてしまうので、気が付いたときには高額な利用額になる場合があり注意が必要です。

Suicaへのチャージや定期券購入分のJRE POINTは、通勤・通学に使用するなら毎月ある程度決まったポイント数を獲得できます。毎月10,000円のチャージがあるとすれば、10,000円×0.015=150ポイント貯まる計算です。このJRE POINTは、JRE加盟店で1ポイント→1円で使えるほか、Suicaにチャージして使うこともでき、毎日Suicaを使うならクレジットチャージ分プラスアルファとして利用できます。

貯めたJRE POINTの使い方

JRE POINTは、JRE加盟店で支払いに使えるほか、JRE POINT WEBサイト(https://www.jrepoint.jp/point/spend/suica-charge/)でSuicaを登録すれば、Suicaにチャージできるようになります。通常ポイントのみチャージ可能ですが、半端なポイントも無駄なく使えるようになります。そのほか、ポイントをSuicaグリーン券にも交換できるので、じっくり貯めておくこともおすすめです。

毎日の通勤や通学時に利用する、アトレ・アトレヴィ、エクセルなどの駅ビルもポイント払いができる場所です。ちょっと小銭が足りないときなどにも利用でき、自分の都合に合わせた使い方ができて便利です。さらにショッピングモールサイトのJRE MALLでの支払いにも、1ポイント→1円で利用でき、ネットショッピングのときも欠かせない存在になるでしょう。

JRE POINT WEBサイトでは、JRE POINTを商品と交換することや、ポイント移行サービスも利用できます。商品交換は所定のポイント数までJRE POINTを貯めれば交換でき、いつでも申込むことができます。ポイント移行サービスは、同じ住所に住む同姓の会員同士で、どちらもビューカードを持っている場合に利用できるサービスです。そのため、主に夫婦や親子間でのポイント移行になります。

マイルや他社ポイントへの移行はできませんが、1ポイント以上、1ポイント単位で申し込むことができることがメリットです。例えば、家族でJRE CARDを利用中なら、JRE POINTを夫婦間で移行して、まとまったポイントを商品交換や、Suicaのチャージに使うことができます。もちろん、各駅ビルやJRE MALLでの支払いに使うこともでき、家計にプラスするなど自由な使い方ができるようになります。

JRE CARDは、JRE POINT WEBサイトやSuicaの登録を事前に済ませておくと、JRE POINTをスムーズに使えるようになります。また、家族でJRE CARDを持つ場合は、ポイント移行について相談しておくと話が早いでしょう。

JRE CARDは駅ビルやSuica利用で利用するならお得!

JRE CARDは通常利用した場合と、駅ビルやSuicaを駆使した場合ではJRE POINTの還元率が大幅に異なるため、なるべく高い還元率で使うことがおすすめです。JRE CARD優待店やJRE POINT加盟店でのクレジット払いはもちろんのこと、JRでの定期券購入やSuicaへのチャージも、JRE CARD払いにまとめる方が断然お得にポイントを獲得できます。JRE POINTをSuicaにチャージすれば、無駄なくポイント消費できるでしょう。

JRE CARDをモバイルSuicaに登録すると、オートチャージが利用できることも注目すべき点です。スマホ1つあればカードレス&キャッシュレスで、スムーズに改札を通れるようになります。JRE CARDの利用はJRを利用する方に多くのメリットがあり、毎日の生活の中で高い利便性が期待できます。

JRE CARDは現在新規入会キャンペーン中!

JRE CARDは現在新規入会特典で最大16,000円相当のポイントがプレゼント!



期間は2019年2月1日〜4月30日までとなっており、カード到着後にエントリーが必要なので注意しましょう。

カードは最短1週間で到着するので、これから定期機能がついているSuicaを作ろうとしていた方はこのキャンペーン中に入会をすると非常にお得です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ