地球の歩き方カードを持つならJCBとVISAではどちらが得? サービスや特典を徹底比較

「地球の歩き方」は、長年トラベラーに愛され続ける人気あるガイドブックで、読んだことがあると言う方もいることでしょう。

創刊したのは、1979年となり、今も人気が衰えることはない海外旅行の前には目を通したいガイドブックです。

しかし、海外旅行に行く前には、ガイドブックなどで事前にプランを練っておくことも必要ですが、クレジットカードも必要不可欠でしょう。

そこで、海外に持って行くカードについて悩んでいるのであれば、地球の歩き方カードがおすすめです。

地球の歩き方カードは、長年、海外旅行のガイドブックを手掛けてきた「地球の歩き方」が発行しているカードなので、海外での利用には打ってつけですし、海外旅行傷害保険や海外向けの特典が充実しています。

カード国際ブランドにはVISA・JCBがあり、この2つのカード会社では海外向けの特典がそれぞれ異なるので、カード発行前は特長を、よく検討しておくと失敗しません。

では、地球の歩き方カードの魅力はどこなのか? カードの特長について見て行きます。

地球の歩き方カードについて

地球の歩き方カードは、海外旅行をする方向けに発行されたカードです。

その為、特典には海外旅行保険や海外ホテル・レンタカーの割引など海外に特化した特典が満載となっています。

もちろん、日本国内で利用したとしても、ショッピング利用や公共料金の支払いで、ポイントを獲得できるカードです。

そして、地球の歩き方カードの国際カードブランドでは、VISA・JCBの2社の人気が高く、2社のカードにはそれぞれの主な特長があります。

例えば、VISAなら旅行傷害保険が充実していて、JCBでは、ポイントシステムや割引特典が工夫されているのです。

どちらのカードが自分に合っているのかはそれぞれ異なるので、2枚のカードの特長をカード別に比較して行きましょう。

地球の歩き方JCBカードの特長

地球の歩き方JCBカードは、年会費初年度無料、次年度から1,250円(税別)と年会費が安いのに対して、ポイントシステムや割引特典が充実していることが特長となります。

ポイントシステムは、JCBのOki Dokiポイントを取り扱っていて、1,000円→1ポイントで貯められるポイントポイントシステムとなっている為、貯めやすいでしょう。

しかし、地球の歩き方JCBカードは、海外で利用すると1,000円→5ポイントと、5倍の付与率で付与されるのです。

海外での5倍の付与率はこのカードの大きなメリットと言え、ポイントを貯めたい方にとっても地球の歩き方JCBカードは最適と言えます。

貯まったポイントは支払い額充当や、人気景品である国内ディズニーランドのチケットとの交換もできる優れたポイントとなっているので、貯まったポイントはどんどん利用してください。

割引特典に関しては、地球の歩き方JCBカードなら、「たびらば」と言う海外旅行情報サイトが利用でき、ここから海外パケージツアーを予約すると旅行先ごとに異なりますが、旅行割引特典・優待サービスを受けられ、カード割引としては、ヨーロッパ鉄道チケット500円引きなども利用できるのです。

海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで自動付帯で付帯していますし、レンタカー利用時には、dollar.で20%OFF・エイビス10%OFFの割引も受けられます。

そして、地球の歩き方JCBカードでは、JCB会員限定のラウンジ→JCBプラザの利用もでき、このラウンジは世界主要都市にあり、ゆっくりくつろげる他にも現地在住のJCBプラザ専任スタッフが、日本語で対応してくれる為、現地で困った時も安心です。

海外キャッシングもできますし、地球の歩き方JCBカードを持っていれば、海外旅行をより充実させることができます。

地球の歩き方三井住友VISAカードの特長

地球の歩き方三井住友VISAカードは、旅行保険に特化したクレジットカードです。

年会費は初年度無料ですが、充実した保険が付帯している分、次年度から1,500円(税別)と地球の歩き方JCBカードよりも少し高めとなり、国内・海外旅行傷害保険は双方それぞれ2,500万円ずつ利用付帯で付帯しています。

ショッピング補償は、「お買い物安心保険」が、年間100万円まで付帯しているので、海外での買い物でも安心でしょう。

この他の海外で役立つサービスとしては、世界の主要都市55拠点「VJデスク」にて、日本語が話せるスタッフが海外旅行をバックアップしてくれるので、緊急事態が発生した時や外国語での予約に困った際には、頼るのをおすすめします。

また、割引特典を利用したいなら、海外ホテル5%OFF・海外航空券アルキカタ・ドットコム航空券500円引き・ヨーロッパ鉄道チケット500円引きなどもありますが、「たびらば」ほどの割引特典はありません。

ポイントについては、ワールドプレゼントのポイントが1,000円→1ポイントで貯まりますが、支払い額に充当することはできず、基本的には景品交換やマイル移行のポイント利用となります。

そして、年会費に関しては、支払い方法を変更せずに「マイ・ペイすリボ」に設定していれば、永年年会費無料となりますが、リボ払いが苦手な方にはおすすめできません。

地球の歩き方三井住友VISAカードは、割引特典などもありますが、保険を重視してカードを選びたいと言った方に合っているカードです。

地球の歩き方JCBカードと地球の歩き方三井住友VISAカードの比較表

比較表 地球の歩き方JCBカード 地球の歩き方三井住友VISAカード
年会費 年会費は初年度無料、次年度から1,250円(税別) 年会費は初年度無料、その後は1,500円(税別)
ただし、支払い方法を「マイ・ペイすリボ」にした場合は永年無料
ポイントシステム Oki Dokiポイントが1,000円→1ポイントで貯まる。
・海外では5倍の付与
・支払い額充当可能
ワールドプレゼントのポイントが1,000円→1ポイントで貯まる。
・支払い額充当不可
旅行保険 海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで自動付帯 国内・海外旅行傷害保険が双方最高2,500万円まで付帯しているが利用付帯
ショッピング補償 年間100万円補償 年間100万円補償
海外旅行での割引特典 「たびらば」で様々な割引特典・優待が受けられる カードに元から付帯している、海外ホテル5%OFF・海外航空券アルキカタ・ドットコム航空券500円引き・ヨーロッパ鉄道チケット500円引きなどが利用可能

比較結果から読み取れるカードの差! おすすめは海外利用でポイントが5倍で貯まるなど海外特典の多い地球の歩き方JCBカード

2枚のカード比較結果から読み取れるのは、地球の歩き方JCBカードの方が、海外旅行情報サイト「たびらば」で、世界中のツアーの割引や優待が受けられ、海外旅行には合っていると言うことでしょう。

地球の歩き方三井住友VISAカードでは、カードに付帯している海外ホテル5%OFF・海外航空券アルキカタ・ドットコム航空券500円引き・ヨーロッパ鉄道チケット500円引きなどの特典しか受けられません。

この他にも、地球の歩き方JCBカードなら、海外カード利用でポイントを5倍で獲得でき、Oki Dokiポイントは支払い額に充当できるので、マイル移行などだけにできるワールドプレゼントとは異なり、海外旅行費のトータル合計額をポイントで浮かせることもできるのです。

また、海外旅行傷害保険に関しては、自動付帯で2,000万円となっている為、利用付帯の国内・海外旅行傷害保険双方最高2,500万円の利用付帯よりも得でしょう。

ショッピング補償は、どちらのカードも年間100万円の補償と異なりませんし、年会費に関しては、地球の歩き方JCBカードの方が1,250円(税別)なので得です。(地球の歩き方三井住友VISAカード1,500円税別)

ですが、地球の歩き方三井住友VISAカードは、「マイ・ペイすリボ」にすれば年会費は永年無料となるので、リボ払いが苦手じゃなく、より充実した保険を利用したい方には地球の歩き方三井住友VISAカードの方が良いでしょう。

カードは長く利用して行くコツは自分が使いやすいカードを発行することです。

地球の歩き方カードを発行する前は、カードスペックを比較して、自分のニーズに応えてくれる方を発行した方が、カードは活躍してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ