DC Jizileとの2枚持ちでANAマイルがどんどん貯まるクレジットカードとは? 年会費を実質無料にする方法も紹介

マイルは、多くの方が貯めているポイントプログラムのひとつです。

もしANAマイルを貯めているなら、今よりさらにたくさんのマイルを貯める方法を知っていますか?

その方法とは、DC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOを合わせて利用し、ポイントの移行方法によってANAマイルがどんどん貯まるようになる方法です。

しかし、いくらANAマイルたくさん貯まる方法とは言っても、DC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOがどんなカードかを知らないのであれば、発行する気にはなりません。

そこで、DC Jizile・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOの機能とANAマイルへの移行方法について予め知っておきましょう。

カードの機能やポイント移行の方法を最初から分かっていれば、実際にカードを利用してANAマイルに移行する際も手続きはスムーズに行えることでしょうし、カードの機能は、得に使って行く為にも予め熟知しておいた方が賢いと言えます。

そして、マイルは貯めれば貯めるほど得な旅行へと繋がってきますし、たくさん貯められる方法があるのなら、利用した方が結果的にも得です。

DC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOの合わせ持ちでANAマイルをたくさん貯めれば、より旅行を満喫できます。

DC Jizileはリボ専用カード

DC Jizileはリボ専用カードなので、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOと合わせ持つなら、リボ購入に向いている高額な買い物時に利用して行くのが良いでしょう。

DC Jizileの特長はDCハッピープレゼントのポイントがいつでも3倍で、年会費が無料なところです。(カード国際ブランド→マスターカード)

ポイント付与率は基本1,000円→1ポイントとなっている為、DC Jizileでは3倍の1,000円→3ポイントの付与となり、貯まったポイントはキャッシュバックや商品との交換に利用できます。

しかし、ANAマイルを貯めたいのであれば、このポイントはANA TOKYU POINT ClubQ PASMOのTOKYU POINTAN移行可能でき、そこからANAマイルに交換できるので、他のことにポイントは使わず取っておきましょう。

DC Jizileは、海外旅行傷害保険も最高1,000万円まで利用付帯で付いている、便利なリボ払い専用カードとなっています。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOってどんなカード?

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOはたくさんの特典が付帯したクレジットカードで、全部で3通りのポイントを貯めることができる、年会費2,000円(税別)の得なカードです。(初年度年会費無料)

※カードは国際ブランドのマスターカードとなっています。

ポイントシステムは、ANAマイル・TOKYU POINT(200円→1ポイント)・ワールドプレゼント(1,000円→1ポイント)の3つで、ANAグループの便に乗った際は、フライトでのANAマイルが貯まります。

ワールドプレゼントは、発行元である三井住友カードのポイントシステムですが、TOKYU POINTとワールドプレゼントはどちらもANAマイルに移行可能となっているのです。

これは、普段の買い物でもANAマイルが貯められると言ったことになり、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOを所有していれば、ANAマイルはどんどん貯まることでしょう。

ポイントシステムの他にも、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOでは、PASMOが利用でき、自動付帯の国内海外旅行傷害保険が1,000万円ずつ付帯され、ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURでの旅行予約が5%OFFなどの特典も利用できるカードなのです。

ショッピング補償も年間最高100万円まで補償されていますし、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOは安い年会費で充実のサービスを得られるカードなのです。

DC JizileのポイントをANAマイルにするには

では、DC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOのカードスペックを確認してきましたが、DC JizileのポイントをANAマイルにするにはどうしたら良いのでしょうか?

その方法は、まず、DC JizileのポイントであるDCハッピープレゼントのポイントを、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOで貯まるTOKYU POINTに移行しましょう。

100DCハッピープレゼント→500TOKYU POINT

移行が済んだら、今度はTOKYU POINTをANAマイルに移行することで、DC JizileのポイントをANAマイルに移行する手続きは完了です。

1,000TOKYU POINT→750ANAマイル

そして、ワールドプレゼントのANAマイル移行方法は、5マイルコースなら無料で1ワールドプレゼント→5ANAマイルにでき、10マイルコース(1ワールドプレゼント→10ANAマイル)を利用する場合は年会費6,000円(税別)発生します。

また、ワールドプレゼントの移行所要時間は、応募方式なら1週間となり、自動方式は登録までに1〜2ヶ月かかるので注意して下さい。

このように、ANAマイルへの移行は簡単にできるので、DC JizileをANA TOKYU POINT ClubQ PASMOと併用すれば、ANAマイルはどんどん貯まって行くことでしょう。

貯まったANAマイルの利用方法

貯まったANAマイルは、ANA国内線特典航空券・ANA国際特典航空券・提携航空会社特典航空券・ANA国際線アップグレードなどに利用することができます。

しかし、ANAマイルにはこの他にも利用方法があり、バニラエア特典航空券やANA国際線超過手荷物料金の支払いに使えるなど、上記以外の利用方法もあるのです。

豪華景品との交換やANAグローバルホテルの宿泊費などにも使え、数えきれないくらいのサービスがANAマイルでは利用できるので、一度、ANAマイレージクラブサイト内にある「マイルを使う」の項目をチェックしてみると良いでしょう。

ANAマイルは役立つ場面が多いマイルシステムです。

ANAマイルを得に貯めたなら、マイルを使って旅行へと出発しよう

旅行には飛行機を使うことが頻繁にありますが、利用料金も高い為、マイルを使って得に搭乗しようと考える方は大勢います。

もし、ANAマイルを貯めたいのであれば、おすすめの方法はDC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOを合わせ持つことで、この2枚のカードを併用するとANAマイルはたくさん稼げるでしょう。

その理由はDC Jizileで貯まるDC ハッピープレゼントのポイントが、TOKYU POINTに移行できるからで、TOKYU POINTはANAマイルに移行できるのです。

100DCハッピープレゼント→500TOKYU POINT

1,000TOKYU POINT→750ANAマイル

DC JizileのDCハッピープレゼントは1,000円→3ポイントと通常の3倍で付与され、DC Jizileはリボ専用カードですが、高額な買い物時など、リボ払いが必要となってくる場面はあるので、リボ払いを利用したい時にDC Jizileを利用してポイントを貯めて行けば、ANAマイルを貯めることに繋がるのです。

そして、ANAマイルは使い道も多いマイルなので、国内・国際線特典航空券や得なバニラエア特典航空券とも交換して、旅行へと出発しましょう。

DC JizileとANA TOKYU POINT ClubQ PASMOを合わせ持てば、他の人よりも上手にANAマイルが貯まり、得できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ