Apple PayでもPontaカード(アプリ版)が登録できる! 支払いとポイント獲得を同時にできてレジがスムーズに!

共通ポイントカードとして人気のあるPontaカード(アプリ版)ですが、遂にこのPontaカード(アプリ版)もApple Payで使えるようになりました。

Pontaカード(アプリ版)はローソンのサービスで、カードを利用している方もたくさんいることでしょう。

いつもPontaポイントをPontaカード(アプリ版)で貯めていたのなら、Apple Payへの登録でクレジットカードなどと一まとめにでき、より支払いもすっきりするはずです。

そこで、便利なポイント獲得方法をいち早く利用できるように、Pontaカード(アプリ版)のApple Payへの登録手順についてチェックして行きましょう。

Pontaカード(アプリ版)のApple Payへの登録を済ませてしまえば、PontaポイントはすぐにでもApple Payで貯められるようになります。

そして、Pontaカード(アプリ版)では、支払いとは別にバーコードを見せてポイントを獲得していましたが、Apple Payに登録することで支払いと一緒にPontaポイントが付与されるようになる為、より便利です。

登録手順もとても簡単なので身構える必要もありません。

日々、Pontaポイントを貯めているのなら、Apple Payを利用してよりスマートに効率よくPontaポイントを稼いで行きませんか?

Pontaカード(アプリ版)がApple Payへと登録できる!

2018年11月7日より、Pontaカード(アプリ版)がApple Payでも利用可能となり、既に多くの方が登録し始めています。

Apple PayとPontaカード(アプリ)が連携できるようになったことで、Apple Payに登録したクレジットカードなどで決算を行いつつ、同時にPontaポイントも獲得できるようになりました。

今までは、Pontaカード(アプリ)でポイントを貯める場合、毎回バーコードを提示する必要がありましたが、その必要はなくなり、よりスムーズにポイントが貯められるようになったのです。

Apple PayとPontaカード(アプリ版)を利用しているのなら、Apple PayにPontaカード(アプリ版)をさっそく登録してみましょう。

Pontaカード(アプリ版)のApple Pay設定方法

Pontaカード(アプリ版)をApple Payで使うには、まずPontaカード(アプリ版)を起動してください。

その後バーコードの下にある「Apple Walletに追加」をタップし、右上の「次へ」を選択します。

選択したら、「個人情報を追加」の画面が出てくるので、メールアドレスを入力し、「次へ」をタップして下さい。

タップ後は、規約を確認し「同意する」を選んで「完了」を押して登録完了となります。

Pontaカード(アプリ版)のApple Payへの登録は簡単に行えるので、仕事の合間などに済ましておくのがおすすめです。

Pontaポイントを貯めやすいPonta Premium Plus

では、Apple PayにPontaカード(アプリ版)の登録を考えているということは、よりたくさんのPontaポイントを獲得したいことでしょう。

Pontaカードの発行元はローソンですが、ローソンではPontaポイントが貯まるクレジットカード→Ponta Premium Plusの発行も手掛けています。

そして、Pontaカード(アプリ版)とPonta Premium PulusをApple Payで併用すれば、Pontaポイントを2重取りできるのです。

Ponta Premium Plusは、初年度無料の年会費2,000円(税別)のクレジットカードですが、年間5万円以上の利用で翌年度も無料になるカードとなっています。

カードは国際ブランドのJCBとなり、Pontaポイントの付与率は100円→1ポイントです。

海外旅行傷害保険に関しては自動付帯で最高2,000万円まで付帯していて、国内旅行傷害保険も利用付帯にて1,000万円付帯している旅行にも最適のカードともなっています。

支払い方法も一括・分割・ボーナス一括・リボ払いと選べ、支払日は毎月末日締めの翌月27日払いです。

また、カード盗難安心保険も付帯しているのでカードを失くした時も安心でしょう。

Ponta Premium Plusはカードスペックのバランスが全体的に取れたクレジットカードです。

Apple PayでPontaカード(アプリ)とPonta Premium Pulsを使いポイントを2重取りするには、決算をPonta Premium Plusで行い同時にPontaカード(アプリ版)を使ってポイントを2重取りしてください。

Ponta Premium PlusとPontaカード(アプリ版)を使ってポイントを2重取りする方法

Ponta Premium PlusとPontaカード(アプリ版)を使って、ポイントを2重取りするには、Apple PayにPonta Premium PlusとPontaカード(アプリ)どちらも登録する必要があります。

そして、Apple Payで決算する時は、Ponta Premium Plusを選択し、iphoneの右上のサイドボタンをダブルクリックしてください。

ダブルクリックすることでPontaカード(アプリ版)も同時に起動します。

この状態で支払い端末にiphoneかざすとPontaポイントを2重取りできるのです。

ただし、支払いを行う際は必ず「Apple Pay」でと伝えてください。

「クレジットで」・「QUICPayで」などと他の文言で伝えると、ポイントは2重取りできません。

Pontaポイントをたくさん稼ぐためにも、Apple PayでPonta Premium PlusとPontaカード(アプリ版)を使う際は、文言に気を付けましょう。

ローソンを日々利用しているならdカードもおすすめ

Pontaカード(アプリ)を発行しているのはローソンですが、ローソンを頻繁に利用しているならdカードもおすすめです。

dカードは100円→1ポイントでdポイントを獲得できるクレジットカードで、街の加盟店でも提示にて100円→1ポイント貯められます。

年会費は初年度無料、その後は1,250円(税別)発生しますが、年に1回のカード利用で無料となるので実質発生しません。

そして、dカードはローソンで計5%得になるクレジットカードでもあるのです。

dカードをローソンで利用すると「dカード提示で1%還元」+「dカード決算で1%還元」+「dカード決算で3%OFF」→5%分得になります。

もし、dカードを使っているのであれば、Apple PayでdカードとPontaカード(アプリ版)を併用してもポイントを2重取りできるシステムは変わらないので、合わせて使って行きましょう。

Pontaカード(アプリ版)を使っているならApple Payに登録して、クレジットカードとの併用でポイントをたくさん稼ごう

Pontaカード(アプリ版)をApple Payへと登録すれば、Apple PayでもPontaポイントを貯められるようになります。

そして、Apple Payでは他の登録したカードで決算を行っても、iphone本体右上ボタンのダブルクリックで、他のカードでの決算と同時にPontaカード(アプリ版)でポイントを稼げるのです。

例えば、決算カードにPonta Premium Plusを選んだ場合、Ponta Premium PlusでのPontaポイントはもちろん、ダブルクリックをすることでPontaカード(アプリ版)でもPontaポイントを稼げることになります。

これは、Pontaポイントを2重取りできると言ったことになるのです。

また、ポイントがザクザク貯まるクレジットカードと言えばdカードがありますが、Apple Payでdカードを使って決算を行い、同時にPontaカード(アプリ版)のポイントを稼いでも、dポイントとPontaポイントの2重取りができます。

このようにApple PayにPontaカード(アプリ版)を登録すれば、得にポイントを稼ぐことができるのです。

しかし、Apple PayにPontaカード(アプリ版)を登録するメリットは、ポイントだけではありません。

Apple PayにPontaカード(アプリ版)を登録するとポイントの獲得と支払いが同時にでき、よりスムーズに決算が行えると言ったメリットもあるでしょう。

Apple PayにPontaカード(アプリ版)を登録すれば、Pontaカード(アプリ版)との同時決算のシステムでポイントを2重取りでき、尚且つスマートな決算方法も体感できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ