dカードプリペイドの申込方法はWEBのみで簡単。審査なし年会費無料で12歳から持つことが可能カード

クレジットカードは18歳以上から発行でき、家庭によっては20歳になるまでクレジットカードの発行は禁止されている場合などもあるでしょう。

その理由は、クレジットカードは後払いのシステムとなる為、気が大きくなり使いすぎてしまう可能性があるからです。

若い内は、まだ、自分で働き収入を得ていない分、使いすぎのラインが分からないと判断されてしまいます。

しかし、インターネットショッピングをする際などには、クレジット決算ができないと不便な場合も出てくるはずです。

クレジットカードが持てなくても便利に決算が行える方法はないかと、頭を抱えていませんか?

そこで、dカードプリペイドを利用すれば、インターネットショッピングでもクレジットカードと同じように決算が行えます。

dカードプリペイドは中学生以上が発行できる安全なカードで、チャージした額以上は利用することができず、使いすぎ防止にもなるのです。

このシステムならクレジットカードの後払いシステムよりも安全と言えますし、dカードプリペイドはdポイントも貯まるので得でしょう。

dカードプリペイドを持っていれば安全にショッピングが行え、尚且つクレジットカードとほとんど同様に使えるのです。

dカードプリペイド

dカードプリペイドは、無審査・年会費無料で利用できるプリペイドカードとなっています。

カードのチャージ上限額は30万円となり、12歳以上であるなら発行可能です。

そして、dカードプリペイドは、マスターカード・iDの加盟店で利用することができるプリペイドカードとなっています。

支払い方式はクレジットカードのように後払いではなく、チャージ額がその場で引き落とされるシステムとなりますが、その点以外はクレジットカードと同じように便利なキャッシュレスサービスを利用することができるのです。

また、dカードプリペイドは、dアカウントを持っている方でないと発行することができないので注意してください。

もし、クレジットカードを発行できずにいるのであれば、dカードプリペイドをクレジットカードのように使って行くのも一つの方法でしょう。

申込注意事項

dカードプリペイドは、オンライン上から申込可能となっているプリペイドカードです。

そして、申込に必要なdアカウントはドコモ契約者でなくても入手可能のアカウントとなっています。

dプリペイドカードを申込む前にはdアカウントを取得しておきましょう。

また、dプリペイドカードは三井住友カード株式会社が発行しているカードです。

その為、dアカウントの情報は三井住友カード株式会社へと提供されるので予め理解しておいてください。

<三井住友カード株式会社へと提供されるdアカウントの情報>

個人情報の利用目的 提供する情報
本人確認 氏名・住所・郵便番号・生年月日・携帯電話番号
情報入力支援 dアカウントメールアドレス

以上の項目にdアカウントに登録した情報が使われます。

三井住友カード株式会社は大手カード会社の為、安心して情報を預けられますが、自分の情報は大切に取り扱った方が良いと言えるので、どの情報が提供されるのかについては把握しておきましょう。

チャージ方法と支払い方法

dカードプリペイドにチャージする方法は、ローソン・マイページ・銀行ATMの3通りから選べます。

ローソンでは、1,000円〜49,000円までチャージが行え、1円単位で入金可能です。

マイページでチャージを行う場合は、クレジットカード(マスターカード・VISA)の登録が必要となり、1回に付き500円〜最大5万円までのチャージができます。(1円単位の入金可能)

また、銀行でチャージを行うなら入金ができるのはセブン銀行ATMとなっていて、プリペイドカードを挿入し入金すればチャージ完了です。(1,000円単位)

※チャージの1日の上限額は30万円となっています。

そして、dカードプリペイドを使って支払う時は、「マスターカードで」の一言でよく、回数を聞かれた時は1回と答えてください。

dカードプリペイドは使いやすく作られています。

dカードプリペイドを使う前は実際に利用する際に混乱しないようにする為にも、チャージ方法と支払い方法に今一度目を通しておきましょう。

dポイントについて

dカードプリペイドでは、カードの利用でdポイントが付与されるようになっています。

dポイントはカード利用額200円→1ポイントで付与され、加盟店ではカード提示で100円→1ポイントにてポイントを稼げるのです。

加盟店にはマツモトキヨシやマクドナルドがあり、dポイントを1ポイント→1円の価値で利用することもできます。

dポイントは元々加盟店が多いことで有名なポイントシステムです。

dカードプリペイドを発行したら、dポイントも利用して行く価値があります。

その他特典

カードにはいろいろな特典が付帯しているものですが、dカードプリペイドでも様々な特典の利用が可能です。

例えば、ローソンでdカードプリペイドを利用すると商品がすべて3%OFFとなり、翌月、利用額の3%分がカードにチャージされるようになっています。

また、電子マネー機能としてはiDも利用できる為、iDの使える店ではiDの機能で支払ってしまうこともできるのです。

そして、dカードプリペイドはセキュリティーも万全のカードとなっています。

カードを紛失した際はスマホ上で利用を停止することができるので、カードを万が一失くしたとしても安心なのです。

さらに、dカードプリペイドカードはインターネットショッピングもできるカードとなっています。

インターネットショッピングをする際はマスターカードの加盟店でないと利用できませんが、決算先にマスターカードを選択できないショップはまずありません。

dカードプリペイドを利用すれば200円→1ポイントでポイントも付与されますし、クレジットカードと異なるのは支払い方法の点のみと言えます。

クレジットカードをまだ年齢的に発行できない方や苦手な方は、dカードプリペイドを使って行きましょう。

マスターカードの加盟店でクレジットカード同様に使えるのがdカードプリペイド

クレジットカードの魅力は、様々な加盟店でカードを使え、スムーズな決算をできるところにあります。

インターネットショッピングなどでは、クレジットカードでの支払いしか受け付けていないところなどもあり、カードがないと商品を購入できないと言った事態に陥ってしまうこともあるでしょう。

しかし、若い年齢の方だとクレジットカードを利用したくても家の事情でまだカードを発行することが禁止されている為、持つことができないと言った方もいるはずです。

また、クレジットカードが元から苦手と言った方もいることでしょう。

ですが、ここでdカードプリペイド持っていれば、インターネットショッピングをdカードプリペイドですることができてしまうのです。

dカードプリペイドは加盟店がマスターカードとなっているのでどんな場所でも使えますし、扱いもプリペイドカードとなる為、カード入金額以上は使えないカードとなり、使いすぎの防止になって安全なのです。

審査に関しては無審査で、若い年齢でも安全に使ってくことができるカードとなっています。

※発行対象年齢は12歳からです。

もし、クレジットカードが使えずに困っているのであれば、dカードプリペイドを発行して便利なキャッシュレスシステムを使って行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ