20万円のキャッシング利息を合計6,000円抑える おトクなクレジットカードの見分け方

多くのカード会社ではキャッシング利息が18%に設定されている

クレジットカードのキャッシング利息(実質年率)は18%に設定されていることが多く、実は消費者金融で借入をするのとほとんど変わりません。

どのカード会社でもキャッシング利息に大きな違いはありませんが、キャッシングの場合、ショッピングの分割払いとは違って長期に渡り返済していくので、わずかでも低い利息のほうがいいでしょう。

多くのカード会社でキャッシング利息が18%になっているのは、10万円以上〜100万円未満の借入金額には18%の法定金利が定められているためです。つまり、法定金利ちょうどの金額が設定されているわけです。10万円未満の金額をキャッシングする人は少ないでしょうから、多くのカード会社ではキャッシング利息が18%に設定されています。

なお、100万円以上の借入では法定金利は18%より下がりますが、クレジットカードで100万円以上のキャッシング枠が設定されるのは、かなりの上位カードとなります。そのようなカードを持つ人が多額のキャッシングをするケースはあまりないでしょうから、ここでは10万円以上〜100万円未満の借入金額を想定して話を進めていきましょう。

少しでも利息が安いクレジットカードを選ぼう

では、年率18%の利息でキャッシングした場合、返済総額はどうなるのでしょうか? 20万円を毎月1万円のリボ払いで返済したケースで考えると、24回の返済で合計23万9,554円の返済総額となります(締め日などの条件により金額は前後します)。約4万円の利息を支払うことになるわけです。

同じ返済条件で、この利息分を安くしたいなら、キャッシング利息がわずかでも低いものを選ぶしかありません。借入金額が大きければ大きいほど、わずかな利息の差が大きな金額の違いとなるため、ここはこだわりたいところです。

たとえば、すでに何枚かクレジットカードを持っていて、キャッシングしようとしているなら、それぞれのカードの利息を確認しましょう。ショッピングとキャッシングの利息は異なるので間違えないようにしてください。キャッシングを利用するときは、その中から一番利息が安いものを選ぶといいでしょう。

あるいは、キャッシング利息が安い年会費無料のクレジットカードを新たに作るのも1つの方法です。おすすめは三菱UFJニコスが発行するVIASOカードとアコムが発行するACマスターカードです。

VIASOカードのキャッシング利息は年率17.94%に設定されており、先ほど例に挙げた「20万円を毎月1万円のリボ払いで返済するケース」で考えると、合計23万3,889円の返済総額となります。つまり、年率18%の場合と比べて約6,000円おトクになるのです。わずか0.06%の年率の違いでこれほどの差が出ます。

一方、ACマスターカードのキャッシング(カードローン)利息は年率18%と一般的なクレジットカードと変わりませんが、ショッピングリボ払いの年率が14.6%に設定されており、他社クレジットカードに多いショッピングリボ年率15%より0.4%低くなっています。

そのため、たとえば20万円分のショッピング利用分を毎月1万円のリボ払いにした場合、年率15%のカードで支払い総額が23万1,576円になるところ、ACマスターカードでは23万558円と約1,000円のおトクとなります。

VIASOカードは年会費無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

VIASOカードやACマスターカードは年会費無料で作れ、キャッシング利息やショッピングリボ利息以外にもおトクなメリットがあります。

VIASOカードの特徴・特典

申し込み資格

原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。ただし、未成年の方は親権者の同意が必要となります。

カードブランド

カードブランドは世界210ヵ国を超える国や地域で使えるMasterCardとなります。海外では、ATMから現地通貨でのキャッシングも利用できます。

ポイントサービス

クレジット支払い100円ごとに0.5Pが貯まり、1,000P以上貯まると1P→1円のレートでオートキャッシュバックされます(還元率0.5%)。なお、ETC利用料金、携帯電話利用料金、プロバイダー料金などについてはポイント2倍となります(還元率1%)。

ポイントサイト利用で還元率最大10%のポイントアップ

ポイントサイト「VIASO eショップ」に掲載されているネットショップ・モールで購入すると、還元率最大10%のポイントアップとなります。掲載ショップ・モールには、楽天市場やAmazon、YAHOO!JAPANショッピング、じゃらんなどおなじみの店舗名が並びます。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険

旅行代金をクレジット支払いすると最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。海外旅行中の病気やケガはもちろん、カメラ等の携行品が破損したり、あるいはホテルのカーペットを汚してしまったりした場合の損害賠償にも適用されます。

年間最高100万円のショッピング保険

クレジット支払い分が自動的にリボ払いになる「楽Pay」に登録すると、その登録期間中、年間最高100万円のショッピング保険が付帯します。これにより、カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などにより損害をこうむった場合に補償を受けられます。

ネットセーフティサービス

ネット取引において第三者による不正利用が認められた場合に損害が補償されます。

カードブランド MasterCard
年会費 無料
申し込み資格 原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。未成年の方は親権者の同意が必要。
ポイントサービス VIASOポイントプログラム
付帯保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険、年間最高100万円のショッピング保険(楽Pay登録期間中)、ネットセーフティサービス
追加カード 家族カード(年会費無料)、ETCカード(新規発行手数料1,000円・税別)

年会費無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯するVIASOカードは、キャッシング利息がおトクというだけではない、とても便利に使えるカードだといえそうです。

ACマスターカードは最短当日のスピード発行も可能

一方、ACマスターカードは20〜69歳で安定した収入があれば、パートやアルバイトの方にも発行されることから、低収入を気にしている方でも安心して申し込めます。

それでも審査が心配だという方は、公式サイトの「3秒診断」というメニューに、「年齢」「年収(総支給額)」「カードローン他社お借入状況」の3点を入力すると、申し込みできるかどうかを仮審査してくれるので安心して申し込むことができます。

ACマスターカードの特徴・特典

申し込み資格

20〜69歳で安定した収入のある方。

カードブランド

カードブランドはVIASOカードと同じくMasterCardとなります。

ショッピング利用限度額は最高300万円

利用限度額は審査結果に応じて、ショッピング利用が10〜300万円、ショッピングとカードローン(キャッシング)の利用合計の上限は最高800万円となります。

リボ払い専用カード

このカードはリボ払い専用となっています。ただし、リボ払いの利息を支払いたくない場合は、引き落としの前に一括で返済することも可能です。

キャッシュバック制度

クレジット利用金額の0.25%がキャッシュバックされます。これは、請求金額からキャッシュバック分を差し引くというもので、たとえば、利用金額が10万円なら、その0.25%にあたる250円を差し引いた9万9,750円が請求金額となります。

最短当日のスピード発行も可能

インターネットか電話で事前申込をしてから、アコムの自動契約機「むじんくん」で契約すると、最短でその日のうちにカードを受け取れます。

カードフェイスには「アコム」の表示なし

ACマスターカードのデザインは「MasterCard」という文字が大きく印字され、「アコム」の文字やロゴはないため、消費者金融系のクレジットカードと気づかれることはありません。

カードブランド MasterCard
年会費 無料
申し込み資格 20〜69歳で安定した収入のある方
ポイントサービス キャッシュバック制度

付帯保険や各種の特典などはありませんが、審査結果次第でショッピング利用最高300万円、カードローンも含めると最高800万円と大きな限度額が設定されるので、返済能力が高い人にとっては、まとまった金額を扱える使い勝手のいいカードとなります。

VIASOカードとACマスターカードは、どちらも利息が少しおトクになる便利なクレジットカードといえます。しかし、便利だからといってキャッシングに頼りすぎず、計画的な利用を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ