18歳以上であればあえて作る必要はないワケ。一見便利そうなゆうちょ銀行のデビットカードが使えない

昔から多くの方に親しまれている郵便局が運営しているゆうちょ銀行は、信頼性も高く多くの方が利用していることでしょう。

引落に関してもゆうちょのATMは全国にあるので、口座を利用していればどこであってもお金が必要な時に引落とすことができ、利便性も高いです。

しかし、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを作る際にデビットカードと一体型になったJ-Debitを発行を勧められたことはありませんか。

J-Debitは口座と直接結び付いている為、一見便利そうに見えますが実はあまり人気がありません。

人気のない理由は使える場所があまり少ないからで、キャッシュカーと一緒に作ってもあまり意味がないでしょう。

ですが、この点だけを聞いても、他のデビットカードとも比較して差をきちんと明確にしないと納得できないと言った方もいるはずです。

そこで、J-Debitと三菱UFJデビットカード・楽天銀行デビットカードを比較して、J-Debitと他2枚のデビットカードで何が異なるか? をチェックして行きます。

比較することで、三菱UFJデビットカード・楽天銀行デビットカードの利便性も見えてきますし、J-Debitがあまり人気のない理由も理解できるでしょう。

また、今人気のあるクレジットカード→楽天カードについても見ておき、デビットカードとクレジットカードの違いについても把握しておきましょう。

デビットカードも良いですが、やはり使いやすいのは断然クレジットカードと言えます。

デビットカードとクレジットカードでは全くシステムが異なり、ポイントシステムなどもクレジットカードの方が優れているのです。

では、なぜゆうちょ銀行のJ-Debitの人気がないのか? まずはその理由から確認して行きましょう。

ゆうちょ銀行のデビットカードがあまりおすすめできない理由

口座を開設するとキャッシュカードも発行されますが、ゆうちょ銀行ではこのキャッシュカードがデビットカード機能と一緒になったJ-Debitに選択することができます。

しかし、このJ-Debitはあまり人気がなく、普通のキャッシュカードを選択したとしてもあまり状況は変わらないでしょう。

デビットカードと言うのは、数多く加盟店で使えインターネットショッピングでもクレジットカードと同じように利用でき、尚且使った額は口座から直接引き落とされる為、デビットカード専用の口座を用意して使いたい額のみを入金しておけば使いすぎの防止などにもなります。

ですが、J-Debitはインターネットショッピングでも使えず、カードの国際ブランドもVISA・マスターカードなどではなくJ-Debitとなるので知名度も低く、街の加盟店でも利用できる機会が少ないのです。

その上、デビットカードではポイントシステムやキャッシュバックシステムを搭載していますが、そのような特典も付いていません。

J-Debitは通常のデビットカードと比較すると機能面に対して劣り、利用性があるはキャッシュカードとしての機能だけでしょう。

もちろん、デビットカードのメリットである「現金を持ち歩かなくて良い」・「使いすぎの心配がない」などの部分は、他のデビットカードと同じです。

また、他のデビットカードは、キャッシュカードとデビットカードをバラバラで所有しないといけませんが、J-Debitはキャッシュカードと一体型になっているのでよりスマートに所有でき、年会費も無料の為、試しに発行しても損はありません。

とは言え、国際ブランドではないが為にインターネットショッピングや街の加盟店で使えないのは不便です。

人気のあるデビットカードとは一体どんなシステムとなっているのか? 続いて三菱UFJ―VISAデビットカードについて見て行きましょう。

三菱UFJ―VISAデビットカードについて知れば、差が明確に理解できます。

おすすめデビットカードその1 三菱UFJ−VISAデビットカード

三菱UFJ―VISAデビットカードの国際ブランドは、VISA・JCBの2種類から選べ、どちらを発行してもそれぞれの加盟店で利用することができるので便利です。

VISA・JCBは世界中で利用することができる国際ブランドなので、インターネットショッピングではもちろん、海外での利用もできます。

また、VISAではキャッシュバックを行っていて、JCBではポイントが貯まるようにもなっているので特典にも注目です。

VISAのキャッシュバック率は毎月0.2%となっていて、「入会後3ヶ月は+0.2%」・「前年度に20万円以上の利用があれば+0.05%」・「前年度に30万円以上の利用があればさらに+0.05%」・「誕生月には+0.5%」とキャッシュバック率も良いのです。

JCBではOki Dokiポイントが1,000円→1ポイントで貯まり、たくさん貯めればディズニーランドのパークチケットとの交換などもできます。

申込資格は15歳以上からで、年会費についてはVISA・JCBどちらも1,080円(税込)となりますが初年度無料、その後も年に10万円以上の利用や年会費請求月の月末時点で23歳だった場合は無料となるので覚えておきましょう。

三菱UFJ―VISAデビットカードは、利用者の方が使いやすいように考えられています。

おすすめデビットカードその2 楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードも国際ブランドをVISA・JCBから選べる、世界中どこでも利用可能のデビットカードです。

利用するには楽天銀行の口座開設が必要ですが、同時に申込めるので便利でしょう。

そして、楽天銀行デビットカードもインターネットショッピングで使うことができ、大人気の楽天スーパーポイントも100円→1ポイントで貯まり、貯まったポイントはカードが利用できるところでなら1ポイント→1円価値で利用できます。

しかし、おすすめは年会費無料で利用できるJCBで、VISAの方は2種類ありますがシルバー→2,160円(税別)・ゴールド→5,400円(税別)となっているので、注意してください。

申込資格は満16歳以上の楽天銀行口座を持っている方となる為、申込前に確認しましょう。

J-Debitと三菱UFJ―VISAデビットカード・楽天銀行デビットカードの比較結果

J-Debit・三菱UFJ―VISAデビットカード・楽天銀行デビットカードについてチェックしましたが、ここでより三菱UFJ―VISAデビットカード・楽天銀行デビットカードが使いやすいデビットカードだということをはっきりさせるために、利用できるものには「可」できないものには「不可」の文字で表にして行きます。

比較表 J-Debit 三菱UFJ―VISAデビットカード 楽天銀行デビットカード
国際ブランド J-Debit(国際ブランドではない) VISA・JCB VISA・JCB
インターネットショッピング 不可
街の加盟店 不可(あまり利用できる場所がない)
ポイントシステム・キャッシュバックシステム 不可

3枚のデビットカードを比較した結果、便利なのは、インターネットショッピング・街の加盟店・ポイントシステム・キャッシュバックシステムに「可」の文字がある三菱UFJ―VISAデビットカードと楽天銀行デビットカードで、街の加盟店・インターネットショッピングでも利用できる率が高い理由はカードが国際ブランド(VISA・JCB)だからです。

デビットカードもクレジットカード同様、使える場所がたくさんあり、ポイントシステムやキャッシュバックシステムが利用できる方が使い甲斐があるでしょう。

その点、J-Debitは国際ブランドでない為、街の加盟店であまり使えず、インターネットショッピングも不可の為、人気は三菱UFJ―VISAデビットカード・楽天銀行デビットカードに集まってしまいます。

デビットカードにもそれぞれの特長があるので、発行する際はカードの特長にしっかりと目を通してください。

デビットカードとクレジットカードの比較

デビットカードの発行を考えているのであればクレジットカードの発行についても検討している方もいるはずですが、初めてのクレジットカードとなると支払い方法が後払いになる為、使過ぎてしまうのではないかと心配になり、使った額はその場で口座から引落とされ、使いすぎ防止になるデビットカードを見ていたことでしょう。

ですが、カードの特典の質や利便性についてよく考えてみると、やはりデビットカードよりもクレジットカードの方がより魅力的です。

例えば、クレジットカードは後払いなので収入に余裕があるのであれば、カード会社から料金の前借と言った形で料金を支払える為、高額な買い物もできます。

クレジットカードの支払いは使った月の翌月払いと言ったシステムを取っているので、今月の収入がなかったとしても翌月の給料で支払うことができてしまうのです。

また、翌月の支払いが厳しかったとしたら、分割払いやリボ払いへと一括支払いから変更することもできます。

デビットカードではカード会社への前借ができないので、欲しいものが入手できなかったりするリスクもあるでしょう。

この他にも、三菱UFJ―VISAデビットカード・楽天銀行デビットカードではポイントやキャッシュバックのシステムを取っていますが、大体のデビットカードはポイントシステム・キャッシュバックシステムを取り扱っていないのです。

そして、デビットカードを使って購入した商品をキャンセルしたい場合、クレジットカードならすぐに対応できますがデビットカードは時間を要するところの方が多いです。

不正利用に対する強さもクレジットカードの方が強く、その理由は後払いのクレジットカードなら口座からすぐに金額が引き落とされることはありませんが、デビットカードの場合は使った額はその場ですぐ引き落とされる為、補償制度があっても多額が突然無くなり戻ってくるまでに時間がかかります。

デビットカードはクレジットカードより一見安全そうに見えても、よくよくシステムを比較してみるとクレジットカードの方が優れているのです。

もし、クレジットカードの発行とデビットカードの発行で悩んでいるのであれば、クレジットカードを発行した方が賢い選択と言えます。

今人気のあるクレジットカードは楽天カード

クレジットカードを発行する気になったのであれば、今人気のクレジットカードは楽天カードです。

楽天カードは、CMや広告などで知られている楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードですが、正直CMや広告などで謳っているほど本当にポイントが貯まるのか? いまいち信じられないと言った方もいることでしょう。

しかし、実際に楽天カードを利用すると楽天スーパーポイントはたくさん貯まります。

貯めるには楽天サービスを利用する必要がありますが、ネットショッピングサイトの楽天市場では常に3倍のポイント・旅行予約サイトの楽天トラベルでは2倍のポイントと、他にも様々な楽天サービスで貯まるようになっているのです。

さらに、楽天スーパーポイントは100円→1ポイントの付与率で貯まって行きますが、街の加盟店(マクドナルドやマツモトキヨシ)などでカード提示のポイント(100円→1ポイント)を貯めて、さらに支払いをカードで行えば100円→2ポイントも獲得できてしまいます。

楽天カードは、楽天サービスとカード決算をおこなうことでポイントをたくさん獲得できるのです。

貯まったポイントは、街の加盟店や楽天市場・楽天トラベルなどで1ポイント→1円価値で利用でき、入会してカードを1回でも利用するとそれだけで7,000ポイントのゲットも可能の為、魅力的でしょう。

年会費も永久無料、カードブランドはアメックス・VISA・JCB・マスターカードと選択できます。

今注目のクレジットカードを発行したいのなら、楽天カードが最適です。

使いすぎが心配ならデビットカードの発行も良いがクレジットカードの方が優れている!

クレジットカードの使いすぎが心配と言うのであればデビットカード専用の口座を作り、口座内には自分の決めた額のみを入金しておけば入金した額以上を利用することができないので安心ですが、優れた機能の方を優先したいと言うのであればクレジットカードの方が良いでしょう。

なぜなら、クレジットカードは後払いシステムとはなりますが、使いすぎたとしても分割やリボ払いにできるので余裕のある返済方法を選べますし、支払いは使った月の翌月となるので気を付けて使っていれば、支払いに困るような事態に陥るリスクは少ないと考えられます。

さらに、キャンセルを行う時もデビットカードでは時間を要するので困難ですが、クレジットカードならスムーズです。

クレジットカードはデビットカードよりも便利に作られています。

そして、クレジットカードを発行するのなら今話題の楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードが良く、街の加盟店(マクドナルドなど)や楽天サービス(楽天市場など)で1ポイント→1円価値で利用できる楽天スーパーポイントが100円→1ポイントでゲットでき、ポイントはどんどん貯まって行くでしょう。

※年会費は永久無料です。

デビットカードとクレジットカードで悩んでいるのなら、利便性に長けているクレジットカードを発行してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ