ミライノ カードTravelers Goldの還元率が1.2%にUP!サービスが充実した高還元率クレジットカードに変身!

国内外でポイント還元率1.2%! ミライノカードTravelers Goldは海外利用が多い方におすすめ

ミライノカードTravelers Goldは、住信SBIネット銀行のゴールドカードのうち、Mastercardブランドのゴールドカードです。住信SBIネット銀行を利用する方・海外に行く機会が多い方にメリットが多く、ポイント還元率が最大1.2%と高還元率なクレジットカードです。

ミライノカードTravelers Goldのポイント還元率は、海外ショッピング利用時1.2%、国内ショッピング利用時0.6%還元から、国内外問わず1.2%還元へと改定され、ますますポイントを貯めやすいカードに生まれ変わりました。ミライノカードTravelers Goldのポイントプログラムのスマプロポイントは、1,000円→12ポイントで付与されるため、10,000円、100,000円と利用額が増えれば、120P、1,200Pと大量のポイントを獲得できます。

貯めたスマプロポイントは、500ポイント以上100ポイント単位で現金やJALマイルに交換でき、毎月50,000円以上のカード利用があれば600ポイント以上のポイントになるため毎月交換できる計算です。ミライノカードGOLDはJCBブランドもあるのですが、JCBブランドとは特典やポイント還元率が異なり、ポイント還元率が改定されたミライノカードTravelers Goldの方が、国内外でのショッピングや海外向けの特典が豊富に付帯しています。

ミライノカードTravelers Goldの基本情報とメリットとデメリット

ミライノカードTravelers Goldのメリット

1.住信SBIネット銀行の手数料の優遇がある

ミライノカードTravelers Goldは、住信SBIネット銀行に口座を持つ方だけが申し込めるカードのため、クレジットカードとしてのメリットと、住信SBIネット銀行を使う上でのメリットがあります。住信SBIネット銀行は、ATM手数料や他行への振込手数料がはランクごとに無料回数が決まっており、スマートプログラム、通称スマプロでのランクにより変動します。

ミライノカードTravelers Goldに入会し、カードの支払い口座を住信SBIネット銀行に指定すると、ランク1〜ランク4まであるスマプロランクを2ランクアップすることができます。ランク1はATMの引出し手数料が月2回まで無料、他行あて振込手数料は月1回が無料です。最高ランクのランク4になると、ATMの引出し手数料・他行あての振込手数料ともに月15回まで無料で利用できます。

自分のスマプロランクが1〜2の方にとっては、住信SBIネット銀行を使う上で大きなメリットとなりますね。メインで住信SBIネット銀行を使っているなら、なおうれしい特典です。

2.ミライノカードTravelers Goldは充実した旅行傷害保険が自動付帯

ミライノカードTravelers Goldの旅行傷害保険は、特に海外旅行傷害保険の充実が際立ち、家族対象が幅広いことが特徴です。家族の対象は、本人会員とその配偶者、本人会員または配偶者と生計を共にする同居の親族または別居の未婚の子どもで、生計を共にする同居の親族なら、両親や兄弟も対象になるということです。大家族の方には嬉しいメリットでしょう。

国内外の旅行に対して、家族への補償が最高1,000万円、入院保険金も付帯、海外では疾病治療保険金が250〜500万円も付帯することは、ゴールドカード以上のカードで見られる保険金額です。ミライノカードTravelers Goldは海外旅行をメインにトラベル関連の保険がとても充実しているといえます。しかも旅行傷害保険は自動付帯なので、国内外の旅行が好きな方にはぜひ注目してほしいメリットです。

3.海外で快適に過ごせる特典が充実

ミライノカードTravelers Goldは、日本国内全国の主要空港ラウンジはすべて無料で利用することができ、海外の空港ラウンジも年6回まで無料で利用できる「ラウンジ・キー」が付帯しています。ラウンジ・キーは、世界1,000か所以上の空港ラウンジが対象で、7回目以降の利用時・同伴者の利用には、US$27かかります。

1回の利用金額がUS$27と考えると、1$120円で計算すると無料6回分は約20,000円になります。年会費10,000円以上にお得が付帯するカードなことは間違いありません。

ミライノカードTravelers Goldのデメリット

1.海外にあまり行かない方・旅行回数が少ない方には高い年会費になる

ミライノカードTravelers Goldは、国内旅行・海外旅行に行くことが少ない方、空港のラウンジをあまり利用しない方には、ポイント還元率が高くても今一つ年会費が高いカードかもしれません。ミライノカードTravelers Goldは、海外旅行をする際にメリットが大きいクレジットカードなので、海外旅行1回につき、往復でラウンジを使用し、年間3回以上海外に行かない方にはお得を取り逃す可能性が出てきます。

2.住信SBIネット銀行の優遇がJCBカードに比べて少なめ

ミライノカードには、ミライノカードTravelers Goldのほかに、JCBブランドのミライノカードGOLDがあります。どちらもゴールドカードなのですが、ミライノカードTravelers Goldは海外での特典が豊富で、ミライノカードGOLDは住信SBIネット銀行での優遇が豊富に用意されるなど、メリットには違いがあります。

そのため、住信SBIネット銀行の優遇を期待する場合は、ミライノカードTravelers GoldよりもミライノカードGOLDの方がおすすめとなります。

3.ショッピング保険の補償が小さい

ミライノカードTravelers Goldの付帯保険の中には、ショッピング保険が50万円付帯しています。この50万円の保険は、海外で購入した商品のみが対象で、年間最高50万円まで、自己負担が10,000円という条件で利用できます。しかし一般的なショッピング保険は、一般カードでも年間最高100万円までの保険が多く、自己負担額も3,000円程度と低いことが多いです。

そういった意味では、保険金額が小さく条件が厳しいと判断することもでき、海外でのショッピングには他のカードを使うことも考えた方が良いでしょう。ただ、全く補償がないわけではないので、海外でのショッピングでトラブルがない、破損などの心配がない商品を購入するという場合は特に気にすることはありません。

ミライノカードTravelers Goldの基本情報

  • 年会費・・・10,000円+税、家族カード:年会費無料
  • 入会資格・・・高校生を除く18歳以上、収入のある方(大学生・短期大学生・専門学校生不可)
  • 追加可能カード・・・家族カード(発行手数料無料・3枚まで)、ETCカード(年会費無料・発行手数料無料)
  • 電子マネー・・・Apple pay、ケータイクレジット ライフカードiD
  • ポイント・・・スマプロポイント(1,000円→12P)、
  • ポイント有効期限・・・ポイント付与月の翌翌年度3月末
  • 銀行特典・・・スマプロランク2ランクアップ
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高5,000万円(家族会員:最高1,000万円)、国内旅行傷害保険:最高5,000万円(家族会員:最高1,000万円)、ショッピングガード保険:海外のみ最高50万円(自己負担10,000円)

ミライノカードTravelers GoldとミライノカードGOLDを比較! 貯めたポイントは現金やマイルに交換可能

ミライノカードGOLDの基本情報

  • 年会費・・・3,000円+税
  • 年会費優遇条件・・・年間100万円以上のカード利用で次年度年会費無料
  • 申込み対象・・・20歳以上の方(学生不可)で本人または配偶者に安定継続収入のある方。住信SBIネット銀行の口座開設済みの方。
  • 国際ブランド・・・JCB
  • カードの種類・・・QUICPay一体型クレジットカード
  • 追加可能カード・・・ETCスルーカード、QUICPay専用カード
  • 電子マネー・・・QUICPay
  • 銀行特典・・・スマプロランク2ランクアップ、カードローン金利を年0.1%引下げ
  • ポイント・・・ミライノポイント(1,000円→5P、0.5%還元)
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高5,000万円(家族:最高1,000万円)、国内旅行傷害保険:最高5,000万円(家族:最高1,000万円)、ショッピングガード保険:年間最高50万円(自己負担10,000円)

住信SBIネット銀行の優遇ならミライノカードGOLD、海外での特典+ポイント還元率ならミライノカードTravelers Goldがおすすめ

1.ポイントの種類と還元率ではミライノカードTravelers Goldに軍配

住信SBIネット銀行のミライノカードGOLDと、ミライノカードTravelers Goldで大きく異なるところは、各カードで貯まるポイントの種類です。ミライノカードGOLDはミライノポイントが貯まり、ミライノカードTravelers Goldはスマプロポイントが貯まります。ミライノポイントは、ミライノポイント1P→スマプロポイント2Pのレートで交換でき、スマプロポイントに交換することで1%還元になります。

ミライノカードTravelers Goldでは、直接スマプロポイントが1.2%還元で貯まります。以前は海外利用時のみ1.2%、国内利用時0.6%還元でしたが改定され、国内でも1.2%還元でポイントがもらえるようになりました。ミライノポイントは0.5%還元、スマプロポイントに交換するには1,000ポイントが必要です。スマプロポイントへの交換の手間、還元率の違いを考えると、スマプロポイントが貯まるミライノカードTravelers Goldに軍配が上がります。

ここで考えておきたいのは、交換可能ポイント数に到達するまでかかる金額です。

ミライノポイント:1,000P÷0.005=200,000
1,000Pを貯めるまで200,000円

スマプロポイント:500P÷0.012=41,666
500Pを貯めるまで約42,000円

交換可能なポイント数に達するまでの金額は、約5倍もの差があることがわかります。ですが、どちらのポイントも1P→1円で支払いやキャッシュバックが可能です。交換可能なポイント数に到達するまでの金額を考えても、スマプロポイントが優秀なことがわかります。

2.ポイントの使い方でもスマプロポイントがリード

  • ミライノポイント・・・1,000ポイント以上100ポイント単位でスマプロポイントまたは、1P→1円で支払いに充当
  • スマプロポイント・・・500ポイント以上100ポイント単位で、1P→1円でキャッシュバックまたは、JALマイル(100P→40マイル)に交換

国内でも海外でも航空機による移動が多い方なら、マイルに交換できるのは嬉しい特典です。1P→1円として使う以外の使い方があると、楽しみも増えます。

3.年会費ではミライノカードGOLD

ミライノカードGOLDの年会費は3,000円+税で、ゴールドカードとしては格安の年会費です。さらに年間100万円以上のカード利用額があれば次年度の年会費を無料にできます。ミライノカードTravelers Goldの場合は10,000円+税で、一般的なゴールドカードの年会費です。単純に年会費の金額だけを比較するとミライノカードGOLDに軍配があがります。

4.付帯保険はどちらのカードもほぼ互角

ミライノカードGOLD、ミライノカードTravelers Goldのどちらのカードも、国内外の旅行傷害保険の充実度が高く、通常のゴールドカード以上の保険金額が設定されている部分もあります。異なる点は、海外旅行傷害保険の「受取手荷物遅延保険金 最高10万円」がミライノカードTravelers Goldに付帯することのみで、他はほぼ同じ保険内容です。

保険金額が同じでも異なるのがショッピング保険で、ミライノカードGOLDは国内・海外利用分に適用されるのに対し、ミライノカードTravelers Goldは「海外利用分のみ」適用になります。海外向けの特典が豊富なミライノカードTravelers Goldならではの対応と考えることもできますね。

5.住信SBIネット銀行の手数料の優遇は互角

住信SBIネット銀行のATM利用手数料のうち、他行あての手数料にはランク別に無料回数が付与されています。ランク1〜ランク4までの間で月1〜15回の無料回数が割り当てられています。ゴールドカード以上のミライノカードを持つと2ランクアップすることが共通しているため、手数料の優遇は互角だといえます。ただ、元々のランクがランク1か、ランク2なのかにより上がるランクが3〜4になります。

6.その他の特典ではミライノカードTravelers Goldが優勢

ミライノカードTravelers Goldには、海外の空港ラウンジを6回無料で利用できる「ラウンジ・キー」が付帯し、国内の主要空港のラウンジは無料で利用できます。ラウンジ・キーを6回無料利用するだけでも、年会費の元を取ることができるので、かなりお得を実感できるでしょう。また、家族カードは年会費無料で発行できます。ぜひ家族カードを作って家族でミライノカードTravelers Goldのメリットを満喫しましょう!

ミライノカードGOLDは、海外での特典は付帯保険があり、家族カードの発行はありません。この点ではミライノカードTravelers Goldに劣るものの、年会費が安く充実の付帯保険を利用できます。安くゴールドカードを持ちたいならおすすめのカードです。海外旅行に年3回以上は行く方、海外出張が多い方には、ミライノカードTravelers Goldの方がお得になるでしょう。

高還元率のカードに生まれ変わったミライノカードTravelers Goldでどんどんポイントを貯めよう

国内でも海外でもポイント還元率が1.2%に改定されたミライノカードTravelers Goldは、普段の支払いはもちろん、海外に行く機会の多い方にお得に使えるカードです。ポイント還元率がいつでもどこでも1.2%にアップしたことにより、ポイントを貯めやすく使いやすいカードに生まれ変わりました。ゴールドカード以上の付帯保険やラウンジの無料利用の特典は、年会費10,000円を安く感じさせるほどの価値があるものです。

貯まるスマプロポイントはJALマイルにも交換できるため、高還元率を生かしてどんどん貯めてスマプロポイントを活用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ