初めて投資信託をするならエポスカードで積立てよう! 不安な方もサポートが受けられて安心

貯金はあればあるほど安心ですが、口座に余っている残高をそのままにしておくのは勿体ないと考えたことはありませんか?

せっかく貯めた現金をただそのままにしておくよりも、運用し倍増させることができたら余っている現金で得することもできます。

口座の中に眠っている残高を投資して、増やすことができるサービスがあれば利用した方が良いでしょう。

そこで、エポスカードでは投資積立のサービスとしてtsumikiを開始しました。

tsumikiはエポスカードを持っている方が利用できる投資積立で、1年間の間に積み立てた合計額に応じてエポスポイントが貯まるようになっています。

エポスポイントは1ポイント→1円の価値があり積立投資では現金が貯まって行きますがtsumikiはエポスポイントが貯まって行くシステムとなる為、ポイントの価値は忘れないようにしておきましょう。

また、積立投資は現金を投資するサービスなので不安な方もいますが、エポスカードのtsumikiは小遣い範囲でもできる投資なので安心です。

さらに、投資行うと利益に税金が発生しますが、tsumikiなら税金も発生しないので得でしょう。

tsumikiは投資信託に興味ある方が気軽に投資を開始できるよう、システムが考えられているのです。

余っているお金を活用したいのであれば、エポスカードのtsumikiを始めてみませんか?

エポスカードの投資信託tsumikiとは

エポスカードのtsumikiはスマホ・マイナンバー・本人確認書類・エポスカードを用意することで始めることができます。

※本人確認書類(運転免許証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書・写真付き住民基本台帳カード)

エポスカードは、年会費無料の機能も優れているクレジットカードなので、tsumikiをきっかけに発行したとしても損はありません。

また、tsumikiを開始するには専用の口座を作る必要がありますが、この口座を開設するにあたってスマホ・マイナンバー・本人確認書類・エポスカードが必要となってくるのです。

開設する口座はtsumiki証券会社の証券口座となり、この口座に利益が入ってきます。

利益は投資した金額に基づいてエポスポイントが貯まるようになっていて、口座の開設費も0円なので得でしょう。

利益は年間の積立金額×0.1%分(0.001)の利益となります。

※積立金1,000円→1エポスポイントと考えておくと良いでしょう。

しかし、投資と言うからには株式を購入しなくてはなりません。

tsumikiは投資信託となるので購入する株式を自分で選ぶことはできますが、その後のやりくりは信託と言う言葉から想像できるように株式のやりくりを誰かに任せる形となります。

本来なら株式のやりくりは自分でするものですが、運用を任せることでどんなメリットがあるのかも気になる点です。

投資信託とは何なのか? tsumikiで購入できる株はどのような株式なのか? この2点についてもしっかりと見ておきましょう。

投資信託について

投資信託とは投資を行いたい方が株式を購入し、その株式の運用を運用会社に勤めているプロの方に利益ができるよう任せると言った株式の運用方法となります。

株式の運用は自分で行えると言った方もいますが、相場を読んで利益を発生させることはとても難しいことなので、投資信託を行っている方も多いでしょう。

自分で行うと損をしてしまうことが考えられる株式の運用をプロに任せ、より確実な利益を得ようとするのが投資信託です。

tsumikiは投資信託となるので、tsumikiが得だと指定する(選択可能)株式を購入し、その購入した株式を利益が出るようにプロに任せると言ったシステムとなります。

また、tsumikiは小額から投資を始めることができるので投資に不安がある方でも痛手なく始められますし、少しの額でも年間投資して行くと大きな利益にも繋がるので、より長い期間投資活動を続けて利益を生み出す為にもスタートは早い方が良いでしょう。

投資活動が初めてなのであれば、投資信託であるtsumikiはおすすめです。

tsumikiで購入できる株式

Tsumikiで購入できる株式は全部で4つあり、どれも金融庁の基準をクリアしたNISAの商品から選んだ株式となっています。

そして、NISAで販売されている株式は売却した時の税金が発生せず利益の税金も発生しないので、発生する商品と比べるととても魅力的です。

※NISAとは小額投資非課税制度のことで、日本に限りますが年間120万円までの株式・投資信託の投資に関し通常発生する20%分の売却益・配当の課税を発生させないと言った制度となっています。

株式は、「セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド」・「セゾン資産形成の達人ファンド」・「コモンズ30ファンド」・「ひふみプラス」の中から選択でき、この4つの商品は長期の運用をすすめている株式で、長く投資をして行くことで利益を得られます。

投資は最低3,000円から行うことができ、最大50,000円まで行えます。(NISAでの投資は年間40万円までとなり、月額33,333円まで可能)

限度額内なら4つの商品すべてに投資することも可能で、長く投資を行って行くことでたくさんの利益を得ることが可能です。

tsumikiには予め推奨された商品がある為、利益は必ずあると言っても過言ではありません。

また、積立金額に関しては簡単に変更することができるので、便利です。

最初に購入する株式を決めてしまえばあとは運用のプロに任せ、気づいた時には多くの利益が発生しているのがtsumiki投資信託の魅力と言えます。

※購入した株式により株式の運用費用が発生する場合があります。(費用は運用状況変動するので注意してください)

オマモリは目で見える安心

Tsumiki投資信託では「オマモリ」と言った特典もあり、投資者がより安心して投資活動を行って行けるようにする為のプレゼント的なサービスと言えるでしょう。

「オマモリ」は見える安心と言ったコンセプトで作られたサービスで、株式は目に見えない不安もありますが「オマモリ」を持つことで「自分はtsumikiで投資信託を行っているのだ」と言った自覚を促し、目に見える安心感も得ることができるのです。

「オマモリ」の後ろ側にはQRコードが付いて、スマホでQRコードを読み取ることでいつでもtsumiki証券の口座にログインすることができ(スマホのホーム画面に設定することも可能)、自分の投資信託が今どのような状況にあるのかを気になった時に確認できます。

また、「オマモリ」のデザインはとてもキュートにできているので、好きな色を選んで自分の子供に御守り代わりとしてプレゼントしても喜ばれるでしょう。

投資信託は金銭が深く関わってくるサービスなので株式に変わる目に見える商品があれば、投資には長い期間も要する為より安心です。

エポスカードを発行することで利用できるtsumiki投資信託ですが、エポスカードは利用者の方が少しでも得にクレジットカードを利用して行けるよう旅行傷害保険やポイントシステムなどを考えられて作られています。

この為、tsumiki投資信託でも投資者が安心して投資を行って行けるよう、カードと同様に投資者側に立った立場でサービスが考えられ、目に見える安心→「オマモリ」が作られたのでしょう。

Tsumiki投資信託を始めたら「オマモリ」を肌身離さないように持ち歩いてください。

年率は5年後には0.005%になる

Tsumiki投資信託は年間の積立金額に基づいてエポスポイントが付与されますが、最初の1年目は年間の積立金額×0.1%分(0.001)の利益となり、5年後にはパーセンテージが変わってきます。

5年後のパーセンテージは年間の積立金額×0.5%(0.005)になり、より多くのエポスポイントが付与されるのです。

<積立金額仕組み>


積立表 年間積立額(投資額) パーセンテージ エポスポイント
1年目 36万円(月々3,000円) 0.1%(0,001) 360エポスポイント
5年目 36万円(月々3,000円) 0.5%(0,005) 1,800エポスポイント

この表のように投資期間が長ければ長いほど貰えるエポスポイントはどんどん増えて行くので、投資信託を成功させる秘訣はいかに長く積立を行って行くかと言った点でしょう。

すぐにたくさんの利益を得ることはできませんが、安心・安全・着実にtsumiki投資信託で投資活動を行って行くことで利益を生み出すことができます。

辛抱強さが、より多くのエポスポイントへと繋がるのです。

そして、エポスポイントの価値ですが1ポイント→1円の価値があるので、自分がどれほどの利益を現金として得たかを知りたいときはエポスポイントの価値を参考にしてください。

では、tsumiki投資信託を利用するにはエポスカードの発行が必要不可欠ですが、エポスカードとは一体どんなカードなのか? エポスカードの魅力も見て行きます。

エポスカードは年会費永年無料のカードスペックも充実したクレジットカード

エポスカードは年会費が永年無料のクレジットカードで、年会費無料となるとカードスペックにはあまり期待できませんが、エポスカードはとても充実している人気の高いカードなのです。

エポスカードではカード利用額200円→1ポイントでエポスポイントが付与され、国際ブランドはVISAとなる為、VISAの加盟店でポイントが貯められます。

そして、エポトクプラザに加盟している店で買い物すると割引特典だけでなく、美容・レジャー・飲食と様々な場面でポイントが倍で貯まるのです。

例えば、カラオケでエポスカードを利用するとポイントは5倍で貯まります。

さらに、エポスカードはマルイが発行しているクレジットカードなので、マルイやモディ―でカード提示すると駐車1時間無料サービスや飲食代5%OFFの優待も利用可能です。

また、エポスカードはインビテーションされると年会費無料でゴールドカードを発行することもでき、ゴールドカードの醍醐味である全国主要都市の空港ラウンジの利用もできます。(通常年会費5,000円)

そして、エポスカードには年会費無料でも充実の海外旅行傷害保険が自動付帯で付いているのです。

自動付帯の海外旅行傷害保険なら旅行前の面倒な手続きもいりませんし、エポスカードは世界中で使える率が一番高い国際ブランドのVISAなので海外には打ってつけのカードと言えます。

エポスカードを持っていれば、海外旅行で大活躍してくれるのは間違いありません。

海外旅行傷害保険

エポスカードは年会費永年無料ですが、自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険は年会費が発生するクレジットカードですと自動付帯になりますが、年会費無料のカードでは旅行代金を支払った時のみ保険適応となる利用付帯となる場合がほとんどです。

しかし、エポスカードは、自動付帯の海外旅行傷害保険を提供しています。

これは、エポスカードの大きな魅力と言えるでしょう。

<海外旅行傷害保険>

補償内容 保険額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードを発行して投資信託tsumikiを利用しよう

tsumiki投資信託を行うにはエポスカードの発行は必要不可欠です。

Tsumiki投資信託を行おうと決めた方は、投資前に必ずエポスカードを発行してください。

投資信託とは投資を証券会社のプロに任せて利益を得る方法なので、高い確率で利益を得ることができます。

ですが、場合によっては損な結果になってしまうことも株式にはあることなので、この点は理解しておきましょう。

Tsumiki投資信託では最初の1年は0.1%の利益となり5年目には0.5%の利益と増えて行くので、長いスパンで投資をして行くことが利益へと繋がります。

投資信託をするなら目先の利益ではなく、先の利益を考えて行動しましょう。

そして、tsumiki投資信託がほかの投資信託と異なるのは利益が現金ではなくエポスポイントと言った点です。

ですが、現金でどれほどの利益を得たかを知りたい際は1エポスポイント→1円価値となるので、この点を参考としてください。

Tsumiki投資信託を行えば貯金はもちろんですが、貯まったエポスポイントをマルイの商品券に換えるなどして得に利用できます。

また、エポスカードも年会費永年無料で自動付帯の海外旅行傷害保険や200円→1ポイントでエポスポイントが貯まる優れたクレジットカードです。

優待や特典も多く、tsumiki投資信託を機に発行しても発行価値の高いクレジットカードと言えます。

Tsumiki投資信託に興味があるのならエポスカードを発行して、余っている残高を投資しエポスポイントを増やしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ